04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

シネマ★コロポックル

サブカル女子÷おっさん=映画好きへっぽこ主婦

 

最新記事

【アデル、ブルーは熱い色】レズビアンの青春はR-18 

私、R-15作品は結構観てるんですが、R-18となると断然観た数少ないんですよね。
今回のは性描写が凄かろうと絶対観てやろうと思っていた作品です。

【アデル、ブルーは熱い色】です。

変わったタイトルですよね。

フランスのコミック『ブルーは熱い色』が原作です。
そして、コミック原作作品がカンヌのパルムドールをいただいちゃったという。
日本でコミック作品がアカデミー賞をとる・・・のは想像がつかないですよね。

原作者のジュリー・マロは1985年生まれなので、25歳のときにこの作品を書いたのか。
原作未読なのでエラそうな事は書けませんが、映画が原作に忠実だとしたら、若さがなければ書けないよなぁという印象。
もうね、誰もが通ったであろう「若い頃アルアル」が満載なんですよ。
ただ、あれこれ問題が起きるのが女と女なわけです。

高校でイケメンと付き合うも、あ、なんか違うかも。と気づいたアデル。
(女優さんの名前アデル・エグザルホプロスから取ったのかな?偶然?)
あんたゲイでしょ!ゲイじゃないし!ゲイバー行ってないし!というイザコザありつつ、アデルはエマという人物に惹かれていく。。。女性に。
adel1.jpg
左がアデル、右がエマ(レア・セドゥ)
学校行って、恋をして、付き合って、就職して、喧嘩して、別れてというアデルの青春を3時間見続けるわけです。
正直、長いです。
そしてレズビアンで性描写もすごいです。
まして、アメコミやアクションやSFが好きな男子は全く受け付けない作品なんじゃ・・・。
s-bell6.jpg
これをスピルバーグがパルムドールに?
大人の考えてることは私にはわかりません(私もオバサンですが 笑)

パルムドールといえば、見た数こそ少ないですが、【麦の穂を揺らす風】は好きな作品です。
でも、他のは・・・「いやー面白かった!」というのはあまりないんだよな・・・【パリ20区、僕たちのクラス】くらいかなぁ・・・

アカデミー賞と違って、カンヌのほうは全国区で上映されてなかったり、華やかではない、有名ではない作品が多い気がします。
この作品も万人にはオススメできないなぁ・・・・・・・・・

作中でBGMは少ないんだけど、ダンスのシーンは効果的に何度も登場するんだよね。
日本てクラブと習い事と盆踊りくらいじゃないですか、踊るという文化は。
飲み屋さんで本気で踊ったり、家のパーティで皆で踊ったりという描写も面白かったです。
レインボーパレードもね。

adel.jpg
それと、気になったのが「食べる」描写。
まず、アデルの食べ方がくちゃくちゃ汚い・・・。
エマの家に行くと、特別に仕入れたという牡蠣料理。
娘がレズビアンといいうことも認知している様子。

アデルの家は、いつも夕食に出てくるボロネーゼ。
相変わらず食べ方汚いアデル。
そしてエマ家と対照的な、腫物に触れるかのような両親の対応。
ちょっと観てて胸が苦しかった・・・。

性欲を満たして食欲を抑えるダイエットが噂になるくらいですから、「食欲」と「性欲」は結びつきがある・・・んですよね?

アデルは食べ方汚いし、アホ面で寝るし、髪はいつもボサボサなんですよ。
でも男性にはナチュラルに見えるのか、なぜかモテるんです。

いましたよ、私の同級生でも。授業中早弁して、イビキかいて寝てるのになぜかモテる女子が!
(顔は美人でしたが!羨ましい限り!)

アデルも可愛いです。口が半開きで。
レア・セドゥはモデルさんなので女性に人気ありそうですが、アデルは男性受けがよさそう。
 →レア・セドゥ【美女と野獣】の感想もどうぞ。それにしても役でコロコロ表情の変わる女優さんだな。

最後にネタバレみたいになっちゃいますが、結局2人は別れちゃうのですが、エマが
「あなたをずっと思い続ける」みたいなことをアデルに言うわけですよ。
でも付き合えないよ~って。ず、ずるい!
それって「あんたのこと嫌いになった」って言われるよりもずっと苦しいよね。
想われてるのに一緒にはいられない・・こんな辛いことがありますか!

2人が女同士ということを忘れたら、3時間の青春恋愛映画だ。

ここまで読んでくれた人で、私のこの駄文で果たして観たい!と思った人いるんだろうか・・・
否定的な記事になってしまったけども、面白くないわけじゃない。
ただ、こういうところが面白いという具体的なアレコレは私の脳みそからは出てきません。
でも強く感情移入して、想い出して、どっぷり疲れたのだ。
私にも青春があったのだなぁと。

Category: ・フランス

Thread: 映画感想

Janre: 映画

Tag: 2013    R-18  LGBT  ♠パルムドール  ♦コミック原作 
tb 0 : cm 0   

【エル・トポ】カウボーイ×宗教×アヴァンギャルド=伝説のカルト作品 

しばらくの間TVばかり観てたので、久しぶりにツタヤに行ったら
なんと、ずぅっと観たかった作品が置いてあった。
ほとんど触られてないのか、ケースはピッカピカ・・・


知る人ぞ知る名(迷?)作【エル・トポ】でございます。

ジャケからわかるように、カウボーイが子ども(息子)を裸で連れまわしてます。
(しかも主人公のほんとの息子。主人公は兼監督である)

もうこの設定からしてぶっとんでるんだけど、後に出会った女と旅するために、息子をポイ。

旅をしながら「最強」といわれる猛者たちに戦いを挑む・・・が、相手は一癖も二癖もある超人たち。
eltopo6.jpg
真ん中のガンマンは、極めすぎて弾丸が当たっても痛く無くなっちゃった超人。
左右の2人もなかなかのインパクトですが。

この超人を倒すために、主人公、まさかの卑怯な作戦!!
(こんな感じで数人の超人にヒキョウな戦いを挑む)


っていう、どす黒い旅を続ける中で、共に旅をしてきた女(レズ化)に撃たれ、主人公倒れる・・・

長年の眠りから醒めたらそこは洞窟の中。
eltopo3.jpg
しかもドラム缶に、人寝てるし・・・。

身も心も生まれ変わった主人公が、洞窟から1度も出たことない人達を見て
「よーし俺に任せろ~」って地上に出ての、穴掘りを決意。

洞窟から出て街に出てみると、そこは金持ちのさばる無法地帯!
s-eltopo4.jpg
画像はおっさんが美女にたかってますが、このオバハンver.はほんと怖いよ・・・
 (※街は○リーメイソンのマークだらけ!)


驚愕・・というか衝撃のラストはぜひDVDで!

スプラッタや下品な映画は初々しいカップルのデートにはオススメしないことが多いけど
これは真の「オススメできん映画」でございまして
アングラなものに理解のある人と一緒に観ないとドン引きされるかもね・・・
(動物の死体、レズ、フリークス等は当たり前にストーリーに出てきます)
あと宗教っぽさもあるので、そっちに理解もあると尚楽しめるかと。


世間はオリンピックの話題でいっぱいですね。
私も(普段は興味ないのにw)夜な夜な見てたひとりですよ~

そしてこの作品、葛西選手が頑張ってジャンプしてたのをTVで見つつ、PCで見てました。
なんか葛西選手ごめんなさい・・・


アレハンドロ・ホドロフスキー監督、23年ぶりに新作撮ったらしい!
『リアリティのダンス』
2014年7月日本公開



ブログランキング・にほんブログ村へ

Category: ホラー・カルト

Thread: この映画がすごい!!

Janre: 映画

Tag: ★カルト  70年代  LGBT 
tb 0 : cm 2   

【まだ、人間】3人の泥沼劇。新鋭監督、もっと素直でいいのに。 

お金を貸した相手に死なれた男。
恋人に偽装結婚のために別れを告げられたゲイ。
婚約者が殺された女。

この3人が東京を彷徨い、自分探しをしつつ、肩寄せ合う、な話です。
3人をつなぐのが、金を借りた男であり、別れを告げたゲイであり、婚約中だった男。
mada1.jpg
まだ、人間

まず、「金に憑りつかれた」と言ってるわりに、それらしいシーンは金を数えるシーンのみ。
もっと客にアザトイことしてるとか、上司とのやりとりとかないと
「金の猛者感」が出ない。数えてばっかでただの貧乏人みたい。
水をいっぱい飲むシーンもあるんだけど、これも謎。
ストレートに薬とか酒でいいんじゃないの?

で、金を貸した男との関係もわかりにくい。
そんなシーンあった?って感じ。

婚約者に死なれた女性(穂花)は、恋人が死んでるのに、小奇麗過ぎ。
普通婚約者が死んだ状況って、精神的にやつれて髪がプリンとかすっぴん肌ボロボロとか
部屋がゴミ屋敷とかになりそうなのに、普通の人。
逆に「婚約者の事別に好きでもなかった」設定だったら、役が中途半端です。
この人がバツ1で子どもがいる設定もオチで使うのは狙いすぎ。
(それでも希望があるヨ~な話いらん)

ゲイくん(上山学)、クリスチャン設定です。
まぁ本人は両親ほど熱心に信仰できない、っていう設定だと思われる。
そういった描写はとてもリアルなのかもしれないけど、観てる側が感情移入できない。
例えば、アメリカと違ってキリスト教に対する考えが浅はか(少なくとも私は)であるから
食卓の十字架をぶん投げても、ロザリオを引きちぎっても、いまいちピンと来ない。
s-mada.jpg
それ以前にクリスチャンであることがこのストーリーに必要なのかな、とも思ってみたり。
そこまで「冒涜してる」感が伝わってこなかったかな。
ロザリオ持って○ナニーしてるとかなら衝撃ですけどね。
(そういったシーンはありますが、至って普通)

宗教と言えば新興宗教にのめり込んじゃう【愛のむきだし】や
人殺しする別荘にたくさんの十字架(うろ覚えですが)があった【冷たい熱帯魚】
おや?どちらも(監督)園子温作品ですね。
そうなんです、この【まだ、人間】には「園監督の影響受けました」臭がぷんぷん。
(顔に煙草の灰を塗るシーンは【ヒミズ】ですね、ハイ。)
父親役ででんでん出てるし。
迫力があったのはでんでんのシーンのみでした。


「神への冒涜感」を出したいんなら、自分だったら最後にゲイくんが主役を刺して
金を奪って、死んだ恋人との思い出の地で死ぬとか、そんな感じじゃない?

新人の監督さんなので頑張ってほしいですが、なんかインパクトが足りない・・・
時系列を複雑にしたり、フラッシュバックさせたり、という演出はあるんだけども
「コナレタ映画」を目指してる感じに受け取れちゃって、もったいないなと思いました。
もっと情熱を持って撮っていいと思うのに、変に冷静というか、ベテランぶってるというか。
新人監督ならではの突っ走ってる感はここにはありませんでした。

主役の辻岡正人さんという方は、ちょっとした監督さんで有名な方らしいのですが
私はご存じありませんでした、まだまだ修行が足りんですね・・・
なんとなく若いころのケビン・ベーコンを思い出す顔立ち。
この人の喋りからは金に狂ってる感は感じられなかったな、もっとわかりやすい演出でいいのに。

作品のキャッチコピーである「からっぽ」は全然伝わらない。
だって一つの事柄を追いかけてるんだから、目的があって充実した毎日じゃん。


なんて酷評をしましたが、新人松本准平監督(私とタメ!)今後もガンバです。

励みになります!
気に入っていただけたらポチッ^0^

ブログパーツ
人気ブログランキングへブログパーツ

園監督の弟子と言われれば納得ですが、、、
まぁ園監督本人からもコメントももらってるようなので良しとしますか。

てか殺しといて捕まらないってどうなってんねん!

Category: シリアス

Thread: 日本映画

Janre: 映画

Tag: 2011  LGBT  ♦B級 
tb 0 : cm 0   

【夜になるまえに】キューバ革命を生きたある男  ┌(┌ ^o^)┐の壮絶な人生 

今回は┌(┌ ^o^)┐ホモォ 作品です。
キワドイ画像ありますのであしからず。

ちょっと難しい時代背景なので、goo映画さんから解説を拝借。
「1943年に生まれたレイナルド・アレナス(バルデム)は、作家を目指すと同時に同性愛に目覚めていく。
 処女作は評価されるが、やがてキューバ政府は芸術家や同性愛者たちを弾圧。
 危険も顧みず作品を書き続けたアレナスは、2作目の小説で世界的に名が知れ渡るが、一方カストロ政権への反逆児として、政府や警察から容赦ない迫害を受ける日々が続いた。」

ゲイが白い目で見られ、小説家が自由に表現を許されなかった時代に
頑張って自分を貫いて生きた男を、ハビエル・バルデム氏が熱演。
【ノーカントリー】で悪魔の男を演じたバルデムさんが、ほんとのゲイに見えるから不思議。
s-yoruni2.jpg
これは「ゲイには4つの種類がある」とお喋りしているとこ 笑

彼は詩人なので、詩を交えて話が進むので、映像=現実とは限らないのです。
彼の頭の中の妄想も映像になってたりするので、海の中での
s-yoruni.jpg
こんなシーンも、2秒後にはちゃんとパンツを履いた映像に戻ります。
てかこのご時世にフルチンでつね!!

彼の人生は壮絶で、ゲイというだけで無実の罪を着せられ(泥棒に、犯されたと言われた)
刑務所に入れられるが、脱獄。
でもバレて、もっとヒドイ所へ収監!!

そこで出会うジョニデさん
s-yoruni3.jpg
お姉さん、髭はえてるよ!!

彼女(彼?)は、ケツに何でも隠して運んでくれるという秘技を持っています。
↓筒状に丸めた原稿用紙を挿入しているところ
s-yoruni4.jpg

まぁ、これもばれてしまい、バルデムは酷い仕打ちを受けるのですが
得意の妄想力でなんとか気が狂う寸前で助かります。
そのあと登場する刑務所のお偉いさん↓
s-yoruni5.jpgん?
なんか見たことあるぜ?
ここでのやりとりも妄想でぶっとんでます。

ようやく出所し、1980年にNYへ。
生涯の友ラサロと共に、自由な日々を過ごす。
ところがエイズが発症、1990年に自ら生涯を終えます・・・。

まぁ、10年間はそれまでの人生が報われたというか、少しは幸せな日々だったと思います。
(残念ながらラサロとのウホッなシーンはなく、プラトニックに描かれています)
ラサロは美しい青年で、最後は献身的に看病、身の回りのことにも尽くしてくれ、
上記には自ら生涯を終えた、と書きましたが、実際はラサロが手を加えるんですよね。
「死にたい」と願うアレナスに、最期に手を貸す様子は、見ててほんと苦しかった。
バルデム氏は減量してげっそり、すごい役者魂。

そんな男前~なラサロことオリヴィエ・マルティネス氏
olivier.jpg
髭はちょっと濃いけど正統派イケメン。
モテそう。

そんな彼の最近の画像を探してみたら、なんだかおっさんになってたwww
cinemacafe.net←見たい人は自己責任でどうぞ^0^
(何やらハル・ベリーと婚約したそうですよ~)


・・・とまぁきつい内容ではありますが、良質な映画で結構好きでした。
好き嫌いはあると思いますが・・・(うちの旦那は途中で観るのやめると思う)
そうです、私はバルデム氏が好きなのであります!!

励みになります!
気に入っていただけたらポチッ^0^

ブログパーツ
人気ブログランキングへブログパーツ

Category: ドラマ

Thread: 心に残る映画

Janre: 映画

Tag: 2000  ♦実話が原作  LGBT 
tb 0 : cm 0   

【ギプス】20歳のオノマチやっぱり可愛いよ、下手でも許す、な作品 

ドラマ「カーネーション」、現在は「サマーレスキュー」(観てませんが)で大人気のオノマチ。
(でもなんか最近意外な人とデートしてたって噂あったよね、オノマチ。
 あれどーなった?はっきり言ってイメージダウンやで~)
Gyaoでだいぶ前に見たんですが、再度アップされててたので要点書いてみます。

尾野真千子嬢20歳のときの作品。
なんでか、○○という事項が数多く扱われる。

偶然会ったギプスの女(佐伯日菜子)に惹かれるようになる。
gips2.jpg

環(佐伯)が事件?現場にいるところになんでかオノマチ遭遇。

オノマチ、なんでか環に脅迫状を出す(相手にされない)

2人で協力し合い、女狐になって軽犯罪
(オノマチがギプスで演技をし、スタンガンを使う)

なんでか盗んだ車で事故る

最後は同じ病室に入院、退院。
で、あなた(オノマチ)の部屋は掃除しときましたよ・・・な。

え?
終わり?

なんかね~ラブストーリーとサスペンスとスリラー?がごっちゃ?
(最後の鐘の音に合わせたカット割りなんてコメディかと思ったし)
何が言いたいのかは最後まで謎でした。
タイトルにまでしているギプスの話はどこいった?

私は「女の子×武器(特に銃)」の組み合わせが好きで萌えてしまうんだけど、
どうも「女の子×怪我」の組み合わせには目覚められなかった模様。
まぁウ○コの映画撮る人がいるくらいだから、これが好きな人もいるだろね。

s-gips.jpg
一般市民の、ただ20歳の可愛いオノマチが見たい諸君はただひたすら我慢してくださいませ。
(私ってば塩田作品苦手なのかな・・・)


これは見たいんだけどな。

それにしても佐伯嬢は相変わらず魔性の女っぷりが凄いですな。
さすがエコエコアザラク!
gips3.jpg
この顔ほんと怖いぜ。

励みになります!
気に入っていただけたらポチッ^0^

ブログパーツ
人気ブログランキングへブログパーツ

Category: シリアス

Thread: 映画感想

Janre: 映画

Tag: 2001  (監督)塩田明彦  尾野真千子  LGBT 
tb 0 : cm 0