09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

シネマ★コロポックル

サブカル女子÷おっさん=映画好きへっぽこ主婦

 

最新記事

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

【私の男】幼女に手を出すということは殺人でさえもするということ 

アカデミー賞でしたね。ツイッター実況を観てました。
でもってバタバタしております。
なんせ娘が今年卒園でして、役員なので会議とかプリント作りとかいろいろありまして・・・
なので書きたいことがたまっています。追い付きません!

娘、6歳なんで、幼女が絡むしんどい映画を観ると胸が痛みます。
基本「ハッピー♪」な作品は好まないのでかなりの耐性がついてると思うのですが

【私の男】モスクワ国際映画祭にて主演の浅野忠信氏が賞をいただいた作品です。
作品自体も金賞だったそうな。(金賞のすごさはイマイチわからないのだけど)
私は熊切監督の作品は合っていて好きなので面白かったのですが、友達にお薦めはしづらいな・・・
中高生の皆さん、間違ってもデートで観ないように!

これ、映画化すると聞いたときに、気になって原作も読んだんです。
最近は本なんてほぼ読まないんですが、エグイ内容なのに次男妊娠中に読んで辛かった記憶が。
 →原作感想・『私の男』「お父さんの涎飲みたいの。」STOP!近親○姦!(記事のタイトルからして酷いw)

地震(津波)で、ひとりぼっちになった女の子「花」を、養女として引き取った25歳の「淳悟」という青年。
一応「親子」の位置づけだけど、彼らの生活は人には見せられないような日々。
涎も、裸も、なんだかわからん汁も満載。
原作でも映画でも「指の匂いが取れず嗅ぐ」シーンがあり、それが臭くて嫌なんじゃなくて、相手のことを思い出して舐めちゃうというね。
理解不能な世界でーす。

原作はミステリーでもあり、結婚する「大人の花」が、どういう出来事があって、淳悟との関係を築いてきたか、それに加え、とある事件のことも、遡るにつれ解き明かされます。
こんなに素朴(に見えた)な花ちゃん・・・
mymanx.jpg
 映画は、幼女の頃から時系列は順を追って進みます。
なので割と早い段階で「事件」が起きるのだけど、そこに重きは置いてなくて、あるのは「2人の歪んだ愛」。
歪んだ、といっても理性や常識だけを考えればのことで、観る人によっては「究極の純愛」ともとれるんじゃないかと。

先に自分に6歳の娘がいる、と言いましたが、10歳の花役の女の子が、車で淳悟に「キスして」と言うんですよ。
小説でそのシーンがあったかは定かではないんですがね、すごく違和感ですよ。
津波で家族を亡くした9歳の子が、淳悟を「他人な気がしなかった」にせよ、心が壊れている状況で「キスして」というか?と。
(映画では家族が亡くなってもケロっとしてる風ではあります)
せいぜい「ずっと一緒に」とか「抱きしめてほしい」とかが限度じゃないかな、しかも子役の子が幼く見えすぎてすごく嫌悪してしまった。
自分の子は6歳だけど、この子役の女の子と同じ年くらいに見えるので、このシーンは嫌だったな・・・。
 ※作中に子役とおっさんのチューはでてきません!
高校生の花と浅野氏のセックスシーンより嫌だったわ。
myman.jpg

wikiでは「性的虐待」って書いてあり、もちろん他人から見ればそうなんだけど、本人達はそれだけじゃない。

津波の後避難所で、花はわりとケロッとした様子で周りの大人と喋るので、「冷めた子ども」とか「家族への愛情がない」感じに捉えたらいいのかな?と思ったけど、私的には
「他の大人には一切無言だけど、淳悟にだけは初めて会ったときから笑顔を見せて喋る」ほうが、2人の関係がわかりやすくていいのになーと思ったけど。

あれ?映画では「実は淳悟は花の本当の父親」っていう表現あった?
これ重要だよね。
2人を、血が、強く結んでいるのです。

二階堂ふみちゃん、まだ20歳なんだよね。いやー女優魂ですわ。

ちなみに25歳当時を演じる浅野氏も、現在の年齢相応で25歳には見えなくてちょっと残念ではありますが
(じゃあ特殊メイクでもしろというのは無理があるので、これが限界とは思うけど)
喋り方とか立ち振る舞いは若者っぽく見えたので、俳優さんってすごいのね、とは思いました。

今年の北海道は、例年よりは暖かく、雪が早く溶けそうです。
でもこの映画はほんと寒い。「痛いくらいの寒さ。」
【海炭市叙景】でもそうだったけど、熊切監督の雪のシーンは本当に美しい。
真っ赤に染まるエグいセックスに対比した真っ白な流氷をぜひ見てほしいと思います。

とんでもない話ではあるけど、花が妊娠しなかったことが救い!
カテゴリー、シリアスにするかで迷ったんですが、究極の愛ということで。

 >>二階堂ふみちゃんの他の作品レビュー色々<<
スポンサーサイト

Category: 恋愛

Thread: 邦画

Janre: 映画

Tag: インセスト  2014  二階堂ふみ  浅野忠信    (監督)熊切和嘉 
tb 0 : cm 0   

『私の男』「お父さんの涎飲みたいの。」STOP!近親○姦! 

映画化するので原作読んでみたシリーズ。
いやいやここんとこ体調崩してて、そんな中読むのが答えた一冊。

2007年に直木賞も受賞した本作ですが、インセスト(近親相姦)を扱っているので
読むのに躊躇する人もいるよね、きっと。


映画化にあたってキャストを聞いていたので、もうそのイメージにどっぷり浸からせていただきました。

・腐野淳悟(くさりの じゅんご)=浅野忠信
 花の養父。25歳で花を引き取った。

・腐野花(くさりの はな)=二階堂ふみ
 震災で家族失った9歳のときに、親戚だった腐野淳悟の養女となる。

物語は2008年の現在から始まり、徐々に過去へ遡っていく。

①2008.6 花と、ふるいカメラ(淳悟40歳、花24歳)
花の結婚式。サムシングオールド(祖先の幸せを受け継ぐジンクス)として
淳悟が持ってきたのはワケアリのカメラだった。

②2005.11 美郎と、ふるい死体(淳悟37歳、花21歳)
美郎(花の婚約者)と花の出会い。花と淳悟の家に行った際の出来事。

③2000.7 淳悟と、あたらしい死体(淳悟32歳、花16歳)
東京。淳悟が、訪ねてきたある人を殺してしまう。

④2000.1 花と、あたらしいカメラ
北海道で高校生となった花。東京に引っ越すまでの出来事。

⑤1996.3 小町と、凪(淳悟28歳、花12歳)
小町(淳悟の恋人)目線で話が進む。花の存在を煙たがる。

⑥1993.7 花と、嵐(淳悟25歳、花9歳)
一人ぼっちになった花と、淳悟の出会い。その後の生活。

話はサスペンス、はたまたミステリーっぽい要素もあるのですが、
かなり初めの段階で問題点がドーンと暴かれてしまうので
犯人やら秘密を考えるというより、読みものとしての本ですな。

桜庭一樹さんの本は、『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』『荒野の恋』を読みました。
後で知ったんですが、桜庭さんラノベ出身で、この2作品ともラノベなんですわ~
でも私にはラノベどうこう関係なく、桜庭さんの文章が結構合っているようで読みやすいです。



んで本作ですが、もうね、歳は近いとはいえ、養父と娘のあんなシーンが出てきますので
特に「花12歳~16歳」辺りは、淳悟の年齢が私の同級生や旦那さんの年齢に当てはまる。
もうね、理解できない世界・・・(なので小説なんですがね)

娘「ピアスがほしい」
父「まだ早いよ」
中学のお祝いでダイヤのピアスをプレゼントしてくれた父。
娘は「まだ耳に穴開けちゃダメだから」という理由でピアスを口に入れモゴモゴ・・・
いやあ、使い古しのピアスじゃないだけまだ大丈夫か!?

16歳になった娘。
お父さんの指についたジャムだかジャムのついた指だかを舐める、しゃぶる。
鼻くそほじった指かもしれんよ?

もう心から理解できないのは、ヨダレをごっくんする描写です。
父が娘の・・ならまだしも、女の子がおっさんの涎を飲み込むなんて理解不能。
ちゅーまでにしといてくれ。あとバスの中もやめてな。

そんなゴリゴリ生々しい描写に鳥肌立てられつつも、最後まで惹きこまれた。
気持ち悪いとは思いつつ、2人は究極の純愛を貫いているんだな~と。
この描写をどこまで二階堂ふみちゃんと浅野氏が演じてくれるんだ、興味はあります。


この小説の舞台は東京と北海道で、北海道の紋別は特に寒いところ。
5月に入ってからのニュースで「紋別は雪が降りました・・・」と聞いて
そんな極寒の地で撮影していたのか、心からクルーの皆様にお疲れ様を言いたい。
ちなみに大震災もストーリーに絡んできます。
どこまで映すのかな、熊切監督


若干のネタバレと私の引っ掛かりポイントは、下の方に青字で書いてますので
興味のある方はご覧ください^^


ブログランキング・にほんブログ村へ
-- 続きを読む --

Category: *映画化

Thread: 読んだ本の紹介

Janre: 本・雑誌

Tag: 二階堂ふみ  浅野忠信  (監督)熊切和嘉 
tb 0 : cm 0   

【DISTANCE】カルト宗教事件の加害者遺族。ドキュメンタリーが苦手な人はスルーで。 

是枝監督の作品は割と好きで結構観ています。
長編作品で観てないのは、【花よりもなほ】とcoccoの【大丈夫であるように】でした。

出演者と、あらすじに惹かれ観たいと思っていた作品。


100人以上の死者を出したカルト集団による無差別殺人事件。
実行犯も教団によって殺された。
残された「実行犯の遺族」たち。
事件から3年後、遺族4人が集まる。

なんだかとても興味深いストーリー。
1995年に地下鉄サリン事件なんてものがありましたね。
私は小学生でしたが、ニュースはちょっと前の出来事かのように覚えています。
(ちなみにこの記事を書く際にオウム真理教のwikiを見ると事件の数にびっくりします)

実はこの作品、台本はあってないようなモノで、出演者に台詞をお任せしていたとか。
( ARATA(井浦新), 伊勢谷友介, 寺島進, 夏川結衣, 浅野忠信etc)
よって凄まじくナチュラルなシーンがあったり、また、ぎこちないようなシーンもあり。
なんともドキュメンタリーっぽい作りになっているのです。

ちなみに是枝監督、映画を撮られる前はドキュメンタリー番組を制作していたようで
そちらは未見なので比べようはないのですが
こういった作品を撮りたいと思う気持ちもわからなくはないです・・・が

なんというか私には難しかった。

【空気人形】のような明らかなファンタジーに社会風刺を+したような作品、
【奇跡】のようにノスタルジックで希望にあふれた作品
【誰も知らない】のように実際の悲惨な事件に対し希望が持てる作品
どれも好きな作品なのですが、本作だけはどうしても合わなかったなぁ。

難しくて、途中で携帯をいじりながら流し観していたら、ほぼクライマックスだった。
是枝監督ごめんなさい・・・。


どんでん返しな要素だけ穿ると、ARATAがとんでもない存在だったわけですが。
(これについては作品を見るか、ネタバレをググってみてください)

そんなことより、被害者の遺族が語る作品って結構あると思うんだけど
(もしくは加害者の自伝本とか刑務所で書きましたとか)
加害者「遺族」ってなかなか心の奥がわからんよね。
もう触れてほしくないことかもしれないし、人に言いたくないだろうし。
そういった意味で、出演者のセリフを聞いていても感情移入しづらくて。

例えば旦那さんが家で教団の本?を延々と読む様子にブチ切れる妻。
こんな状況になったことないからわかんない・・・。

ということで私には「難しい作品」でした。


余談ですが、伊勢谷友介さんの恋人役で出られてた「竹花梓」さんという女優さん。
同世代でお二方ともモデル出身なので、実際に交流があったのかな、とてもナチュラルです。
なんと去年の12月に亡くなられたそうで・・・合掌。
死因はwikiにはありませんが、癌だと書いてあるサイトも見受けられますが、どうなんでしょう。

【東南角部屋二階の女】に出演されていたというので今度観てみようと思います。
西島秀俊×加瀬亮


ブログランキング・にほんブログ村へ

Category: シリアス

Thread: 日本映画

Janre: 映画

Tag: 2001    (監督)是枝裕和  伊勢谷友介  浅野忠信 
tb 0 : cm 1   

【月光ノ仮面】今年一番のシュール&ポカーン映画(板尾は大好き) 

・起承転結、オチがはっきりしてる
・内容どうこうより、雰囲気や出演者がオシャレ

大多数に好かれる映画って、だいたいこの2択なんじゃないかと思う。
だから「クールかつどんでん返し!」なんて映画は人気ですよね。

本作は、この2択に属さない。
どちらかといえばシュールすぎて口ポカーン映画である。

まず全編に登場する落語。
もし「ごっつ」や「笑ってはいけない~」にちょろっと顔を出し笑いをとる
「あの板尾」を求める健康的男子は観ない方がよろしいかと。
たぶん寝る。

簡潔に言うと、戦地からある落語家(うさぎ)が帰ってきてみんな大喜び!
かと思ったら別の奴でした。という話。
そこに古典落語の「粗忽長屋」という話を盛り込むんだけど
(私も落語には疎いので調べてみたら)なんか噛み合ってないんだよね。

粗忽長屋は、ある日行き倒れ(死体)を見つけたA氏、それが友人Bだと気づく。
Bの家に行き、Bを死体のとこへ連れてくる。
Bは驚きながらも、死体がBであることを認める。
じゃあ今いるBは誰なの? というシュールな話。

これを映画のあらすじと照らし合わすには大雑把というか、無理があるというか。
私てっきりうさぎの恋人の石原さとみは、「うさぎではない」事をわかったうえで
知らないフリをして破廉恥なことをしてると思いきや、勘違いって設定だったの?
浅野くんと板尾はそんなに似ていますか!?
せめて王道だろうと双子を使おうよ・・・

てか板尾と石原ちゃんは無理がアルよ・・・(何度もあるし)
父娘の歳の差ですよ!!

そして最後は全部ぶち壊しで口ポカーン。
gekkouno.jpg
あれ、舞台で自殺するほうがインパクトあると思うんだけど
(それを客がいつまでも笑ってる、みたいな)
そこまでは長いな~と思いながらも頑張ってみてたけど
さすがにびっくりしたわ。


よく舞台の作品映画化したらアカンってブログにも書いてますが
これは舞台にしたほうが良かったんじゃない?と思った。
もちろん、ほんとの落語家さんでね^0^
励みになります!
気に入っていただけたらポチッ^0^

ブログパーツ
人気ブログランキングへブログパーツ

よし○との、近頃大量発生している
「金儲けのためとしか思えないショーモナイC級映画」に比べたら、よほど良い。
ただ灰汁が強すぎて、食べる人を選ぶ料理と思いました。

Category: シニカル

Thread: 日本映画

Janre: 映画

Tag: 2011  浅野忠信  板尾創路 
tb 0 : cm 0   

【ELECTRIC DRAGON 80000v】浅野くんが永瀬くんを8万ボルトの力でボコボコにするお話。 

「電気と感応し爬虫類と心を通わせる男」竜眼寺
2011y10m24d_231941312.jpg


「電気を修理し怪電波をキャッチする謎の男」雷電
2011y10m24d_232003609.jpg
が殴り合いをするって話。

上の役が浅野忠信氏、下が永瀬正敏氏、それぞれ本人がレタリング?を担当していて、
たま~にその文字たちが話の途中で差し込まれます。
永瀬さんはきちっとした字ですね。
DVDのメイキングでこの画像が色々載っていて面白かったです。

2000年。
ちなみに全篇モノクロ、無理な人は最初から手を出さないのが無難。


爬虫類探偵?路地裏やマンホールを歩いて探し続ける・・・)の浅野。
ある日捜索願が出てたコが無残な姿に。
自宅に戻ると、可愛がっていたペット達は干物のように洗濯ばさみで並べて吊るされ、
相棒のギターはかまぼこみたいに切り刻まれてた。
2011y10m24d_232024546.jpg

やったのは、あいつだ。
moblog_c3e2196c.jpg
永瀬氏は、顔半分と片手が、金属で被われている。電気の修理やさん。
暇さえあれば屋上でアンテナみたいなのを持って電波をキャッチ。
こっそり悪いやつを始末するという、エレクトロ仕事人である。

浅野氏、頑張ってギターをつなぎ合わせるも、しょぼい音にがっかり・・・
(彼が街中で「ギター!」と叫ぶと、飛んできてくれる間柄です)

・・・ぷっつん。

そして屋上の決闘である。

この屋上の決闘は大したことないんだけども、
それよりか永瀬氏がスタンガンの先っちょを見てチャクラが開眼し(なんのこっちゃ)
左手が自分の心と裏腹に大暴走をするのだ。
このシーンがホラー映画並みに引きずり回され(自分の左手にね)
右手で叩いて静めようとしたり(左手をね)
階段から転がったりもう凄いの。
凄いって、要は一人でやってんだもの。

面白かったのはそのシーンくらい 笑

内容は特にない。
石井聰亙監督もとい石井岳龍作品に内容や深みを求めてはダメ、ゼッタイ。
なんせ55分、辛くとも55分、耐えれる長さではないか。
パンクに目覚めた中高生男子のお泊り会で鑑賞会したら、きっと盛り上がるはず!
(ビールではなく、コーラかファンタをお供に)

半分くらい浅野氏のギターのシーンです・・・し
ミッシェルやギターウルフ好きな学生なら興味もつんでは?
浅野氏自身が、MACH1.67というバンドで主題歌歌ってます。


気に入っていただけたらポチッ^0^


人気ブログランキングへ
レンタルCGIブログパーツ

Category: アクション・特撮

Thread: B級映画

Janre: 映画

Tag: 浅野忠信  永瀬正敏  (監督)石井岳龍 
tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。