07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

シネマ★コロポックル

サブカル女子÷おっさん=映画好きへっぽこ主婦

 

最新記事

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

【悪の教典】生徒の血飛沫ブシュー 

年末だったか、U-NEXTっちゅーサービスを利用してたんです。
2000円くらいで映画とかアニメ見放題っていう。
でも同時期に光TVも使ったので、若干面倒くささがあったU-NEXTはやめちゃいました。
でも今頃になって、「6月いっぱいまで無料で観れる手続きを勝手にしましたから」って電話がきたのです。
=やめますって言わないとまた月々の使用量取られ始めるw

んで2000Ptくらいあったので、新しいのでも観るか~って観ましたこれ。


まー長かった。

大島優子さんに「嫌いです」と言わしめた(笑)、終盤の生徒達ギッタギタに殺るシーンまで
とんでもない長さに感じてしまいました。
三池監督のエンターテイメントを見たいファンは、これを楽しみにしてると思うんだけど
今回ばかりは作品が長くてね~128分。もうちょっと短くていいです私は。

キャストですが、染谷くんは相変わらずのはまり役というかイメージ通りです。
二階堂ふみちゃん、染谷くんとのコンビといえば【ヒミズ】の印象が強すぎて、
今回の役はちょっとコレジャナイ感がありました。
オカッパ美少女といえば、似たような学園モノに出てた橋本愛ちゃんのイメージが強くて、
頭の中で勝手に愛ちゃんに脳内変換して観てました。
ふみちゃんはとっても好きなんだけどね、わざわざふみちゃんじゃなくても・・・と。

伊藤英明氏は、まぁ適役じゃないですか?可もなく不可もなく。
(彼はいろんな噂が飛び交ってるし、特にびっくりもなし。)

私、原作は読んでないのですが、予告トレーラーには
「ミステリー界を席巻した」ってキャッチフレーズ出てくるんですが
これ果たしてミステリーなん?wikiにも最古ホラーって書いてあるけど・・・

三池監督の時代劇?あー時代劇ちゃう、これエンターテイメントやね~
ゼブラーマン?平和そうで何よりやね~
そんなノリで観る作品かと思われ、本気でミステリカモンと思って観るもんじゃないわ。

サイコキラーって言われてもさ、そんな人の気持ちなんてわかるわけないんだから
観てて感情移入できるわけないし、客観的に「楽しむ」しかないよね。
ウンウンわかるーって人は危ないかも!?いないか。

この作品が嫌いと言っていた大島さん、ウシジマくんに出てたよね?
あっちは大丈夫なんか?


劇中音楽はいいけど、エンドロール、あれはなんなんだ?



ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

Category: サスペンス・スリラー

Thread: 映画感想

Janre: 映画

Tag: 二階堂ふみ  染谷将太    (監督)三池崇史  2012  山田孝之 
tb 0 : cm 1   

【乱暴と待機】タイトル負け&小池栄子をみるだけの作品 

あれ?おかしいぞ?
面白そうな設定と予告を観ての期待、見事に裏切られてる気が・・・。

山田孝之と妻・小池栄子が、読経する女・美波の家の隣に越してきた。
彼女はグレーのスウェット上下で初対面の山田の前で失禁をする。
美波と小池は高校の同級生であり、彼女の過去を知っている。
彼女は(小池曰く)いるはずのない「お兄ちゃん」と住んでいるという。

「お兄ちゃん」は浅野忠信
独特な喋り方(そしてオタクっぽい装い)であり
彼の趣味は天井裏に潜んで部屋の様子を観察することだ。


面白そうじゃないか。
でも、面白そうなだけである。

まず、タイトルがすごく興味をそそる。
どんなすごいDVが待っているかと思いきや
小池栄子が人様の家にチャリでつっこんだり包丁振り回したり。
これは原作の本谷有希子のタイトルセンスサマサマじゃないかと思う。

以前映画化になった【腑抜けども、悲しみの愛を見せろ】も
自分的に気になっちゃったタイトル例である。
(こちらは【クヒオ大佐】【パーマネント野ばら】の吉田 大八監督作品で、
そこそこ(少なくとも乱暴~よりは)面白かった、と記憶している。


予備知識なくレンタルショップにいき、ふと目に入ったタイトルで
DVDをレンタルする人は少なくないと思う。
【乱暴と待機】 ・・・これはタイトル詐欺である。

面白かったのは浅野&小池の会話のやりとりだけで、
後は失禁、ゲロ、セックス、ただ下品なだけだし、
天井から落ちる浅野、刺される山田、小池の破水の展開にいたっては
ふざけてんのか本気なのかわからない展開。わ、笑うとこ?

さらにラストのほうの浅野と美波の会話ではお涙チョーダイなのか
全くいらないシーンだし
さっき見たばかりなのにどういう終わり方したか覚えてない・・・。

例えばロバート・D・jrの【デュー・デート】みたいに
どこまでもブラックジョークで開き直ってれば
こちらも少々ふがいない展開でも笑って過ごせるものを
本作品はどっちつかずの、しかもPG12具合も中途半端ときたもんだ。

わくわくして借りようと思いの方は、期待度を少し下げたほうがいいかもしれません。
美波さんという方は、凄く頑張ってはいますが、仲間由紀恵の二番煎じに見える・・・

冨永昌敬氏の【パンドラの匣】という作品は
そこまで悪くなかったのですが・・・

同じ浅野氏の【鈍獣】も、舞台が元ネタであれれな映画だったので
浅野さん、当たりハズレがありますね。ファイト。

舞台モノの映画化は難しいですね。

ブログパーツ

Category: シニカル

Thread: 映画感想

Janre: 映画

Tag: (監督)冨永昌敬  浅野忠信  山田孝之  2010 
tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。