04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

シネマ★コロポックル

サブカル女子÷おっさん=映画好きへっぽこ主婦

 

最新記事

【青空ポンチ】遅れてきた青春は、恥かしがらずに受け入れましょう 

今回は【おそいひと】で「全俺」に衝撃を走らせた奇才(監督)柴田剛氏の作品です。
(この作品↑の感想はないのでごめんなさい)

【おそいひと】が正直衝撃的すぎて、今作はびっくりですよ。
青春しすぎてて。【青空ポンチ】
s-ponch2.jpg
左からカツヲ、哲夫、玉枝、マスヲ、この4人からなるバンド・・・?

vo.カツヲ(石田真人)正真正銘のバ○、でも憎まれないタイプ

gt.哲夫(山本剛史)リストラされたプライドだけは人一倍の勘違い野郎
みんな大好き山本剛史兄さんです。最近では【さよならドビュッシー】に出演とか!?

dr.玉枝(小池里奈)コスプレ撮影会がバレて島流しにあったプロ中学生。
小学5年生のとき、実写版セーラームーンでルナをやった彼女です。
s-runa.jpg(現在は19歳)
自身の出演作でドラム経験があり、ほんとに叩けるみたいですよ~
ちなみに仮面ライダーキバでもドラムを披露したとかなんとか。

ba.マスヲ(板倉善之)この中では一番まともな人間
俳優、監督業もこなすこの方は2006年に【にくめ、ハレルヤ!】という作品を作っています。

彼らが(というかカツヲが)東京から戻ってきて勝手にバンドやるぞ~ってなり、
カツヲがめちゃくちゃにして空中分解しつつ、なんとか目標達成?
s-ponch3.jpg
まぁよくある話なんですが、最後の演奏が決してうまくないことなんか妙にリアル・・・
あるメンバーがラスト演奏できないんだけどね、演奏させてあげたかったな~

映像がなんだか凛としてきれいなので気になっていたら、
撮影は山下敦弘作品でおなじみの近藤龍人氏でした。
あのへんはみんな先輩後輩同級生やらでつながってるらしい。

同じバンドの青春というと山下監督の【リンダリンダリンダ】がありますが
あっちは高校まっただ中だし、女の子だし、男同士が観るにはちょっと抵抗があるかも・・・

この作品は、楽しかった日々は過去、田舎の平凡な社会人たちが主役であり
「あのころは楽しかったよな・・・」な友だち同士で観ると盛り上がるんじゃないでしょか。
特にバンドを組んでいた人なら尚更。
それと単純に忘れていた頑張る気持ちみたいのを思い出せてなかなか良いですよ~
結構好きです。

「音を出すのに理由なんかいらんやろ」ごもっともです。




ブログパーツ
人気ブログランキングへブログパーツ

Category: 青春

Thread: 邦画

Janre: 映画

Tag: 山本剛史  2008  (撮影)近藤龍人 
tb 0 : cm 0   

【マイ・バック・ページ】激動の時代をゆるり専門の山下監督がやるとこうなるのね。 

松山ケンイチさん、お子様のご誕生おめでとうございます^0^
ちょっと前に見た【マイ・バック・ページ】感想です。


山下敦弘の初期作品は結構好きで、特に【リアリズムの宿】なんて爆笑・・・
とは言わんけど、クスクス笑いながら見た記憶がある。
実際に起きそうなリアルな出来事を、シュールに見せる。
そこに置かれる男像は、しょーもないのに憎めない。
映像は、ノスタルジックな感じが8割、でもピンと張り詰めた空気感もあり。

そんな作品を作り出す山下監督×向井康介(脚本)×近藤龍人(撮影)の3人の仕事は
ゆるく、心地よい作品の黄金の方程式である。

そんな彼らが え?生まれてなかった時代を映像化するのか・・・
(もちろん私も生まれていない時代ですが)
とりあえず最初からハードル高いよね。


率直な意見としては、最初の伏線(説明?)が長くて疲れちゃった。
最後なんて黒地に白字で説明書きにしちゃうくらい詰め込んでるわけだから
潔く余計なところ削った方がよかったんじゃ?と。
だって作品でわからないとこは、ネットなりで調べるでしょう。
最初の、「1960年代は、こんな感じ」な映像は、蛇足に感じた。
もうそれならいっそ、3時間くらい使っちゃえば良かったのに。


あと、妻夫木くんが主役なんだろうけど、松ケンの存在感が強すぎて
いつのまにか「2人の話」になっちゃって、妻夫木くんのキャラが消えそうだった。
それならば彼じゃなくても良かったわけで、もっと顔の整ってない役者さんとかね。

どうしても顔がいいので、「しょーもない男」には映らなかったなぁ。
かっこいい男には足りないし、中途半端な感じ。
まぁ「中途半端な時代」のそういう役を演じたと言ってしまえばそれまでですが。

物語、脇役共に良かったですが、面白かったかと言われたらちょっと違うかな。
考えさせられる作品ではありました。
(保倉幸恵さんの存在もね。)
それにしても忽那汐里ちゃん(何て読むの?笑)かわいい。
今度作品借りてこよ~っと。
みんな大好き山本浩司兄さんも出てました。


山下監督、森山未來&高良健吾で【苦役列車】も映画化だそうで・・・
お忙しくて何よりですが、もうちょっとペース落としてもいいんじゃ?と思ってます。

励みになります!
気に入っていただけたらポチッ^0^

人気ブログランキングへブログパーツ

Category: シリアス

Thread: 日本映画

Janre: 映画

Tag: 2011  (監督)山下敦弘  妻夫木聡  松山ケンイチ  韓英恵  山本浩司  (撮影)近藤龍人  山本剛史   
tb 0 : cm 0