07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

シネマ★コロポックル

サブカル女子÷おっさん=映画好きへっぽこ主婦

 

最新記事

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

【生きてるものはいないのか】死が死を呼び、謎が不条理を呼ぶ 

まず初めに。
私は舞台作品の映画化があまり好きではありません。
だってどう考えたって別物じゃないすか。

舞台は役者の息遣いや臨場感、時間との闘いやNGまでみれる。
映画は編集したり、何度もやり直したり、そもそも比べるものではないと思うのだけど。


【腑抜けども~】はまぁまぁ観れたけど、困ったのが【鈍獣】。
浅野忠信主演のクドカン作品なんだけど、正直面白くなかった。
電車のシーンは、舞台だったら照明や、音響や役者の演技で
「あ、電車が来るんだな、何が起こるのかな」と客が想像するわけだけど
映画は、線路に立てば電車が来るのはわかっちゃうし、そこにはリアルしかない。

だから「舞台劇」で成功を収めた作品が、映画でも面白いとは限らない、と思う。

さて。
【生きてるものはいないのか】


不条理作家・と呼ばれている前田司郎氏の戯曲であり、
五反田団の舞台作品を映画化したもの。
私は演劇に疎いので、正直前田氏の名前は知らなかったのですが
小説で三島由紀夫賞を受賞するくらいすごい人なんですねぇ。


その戯曲を、石井聰亙 改め(監督)石井岳龍氏が映画化。
(ちなみに石井監督、2005年ぶりの仕事です)

以下あらすじというかネタバレというか。


いつも通りの大学キャンパス。
ところが次々と人が死んでいくのだ。
理由もなく死にゆくさまは、不条理そのもの。
ikiteru.jpg
先輩の結婚式の余興についてお喋り。

金髪のアンドレ(札内幸太)の喋りがアフレコっぽくてなんか違和感あった 笑
右手前のナナ(高橋真唯)は都市伝説研究会。最初に死にます。

アンドレとナナ以外の女子2人で、余興のダンスの練習をするんだけど
その最中で一人に異変が。
なんか震えというかもがきといくか、動きが凄いの。
ikiteru4.jpg
ナナが死んだときはなんとなく頷づけたけど、この人はほんと見てて「ぽかーん」

ただ、これが「舞台では」面白く、笑いが起こったりするのかもしれないけど
映画では観客が置いてけぼりな感じです。
正直ホラー?サスペンス?ミステリー?な感じで見てたので、まさにポカーン。
え、笑っていいの?と。

ikiteru2.jpg
一癖ある「サカナ博士と」村ジュン。
結構最後まで生き残る2人。

画像はないのですが、優柔不断な彼氏と姉さん彼女(高梨臨)、彼の元カノ(妊娠中)も登場。
最初に彼氏が死んで、元・今彼女コンビ取り残される・・・。

ikiteru3.jpg
KEE改め渋川清彦、妹の医者役はモデルの青木英李、←に恋するきもい同僚に芹澤興人。
(【最低】に出てた芹澤興人さん個人的に大好きです)

そして一番最初に出てくる患者役の田中こなつさんと主役の染谷くん。
ikiteru5.jpg
こなつさんは「不条理に」人殺しもしますよ~
染谷くんはあまり生に前向きさは見受けられませんが、生きてます。


で。
「愛する人が死んでしまったから自分も死にたい」とか
「死ぬ前に○○したい」とか
「死ぬのはわかってるけどどうにかしたい」とかみんなそれぞれ。
そしてこの映画をみてなんて思うかもそれぞれ。

正直、言いたいことがよくわかりません。

都市伝説(ウイルスや実験)が関係してる?と思いきや違うし(その話も曖昧)
ミステリー要素からかけ離れていく・・・

死・というものに対して大真面目に訴えた作品なのか
半分冗談交じりに「そんなに深く考えるな」と言いたい作品なのか
若輩者の私にはわかりません。
「不条理」を映像にしたらこうなった、とでも言いますか・・・。
考察をあてに読んでくださった方すみません。

ただね、これは思った。
「染谷くんじゃなかったらヤバかったんじゃないか」と・・・。
最後の夕焼けバックはとても美しい。
someyaikiteru.jpg

他のブログで書かれている方もいましたが、【メランコリア】をなんか思い出しますね。
理解できぬまま進んでいく世界の終わり。
それが妙に美しかったりする。

五反田団の演じた舞台のほうがストレートに面白そうだったりして
やっぱ原作は越えられないんだな、と。


励みになります!
気に入っていただけたらポチッ^0^

ブログパーツ
人気ブログランキングへブログパーツ

石井監督には、もっとゴリゴリした作品を期待!!
スポンサーサイト

Category: ジャンル不明

Thread: 日本映画

Janre: 映画

Tag: 染谷将太  2011  (監督)石井岳龍 
tb 1 : cm 0   

【ELECTRIC DRAGON 80000v】浅野くんが永瀬くんを8万ボルトの力でボコボコにするお話。 

「電気と感応し爬虫類と心を通わせる男」竜眼寺
2011y10m24d_231941312.jpg


「電気を修理し怪電波をキャッチする謎の男」雷電
2011y10m24d_232003609.jpg
が殴り合いをするって話。

上の役が浅野忠信氏、下が永瀬正敏氏、それぞれ本人がレタリング?を担当していて、
たま~にその文字たちが話の途中で差し込まれます。
永瀬さんはきちっとした字ですね。
DVDのメイキングでこの画像が色々載っていて面白かったです。

2000年。
ちなみに全篇モノクロ、無理な人は最初から手を出さないのが無難。


爬虫類探偵?路地裏やマンホールを歩いて探し続ける・・・)の浅野。
ある日捜索願が出てたコが無残な姿に。
自宅に戻ると、可愛がっていたペット達は干物のように洗濯ばさみで並べて吊るされ、
相棒のギターはかまぼこみたいに切り刻まれてた。
2011y10m24d_232024546.jpg

やったのは、あいつだ。
moblog_c3e2196c.jpg
永瀬氏は、顔半分と片手が、金属で被われている。電気の修理やさん。
暇さえあれば屋上でアンテナみたいなのを持って電波をキャッチ。
こっそり悪いやつを始末するという、エレクトロ仕事人である。

浅野氏、頑張ってギターをつなぎ合わせるも、しょぼい音にがっかり・・・
(彼が街中で「ギター!」と叫ぶと、飛んできてくれる間柄です)

・・・ぷっつん。

そして屋上の決闘である。

この屋上の決闘は大したことないんだけども、
それよりか永瀬氏がスタンガンの先っちょを見てチャクラが開眼し(なんのこっちゃ)
左手が自分の心と裏腹に大暴走をするのだ。
このシーンがホラー映画並みに引きずり回され(自分の左手にね)
右手で叩いて静めようとしたり(左手をね)
階段から転がったりもう凄いの。
凄いって、要は一人でやってんだもの。

面白かったのはそのシーンくらい 笑

内容は特にない。
石井聰亙監督もとい石井岳龍作品に内容や深みを求めてはダメ、ゼッタイ。
なんせ55分、辛くとも55分、耐えれる長さではないか。
パンクに目覚めた中高生男子のお泊り会で鑑賞会したら、きっと盛り上がるはず!
(ビールではなく、コーラかファンタをお供に)

半分くらい浅野氏のギターのシーンです・・・し
ミッシェルやギターウルフ好きな学生なら興味もつんでは?
浅野氏自身が、MACH1.67というバンドで主題歌歌ってます。


気に入っていただけたらポチッ^0^


人気ブログランキングへ
レンタルCGIブログパーツ

Category: アクション・特撮

Thread: B級映画

Janre: 映画

Tag: 浅野忠信  永瀬正敏  (監督)石井岳龍 
tb 0 : cm 0   

【アジアの逆襲/指圧王者】サイキックコマンド×SFパンク×ディストピア 

1983年、戦場のメリークリスマス、楢山節考、南極物語。
日本SF映画の名作といわれた塚本晋也監督の「鉄男」でさえ1989年公開。


1983年作品でも特殊なこの映画はディストピア×SF映画のさきがけでは?
(ディストピアの正確な定義はわからないのですが、当方の主観として)
石井聰亙特有の破滅的なパンクにサイキック、コマンドー要素が盛り込まれている。
なんとも中学生男子が好みそうな要素満載である。

【アジアの逆襲/指圧王者】石井聰亙

出だしとラストは一面の荒野である。
核戦争か何かで滅びた世界のような感じ。

そしてパンク?などきつい音楽と共に出演者の男たちの写真、
さらにきのこ雲が脳みそになる描写なんかでごったがえす。
このへんで男たちが、洗脳により過去を消された・・と覗える。

そしてひたすら鍛えまくる者、壊れていく者、彼らの演技がすごい。
(そのうちの一人有薗芳記さんという方は、今でも映画等でご活躍)

この特殊部隊の彼らで内乱(というかただの喧嘩)がおきるのだけど
これがジョージ・クルーニーもびっくりの超能力対決。
え、笑うとこ?

ないこれ耐えられない・・という人もいるかもですが
30分と短い作品なので、途中棄権するまでもなく終了。


さらに、同時収録で【指圧王者】というサイケデリックな作品。
その昔一世を風靡した「浪越徳治郎」の「指圧の心~母心~」をご存知・・・
の方は私より年上でしょう。
(私はリアルタイムでの記憶がなく、親のギャグでしか知らないのです)

んで浪越氏が裸のブロンド美女にまたがり、ツボを押し捲る。
これだけだ。
んで、美女はどーにか(開眼?)なっちゃって、悟りを開いちゃう。
(高速道路が神経回路みたいに見えちゃう)
パンクな石井聰亙氏からはかけ離れた作品だけど15分程度なので我慢でご覧アレ。
(ちなみに1989年の作品)

ちなみにエンドロールのキャストの名前のところに
「北方舞踏派」というのがありまして、激しく踊って?いた方がいたので
その人の団体かな、と思い調べてみたところ、
なんと「大駱駝艦」という舞踏団の設立メンバーによって派生した団体。
この「大駱駝艦」、かの麿赤兒の団体である。

麿赤兒を知らないという人にもういっちょ。
・ゲルマニウムの夜
・ケンタとジュンとカヨちゃんの国
・まほろ駅前多田便利軒
 の監督である大森 立嗣氏と俳優・大森 南朋の父である。

最後に。
1983年、洋画ではスタウォーズep6、ランブルフィッシュ、
スカーフェイス、フラッシュダンス等が公開されている。
予算は少ないけど、イマジネーションでは負けてない?ぞ石井聰亙!


「指圧の心~母心~」ポチッ

Category: アクション・特撮

Thread: B級映画

Janre: 映画

Tag: 80年代  (監督)石井岳龍 
tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。