05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

シネマ★コロポックル

サブカル女子÷おっさん=映画好きへっぽこ主婦

 

最新記事

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

【アデル、ブルーは熱い色】レズビアンの青春はR-18 

私、R-15作品は結構観てるんですが、R-18となると断然観た数少ないんですよね。
今回のは性描写が凄かろうと絶対観てやろうと思っていた作品です。

【アデル、ブルーは熱い色】です。

変わったタイトルですよね。

フランスのコミック『ブルーは熱い色』が原作です。
そして、コミック原作作品がカンヌのパルムドールをいただいちゃったという。
日本でコミック作品がアカデミー賞をとる・・・のは想像がつかないですよね。

原作者のジュリー・マロは1985年生まれなので、25歳のときにこの作品を書いたのか。
原作未読なのでエラそうな事は書けませんが、映画が原作に忠実だとしたら、若さがなければ書けないよなぁという印象。
もうね、誰もが通ったであろう「若い頃アルアル」が満載なんですよ。
ただ、あれこれ問題が起きるのが女と女なわけです。

高校でイケメンと付き合うも、あ、なんか違うかも。と気づいたアデル。
(女優さんの名前アデル・エグザルホプロスから取ったのかな?偶然?)
あんたゲイでしょ!ゲイじゃないし!ゲイバー行ってないし!というイザコザありつつ、アデルはエマという人物に惹かれていく。。。女性に。
adel1.jpg
左がアデル、右がエマ(レア・セドゥ)
学校行って、恋をして、付き合って、就職して、喧嘩して、別れてというアデルの青春を3時間見続けるわけです。
正直、長いです。
そしてレズビアンで性描写もすごいです。
まして、アメコミやアクションやSFが好きな男子は全く受け付けない作品なんじゃ・・・。
s-bell6.jpg
これをスピルバーグがパルムドールに?
大人の考えてることは私にはわかりません(私もオバサンですが 笑)

パルムドールといえば、見た数こそ少ないですが、【麦の穂を揺らす風】は好きな作品です。
でも、他のは・・・「いやー面白かった!」というのはあまりないんだよな・・・【パリ20区、僕たちのクラス】くらいかなぁ・・・

アカデミー賞と違って、カンヌのほうは全国区で上映されてなかったり、華やかではない、有名ではない作品が多い気がします。
この作品も万人にはオススメできないなぁ・・・・・・・・・

作中でBGMは少ないんだけど、ダンスのシーンは効果的に何度も登場するんだよね。
日本てクラブと習い事と盆踊りくらいじゃないですか、踊るという文化は。
飲み屋さんで本気で踊ったり、家のパーティで皆で踊ったりという描写も面白かったです。
レインボーパレードもね。

adel.jpg
それと、気になったのが「食べる」描写。
まず、アデルの食べ方がくちゃくちゃ汚い・・・。
エマの家に行くと、特別に仕入れたという牡蠣料理。
娘がレズビアンといいうことも認知している様子。

アデルの家は、いつも夕食に出てくるボロネーゼ。
相変わらず食べ方汚いアデル。
そしてエマ家と対照的な、腫物に触れるかのような両親の対応。
ちょっと観てて胸が苦しかった・・・。

性欲を満たして食欲を抑えるダイエットが噂になるくらいですから、「食欲」と「性欲」は結びつきがある・・・んですよね?

アデルは食べ方汚いし、アホ面で寝るし、髪はいつもボサボサなんですよ。
でも男性にはナチュラルに見えるのか、なぜかモテるんです。

いましたよ、私の同級生でも。授業中早弁して、イビキかいて寝てるのになぜかモテる女子が!
(顔は美人でしたが!羨ましい限り!)

アデルも可愛いです。口が半開きで。
レア・セドゥはモデルさんなので女性に人気ありそうですが、アデルは男性受けがよさそう。
 →レア・セドゥ【美女と野獣】の感想もどうぞ。それにしても役でコロコロ表情の変わる女優さんだな。

最後にネタバレみたいになっちゃいますが、結局2人は別れちゃうのですが、エマが
「あなたをずっと思い続ける」みたいなことをアデルに言うわけですよ。
でも付き合えないよ~って。ず、ずるい!
それって「あんたのこと嫌いになった」って言われるよりもずっと苦しいよね。
想われてるのに一緒にはいられない・・こんな辛いことがありますか!

2人が女同士ということを忘れたら、3時間の青春恋愛映画だ。

ここまで読んでくれた人で、私のこの駄文で果たして観たい!と思った人いるんだろうか・・・
否定的な記事になってしまったけども、面白くないわけじゃない。
ただ、こういうところが面白いという具体的なアレコレは私の脳みそからは出てきません。
でも強く感情移入して、想い出して、どっぷり疲れたのだ。
私にも青春があったのだなぁと。
スポンサーサイト

Category: ・フランス

Thread: 映画感想

Janre: 映画

Tag: 2013    R-18  LGBT  ♠パルムドール  ♦コミック原作 
tb 0 : cm 0   

【ピンクフラミンゴ】変態御下劣映画の金字塔。歌う尻の穴。 

こないだまとめました「マジキチな映画教えてくだされ」で名前があがっていた
【ピンクフラミンゴ】・・・


実は感想を書こうかと思って画像だけ貯めてあったのですが
この記事を書いたら私も終わりなんじゃないかと思って書けずにおりました。
(3回も観ちゃってる時点でアウトかな・・・)
でも需要がありそう?なので、簡単にアップしちゃう。

この先読まれる方は自己責任でお願いします!!


主人公はディヴァイン。マツコDXの化けモンみたいなの。
s-pink2.jpg
これは、お店で購入した肉を、太ももに張り付けているとこ・・・
しかも雰囲気がゲリラ撮影っぽい。
すでに意味不明。

ちなみにディヴァインのお母さんはベビーベッドみたいとこにいる巨漢。
卵くれ~ってずっと言ってる。謎。

一応敵みたいのが出てきます。
s-pink3.jpg
この変態男と
s-pink1.jpg
鬼畜オバサン(オレンジの髪)です。

このキ○ガイ夫婦は、そこらで女性をさらってきては地下に閉じ込め
手下の男(画像のピンクの服)に孕ませるよう指示、
そのベビーを、わけありセレブカップルに売り飛ばすという鬼畜商売をやってるのです。
s-pink0.jpg
もうここまでの説明で「ゥオエッ」ってなった人は観ないほうが賢明かと。

このアホ夫婦が、「私たちより変態がいるなんて許せないっムキ~っ」
とディヴァインに敵対心を燃やし、色々仕掛けてくる・・・というお話・・・

この作品が気になってたあなた、どうですか鑑賞できそうですか?

ちなみに私が一番凄まじいと思ったのはディヴァインの誕生日パーティにて
お尻の穴をパクパクして歌うパフォーマンスを友人の一人に見せられたことですね。
さすがに画像載せれない・・・

これはパーティに例の夫婦の通報できた警官がなぜかムシャムシャされてるとこ・・・
s-pink4.jpg

最後はディヴァインが犬の○食べるシーンで終わります。
ほんとどうしようもないな・・・

監督のジョン・ウォーターズは、同じく「マジキチな映画」で名前の出てた
【シリアルママ】の監督でもあります。


いや~体調の悪いときに観る映画じゃないね。
泣ける映画や感動物が好きな人は絶対観たらアカン。

ブログランキング・にほんブログ村へ

こちらはジョン・ウォーターズの作品をPOPにリメイクした作品。

原作のほうは観てないんですが、これは安心して観れますw
トラボルタがいる・・・

Category: ホラー・カルト

Thread: 映画感想

Janre: 映画

Tag: 70年代  ★カルト  R-18 
tb 0 : cm 2   

【冷たい熱帯魚】血のりヌルヌル祭り 

見たいみたいと思いながら、大分遅れをとってしまいました。


面白かったですよ、もちろん。
でもネチネチと穿り返すと、正直なところそれほどの衝撃はなかったんですよ。
噂で「凄まじい」と聞いていましたので、予想以上に淡々と見ました。
犯罪者と性悪たちが集まってるんだから、それなりのパターンが見えちゃう。
ただ、でんでん吹越満黒沢あすか等いつもの園ファミリーたちの演技がナチュラルに怖すぎです。


私的には【愛のむき出し】のほうが「狂気」に満ちてたかと。
特に渡部篤郎氏の壊れっぷりは半端なかったから・・・
(彼らはイイ人なので怖いのである。)

あと本作のオチはどうなの?めでたしな感じ?笑うとこ?
娘が倒れたお父さんをブッスブッス刺したら衝撃だっただろうな。

凄い映像を見た、とは思ったんだけど、あまり心に物語が残ってません!
【愛のむきだし】のエンターテインメント感に比べると
こちらは事件を追ったドキュメント風に見たかも。

実話3部作にするそうなので、次回作期待しています。
※追記:これ、後に 実際の事件をベースとしたシリーズ「家賃3部作」 となってます。

園監督、ご結婚おめでとうございます
←絶版なのかな?現在5000円。

追記:2016年に元ネタとなった事件の本が出ました。


励みになります!
気に入っていただけたらポチッ^0^

人気ブログランキングへブログパーツ
ラベルつくってみた。
2011y12m22d_225206156.jpg

Category: サスペンス・スリラー

Thread: 見た映画の感想

Janre: 映画

Tag: 黒沢あすか  でんでん    吹越満  2010  (監督)園子温  ♦実話が原作  (特殊メイク)西村喜廣  R-18 
tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。