05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

シネマ★コロポックル

サブカル女子÷おっさん=映画好きへっぽこ主婦

 

最新記事

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

【私の男】幼女に手を出すということは殺人でさえもするということ 

アカデミー賞でしたね。ツイッター実況を観てました。
でもってバタバタしております。
なんせ娘が今年卒園でして、役員なので会議とかプリント作りとかいろいろありまして・・・
なので書きたいことがたまっています。追い付きません!

娘、6歳なんで、幼女が絡むしんどい映画を観ると胸が痛みます。
基本「ハッピー♪」な作品は好まないのでかなりの耐性がついてると思うのですが

【私の男】モスクワ国際映画祭にて主演の浅野忠信氏が賞をいただいた作品です。
作品自体も金賞だったそうな。(金賞のすごさはイマイチわからないのだけど)
私は熊切監督の作品は合っていて好きなので面白かったのですが、友達にお薦めはしづらいな・・・
中高生の皆さん、間違ってもデートで観ないように!

これ、映画化すると聞いたときに、気になって原作も読んだんです。
最近は本なんてほぼ読まないんですが、エグイ内容なのに次男妊娠中に読んで辛かった記憶が。
 →原作感想・『私の男』「お父さんの涎飲みたいの。」STOP!近親○姦!(記事のタイトルからして酷いw)

地震(津波)で、ひとりぼっちになった女の子「花」を、養女として引き取った25歳の「淳悟」という青年。
一応「親子」の位置づけだけど、彼らの生活は人には見せられないような日々。
涎も、裸も、なんだかわからん汁も満載。
原作でも映画でも「指の匂いが取れず嗅ぐ」シーンがあり、それが臭くて嫌なんじゃなくて、相手のことを思い出して舐めちゃうというね。
理解不能な世界でーす。

原作はミステリーでもあり、結婚する「大人の花」が、どういう出来事があって、淳悟との関係を築いてきたか、それに加え、とある事件のことも、遡るにつれ解き明かされます。
こんなに素朴(に見えた)な花ちゃん・・・
mymanx.jpg
 映画は、幼女の頃から時系列は順を追って進みます。
なので割と早い段階で「事件」が起きるのだけど、そこに重きは置いてなくて、あるのは「2人の歪んだ愛」。
歪んだ、といっても理性や常識だけを考えればのことで、観る人によっては「究極の純愛」ともとれるんじゃないかと。

先に自分に6歳の娘がいる、と言いましたが、10歳の花役の女の子が、車で淳悟に「キスして」と言うんですよ。
小説でそのシーンがあったかは定かではないんですがね、すごく違和感ですよ。
津波で家族を亡くした9歳の子が、淳悟を「他人な気がしなかった」にせよ、心が壊れている状況で「キスして」というか?と。
(映画では家族が亡くなってもケロっとしてる風ではあります)
せいぜい「ずっと一緒に」とか「抱きしめてほしい」とかが限度じゃないかな、しかも子役の子が幼く見えすぎてすごく嫌悪してしまった。
自分の子は6歳だけど、この子役の女の子と同じ年くらいに見えるので、このシーンは嫌だったな・・・。
 ※作中に子役とおっさんのチューはでてきません!
高校生の花と浅野氏のセックスシーンより嫌だったわ。
myman.jpg

wikiでは「性的虐待」って書いてあり、もちろん他人から見ればそうなんだけど、本人達はそれだけじゃない。

津波の後避難所で、花はわりとケロッとした様子で周りの大人と喋るので、「冷めた子ども」とか「家族への愛情がない」感じに捉えたらいいのかな?と思ったけど、私的には
「他の大人には一切無言だけど、淳悟にだけは初めて会ったときから笑顔を見せて喋る」ほうが、2人の関係がわかりやすくていいのになーと思ったけど。

あれ?映画では「実は淳悟は花の本当の父親」っていう表現あった?
これ重要だよね。
2人を、血が、強く結んでいるのです。

二階堂ふみちゃん、まだ20歳なんだよね。いやー女優魂ですわ。

ちなみに25歳当時を演じる浅野氏も、現在の年齢相応で25歳には見えなくてちょっと残念ではありますが
(じゃあ特殊メイクでもしろというのは無理があるので、これが限界とは思うけど)
喋り方とか立ち振る舞いは若者っぽく見えたので、俳優さんってすごいのね、とは思いました。

今年の北海道は、例年よりは暖かく、雪が早く溶けそうです。
でもこの映画はほんと寒い。「痛いくらいの寒さ。」
【海炭市叙景】でもそうだったけど、熊切監督の雪のシーンは本当に美しい。
真っ赤に染まるエグいセックスに対比した真っ白な流氷をぜひ見てほしいと思います。

とんでもない話ではあるけど、花が妊娠しなかったことが救い!
カテゴリー、シリアスにするかで迷ったんですが、究極の愛ということで。

 >>二階堂ふみちゃんの他の作品レビュー色々<<
スポンサーサイト

Category: 恋愛

Thread: 邦画

Janre: 映画

Tag: インセスト  2014  二階堂ふみ  浅野忠信    (監督)熊切和嘉 
tb 0 : cm 0   

【渇き。】中高生にはオススメ不可なエググロポップなスラッシャー 

やっとこ観ました、まぁ私のブログにお立ち寄りくださる方は観てると思いますが、【渇き。】です。


主演の小松菜奈さんは頑張っていましたね。
おっさんとの接吻・・・ (゚ロ゚;)オエー 等々、ぶっとんだお話ですので色々と。
周りが大ベテランの方ばかりで比べてしまうのは可愛そうではありますが、それでも惹きこまれる演技でしたね、可愛いし。
s-kawaki5.jpg
それと役所広司氏。「クソ」「ぶっ殺す」の連呼に顔は脂ぎってボサボサ頭で熱演でしたね~
蹴飛ばされた男性のヅラが飛んでハゲでびっくりしましたよ 笑
ちなみに他の方のレビューを観たら「藤島が加奈子を犯した」みたいに書いてあったんですが
私的には「父を誘ってきた娘にビビッて、殴って首は絞めたけど犯してはいない」と思ったんです。
それなら娘想いの父親じゃーん(やりすぎだけどネ)と思ったんですが。
私が見過ごしただけなんでしょうか・・・
s-kawaki7.jpg

藤島(役所)氏、序盤で、病院でお薬をもらって「統合失調症?」と疑いの診診断されてました。
だからてっきり「実は加奈子はとっくに死んでいて、生きてると思いこんだ藤島が勝手に探してるだけ」っていう話かと思って観てたんですよ、勝手な想像ですが。
そしたら時系列が過去行ったり戻ったりで内容も濃いし、私的には結局真相は闇の中です。
観るだけで体力消耗する作品でした・・・。

細かいところに触れてみると、【不思議の国のアリス】の文庫本がちらほらでてきて、加奈子が朗読するんです。
この作者である「ルイス・キャロル」は、写真が趣味で、よく幼い女の子の写真を撮ってたとか・・・。
ついでに劇中でちらっとだけ映る本棚を覗いてみると
kawaki8.jpg
【ずっとお城で暮らしてる】なんて本が。
ググってみると、毒殺事件のあった家でひっそり暮らす姉妹のお話だそうで。
調べてるうちに読んでみたくなりましたよ
(こちらを参考にしました→ とっても幸せ  シャーリイ・ジャクスン『ずっとお城で暮らしてる』
【ドリアン・グレイの肖像】は童話の「幸福の王子」も書いているオスカー・ワイルドの作品。
内容は「美青年のドリアンが、快楽主義者のヘンリー卿との出会いで、いつしか殺人をするまでに堕ちていく話」だそう。
うわーこれも加奈子が喜んで読みそうですね。
【ほんものの魔法使】マジシャン(魔術師)がマジック(魔術)で生計を立てている「閉ざされた街」へ「本物の魔法使い」がやってきててんやわんやするお話だそう。
売春組織やクラブ仲間たちを加奈子が引っ掻き回す感じと似てるっちゃ似てる?
日本の「クラフト・エヴィング商會」の本もありますね。


十代の女の子の心なんて、本や雑誌一つに流されてしまうくらい脆い物なんじゃないかと思う。
危険ドラッグのような、「藤島加奈子」の存在は、周りの子たちの心を酔わせ、渇かせたのだろうな。

余談になりますが、私の家は両親が映画好きで、【トレインスポッティング】も、親が内容を知ってた上で一緒に観たんです。
今思うと「中学生に○ァックしたり○ク漬けになったあげく赤ちゃんが天井歩く」映画をよく子供に見せたなぁと。

でもそんな映画を観たところで、私は「クスリやべーな!」程度の意見で、遠い国の作り話やーん としか考えなかったわけです。
この度【渇き。】を親子で観ようと思ってる人がいたらちょろっと思い出してほしい。
この映画は、クラブのオクスリホイホイシーンがなんだかポップでお洒落にかっこよく描かれてる・・・気がします。
まぁ「ポップ」が中島監督の持ち味なので、ポップがなかったらパク・チャヌクや園子温氏らのエグイ作品と同じになっちゃうのでしゃーないと思いますが。
s-kawaki.jpg
この作品を「映画」として観れる子ならいい。
もしあなたのお子さんがお洒落なもの大好きで、なおかつ流されやすい性格だったら・・・かっこいい!やってみたい!と思っちゃうような子だったら、見せないほうが良いかもしれません。R-15だしね。
お子さんの喉が渇いてしまうかもしれません。

そして長くなりましたが二階堂ふみちゃん!
最初、気づかなかったんですよ。
で、観終わって作品のことググったら、彼女の名前が出てきたんでびっくりして見直しましたよ・・・。
今回ふみちゃんは、加奈子とのヤク仲間で糞○ッチ役です。
言動もヘアメイクも凄まじくてホンモノかと思った・・・(女優への褒め言葉です!)
s-kawaki1.jpg
画像は可愛いですけどね。動いたら凄いんで必見です。

ラストは賛否あるようですが、私ははっきりいって雪山のシーンは蛇足に思いました!
車の中で終わっていいよなぁと。
原作はどうなってるんでしょうね、気になります。

Category: サスペンス・スリラー

Thread: 邦画

Janre: 映画

Tag: 黒沢あすか  2014  二階堂ふみ  オダギリジョー  妻夫木聡    R-15  橋本愛 
tb 0 : cm 0   

【悪の教典】生徒の血飛沫ブシュー 

年末だったか、U-NEXTっちゅーサービスを利用してたんです。
2000円くらいで映画とかアニメ見放題っていう。
でも同時期に光TVも使ったので、若干面倒くささがあったU-NEXTはやめちゃいました。
でも今頃になって、「6月いっぱいまで無料で観れる手続きを勝手にしましたから」って電話がきたのです。
=やめますって言わないとまた月々の使用量取られ始めるw

んで2000Ptくらいあったので、新しいのでも観るか~って観ましたこれ。


まー長かった。

大島優子さんに「嫌いです」と言わしめた(笑)、終盤の生徒達ギッタギタに殺るシーンまで
とんでもない長さに感じてしまいました。
三池監督のエンターテイメントを見たいファンは、これを楽しみにしてると思うんだけど
今回ばかりは作品が長くてね~128分。もうちょっと短くていいです私は。

キャストですが、染谷くんは相変わらずのはまり役というかイメージ通りです。
二階堂ふみちゃん、染谷くんとのコンビといえば【ヒミズ】の印象が強すぎて、
今回の役はちょっとコレジャナイ感がありました。
オカッパ美少女といえば、似たような学園モノに出てた橋本愛ちゃんのイメージが強くて、
頭の中で勝手に愛ちゃんに脳内変換して観てました。
ふみちゃんはとっても好きなんだけどね、わざわざふみちゃんじゃなくても・・・と。

伊藤英明氏は、まぁ適役じゃないですか?可もなく不可もなく。
(彼はいろんな噂が飛び交ってるし、特にびっくりもなし。)

私、原作は読んでないのですが、予告トレーラーには
「ミステリー界を席巻した」ってキャッチフレーズ出てくるんですが
これ果たしてミステリーなん?wikiにも最古ホラーって書いてあるけど・・・

三池監督の時代劇?あー時代劇ちゃう、これエンターテイメントやね~
ゼブラーマン?平和そうで何よりやね~
そんなノリで観る作品かと思われ、本気でミステリカモンと思って観るもんじゃないわ。

サイコキラーって言われてもさ、そんな人の気持ちなんてわかるわけないんだから
観てて感情移入できるわけないし、客観的に「楽しむ」しかないよね。
ウンウンわかるーって人は危ないかも!?いないか。

この作品が嫌いと言っていた大島さん、ウシジマくんに出てたよね?
あっちは大丈夫なんか?


劇中音楽はいいけど、エンドロール、あれはなんなんだ?



ブログランキング・にほんブログ村へ

Category: サスペンス・スリラー

Thread: 映画感想

Janre: 映画

Tag: 二階堂ふみ  染谷将太    (監督)三池崇史  2012  山田孝之 
tb 0 : cm 1   

『私の男』「お父さんの涎飲みたいの。」STOP!近親○姦! 

映画化するので原作読んでみたシリーズ。
いやいやここんとこ体調崩してて、そんな中読むのが答えた一冊。

2007年に直木賞も受賞した本作ですが、インセスト(近親相姦)を扱っているので
読むのに躊躇する人もいるよね、きっと。


映画化にあたってキャストを聞いていたので、もうそのイメージにどっぷり浸からせていただきました。

・腐野淳悟(くさりの じゅんご)=浅野忠信
 花の養父。25歳で花を引き取った。

・腐野花(くさりの はな)=二階堂ふみ
 震災で家族失った9歳のときに、親戚だった腐野淳悟の養女となる。

物語は2008年の現在から始まり、徐々に過去へ遡っていく。

①2008.6 花と、ふるいカメラ(淳悟40歳、花24歳)
花の結婚式。サムシングオールド(祖先の幸せを受け継ぐジンクス)として
淳悟が持ってきたのはワケアリのカメラだった。

②2005.11 美郎と、ふるい死体(淳悟37歳、花21歳)
美郎(花の婚約者)と花の出会い。花と淳悟の家に行った際の出来事。

③2000.7 淳悟と、あたらしい死体(淳悟32歳、花16歳)
東京。淳悟が、訪ねてきたある人を殺してしまう。

④2000.1 花と、あたらしいカメラ
北海道で高校生となった花。東京に引っ越すまでの出来事。

⑤1996.3 小町と、凪(淳悟28歳、花12歳)
小町(淳悟の恋人)目線で話が進む。花の存在を煙たがる。

⑥1993.7 花と、嵐(淳悟25歳、花9歳)
一人ぼっちになった花と、淳悟の出会い。その後の生活。

話はサスペンス、はたまたミステリーっぽい要素もあるのですが、
かなり初めの段階で問題点がドーンと暴かれてしまうので
犯人やら秘密を考えるというより、読みものとしての本ですな。

桜庭一樹さんの本は、『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』『荒野の恋』を読みました。
後で知ったんですが、桜庭さんラノベ出身で、この2作品ともラノベなんですわ~
でも私にはラノベどうこう関係なく、桜庭さんの文章が結構合っているようで読みやすいです。



んで本作ですが、もうね、歳は近いとはいえ、養父と娘のあんなシーンが出てきますので
特に「花12歳~16歳」辺りは、淳悟の年齢が私の同級生や旦那さんの年齢に当てはまる。
もうね、理解できない世界・・・(なので小説なんですがね)

娘「ピアスがほしい」
父「まだ早いよ」
中学のお祝いでダイヤのピアスをプレゼントしてくれた父。
娘は「まだ耳に穴開けちゃダメだから」という理由でピアスを口に入れモゴモゴ・・・
いやあ、使い古しのピアスじゃないだけまだ大丈夫か!?

16歳になった娘。
お父さんの指についたジャムだかジャムのついた指だかを舐める、しゃぶる。
鼻くそほじった指かもしれんよ?

もう心から理解できないのは、ヨダレをごっくんする描写です。
父が娘の・・ならまだしも、女の子がおっさんの涎を飲み込むなんて理解不能。
ちゅーまでにしといてくれ。あとバスの中もやめてな。

そんなゴリゴリ生々しい描写に鳥肌立てられつつも、最後まで惹きこまれた。
気持ち悪いとは思いつつ、2人は究極の純愛を貫いているんだな~と。
この描写をどこまで二階堂ふみちゃんと浅野氏が演じてくれるんだ、興味はあります。


この小説の舞台は東京と北海道で、北海道の紋別は特に寒いところ。
5月に入ってからのニュースで「紋別は雪が降りました・・・」と聞いて
そんな極寒の地で撮影していたのか、心からクルーの皆様にお疲れ様を言いたい。
ちなみに大震災もストーリーに絡んできます。
どこまで映すのかな、熊切監督


若干のネタバレと私の引っ掛かりポイントは、下の方に青字で書いてますので
興味のある方はご覧ください^^


ブログランキング・にほんブログ村へ
-- 続きを読む --

Category: *映画化

Thread: 読んだ本の紹介

Janre: 本・雑誌

Tag: 二階堂ふみ  浅野忠信  (監督)熊切和嘉 
tb 0 : cm 0   

【脳男】乳を揉むサイコキラー二階堂ふみちゃんに拍手。(若干ネタバレ) 

【脳男】の試写に行ってきました。
s-nouotoko.jpg
原作は江戸川乱歩賞を獲ったサスペンスというので期待大で。
(私は原作は未読なので、原作との比較ではなくあくまでも映画の感想です)
辛口気味なのでファンの人はごめんなさい。
コミックは1月30日発売

まず率直な感想。
・長い(125分はあり得ない。もっとスピード感出して110分くらいにしてほしい。)
・松雪姐さんの喋り(説明)が多すぎ
・あんちゃぁん(江口)がコ汚い。声でかい。浮いてる。

長いと感じた1番の理由は、ストーリーの1から10までを全て描いてるんです。
映画なんだから、7割見せて観客をハラハラさせたり、3と5はとばして・・・な
引き算も必要だと思うんですが、10までみせて、さらに付けたしまでしちゃってる。
しかもいちいちマリコ(松雪)の解説付き。
まるで主役は脳男ではなくマリコ先生になってしまっている・・・

江口さんはもうこういった役は見飽きたというか、「感情のない男」との対比で
あえて感情むき出しの熱血刑事を演じてるんだろうけど、ちょっと違う感がふつふつ・・・


登場人物
鈴木(脳男):生田斗真(殺人ターミネーター)
マリコ先生:松雪康子(精神医)
茶屋:江口洋介(熱血オラオラ刑事)
緑川:二階堂ふみ(サイコパス・無差別ダイナマイトキラー)

無差別爆破事件が起き、犯人と思われる緑川のアジトにいたのが鈴木。
んで容疑者として捕らえられ、あーでもないこーでもない検査(精神鑑定)の毎日。
で、進めていくうちに彼が犯人ではなく、「犯罪者に制裁を下す殺人マシン」であると気づく。

って、ここまで公式HPにもあらすじ書いちゃってるんですよ。
サスペンスって、あらすじバラすものだっけ?
じゃあ登場人物の心理を細かく描いてるかと言えば、鈴木は「感情がない」のが特徴なので
そういったシーンもないわけです。
ただ、生い立ちと、昔のトレーニングをみせられるという・・・。

生田くんはジークンドーや修斗で鍛えたそうなので、相当凄いアクションが!?
と思いきや、比較的開始すぐの懲らしめシーンの後、飯食ったり歩いたり・・・
たまに腕立てして、山登って・・・終盤の見せ場が江口おじさんとの小競り合い・・・
せっかくあんな俊敏な動きができるんだから、過去に制裁した方々の諸々もちゃんと見せてほしかったなぁ。
あんなオバハンの舌切るシーンはいらんので。
(隣の女子高生は開始すぐのこのシーンでゲッソリしてた)

s-nouotokofumi.jpg
精神異常者?の緑川は、映画では女性ということで二階堂ふみちゃんが頑張ってました。
ただ、なんというか頭おかしい感じはあまりしなくて、後半は特に普通の元気な犯罪者な感じ。
よっぽど最初の方の淡々と、じめじめっとした雰囲気で最後までやりきったほうが良かったような。
でも相方(太田莉菜・松田龍平の嫁)との接吻やら乳揉み、頑張ってました。拍手。
(服は着てますが、このシーン気まずかったら親子で観れないね)

*****
以下、ネタバレ書きますので、辛口悪口読むぞ~という方は下の「腑に落ちないシリーズ」をどうぞ。


ブログパーツ
人気ブログランキングへブログパーツブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
-- 続きを読む --

Category: サスペンス・スリラー

Thread: ☆試写会☆

Janre: 映画

Tag: 二階堂ふみ  染谷将太  光石研  2013 
tb 0 : cm 10   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。