04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

シネマ★コロポックル

サブカル女子÷おっさん=映画好きへっぽこ主婦

 

最新記事

【命の相続人】命を削って命を与える(ただし他人に限る) 

Gyao!でちょいとレビューが良かったので(息子が学校で使う雑巾縫いながら笑)観てみました。
【命の相続人】(原題:EL MAL AJENO)

主演はスペインの濃い顔イケメン「エドゥアルド・ノリエガ」氏、お医者さん。
(シュワちゃんの新作【ラスト・スタンド】にも出演する模様)

「患者に最善は尽くしても、深入りしない」がモットーの医者ディエゴ。
ある日、重病患者の恋人と揉め、撃たれる・・・が、生きていた。
その日を境に不思議なことが。

「不思議なこと」というのは怪我や病気を治す力なので、一見ファンタジーっぽいですが
その他の要素は辛いこと悲しいこと満載で、正直ファンタジーっキャハハ☆どころじゃないです。

うまい具合に伏線がひかれ、107分と短い中にホロホロと謎が解けていくので
静かで淡々とではありますが飽きずに観れました。
まぁ、わかりやすいストーリーです。
ヘンテコなカテゴリ分けされてる事もあるみたいですが、サスペンスという感じではないな。
(amazonのスーパーナチュラルスリラーってなんだ?)


ネタバレしてしまうと、治癒能力は「自分の愛する者の命」と引き換えなんですよ。
んで自分の力は愛する者には使えない。
その意地悪ルールのせいで、誰を犠牲にするか苦悩したり心揺さぶられるわけです。
日本人が好みそうな、よくありそうなストーリーですがね。
(中身からっぽwの)邦画にはない、スペイン映画のじっとりとした良さがあります。

個人的な意見では、娘があまりにも我儘・奔放すぎてどうにかならんかと。
(ちなみに顔は道重さゆみさんにパエリア食べさせ続けた感じ)
17歳でヘソより下にピアスですよ。化膿した~って病院来たら「性病」と判明。
ポカーンとしてたらディエゴの後輩医師と付き合ってた!
(ちなみに後輩医師がうつされた方というので怒るに怒れず・・・)
後輩医師は「彼女ももう大人だし」・・・おーい17歳ですよ!?
「彼と結婚するんだからっ」とお花畑の娘・・・お父さんカワイソス。

そんな娘が瀕死に。
ディエゴが誰かを治療するたび、娘の命は擦り減っていく。
お父さんの出した結論は・・・


関係ないけど、ノリエガって、スペイン系の名前なんだね!
ガンダムに出てて気になってた。
*ちなみに「スメラギ・李・ノリエガ」で画像ググると魔改造されたフィギュアが大漁。



ブログランキング・にほんブログ村へ

Category: ・スペイン

Thread: ★おすすめ映画★

Janre: 映画

Tag: 2008 
tb 1 : cm 0   

【青空ポンチ】遅れてきた青春は、恥かしがらずに受け入れましょう 

今回は【おそいひと】で「全俺」に衝撃を走らせた奇才(監督)柴田剛氏の作品です。
(この作品↑の感想はないのでごめんなさい)

【おそいひと】が正直衝撃的すぎて、今作はびっくりですよ。
青春しすぎてて。【青空ポンチ】
s-ponch2.jpg
左からカツヲ、哲夫、玉枝、マスヲ、この4人からなるバンド・・・?

vo.カツヲ(石田真人)正真正銘のバ○、でも憎まれないタイプ

gt.哲夫(山本剛史)リストラされたプライドだけは人一倍の勘違い野郎
みんな大好き山本剛史兄さんです。最近では【さよならドビュッシー】に出演とか!?

dr.玉枝(小池里奈)コスプレ撮影会がバレて島流しにあったプロ中学生。
小学5年生のとき、実写版セーラームーンでルナをやった彼女です。
s-runa.jpg(現在は19歳)
自身の出演作でドラム経験があり、ほんとに叩けるみたいですよ~
ちなみに仮面ライダーキバでもドラムを披露したとかなんとか。

ba.マスヲ(板倉善之)この中では一番まともな人間
俳優、監督業もこなすこの方は2006年に【にくめ、ハレルヤ!】という作品を作っています。

彼らが(というかカツヲが)東京から戻ってきて勝手にバンドやるぞ~ってなり、
カツヲがめちゃくちゃにして空中分解しつつ、なんとか目標達成?
s-ponch3.jpg
まぁよくある話なんですが、最後の演奏が決してうまくないことなんか妙にリアル・・・
あるメンバーがラスト演奏できないんだけどね、演奏させてあげたかったな~

映像がなんだか凛としてきれいなので気になっていたら、
撮影は山下敦弘作品でおなじみの近藤龍人氏でした。
あのへんはみんな先輩後輩同級生やらでつながってるらしい。

同じバンドの青春というと山下監督の【リンダリンダリンダ】がありますが
あっちは高校まっただ中だし、女の子だし、男同士が観るにはちょっと抵抗があるかも・・・

この作品は、楽しかった日々は過去、田舎の平凡な社会人たちが主役であり
「あのころは楽しかったよな・・・」な友だち同士で観ると盛り上がるんじゃないでしょか。
特にバンドを組んでいた人なら尚更。
それと単純に忘れていた頑張る気持ちみたいのを思い出せてなかなか良いですよ~
結構好きです。

「音を出すのに理由なんかいらんやろ」ごもっともです。




ブログパーツ
人気ブログランキングへブログパーツ

Category: 青春

Thread: 邦画

Janre: 映画

Tag: 山本剛史  2008  (撮影)近藤龍人 
tb 0 : cm 0   

【ブローン・アパート】借りようと思ってたアナタ、やめときなさい。 

とんだ肩すかしをくらったよ\(^o^)/

【マリリン 七日間の恋】が公開されたばかりのミシェル・ウィリアムズ。
アカデミー賞にもノミネートされ、絶好調ですね。
341417_002.jpg

そんな彼女とみんな大好きマクレガー先輩の作品が、準新作の棚にあったので借りました。
(準新作が100円だったので)
ところがこれ2008年の作品なんですよ。えええっ?
もしかして、【ブルー・バレンタイン】で知名度アップしたから仕入れたのかな・・・なんて。

「欲望と心を切り裂く、愛と裏切りのサスペンス」これが悪い。
goo映画のジャンルでもサスペンスになってたし、蔦谷でもその棚にあった。
私のカテゴリもサスペンスにしてるけど、はっきり言って違います。

サスペンス・・・と見せかけて、ふらふらと違う方向へ徘徊し始める。
なんか、ちょっとずついろんな要素をつまみ食いして・・・
んで、結局なにが言いたかったのかよくわかりません。

旦那の愛を感じなくなった妻が、フリーンをするわけだ。
でも「後悔してる」ってはっきり言ってるのに、またフリーン。
そしてテロで旦那と息子がドカーンですよ。
そりゃ後悔するでしょ。

でもね、最初「驚愕の事実」ってジャケットに書いてるし
てっきり旦那が邪魔になったミシェルが遠回しに旦那が死ぬよう仕掛けた(大がかり!)か
ミシェルを気になった旦那の上司がこれまた旦那を消すのに仕掛けた(大がかり!)とか
そんな映画的なことを考えてたんだけど、全然違うのね。
ただの偶然。

偶然なだけに、怒りのぶつけようがないんだけど・・・まぁ難しいよね。

テロ犯の息子も登場して、怒りをぶつけるかと思いきや、普通。
奥さんにもそこまで感情揺れず。
なんかもっと、さんざん胸倉つかんで怒り散らしたけど、
最後は母親の気持ちがわかるから云々・・・みたいなのが見たかったんだけど。

死んじゃった子供の幻覚が見えて家中ぐちゃぐちゃなのは良いシーン。
でもそのあとお店でクッキー盗むのはイカン。
お店の人にばれて我に返るとか、マクレガー氏にみつかるとかあったろうに。

そしてたった2回のセックスでできた子。
え・・・
そしてマクレガー氏の入る隙なし。

あと手紙を朗読するシーンがあって、誰に書いてるのかと思ったら
オサマオサマって言ってて、え?ビンラディン?
なんか急に大事になっててポカーン。

正直、あまりお勧めできない作品です。
でも、ミシェルさんのオパーイは拝めます。それだけの映画です。
\(^o^)/

【ブルーバレンタイン】でも、この映画でもそうだけど
ミシェルさんってモテる女性の役が多い気がするんだけど、そんなに美人なの?
なんかそういう風に見えなくて違和感があるんだけど・・・

励みになります!
気に入っていただけたらポチッ^0^

ブログパーツ
人気ブログランキングへブログパーツ

Category: サスペンス・スリラー

Thread: 映画感想

Janre: 映画

Tag: 2008 
tb 0 : cm 0   

【悲夢】ヒットせず。これぞ悲夢。 



【悪い男】が結構すごかったのでGyaoで配信してたのをみてみたけど、ウ~ン・・・。
一人日本語なのが伏線になってればいいのに、ただのオダジョーの垂れ流し。
ただでさえわかりづらい内容なのに、訳が曖昧で理解しがたいとこがたくさん。
(色について触れてたのですが、訳次第でどうにでも意味が変わってしまう感じ)
素直に英語で、もしくは韓国語で撮ればよかったんじゃないのかな・・・?

そもそも夢だか現実だかわからないごっちゃの世界観が
私には向いていないと思われる。
占い大好き!誰かに洗脳されたいテヘっって人なら面白いんじゃないかな・・。

痛々しさは伝わりました。頭血だらけだもん。
ファンの人は見てて辛かったろうに。
オダジョーらしさは皆無。

励みになります!
気に入っていただけたらポチッ^0^

ブログパーツ
人気ブログランキングへブログパーツ

Category: ☆アジア

Thread: 映画感想

Janre: 映画

Tag: (監督)キム・ギドク  2008  オダギリジョー 
tb 0 : cm 0   

【ひきこもり】画像閲覧注意!血まみれでゴキまみれです 

最近映画全然見てない・・・・いや、見てはいるんですが
まとまって感想を書く時間がないのです。

取り急ぎちょちょちょいと書きます。
Gyaoでみました韓国ホラーものです。


これ、作った人はたぶん「あっと驚く仕掛け(ラスト)!」
みたいのを狙ってたと思うんですが、道を踏み外したというか、まとまってないというか・・・

ホラーというより、お涙チョーダイにグロとミステリーを掛け合わせたような。
【親切なクムジャさん】のような、えぐい描写+切ない家族の話を彷彿とさせますが
やっぱ有名な監督って、うまいもんだよね。
比べたらあかんです。

日本のホラーの監督だと、こうは撮らないだろう・・・
(きっと恐怖を前面に押し出してくると思うんですが。。。)

なんというか、「え、あれは結局どうなっちゃったの?」的な丸投げが多々見られます。
あれもこれもとばら撒いといて、回収しきれてない感じです。
ひきこもり、という要素も大していかしきれてなかった。
(言葉が流行ってるからタイトルにしただけ?)


そして何より、とても長く感じた・・・。

そもそもホラーって、体力消耗するしややこしくしてもしょうがないから
そんなに長々とやる必要ないと思うんです。
117分。これ80分で良かったと思うよ。

hikiko.jpg
これはね、自殺したヒロインの親友。
首切って倒れて、Gがズサササササ~ってなってるのがキモイシーン。
グロとは言ってますが、このシーンが平気な人は、全編みれるかな。
(この親友さんも、中盤では忘れ去られます。)

アマゾンでは、☆2個、妥当ですww



励みになります!
気に入っていただけたらポチッ^0^

ブログパーツ
人気ブログランキングへブログパーツ

犬に、あんなことしたらアカン。

Category: ☆アジア

Thread: 韓国映画

Janre: 映画

Tag: 2008 
tb 0 : cm 0