05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

シネマ★コロポックル

サブカル女子÷おっさん=映画好きへっぽこ主婦

 

最新記事

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

【アフター・ウェディング】娘の結婚式に嫁の元彼を呼んでみるよ。 

先日に引き続き、外国語映画賞ノミネートが続きます。

まずは俳優さんのお話。
海外ドラマ好きな方ならご存知でしょうか、マッツ・ミケルセン氏。
現在進行中の「ハンニバル」のレクター博士を演じられている方です。

この人、ほんとに驚くほど化けるんですよ!!
私、この方の作品何か観てたかな~とググったら、【タイタンの戦い】のドラコさん!!
あの漢気溢れるドラコさんだったとは・・・
私的には、髭面ワイルドなこっちのほうが好きです。
draco.jpg

今回観たのは、ちょっとお金に余裕のないやさぐれオジサンの役でしたので、ワイルドさはありません・・・。
マッツ・ミケルセン氏はデンマークの方なので、デンマーク映画には多く出演されています。
【アフターウエディング】2006年のデンマーク映画です。

2006年度(第79回)のアカデミー外国語映画賞ノミネートで、この年の受賞は【善き人のためのソナタ】でした。

まずダメ出しから!
タイトルと、ジャケットで、安っぽいラブストーリーを彷彿とさせる。
これ、私内容知らなかったら手に取らないな。もったいない。

そして、前半はものすごくグイグイ惹きこまれて目が離せないんだけど、後半ちょっと失速するのだな。
とある「謎」というかわだかまりが解けてからが、しょうがないんだけど面白みに欠けるのだ。
それが「受賞」までにはいたらなかった理由じゃないですかね・・・(←エラそう)

インドで恵まれない子ども達の支援活動をしているヤコブ(マッツ・ミケルセン)
とある男から子ども達への寄付金の話を持ちかけられるんだけど、その相手は・・・というのが最初の謎ね。
まぁこれはかなり早い段階でスッキリするんですが、すごく優待されるんです。
いいホテルに連れてかれ、昨日今日会った相手に「娘の結婚式に来てくれ」なんて言われるんで何事かと。

途中までとんとん拍子だったのに、突如襲うビッグな不幸の2連発がきつい。
(ヤコブではなく、関わっていた周りに人物に不幸が起きる)
でも、主人公にしてみたらシメシメ、な話でもあるので、素直にかわいそうだな~とも観れず、複雑な気持ちでした。
そして、主人公の流されがちで優柔不断で、人任せな感じもなんだか地に足つかずモヤモヤ。

親にしてみたら、お腹は痛めなくとも、育てたら我が子、と思うんじゃないかと。
でも娘(息子)にしたら、「本当の親に会いたい」という気持ちは、どんなに良い暮らしをしても消えないものなのかな。
【プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命】を観てもそう思いました。
【私の男】でもそうだったように、何年も会っていない時間があっても、親子の絆は感じ取れるものなのかな・・・
私は超普通の家庭で育ってますので、ちょっとわからない気持ちではあります。

作品の良い点は、ジャケットにもなっている、結婚式をあげた娘さん役の女優さんが可愛くて、それだけで良い!
アップで観ると顔に産毛とか生えててナチュラルなんだけど、それもまたいい。
そしてそのお母さんも若くきれいで、最初どういう目線で見たらいいのかわからなかった 笑
まだ小学生くらいの息子もいるので、若くして娘さんを産んだのですね、わかります。

監督は、スザンネ・ビアという女性!
【未来を生きる君たちへ】という作品で、2010年のアカデミー外国語賞受賞されてます。
わたしはこっちのほうが好きだったかな。
  感想→【未来を生きる君たちへ】我が子はこうなりませんように・・・


今回調べてみて私が学んだことはですね、マッツ・ミケルセンが、衝撃映画の【フレッシュ・デリ】に出ていたことですね。

2003年の、同じくデンマーク映画です。
前に観たんですがね、これ、腹立って人肉をこっそりマリネにして出しちゃうお店の話。
ブラックコメディだけど大真面目な話なのね。
で、このジャケがマッツ・ミケルセンだよなぁ。化けるなぁ・・・。
スポンサーサイト

Category: ☆ヨーロッパ

Thread: 洋画

Janre: 映画

Tag: 2010    ♠アカデミー外国語賞  デンマーク 
tb 0 : cm 0   

【未来を生きる君たちへ】我が子はこうなりませんように・・・ 

少しブログを書けずにいました。
震災から1年・・・というのは正直あまり関係ないです。
身の回りでバタバタしておりまして・・・
息子が嘔吐を繰り返したり、車ぶつけたり・・・(これは私です涙)
映画で作り物の嘔吐映像には慣れてるものの、臭いまでは耐性ができておらず
もらいそうになり処理が大変なのでした・・・。

日曜は震災関係のTVばかりでしたが、はっきり言って見てません。
だって、「あの日のことは忘れないために・・・」なんて、言われなくても忘れないし
それよりか傷ついた子供たちに楽しい番組見せたりしたほうがいいと思う。
もっと前向きにね。
ケンタロウさんの料理番組、元気でたよ~ありがとう、がんばれ!

さて。
アカデミー賞でも外国語映画賞をとりましたこちら

【未来を生きる君たちへ】原題はHævnen。ヘヴンじゃなくて、復讐という意味だそう。
お父さんはラッセル・クロウの偽物のような、お母さんは小雪のサイボーグのような
(言い過ぎですみません)
そして少年たちがよくあるお涙ちょーだい映画の美少年ではない。
俳優一家、特別な家族ではなく、どこにでもいそうな家族。
だからこそ親近感と、妙なリアルさがある。

見てない方のために、簡単な登場人物紹介。

家族A
父 国境なき医師団みたいな仕事でほとんど家にいない
母 医者。ちょっと感情の起伏が激しい。
息子 学校でいじめられている


家族B
父 なんか忙しそう。
母 ガンで亡くなる
息子 趣味はパソコン。人に興味がなさげ
祖母

息子同士が学校で出会う。
A少年が、B少年に助けられる。
でもBが暴走気味で、Aは困惑していく。

A母はなんかいっつもイライラしてて
ここの夫婦には亀裂が入っていた。

B父は、息子のこと理解しているようで
会話はまるで空回り。

A父は、無法地帯でこの世の地獄と直面していた。
ゲームだと言って女性や子供を殺す悪党。
それでも彼の仕事は「人の命を救うこと」である。
悪であろうと救わなければいけない。

「正しいこと」「正義」とはなんなのか・・・・・・・


これはほんと見てて辛かった。
みんな少しずつ悪い部分もあるし、誰のせいでもない。
少しずつ臆病になってほんとのことが言えなくて
大きく歯車が狂ってしまう恐怖。

特にB父は見ててほんとかわいそうだった。
彼に非はないのだ。
ただ、人柄というか、まじめすぎて追い込んでいる感じ。

皆それぞれの胸の内は理解できたのだけど
理解できなかったのはただ一人。

B少年の亡くなった母。

少年は、母が死んだことをすべて父のせいにしてる。
残された家族で暮らしていかなきゃいけないのに
誤解があるままでは自分だって成仏できないだろうに。

これはちゃんと息子に、死ぬ前にいろいろと話しとくべき。
「お母さんが死んだら、お父さんと仲良くね」これだけでもいい。
息子だって家族なんだから、ちゃんと話に入れてあげなきゃ。

とはいうものの、もし自分が同じ立場になったら
まともに話できるかどうか・・・


最後のほうはこの少年の暴走が不幸を呼び
とんでもない事件になります。
いや~恐れていたことが起きた。

けど、ラストは光が射します。
なんせ、未来を生きる彼らですから。

すっきりと無駄なく、見やすい作品でした。
不幸のループに耐えられる方はぜひご鑑賞を^0^


励みになります!
気に入っていただけたらポチッ^0^

ブログパーツ
人気ブログランキングへブログパーツ

タイトルね、難しいとは思うけど
他の作品に埋もれちゃいそうなありがちなタイトルだな~。

Category: ドラマ

Thread: ★おすすめ映画★

Janre: 映画

Tag: 2010  ♠アカデミー外国語賞  デンマーク 
tb 0 : cm 0   

【DOG VILLE】子供のラクガキのようなセットでの撮影 

某サイトの「どっしり重い映画」内で結構お勧めされてたので、借りてみました。
ドッグヴィル スタンダード・エディション [DVD]ドッグヴィル スタンダード・エディション [DVD]
(2006/03/24)
ニコール・キッドマン、ポール・ベタニー 他

商品詳細を見る


監督はビョークの「ダンサー・インザ・ダーク」の、トリアー氏です。
「ダンサー~」以来の衝撃がくるかと、ドキドキしてみましたよ。


ドッグヴィルは、ロッキー山脈の麓の街。

この街、スタジオの床に白いチョークで家の間取り図のようなのが描かれてるだけ。

所々に窓やドアもありますが、俳優さんは「無いドア」を開け閉め。(効果音はある。)


ニコールさんは、この街に何かに追われてやってきた。

そして街でかくまってもらうために、人々の仕事を手伝い、好かれようよするのだけど

街の人々の二コールを扱う態度が段々エスカレートしていく。

欲というものは恐ろしい。

もちろん相手を追いこんでいくのだけど、同時に自分も追い込んで行く。


「借りは返す」の約束?をしっかり守ったニコールさん。

律儀に聞こえますが、「やられたらやりかえす」の精神で怖いです。

まさに「情けは人のためならず」。

人に優しくしとくにこしたことはありません。

逆に冷たくすれば、嫌なことをすれば、いずれ自分に返ってくる・・・。


ラストは衝撃的ですが、あれをハッピーエンドととるかは

人それぞれでしょうね。

私は映画のラストより、エンドロールの写真に衝撃受けました。

え?ほんとの話?と思っちゃうような。

気になるので後でしらべてみます~(^▽^;)


犬がでてくるんですが、街と同じように白いチョークで描かれた犬です。

ちゃんと吠えます。


イディオッツ [DVD]イディオッツ [DVD]
(2011/09/07)
ボディル・ヨルゲンセン、イェンス・アルビヌス、アンヌ・ルイーセ・ハシング、トレルス・ルビュー、ニコライ・リー・コース、ヘンリク・プリップ、ルイス・メソネオ

商品詳細を見る

奇跡の海 [DVD]奇跡の海 [DVD]
(2002/03/01)
エミリー・ワトソン、ステラン・スカルスゲールド 他

商品詳細を見る


人気ブログランキング

Category: ドラマ

Thread: 心に残る映画

Janre: 映画

Tag: 2003  デンマーク 
tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。