09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

シネマ★コロポックル

サブカル女子÷おっさん=映画好きへっぽこ主婦

 

最新記事

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

【グッモーエビアン!】大泉×麻生で面白そうな題材・・・なのに残念感? 

最近全然映画を観れずにいますが、やめたはずのU-NEXTから電話が来て、
「勝手に視聴ポイント入れてます!6月中に解約しないと料金が発生します」って・・・随分勝手ですな。
で、こないだの【悪の教典】に引き続き、そのポイントで観ました。(【マーダー~】は無料)

【グッモーエビアン!】
これね、今話題のオセロの中島知子さんで、2007年にドラマやってたらしい。
全然知らんけど。

なんで観たかというと、我らが北の大スター大泉洋氏と女神の麻生久美子嬢が出るっていうからさ。


ストーリーは元パンクバンドのギタリストの未婚の母:麻生久美子
その恋人で自称世界ツアー中のミュージシャン:大泉洋
麻生久美子の娘 この3人のお話。

面白そうなニュアンスするじゃないですか。
でも残念ながらそうでもない・・・至って普通のお話でした 汗
出だしのバンド映像ではワクワクしたんだけどな~あれがピークだったか?

まず大泉氏は、朗らかな役で合ってます。
合ってる故に新鮮味はないな。

麻生久美子嬢。無理がありすぎてパンク感がない・・・
よほどチョイ役の土屋アンナの方が適役だと思っちゃった。

あと娘の役の方。
三吉彩花ちゃん、私この方をご存じなかったのですが、山Pという方に似てました。
可愛かったですけどね~まぁそれだけです。

原作コミックをみると、どうしても友だち役の女の子のほうが適役!

ちなみにその友だち役というのが能年玲奈さん。
NHKの朝ドラのコらしいですね(TV見ないのでわからなくてごめんなさい)
このコが娘役のほうが良かったような・・・という個人的意見です、はい。


ストーリーで、この能年さんが転校しちゃうのに、喧嘩別れして、仲直りできないまま離れ離れになる、
とうシーンがあるのです。
大泉氏がチャリで三吉さんを能年さんとこまで連れて行こうとするんですが・・・
なんか事故ちゃって、アレ?っていう感じ。
別に面白くもないし、なんだこの展開って・・・
ベタでも大泉氏が自転車ヒィヒィ漕ぎながら、再会に至ったほうが感動は増したと思うんだけど。

それと最後のライブシーンが長い。
個人的にはあんなに長いならエンドロールいれちゃっていいのに。
(エンディング曲はONE OK ROCKのちゃんとした曲)
ちなみに大泉さんの歌声はそれなりです。想像よりはうまいかと。

厳しいレビューになっちゃいましたが、大泉さん大好きですよ。
これは脚本がアカン。
【送料無料】大泉エッセイ [ 大泉洋 ]

【送料無料】大泉エッセイ [ 大泉洋 ]
価格:1,365円(税込、送料込)



ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

Category: ほっこり

Thread: 映画感想

Janre: 映画

Tag: 2012  大泉洋  麻生久美子 
tb 0 : cm 0   

【半分の月がのぼる空】池松くんが齢をとると大泉洋になるらしい 

北国が生んだ大スターが出てるので観てみました。

原作は俗に「ラノベ」と言われている作品です。
桜庭一樹・米澤穂信さんもwikiのラノベの頁に名前があります。
ラノベの定義ってなんでしょうね。
表紙がアニメっぽくて、比較的安価、現実味がないこと・・・
私が子どものときはそんなんだった気がします。
(ちなみに私は『ゴクドーくん漫遊記』の外伝が好きで、買って読んでました!歳がバレる・・)

でも知らない間にこんなラノベっぽくない作品も出るようになったんですね。
(この作品は刊行された2003年時、異色と呼ばれたようですが)
ちなみにラノベ、コミック、アニメ、ドラマ、実写映画とすごい人気です。
シンプルなハードカバー版も出てます

病気で入院してる若い男女の恋愛モノです。

裕一:池松壮亮
里香:忽那汐里

夏目医師:大泉洋

ネタバレというわけではないのですが、大泉氏は池松くんの大人になった姿です。
大人になり、若かりし頃の出来事を思い出してるわけであります。
だけど、大人になっても里香は忽那汐里ちゃんなので
なんか、全然老けないね・・病気でも私より肌ツヤツヤね・・・なんて嫉妬したり。
大泉さんと忽那汐里ちゃんはちょっと無理がないかい!?
まぁ、大人になった裕一の心の中ではあの頃のままです、とでも言いたいんでしょうが。

強気な里香にあれこれ命令され、いろんな問題を起こしたりするんですが
クラスが一緒になっただけで恋に落ちちゃう年齢ですもん、
狭い「病院」という空間で同世代というだけで、十分恋に落ちちゃう・・・
中盤はワイワイ楽しくやってますが、終盤は結構辛い(お涙チョーダイ)です。
「ワイワイやってる」というのがとても大事で、楽しむ=生きる事に一生懸命なわけです。
それゆえに変に「私病気なのっ辛いっ」って言っちゃう作品より悲しさ倍増なのです・・・

みんなでワイワイ観る作品ではないかな・・
池松くんカッコイイっしびれるぅっっていう感じでもないので(お調子者な感じ)
女の子同士で観るのも・・・やっぱ中高生のカップルさんにお勧めです。
ただ、119分とちょっと長いので、飽きちゃうかもね・・・

最後の最後はキッスシーンで終わります(ハァハァ)ので
どさくさ紛れに彼女にキスしたいダンスィくんはぜひ119分耐えてくださいw
彼女がうるうるしてたらビンタされるかもしれませんが・・・。


ちなみに監督は深川栄洋氏、【神様のカルテ】【ガール】の監督です。
【神様のカルテ】は2014年に続編やるみたいです。
(観てませんが!)


ブログパーツ
人気ブログランキングへブログパーツブログランキング・にほんブログ村へ

Category: 恋愛

Thread: 邦画

Janre: 映画

Tag: 2010  大泉洋 
tb 0 : cm 0   

【しあわせのパン】2012年度・夫にしたい芸能人no.1とっちゃうね、大泉さん。 

行ってきました!
北海道先行上映の「しあわせのパン」です。

この映画を見ると、丁寧に暮らしたくなってしまう。

まずポリエステルのベッドパットを綿の真っ白なシーツに。
量販店で買った鍋を良いものに買い替えて、
インスタントじゃないポタージュを作って、
そして豆を挽いてコーヒーをいただく。
うん、ここまではやれないことはないな。
あとは小麦粉を練って、石窯を準備しなきゃ・・・


りえさんは何かを探している模様。
水縞くんは、欲しいものが「ひとつだけ」ある模様。
2人とも、どうなっていくのかな・・・


東京でひとりぼっちになってしまった、りえさん(原田知世)を
札幌から水縞くん(大泉洋)が迎えに行き、月浦でお店を開いたところから始まります。
お店はまだオープンしてから1年。
でもずっとそこにあったかのような趣があります。

北海道の大自然と登場する食べ物が本当に素敵な映画でした!
私事ですが、やはり自分の地元「北海道」を舞台にされるとうれしいです。
んで、道東のそこそこの街に住んでいた夫の両親が定年後に、
そこから1時間ほど離れた「村」に引っ越して、畑中心のスローライフをしております。
まぁ畑をやる時点で全然スローじゃなくかなりの労働なんですが・・・
コンビニまで車で30分、バスは1時間に1本、と大変なこともありますが
街灯が少なく月がきれい。これはほんと。
なので田舎出身の方は、鑑賞後ノスタルジックになるかもしれません。

以下、ネタバレ・・・というわけじゃないですけど
感想書いてますんで、楽しみにしている人はスルーでお願いします^0^

-- 続きを読む --

Category: ほっこり

Thread: 2012年映画感想

Janre: 映画

Tag: 2012    光石研  ♦北海道が舞台  大泉洋 
tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。