03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

シネマ★コロポックル

サブカル女子÷おっさん=映画好きへっぽこ主婦

 

最新記事

【マイ・バック・ページ】激動の時代をゆるり専門の山下監督がやるとこうなるのね。 

松山ケンイチさん、お子様のご誕生おめでとうございます^0^
ちょっと前に見た【マイ・バック・ページ】感想です。


山下敦弘の初期作品は結構好きで、特に【リアリズムの宿】なんて爆笑・・・
とは言わんけど、クスクス笑いながら見た記憶がある。
実際に起きそうなリアルな出来事を、シュールに見せる。
そこに置かれる男像は、しょーもないのに憎めない。
映像は、ノスタルジックな感じが8割、でもピンと張り詰めた空気感もあり。

そんな作品を作り出す山下監督×向井康介(脚本)×近藤龍人(撮影)の3人の仕事は
ゆるく、心地よい作品の黄金の方程式である。

そんな彼らが え?生まれてなかった時代を映像化するのか・・・
(もちろん私も生まれていない時代ですが)
とりあえず最初からハードル高いよね。


率直な意見としては、最初の伏線(説明?)が長くて疲れちゃった。
最後なんて黒地に白字で説明書きにしちゃうくらい詰め込んでるわけだから
潔く余計なところ削った方がよかったんじゃ?と。
だって作品でわからないとこは、ネットなりで調べるでしょう。
最初の、「1960年代は、こんな感じ」な映像は、蛇足に感じた。
もうそれならいっそ、3時間くらい使っちゃえば良かったのに。


あと、妻夫木くんが主役なんだろうけど、松ケンの存在感が強すぎて
いつのまにか「2人の話」になっちゃって、妻夫木くんのキャラが消えそうだった。
それならば彼じゃなくても良かったわけで、もっと顔の整ってない役者さんとかね。

どうしても顔がいいので、「しょーもない男」には映らなかったなぁ。
かっこいい男には足りないし、中途半端な感じ。
まぁ「中途半端な時代」のそういう役を演じたと言ってしまえばそれまでですが。

物語、脇役共に良かったですが、面白かったかと言われたらちょっと違うかな。
考えさせられる作品ではありました。
(保倉幸恵さんの存在もね。)
それにしても忽那汐里ちゃん(何て読むの?笑)かわいい。
今度作品借りてこよ~っと。
みんな大好き山本浩司兄さんも出てました。


山下監督、森山未來&高良健吾で【苦役列車】も映画化だそうで・・・
お忙しくて何よりですが、もうちょっとペース落としてもいいんじゃ?と思ってます。

励みになります!
気に入っていただけたらポチッ^0^

人気ブログランキングへブログパーツ

Category: シリアス

Thread: 日本映画

Janre: 映画

Tag: 2011  (監督)山下敦弘  妻夫木聡  松山ケンイチ  韓英恵  山本浩司  (撮影)近藤龍人  山本剛史   
tb 0 : cm 0   

【TOKYO!】東京×非現実のオムニバス 

以前みたことありましたが、Gyaoでやっていたのでおさらいしました。
海外の監督が、東京を舞台に描いた3作品のオムニバスです。

日、仏、韓、独共同制作ですが、俳優が日本の方なのでカテゴリはそこへ。

ショートフィルムがもともと好きなので、
小皿に盛られたおつまみを、飽きない程度につまむ食べ方は嫌いじゃないです。

1.インテリアデザイン(ミシェル・ゴンドリー)
PVを得意とするゴンちゃん、この長さ(40分程度)ならイケル?と思ったけど
やっぱりこれでも長いくらい。
いらんシーンはもっと削って30分なくていいと思う。

ヒロインは藤谷文子、スティーブン・セガールの娘さんです。
2000年に観た【式日】という庵野秀明監督作品に、岩井俊二と出演。
この映画、若い私には衝撃だった気がします。
内容はあまり・・・覚えてませんが。
kaseryo.jpg
その彼氏(心が少年のままの売れてない映画監督)に加瀬氏。
2011y12m08d_113305625.jpg

2人で上京してきて、友人家に最初お世話になるんですが
彼氏はなんとかバイトをみつけますが、彼女のほうは変なコダワリを持っていて
バイトもせず、家探しも難航し、だんだん友人宅にいづらい雰囲気に・・・。

そしたらある朝、こーなっちゃって
2011y12m08d_114330984.jpg
*お腹部分に穴が開いてるのを鏡でみてるところ

こーなっちゃって
2011y12m08d_114516828.jpg
あらららら

んで、すっかりある「モノ」になっちゃって、友人宅にも帰れないので
モノの姿をして、通りすがりの男性(大森南朋)に拾われていきます。
その後、彼の家で勝手に風呂入ったり楽器触ったり好き勝手暮らすのです。
(裸の人間化したり、モノになったり自由なよう)
エロはありません 笑

とってもメルヘンな話ではありますが、
東京らしさが特にないし(ハチ公像にでもなるならわかりますが)
40分程度と短いはずなのに、それでも長い。
20分にまとめるべきだなこれは。


2.メルド
【ポンヌフの恋人】のレオス・カラックス監督作品で
(彼の作品は観たことなかったのですが)
地下に住む人間のような怪物?が地上で大暴れをするという・・・
「何か悪に満ちた汚いもの」を醸し出していますが
他2作に比べてかなり難解です。
2011y12m11d_031150593.jpg
待ちゆく人の花やお金を食べちゃうという・・・ 

恋人と1のインテリア・デザインの気分で観たら
ちょっと空気変になりそう・・・

3.シェイキング東京
韓国モノはあまり見ませんが、【殺人の追憶】面白かった記憶があります。
内容は面白くない(事件もの)ですが、惹きこまれる構成でしたね~
そんなポン・ジュノ作品。
ヒキコモリの男を香川照之氏、ピザの女を蒼井優ちゃん。
2011y12m11d_032430468.jpg

ヒキコモリって、部屋が片付けられないとかゴミで溢れてると思いきや
この男はあらゆるものを整頓してある。
積み上げられたピザの箱、トイレットペーパー、本、水。
もうこの設定の時点でかなり「ファンタジー」かと。

あと飲食、クリーニングが全て電話で済ましてる。
今なら電話よりも対話の少ない「ネット」という手段があるから、
より非現実感(もしくは一昔前の話?)が味わえる。

毎週土曜はピザを注文する。
(自分で決めたルールも規則通りなのだ)
ある日それまでの習慣が崩れる日が来る。
配達にきた彼女、地震と同時に倒れてしまうのだ。

なんかライトノベル的な裏切らない展開ですが
男の人って、女の子がアンドロイドとか、実は兵器とかいう設定がお好き?
もちろん蒼井優ちゃんも裏切りません。
2011y12m11d_032011656.jpg
ああっボタンのようなものが!

2011y12m11d_032104468.jpg
みたことあるぞこのボタンは・・・。

果たして香川氏は彼女を助けることができるのか。
「禁断のスイッチ」を押してしまうのか!?

チョイ役で有名な俳優さんが沢山でてるのを探すのも面白い。

励みになります!
気に入っていただけたらポチッ^0^

人気ブログランキングへブログパーツ

Category: ジャンル不明

Thread: 見た映画の感想

Janre: 映画

Tag: 山本浩司  蒼井優  香川照之  大森南朋  妻夫木聡  2008 
tb 0 : cm 0   

【リアリズムの宿】気まずさ詰め合わせの旅 

旅行に行った際の「こんなハプニング起きちゃったあるある」が延々と83分。
起承転結があるわけでもなく、起承・・・小笑 起承・・・小笑が繰り返される。
2003年、つげ義春の漫画原作。


大して仲良くもない2人の男が、旅先で出会うちょっとずれた人々との様子。
これをひたすら覗き見するだけのロードムービー?です。
よって好き嫌いがはっきり別れるところですので
ランキングに登場するような映画が好きな人にはお勧めしません。キリッ


主演は長塚圭史&山本浩司 、お二方共山本監督の【マイ・バック・ページ】に。

山本さん、勝手ながら当方の大好きな俳優さんであります。
決してイケメンではありませんが(ゴメンナサイ!)
インパクトのある顔つきと独特の憎めない雰囲気で私の心をわしづかみ中です。
沢山出演した2006~2007年なんか、年13本も出てる・・・
休む暇全然ないじゃないですか、むしろマイナスじゃないですか!

そんな微妙な(決して友達ではない)男2人で泊まった先は
旅先で魚を高値で売りつけてきた外人がシラっと経営する宿。
こっそり飲んでた酒もなくなる。
なんて間の悪い・・・
こんな2人を観て、こちらは口角をこっそり上げるのであります。

そんな中海辺でであった美女。しかもなぜか裸である。
彼女こそ、いまや人気絶頂の尾野真千子嬢でございます。
こんな(決して友達ではない)3人で旅を続ける。
まぁ、真千子嬢は途中で某ドラッグ映画のごとくいなくなっちゃいますが。


また侘しい男2人になって、最後に泊まった宿がほんとひどい。
見た目のボロさもさることながら、じいさんが死にそう。
ごはんが侘しい。
申し訳ないけど、野宿でいい。
けれど冴えない2人はここに泊まるのだ。
それは、つり橋を渡る男女のごとく、2人に熱い絆が・・・
え?そんなもの最初から期待してない?
ハイ、最後までフっと鼻で笑う映画になっております。


主題歌は、 くるりの「家出娘」(なんと直球すぎる!)
哀愁漂うこの曲が、映画の寂しい町並みにマッチしててたまらんのです。


Category: シニカル

Thread: 日本映画

Janre: 映画

Tag: (監督)山下敦弘  山本浩司  2003  尾野真千子  (撮影)近藤龍人 
tb 0 : cm 0