05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

シネマ★コロポックル

サブカル女子÷おっさん=映画好きへっぽこ主婦

 

最新記事

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

【DISTANCE】カルト宗教事件の加害者遺族。ドキュメンタリーが苦手な人はスルーで。 

是枝監督の作品は割と好きで結構観ています。
長編作品で観てないのは、【花よりもなほ】とcoccoの【大丈夫であるように】でした。

出演者と、あらすじに惹かれ観たいと思っていた作品。


100人以上の死者を出したカルト集団による無差別殺人事件。
実行犯も教団によって殺された。
残された「実行犯の遺族」たち。
事件から3年後、遺族4人が集まる。

なんだかとても興味深いストーリー。
1995年に地下鉄サリン事件なんてものがありましたね。
私は小学生でしたが、ニュースはちょっと前の出来事かのように覚えています。
(ちなみにこの記事を書く際にオウム真理教のwikiを見ると事件の数にびっくりします)

実はこの作品、台本はあってないようなモノで、出演者に台詞をお任せしていたとか。
( ARATA(井浦新), 伊勢谷友介, 寺島進, 夏川結衣, 浅野忠信etc)
よって凄まじくナチュラルなシーンがあったり、また、ぎこちないようなシーンもあり。
なんともドキュメンタリーっぽい作りになっているのです。

ちなみに是枝監督、映画を撮られる前はドキュメンタリー番組を制作していたようで
そちらは未見なので比べようはないのですが
こういった作品を撮りたいと思う気持ちもわからなくはないです・・・が

なんというか私には難しかった。

【空気人形】のような明らかなファンタジーに社会風刺を+したような作品、
【奇跡】のようにノスタルジックで希望にあふれた作品
【誰も知らない】のように実際の悲惨な事件に対し希望が持てる作品
どれも好きな作品なのですが、本作だけはどうしても合わなかったなぁ。

難しくて、途中で携帯をいじりながら流し観していたら、ほぼクライマックスだった。
是枝監督ごめんなさい・・・。


どんでん返しな要素だけ穿ると、ARATAがとんでもない存在だったわけですが。
(これについては作品を見るか、ネタバレをググってみてください)

そんなことより、被害者の遺族が語る作品って結構あると思うんだけど
(もしくは加害者の自伝本とか刑務所で書きましたとか)
加害者「遺族」ってなかなか心の奥がわからんよね。
もう触れてほしくないことかもしれないし、人に言いたくないだろうし。
そういった意味で、出演者のセリフを聞いていても感情移入しづらくて。

例えば旦那さんが家で教団の本?を延々と読む様子にブチ切れる妻。
こんな状況になったことないからわかんない・・・。

ということで私には「難しい作品」でした。


余談ですが、伊勢谷友介さんの恋人役で出られてた「竹花梓」さんという女優さん。
同世代でお二方ともモデル出身なので、実際に交流があったのかな、とてもナチュラルです。
なんと去年の12月に亡くなられたそうで・・・合掌。
死因はwikiにはありませんが、癌だと書いてあるサイトも見受けられますが、どうなんでしょう。

【東南角部屋二階の女】に出演されていたというので今度観てみようと思います。
西島秀俊×加瀬亮


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

Category: シリアス

Thread: 日本映画

Janre: 映画

Tag: 2001    (監督)是枝裕和  伊勢谷友介  浅野忠信 
tb 0 : cm 1   

【奇跡】久しぶりに清いものを見た。2011私的ランク暫定1位。 

自分的に、今年NO.1の傑作

いや~こんなに泣いたのは久しぶり。

別に誰も死なないし、悲しい話じゃないんだけど
凄く心が洗われたというか、純粋な姿に感動してしまった。

ある兄弟(まえだまえだ)が、親の不仲で別々に暮らす。
兄は鹿児島に母と、弟は福岡に父と。

九州新幹線が開通し、車両がすれ違うときに願い事をする。
この「おまじない」のために、子どもらでプチ旅行をするのだ。

おまじないって、今の子どもたちもするのかな?
「そんなん作り話でしょ」と一蹴されそう・・・。
本作に出てる子ども達は、皆悪意なく純粋で一生懸命で、
大人たちの愛情をたくさん受けて育ったんだというのが凄く伝わる。

こっそりお金を貯め、こっそり旅行に行くんだけど、
全てを知って包み込む大人の優しさが沁みる。
それも子どもが大人に信じてもらえてる証拠なんだろうな。

7割くらいは、言ってしまえば「2人の日常」を描いてるだけだから
こういう雰囲気が苦手な人は飽きてしまうかもしれない。 
でもそこを耐えて子どもたちの旅のシーンになると
自分も一緒にドキドキ、新しいものを同じ目線で見ているような気分になる。
知らない土地をグングン歩く様は、スタンドバイミーを思い出させる。

ここらで、ノスタルジックな音楽に合わせ、様々な写真を差し込んでいくシーンがある。
子どもたちの目線で見た、コスモスだったり、車掌さんの手だったり、愛犬だったり。
その全てがギュっと詰まったシーンで、涙が・・・。
(もちろん切なさの確信犯はくるりである)

忙しさに追われ、忘れてた自分が子どもだった頃の純真な気持ち。
その蓋をそっと開けられ、閉じこまっていた清いものが溢れ出た。
見終わって、清々しい気持ちになる。それだけで十分。

九州新幹線といえば、全線開通したのが3月12日だそう。
(私の知識が間違っていたらすみません)
このおかげで助かった命があるかもしれない。
奇跡は起きた・・・?
(映画の公開は震災3ヵ月後の6月11日)

キャスティングについてですが、まえだまえだがほんと素晴らしい。
最近「演技のうまい子役」が流行っていますが
彼らは田舎臭く、素朴で、芸能界の匂いがしません。
芦田なんとかちゃんは、「夏休みにはザリガニとりをしたい!」って言ってたけど
きっともらえた休みは家で爆睡したに違いない。
けどこの兄弟は、本当にザリガニとってそうなんだ。
お兄ちゃんのぎこちない感じなんかは、母親や先生に対する態度では100点だと思う。
お父さんなら「どこか連れてってよ!」とか言えるけど
小6になり、お母さんの気持ちもわかるし気丈に振る舞ってるんだな、と思う。
(対する弟は朗らかで見てて気持ち良い)
是枝監督は、まえだまえだを見て脚本を書き換えたほど惚れたよう。


作品の中では多くの大人の事情は語られないけど
全然気にならない、というかそこが素晴らしいと思う。
ついつい「なんで離婚に至ったか」とか入れたくなるとこを、
シンプルにまとめてる。削るのって、付け足すより凄く大変な作業。
それでも薄っぺらくなく、もう一度みたいと思う。

原田芳雄さんの姿も見える。
もしかして、最初はおじいちゃん役だったのかな?
でもそれじゃ前作と一緒だな、なんて考えながら、
脇役なのに輝く原田さんに、唇を噛みしめる。

ちなみにお兄ちゃんの友達は男の子2人ですが
弟は男の子1人、女の子2人を連れ立って来る。
この女の子がすごくかわいくて名前(内田伽羅)を見たらなんか見たことアル・・・
調べてみたら、なんと本木夫妻の娘、 樹木希林女史の孫^0^
wikiには、ばーちゃんが無理やりオーディションに・・・らしい。

ちなみに一番好きなシーンは、旅先で子ども達が田舎の老夫婦宅で過ごすところ。
おまわりさんに話かけられた子どもたちは、とっさに「そこの家の孫です」と
嘘をつくんだけど、この老夫婦がほんと温かくて泣ける。
自分ならびっくりして家に逃げそうなものを
どこの誰かわからん子どもたちを迎え入れ、出前を取ってくれる。
事情を説明したりというシーンは削られているけど、想像ができて微笑ましい。

お風呂上りの女の子の髪を、おばあさんが櫛で梳いてくれるシーンがあるけど
胸がギュっとなって、自分のばーちゃんに会いたくなった。
ほんとこの映画はギュっとなってばかり。

多くを語らない、「削る美学」が随所に出てくるけど
そのおかげで自分に置き換えてノスタルジックな気分になれる、奇跡の時間。
子どもたちの未来が明るいものになりますように。。。

追記:いろんな人のレビューを読んだら
自分の見解の甘さにショックを受けてしまった。
もう少し大人な視点で見なきゃいけないかな・・・ 

気に入っていただけたらポチッ^0^


人気ブログランキングへ
ブログパーツ

最近は小説や漫画の映画化で、オリジナルの脚本の映画が減ってるけど
数少ない、素敵な脚本がかける監督さん。
banner3.jpg
「奇跡」公式サイト

Category: ほっこり

Thread: 心に残る映画

Janre: 映画

Tag: 2011  (監督)是枝裕和  オダギリジョー 
tb 0 : cm 0   

【幻の光】残された者。美しい日常。 

誰も知らない」「空気人形」の是枝裕和監督の初期作品。
1995年の作品とは思えない(古臭さがない)。
(ちなみに是枝監督は1991年頃からドキュメンタリー番組の制作をしていました)



ストーリーは、夫を失った妻の喪の作業なのだそう。
でも、その前後出来事、彼女の心の揺れ、風景ばかりに目がいって
一体どれが「作業」なのか・・・

まず、130分と長めです。諦めないで観てみてください。

冒頭、おばあちゃんが元気に「死にたい」と言いながら失踪するシーンに始まる。
おばあちゃんは結局帰ってこなかった。
ゆみ子は最後に話をした自分が引き止めていたら、と後悔する。

大人になったゆみ子(江角マキコ)は、男の子も生まれ、幸せな日々を送っていた。
夫(浅野忠信)との何気ない会話やシーンは、本当に仲むつまじい。

ある日警察が来て、電車に轢かれた男がゆみ子の夫ではないかと告げる。
事故ではなく、線路の上をただ歩いていたとかで、「自殺」という処理だった。

仕事も順調、子供が産まれ、妻に不満もなく、幸せな日々を過ごしていたのに
なぜ夫は自殺をしたのか。
自分に何か悪いところがあったのだろうか。
知らないうちに追い詰めていたのか、ゆみ子は後悔の念に苛まれる。


この後(息子が大きくなっていたので4、5年後?)
ゆみ子は知り合いの紹介で、よく知らない男(子持ち)の家に嫁ぐ。
現在の私たちにしたら「夫を嫌いになって別れたわけでもないのに、よく他の男と・・・」
と思うかもしれないが、
原作は1978年、まだ一般女性が自ら働いて一人で子供を育てるには大変だったのかもしれない。


再婚相手の民雄は不器用ながらとても優しく、民雄の娘と義父とも穏やかに過ごす。
ゆみ子は近所の人ともうまくやっており、全てが順調に見えた。

けれど「理由なく自殺した元夫」のことが頭から離れないのだ。

何か起きるたび、自分のせいではないか、愛する人をまた失うのではないか
様々な念に押しつぶされそうになり、独り海へ向かうゆみ子だった。

***
まず、全篇映像がとても美しい。
印象的なのは止まっている風景に動く物体が飛び込んでゆく描写。
トンネルに自転車でスっと入っていくゆみ子。
駅を過ぎてゆく電車、遠くを過ぎる船。
何度も同じような構図が見受けられるけど、全然嫌味じゃない。

美しいといえば、義理の兄妹が2人で家の近くを散歩(探検?)するシーンがあるのだが
非の打ち所がないくらい美しい。
是枝監督は子供を撮るのがお得意のようで。

次に、「何度も繰り返す」という表現がそれこそ何度も出てくる。
いなくなった祖母。
いなくなった夫。
さらに近所の元気なトメノ婆さんまでいなくなった。
自分の周りの愛する人が失われていく悲しみ。

「トンネル」の描写も数回出てくる。
違うシーンでれぞれ違う人物がトンネルを通るのだ。
人生は長いトンネルである。
トンネルを抜けたときは穏やかな死が待っている・・・のかな?

印象的なのは最初のほうで幸せに過ごしていた頃の夫が
商店街を抜け、電車の横を通る。
ふと電車を見る。
このときの音楽が、最初はとても穏やかでメロディックだったのに、
電車のところだけハラハラするような音楽に転じる。

それと同じことが、夫を亡くした後のゆみ子のとき
(自転車を運転する際の描写)にも使われる。

同じ町に住み、同じルートで電車を見るのだから
しょうがないことではあるのだけれど
この街にいる限りは、ゆみ子は深く沈んだままで息子が不憫だ。

トメノ婆さんと何気なく息子の話をしているとき、
息子はちょっと離れて停めてあった自転車をいじっていた。
死んだ夫が乗っていた自転車と同じ色の自転車を。

私の考えであるけど、恋をする相手と生活を共にする相手は違うと思う。
ゆみ子はとても幸せそうだった。
夫にあれこれ世話を焼いて喫茶店にいくのを楽しんだり、
叶ってしまった恋より、追っている恋愛は楽しいものだ。

「死んだ夫」は少し子供っぽかったように思う。
自転車を「盗まれた」から、他の自転車を「盗んできた」というエピソードや
妻が銭湯へ行ってた間も、赤ちゃんをちゃんと見てたんだかよくわからない感じ、
自由奔放でまだあどけない、という感じだった。

対照的に、新しい夫(内藤剛志)は穏やかで優しく、荒々しさがない。
穏やかな生活。
本当はそれが一番幸せだと思う。
言わないだけで、みんな悩みを抱え、モヤモヤしながらも毎日をやり過ごしている。
それは長いトンネルじゃないだろうか。
トンネルからは見えている。幻の光が。


原作は宮本輝

よければポチっとお願いします。

Category: シリアス

Thread: ★おすすめ映画★

Janre: 映画

Tag: (監督)是枝裕和  浅野忠信 
tb 0 : cm 0   

【誰も知らない】 

私の好きな是枝監督の作品、2004年。
カンヌで日本人初、史上最年少の主演男優賞をもらった柳楽優弥くん。
彼のデビュー作品であり、私の好きな作品です。
誰も知らない [DVD]誰も知らない [DVD]
(2005/03/11)
柳楽優弥、北浦愛 他

商品詳細を見る


YOUが母親なのですが精神年齢が低く
誰の子かわからない子を4人も産み
出生届を出してないから、学校も行ってない。

アパートへ引っ越してくるとき、長男と2人暮らしということにし
妹弟はキャリーバッグにいれて荷物のように連れてきます。
(虐待のような悪意はありません)
子供を怒鳴ったり、手をあげたりということはなく仲良く暮らしています。

けれどある日、少しのお金を置いて新しい「彼氏」のところへ。
長男には「私は幸せになっちゃいけないの?」と言い残し・・・。


映画では、残された4人兄弟が、なんとか生き抜こうとします。
母親への愛情はかわることなく、ただ帰りを待っています。

電気も水道も止められ、公園で水を汲み家まで運ぶ。
コンビにでこっそり期限切れの弁当をもらう。
そんな日々を過ごします。


終盤、3歳くらいの妹が家の中で事故に遭います。
兄弟たちは悩んだ末、何もできず、妹は息を引き取ります。


妹をたくさんのチョコと一緒にバッグに入れ、
唯一できた友達(いじめに遭ってる女子中学生)と
飛行機の見える空き地へ(妹が飛行機に乗りたがっていたので)埋めます。


そしてまた日々を繰り返します。

母親が帰ってくることを信じて・・・。



音楽はゴンチチさんです。
とても素敵で穏やかな音楽すぎて、話の怖さを錯覚しそうです。
きつい音楽だったら見れなかっただろうな!


実はこのお話には元となった事件があります。
MURDER IN THE FAMILY
 ↑こちらのサイトで、とても詳しく書かれています。
「巣鴨子供置き去り事件」のところをご覧ください。
(1988年)

こちら↓では新聞記事を基に簡潔にまとめてくださっています。
「i Finder 雑読乱文」

映画では子供の存在を隠す手段でキャリーバッグに入って引越ししましたが
実際は「戸籍のない病気で死んだ我が子」をどうすることもできず、
バッグに入れ押入れにしまっていたそう。

また、映画では不慮の事故で妹が死にますが
実際は長男の友人の折檻死である。
(最初は長男も折檻に加わっていたとか)

子供が置き去りにされただけで悲しい話なのに
妹の死に方が折檻死だったら、最後まで見ていられなかったと思う。


むごいだけの映画じゃなく、「子供が懸命に生きる姿」が見れてよかった。
ラストは何も解決していないんだけど、光が見えた気がした。
柳楽くんの目力はほんとすごい。

空気人形 [DVD]空気人形 [DVD]
(2010/03/26)
ぺ・ドゥナ、ARATA 他

商品詳細を見る
こちらも是枝作品↑
気に入っていただけたらポチッ^0^


人気ブログランキングへ
ブログパーツ
レンタルCGI

Category: シリアス

Thread: お気に入り映画

Janre: 映画

Tag: 2004  韓英恵  加瀬亮  (監督)是枝裕和  ♦実話が原作 
tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。