07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

シネマ★コロポックル

サブカル女子÷おっさん=映画好きへっぽこ主婦

 

最新記事

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

【夜になるまえに】キューバ革命を生きたある男  ┌(┌ ^o^)┐の壮絶な人生 

今回は┌(┌ ^o^)┐ホモォ 作品です。
キワドイ画像ありますのであしからず。

ちょっと難しい時代背景なので、goo映画さんから解説を拝借。
「1943年に生まれたレイナルド・アレナス(バルデム)は、作家を目指すと同時に同性愛に目覚めていく。
 処女作は評価されるが、やがてキューバ政府は芸術家や同性愛者たちを弾圧。
 危険も顧みず作品を書き続けたアレナスは、2作目の小説で世界的に名が知れ渡るが、一方カストロ政権への反逆児として、政府や警察から容赦ない迫害を受ける日々が続いた。」

ゲイが白い目で見られ、小説家が自由に表現を許されなかった時代に
頑張って自分を貫いて生きた男を、ハビエル・バルデム氏が熱演。
【ノーカントリー】で悪魔の男を演じたバルデムさんが、ほんとのゲイに見えるから不思議。
s-yoruni2.jpg
これは「ゲイには4つの種類がある」とお喋りしているとこ 笑

彼は詩人なので、詩を交えて話が進むので、映像=現実とは限らないのです。
彼の頭の中の妄想も映像になってたりするので、海の中での
s-yoruni.jpg
こんなシーンも、2秒後にはちゃんとパンツを履いた映像に戻ります。
てかこのご時世にフルチンでつね!!

彼の人生は壮絶で、ゲイというだけで無実の罪を着せられ(泥棒に、犯されたと言われた)
刑務所に入れられるが、脱獄。
でもバレて、もっとヒドイ所へ収監!!

そこで出会うジョニデさん
s-yoruni3.jpg
お姉さん、髭はえてるよ!!

彼女(彼?)は、ケツに何でも隠して運んでくれるという秘技を持っています。
↓筒状に丸めた原稿用紙を挿入しているところ
s-yoruni4.jpg

まぁ、これもばれてしまい、バルデムは酷い仕打ちを受けるのですが
得意の妄想力でなんとか気が狂う寸前で助かります。
そのあと登場する刑務所のお偉いさん↓
s-yoruni5.jpgん?
なんか見たことあるぜ?
ここでのやりとりも妄想でぶっとんでます。

ようやく出所し、1980年にNYへ。
生涯の友ラサロと共に、自由な日々を過ごす。
ところがエイズが発症、1990年に自ら生涯を終えます・・・。

まぁ、10年間はそれまでの人生が報われたというか、少しは幸せな日々だったと思います。
(残念ながらラサロとのウホッなシーンはなく、プラトニックに描かれています)
ラサロは美しい青年で、最後は献身的に看病、身の回りのことにも尽くしてくれ、
上記には自ら生涯を終えた、と書きましたが、実際はラサロが手を加えるんですよね。
「死にたい」と願うアレナスに、最期に手を貸す様子は、見ててほんと苦しかった。
バルデム氏は減量してげっそり、すごい役者魂。

そんな男前~なラサロことオリヴィエ・マルティネス氏
olivier.jpg
髭はちょっと濃いけど正統派イケメン。
モテそう。

そんな彼の最近の画像を探してみたら、なんだかおっさんになってたwww
cinemacafe.net←見たい人は自己責任でどうぞ^0^
(何やらハル・ベリーと婚約したそうですよ~)


・・・とまぁきつい内容ではありますが、良質な映画で結構好きでした。
好き嫌いはあると思いますが・・・(うちの旦那は途中で観るのやめると思う)
そうです、私はバルデム氏が好きなのであります!!

励みになります!
気に入っていただけたらポチッ^0^

ブログパーツ
人気ブログランキングへブログパーツ

スポンサーサイト

Category: ドラマ

Thread: 心に残る映画

Janre: 映画

Tag: 2000  ♦実話が原作  LGBT 
tb 0 : cm 0   

【東京ゴミ女】ストーカーは立派な犯罪行為です。ダメ、絶対。 

恋は片思いしてるときが1番楽しいって人は、少なくないと思う。
Gyaoにて。(*無料じゃなきゃ見ません)
PCBX-70609.jpg

東京ゴミ女】という衝撃的なタイトルですが
中身も「好きな人のゴミを漁る女」の話で、要するに人間のクズの話です^0^

同じマンションに住む片思い中の男の出したゴミを部屋に持ち帰り、
漁り、気に入ったものは部屋に飾るという、犯罪者予備軍の末路。

ところが本作は何かとポップでオサレに作られていて、勘違いもいいところ。
この映画を観た足りない女の子が「こんなことしてもいいんだ♪」と
なってしまうんじゃないかと、おばちゃんは不安。

まぁ、ゴミの中にあった譜面や、ライブビデオなんかを血眼で見てた彼女が
バンドマンの(片思い中の)彼のライブに行き、
彼の前でゴミを漁って覚えた彼自作の歌を口ずさむ。
普通なら「えっ何この女?!」ってなるとこを、彼もギターを弾く・・・
え、このファンタジーな味付けは何?と思ってたら思わぬ展開に。
ここらへん(男の行動)は唯一面白かったな。

そもそもとんでもない話なんだから、ホラーっぽくやれば面白かったと思うの。

脇役の柴崎コウちゃんが「五大陸制覇したのよ!」って話と
ロリコンの喫茶店のマスターが田口トモロヲ氏で思わぬ収穫。
(登場人物みんなおかしいんです)

廣木隆一監督といえば、ぼんやりした作品が多い印象です。
製作の段階では話題にされるけど、実際公開になるとあれ?みたいな・・・


今後、秋葉原通り魔事件を描いた作品が公開になるようですが、
そちらも「話題性」だけで終わっちゃうのかな。
励みになります!
気に入っていただけたらポチッ^0^

人気ブログランキングへブログパーツ

Category: シニカル

Thread: 無料映画

Janre: 映画

Tag: 2000  田口トモロヲ  B級  ♦B級 
tb 0 : cm 0   

【けものがれ、俺らの猿と】永瀬正敏の暗黒作品 

町田康氏原作です。
きっと原作は素敵だったんだと思う。

永瀬さんの映画をちゃんと見たのはこれが始めてかも。

てかね、鳥肌実!

そういえば若かりし頃、友達と一緒に彼のイベント行ったことがある。

クラブで、奇妙な音楽に乗せて、延々政治やら戦争やらの話・・・

だった気がする。

正直覚えてない。

あとブリーフになってた気がする 笑

何も知らない少女は、ソファに裸足で立って

彼の顔を必死で見てやろうとしてたのだ 笑

で、クラブを出ると、ファンのサインやら握手に気さくにこたえる彼が。

なんだ、普通のいい人じゃないか。

頑張ってください。
torihadaminoru.jpg

って思った。ような・・・

彼はもちろん頭おかしい人の役です。

飼ってる猿をボコボコにしたり野菜を撒き散らしたりアバンギャルドです。



あと降谷健志がちょい役で出ます。

彼のこと結構好き(だった・・・)んですよ。

若い頃結構CD聞いてました。

顔も声も好みでした。


でもでもでも

歌だとあんな言い声なのに、演技は????

私が年取っちゃった?


はい、本題の映画ですが・・・・・・・・

最後の焼きそば作りは圧巻。

まともな人は疲れる映画 笑
あととにかく虫がすごい。

この須永 秀明という監督さん、普段はPVメインでやられてる
(dragon ashはもちろん、嵐からNMB48?まで幅広く)方のようなので、
5,6分の映像なら素敵なのかも。

曲はすごいよ~

ゆらゆら帝国・ナンバーガール・bloodthirsty butchers etc・・・

けものがれ~はこちらに収録されています



ブログランキング・にほんブログ村へ

Category: ジャンル不明

Thread: B級映画

Janre: 映画

Tag: 町田康  永瀬正敏  2000 
tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。