03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

シネマ★コロポックル

サブカル女子÷おっさん=映画好きへっぽこ主婦

 

最新記事

【そこのみにて光輝く】キネマ旬報ベストテン「1位」 

旦那さんが仕事で遅くなるというので、夜中の1時頃に「映画観ながら眠くなったら寝よ~」と思って観はじめたら
「惹きこまれて目と脳みそギンギンに冴えちゃってお酒まで飲みたくなって本末転倒」になったアルコールホイホイ映画。

とうのも私、アホ映画も好きですが、辛い、悲しい映画も好物なんです。
【チョコレートドーナツ】も観てて辛かった・・・ですが好きです。

本作は、【海炭市叙景】の原作者でもある、北海道函館出身の佐藤泰志
作品も、函館が舞台(ロケ地も)なので、それっぽい方言も出てきます。「~だべや!」とか「なんまら」とかね。
ちなみに私、小さい頃じーちゃんばーちゃんとも同居してたので、いまだに名残の方言丸出しです。
~だべやとか、家にいるときは平気で使いますww外では気を付けますが・・・
s-sokonomi.jpg
本作に出てた菅田将暉くん。
彼の作品は観たことがなかったのですが、上手に北海道弁喋ってましたよ。
他の道内の方が観たら「ヘタ~」とか「わざとらしい」とか思うかもしれませんが、田舎にはああいう輩はいまだにおります。
見始めは、ん、ちょっとやりすぎかな?と思いましたが、聞きなれたせいか気にならなくなりました。
なかなか演技が上手な役者さんですね!ライダー出身なんですか、意外です。

s-sokonomi2.jpg
ライダーといえば綾野剛さんもライダーものに出てたんですね。
この作品での役は、過去に何かあった、陰のある若者と言った感じでした。
TVドラマ等のさわやかな役はう~んと思っていたので、この寡黙な役があってました。

s-sokonomi6.jpg
池脇千鶴さんは好きな女優さんです。
裸のシーンも多く・・・ありがとうございます。
下着のゴムが、腰にちょっと食い込む感じが、肉感的で良かった!
普通、庶民はガリガリじゃないです。普通の生活してる人なら少々脂肪あるかと・・・。

ガリガリの女優さん多いじゃないですか。モデルさんならいいんですが、正直あまり好きではなくて、、、
彼女の本作の体型が役作りだとしたら偉いし、ナチュラルな彼女なら尚好きになりましたヨ。
そして田舎のやさぐれお水様な感じがすごく出てました。
お水というか、体売っちゃってるんですけどね。
s-sokonomi5.jpg
池脇さんの裸もそうですが、セックスシーンが出てくるんですが妙にエロさはない。
辛いストーリーなので、観ててウホっとならないんですよ、逆に観てて胸が苦しくなります。
まぁ、体を売ってるわりに、セックスはあっさりしてるんだな、という印象でしたが。
「きれいごと」じゃあないと思うんですがね、綾野さんとはきれいにヤッてました。(汚語)
好きになった人とは・・・ということですかね。おばさんにはわかりません 笑

少々ネタバレになりますが思ったことを。

綾野さん、山を発破する仕事をしていたのですが、後輩が爆破事故で亡くなります。
それ以来仕事を休み、貯金でパチンコ&酒の毎日。
親も死んだのにお墓も建てず・・・←このエピソードが、冒頭妹からの手紙で差し込まれるんですが、正直いらなくないか?と思っちゃいました。
自分の兄妹や親が仕事の事故で死んだというならわかりますが、関係ないですからね。
手紙をくれた妹の旦那が一緒の仕事で亡くなった、というなら家族と疎遠になるのもわかりますが。

池脇千鶴(姉)を愛人にしている会社社長。そこで働く菅田将暉(弟)は、保護観察の身。
問題事は起こせないんですが、別れたがってるお姉ちゃんを殴り、手放さない社長に腹を立てた弟。
あろうことか、お祭りの席で、社長を刺してしまう。
なんと、「たこ焼きひっくり返すや~つ」で・・・。
当然そんなもんじゃ死なないよ。

例えば園監督だったら、このシーンを「包丁でメッタ刺し」とかにしちゃいそうですが。
ほんとちっぽけでチンケな傷害事件。わざとそうしたんですかね。
お話全体的に、そういう安っぽい庶民(底辺の)感じが漂ってました。
家が汚くてね・・・菅田くんもいつも裾がボソボソのコ汚いジャージですよ。
でもいるんですよね、こういう人達が。
sokonomi7.jpg

主役2人がどうして愛し合うようになったかも、正直微妙です。
最初は気になってたものの、職場で偶然会ってしまうので、ビンタ別れしてるんですよ。
この段階では、あー俺を嫌ってるな。私を蔑んでるだろうな。とお互いが思ってるわけです。
でもどういうわけか海に行ったら突然接吻ですよ、おばさんには意味が分かりません。
アパートのシーンはいいですね、おばさんキュンキュンしました。
sokonomi3.jpg
ん~ちょっと暗くて見づらいね。

酷評ばかりしましたが、なかなか美しい映像で、もしや・・・と思ってググったらやはり撮影は近藤龍人氏でした。
タグ:(撮影)近藤龍人・・・熊切作品、山下作品に多く携わって、【ソラニン】【桐島、部活やめるってよ】
最近では【私の男】【バンクーバーの朝日】なんかも撮影されてます。

監督は在日3世の呉美保という女性の方。
女性ならではの美しい映像でしたが、あまりにもきれいごとになりすぎて、つまらなくなってしまってるような気もしました。
本当はもっと、底辺で、地べたに這いつくばって、それでも必死に生きてます、なのを想像してたわけですが、カワイソウネ~な他人ごと風に写っていました。
もう少し、エグくしても良かったかな~と個人的には思いました。

ちなみに、「映画芸術」2014年日本映画ベストテン&ワーストテンでは、ワースト1位に選ばれてましたよこの作品。
さすがに1位は可愛そうな気もしますが・・・。
キネ旬ではなんと邦画の1位に選ばれるという大荒れっぷり・・・いったいどっちを信じたらいいのやら。

→北海道が舞台の作品、他にも感想書いてます

原作本。海炭市叙景は今さらながら読みたい。
綾野剛&菅田将暉出演。

Category: 恋愛

Thread: ★おすすめ映画★

Janre: 映画

Tag: 綾野剛  池脇千鶴  2014    ♦北海道が舞台 
tb 0 : cm 0   

【管制塔】ピュアな青春の極み!ガリレオガリレイ。 

ベタな内容ながら、透き通るような色をしている。
青いのではない。ただただ白い―――

そういえば去年、友人の影響でアニメを少し見るようになった。
(コミックは大好きなのですが)

映画でリアルな作品に、メルヘンなことを盛り込むと
なんか無理してる感じがあって、感情移入しづらかったりするんだけど
アニメだとスタートの時点ですでに「2次元」なわけだから、
少々無茶な設定や夢のある方向に進んでも、ウンウンと見れるのです。
(コミックを読むのも、映画のチョイスと真逆な設定の作品が多いです)

さてそんな2次元の世界に片足踏込かけた私が、昨年観ていたアニメが
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」

めんまちゃんに心揺さぶられた方々も多いはず・・・・。

戦闘シーンも変身シーンも出てこない、ノスタツジックな青春アニメ。
そのOP曲を歌っていたのが《Galileo Galilei》というバンド。

今年の1/25にアルバムが出たばかりだそうで。

彼らは北海道稚内出身で、モロにこの映画がシンクロされています。
稚内の雪の中で出会った2人が、楽器と出会い、音楽に挽きこまれていく。



映像はどこまでも無垢で、中高生の自宅デートにお勧めです。
67分と短いし、キスシーンとかの気まずいシーンもない 笑
ほんのり恋がよぎるのは、自転車の2人乗りや、バスでもたれ掛って眠る女の子。
これぞ青春の極み!!
いいなぁ学生!
ノスタルジックになれます・・・・・・。
(特に私は雪の中学校に通ったのでね)

それでも男の子は、クラスメイトにからかわれるのを覚悟で
欠席した女の子にプリントを届けるのだ。
そして転校を繰り返したせいか、強がって友人を作らない彼女の机に花が・・・。
怒ってそれを投げつけるか?!と思いきやそうでもない。
そっと後ろの棚に花瓶を置く主人公。
ここは妙にリアル・・・。

監督は【ソラニン】の三木孝浩氏。
(観てないのですが)
67分と短いので無駄なくまとまっていてなかなかいいんじゃないでしょうか。
これで80分とかあったらちょっと飽きそうですが。。。

ベタながら、少年が半べそでギターで歌うシーンは良かったよ。
うますぎもなく、音痴でもなく、じんわりしました。
この主人公を演じた「山崎賢人」くん、彼がすごくいい!
最近めきめきと頭角を現してきてるようですが
この作品での素人っぽい、青臭い感じがすごく好感が持ててイイので
大人になる前にたくさんの(良い)作品に出てほしいですね。

この作品での主演2人は、またも主演で映画が。
綾辻行人原作『Another』で、今年の夏には公開されるそう。
(アニメも現在やってるらしい)
もしかしてこの2人もしかしちゃう?



励みになります!
気に入っていただけたらポチッ^0^

人気ブログランキングへブログパーツ
ブログパーツ

Category: 青春

Thread: 2011年映画感想

Janre: 映画

Tag: 2011  ♦北海道が舞台  橋本愛 
tb 0 : cm 0   

【しあわせのパン】2012年度・夫にしたい芸能人no.1とっちゃうね、大泉さん。 

行ってきました!
北海道先行上映の「しあわせのパン」です。

この映画を見ると、丁寧に暮らしたくなってしまう。

まずポリエステルのベッドパットを綿の真っ白なシーツに。
量販店で買った鍋を良いものに買い替えて、
インスタントじゃないポタージュを作って、
そして豆を挽いてコーヒーをいただく。
うん、ここまではやれないことはないな。
あとは小麦粉を練って、石窯を準備しなきゃ・・・


りえさんは何かを探している模様。
水縞くんは、欲しいものが「ひとつだけ」ある模様。
2人とも、どうなっていくのかな・・・


東京でひとりぼっちになってしまった、りえさん(原田知世)を
札幌から水縞くん(大泉洋)が迎えに行き、月浦でお店を開いたところから始まります。
お店はまだオープンしてから1年。
でもずっとそこにあったかのような趣があります。

北海道の大自然と登場する食べ物が本当に素敵な映画でした!
私事ですが、やはり自分の地元「北海道」を舞台にされるとうれしいです。
んで、道東のそこそこの街に住んでいた夫の両親が定年後に、
そこから1時間ほど離れた「村」に引っ越して、畑中心のスローライフをしております。
まぁ畑をやる時点で全然スローじゃなくかなりの労働なんですが・・・
コンビニまで車で30分、バスは1時間に1本、と大変なこともありますが
街灯が少なく月がきれい。これはほんと。
なので田舎出身の方は、鑑賞後ノスタルジックになるかもしれません。

以下、ネタバレ・・・というわけじゃないですけど
感想書いてますんで、楽しみにしている人はスルーでお願いします^0^

-- 続きを読む --

Category: ほっこり

Thread: 2012年映画感想

Janre: 映画

Tag: 2012    光石研  ♦北海道が舞台  大泉洋 
tb 0 : cm 0   

【海炭市叙景】たまには空を見て、自分は幸せだと言ってみる。 

レンタルが始まってわりとすぐ観たんですが、
感想がうまくまとまらなくて書けずにいました。
とりあえず年内に跡を残しておこうと思って、雑ですが書きます。


細かい説明の前に、見て最初に思ったことは、映像がとても綺麗。
きれい という言葉では安っぽくなってしまいそうだけれども
寒い北国ならではの、シン。。。と静まり返った雪の日の感じがリアル。

ストーリーに、無職になってしまった兄妹の年越しシーンがあるのだけれど
彼らが大晦日に街を歩くシーン。

他の街ってどうなんだろう。
年越しライブに行く人とか、日の出を見に行くカップルの車とか
そこそこ人が出歩いていて、街がシーンと静まる、なんてことはあるのかな。
私は田舎者ですので、あるんです。その静まり返った街の風景が。

高校生の頃、それこそ大晦日に蕎麦を買い忘れたので
コンビニにカップ麺を買いに行ったんですよ、歩いて15分くらいのとこに。
そしたら22時頃だってのに、街が静まり返って、雪がしんしんと降ってた。

そのしんしんと雪が降ってシバれた(方言です)街の空気の感じが
この映画からすごくリアルに伝わってきてゾワゾワっとした。
映画館で見たら衝撃受けたかもしれない。

この撮影をしたのが近藤龍人氏であり、どっかで聞いた名前だ、と思ったら
山下敦弘氏、熊切和嘉氏作品で撮影を数多く担当していて(最近ではさや侍なんかも。)
慣れもあるのか、とても見やすく好感が持てた映像でした。


さて、そんな本作【海炭市叙景】ですが、故・佐藤泰志の作品を、
彼の地元函館の有志で協力して映画化させた「人の想いがつまった」作品です。
(監督の熊切和嘉氏も、北海道の出身)
作品に登場する重要な役の方も、地元函館の一般の方だったりするとは驚き!
特に加瀬さんの奥さんと息子役(ジャケットにいる子)にはびっくり。

ストーリーは、決して華やかではない、街(海炭市)を舞台に
いろんな人の出来事が交錯するんですが、その出来事がリアルな不幸。
例えば【トウキョウソナタ】で起きた不幸は、あまりにも現実から離れた不幸、
すなわち実際にはありえないようなファンタジー感があって、
ちょっと客観的に観ることができたんだけど、
本作は「誰にでも起こりそうな」もしくは「身内が経験してそうな」不幸であり
報われない人達にモヤモヤと見ていて胸が苦しくなる・・・。

特に加瀬さんのエピソードは○ソTV局ならこの話だけで1本ドラマ作るんじゃ?
ってくらい濃いストーリーでしたが、その演技に圧巻。
加瀬さんって、ポワ~っとした草食系男子みたいな役多かったじゃないですか。
最近は強烈な役も多くなり、一皮向けたという感じがします。
この役も強烈、そして壮絶でした。

決して「面白かった!」とは言えないし、言えるストーリーじゃぁないんですが
心にグっと何かが残る、観て良かったとは思える映画でした。
高校生カップルが学校帰りのデートで見るような映画じゃないね。
大人お一人様で、じっくりと、余韻を味わってください。

励みになります!
気に入っていただけたらポチッ^0^

人気ブログランキングへブログパーツ
熊切監督、こんな作品も撮れるんですね~ちょっとびっくりしました!

Category: シリアス

Thread: ★おすすめ映画★

Janre: 映画

Tag: (監督)熊切和嘉  加瀬亮  2010  北海道が舞台  渡辺真起子  ♦北海道が舞台  (撮影)近藤龍人 
tb 1 : cm 0