09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

シネマ★コロポックル

サブカル女子÷おっさん=映画好きへっぽこ主婦

 

最新記事

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

【別離】不幸の連鎖。ちょっとずつ皆悪い。イスラムは厳しい。 

アカデミー賞前後に、スカパーで色々特集していたので色々と観ていました。
ノミネートされたものを全部観る、というのはなかなか難しい(好きじゃないようなのもある)のですが
その中でも外国語映画賞は、色々な国の優れた作品が肩を並べるので面白いです。

こないだの2014年度(第87回)は、ポーランドの【イーダ】という作品が受賞していました。
今回はイラン映画の【別離】です。
2011年度の外国語映画賞受賞しています。

ベルリン映画祭では金熊賞、84回のアカデミー賞では外国語の他に【アーティスト】や【ミッドナイト・イン・パリ】と肩を並べて「♠アカデミー脚本賞」にも選ばれた素晴らしい作品です・・・が、思ってた(想像してた)のと全然違った!!
てっきり「母と子が戦争で離れ離れに・・・」とかそんなん想像してたら、もっとリアルな話だった。

イラン映画といえば【ペルシャ猫を誰も知らない】くらいしか観たことがないのですが、とても心に残っている映画です。
感想書いていたと思って探しても、記事見つけられない・・・と思ったら検索窓が機能してないの。なんで?
3年前の感想はこちら→【ペルシャ猫を誰も知らない】

この映画を観て、私たちに普通であることがイランでは「罪になる」ということを知った。
車に犬を乗せていたら、もう罪なのです・・・。
とても良い映画なのでオススメです。
この作品はゲリラ撮影を決行してるので、ドタバタと勢いで展開していきますが、【別離】はじっとりゆっくりと、そのイランの特殊な(私たちとは違う)生活や宗教観をみることができます。

映画でよくあるのが、ヨーロッパにおけるヴァンパイヤだったり、アメリカの悪魔の存在だったり、日本人になじみがない話を盛り上がってされると、ちょっと置いてけぼり・・・を感じたりします。
本作では日本になじみの薄いイラン文化で置いてけぼりか?!と思いきや、実に興味深く観させてもらいました。

今でも日々色々な報道で耳にする「イスラム」と言う言葉ですが
未だに女性差別は根強く残っているそうで、本作でも垣間見ることができます。

主人公家族(A)は妻がわりと新しい考えの持ち主で、娘の将来のために海外移住を考えています。
そんな中、夫の父親が倒れてしまい、離婚危機に。

この夫婦が別居となり、父親の介護にきたのがもう一つの家族(B)の妻。
イスラム教では家族以外の異性の体に触れたり、裸を見たりというのは禁止行為なのだそうですが
「介護の現場」は触れ合いと裸の連続じゃないですか。
じゃあ困るならなんで来たの・・・と。

ある日徘徊するおじいちゃんを縛り、出かけたB妻。
そこへA夫が帰ってきまして、おじいちゃんがベッドから落ち、気絶している現場へ遭遇するわけです。

もちろんA夫は怒るじゃないですか。
でも、それぞれの人間に言い分があって、皆一概に悪いとは言えないし、皆ちょっとずつ悪い。
ラストの4歳の女の子の目つきと言ったら・・・。

実を言いますとこの「おじいちゃんベッドから落下事件」が起きるまで、わりと流し観をしていたんです。
その後の展開は怒涛のように惹きこまれ、前半にもかなりの伏線があったのかと思うとなんとなく観てたことに後悔しましたよ。
観ようと思ってるかたは、作業の手は休めてじっくり気を据えて観ることを推奨します。

今日の一言:4歳の子どもがいて、何か月も無職はいただけない。


こちらはカナダ&フランスの作品ですが、同じくイスラム教、レバノンのお話
【灼熱の魂】2012上半期・衝撃度no.1/究極の母の愛

スポンサーサイト

Category: ☆中東

Thread: ★おすすめ映画★

Janre: 映画

Tag: ♠アカデミー脚本賞  2011    ♠アカデミー外国語賞  イスラム教 
tb 0 : cm 0   

【11:11:11】残念ながらポッキーの日の圧勝です 

Gyaoで無料だったので観てみた作品。
お店ではおそらく手に取らないであろう「オカルト(悪魔)」モノ。
この手の作品て、聖書やキリスト教に纏わる事柄や言葉が扱われてたりすることが多いので
知識不足な日本人が見るとポカーンとして終わることが多いと思うんですが
(実際に劇中で出てきた「海を割るのも云々」っちゅークリスチャンギャグとか)

自分はフリー○イソンやら都市伝説やら嫌いじゃないし、十代のころ図書館で「キリストと聖書」みたいな本借りてるし(無宗教ですがw)きっと嫌いじゃない!と思って観てみたら、理解力60%くらい・・・
【11:11:11】ってなんて読めばいいのよ。

【ソウ2】~の監督だけあって、オカルトチックなスペインの雰囲気も良いし、映像は見やすかった。
ただいかんせん脚本が弱くて、タイトルにもなっている11という数字がいかしきれておらず、間延びした印象。

ちなみに【シャイニング】をパクオマージュした様な垣根鬼ごっこ、あれはイカンでしょ。
1113.jpg
(さらにこのシーン、あまりドキドキしないという踏んだり蹴ったりぷり。)
さらに「11」がテーマっちゅうことで左右対称のものがそこら中に扱われてるんですが
それもなーんかシャイニングの双子を思い出すのです。

11という数字については、「2011年11月11日スゲー!じゃあ映画作っちゃお」なだけです。
どうにか11をねじ込もう感はありましたが、そこまで重要かと言われればそうでもなく。


以下ネタバレ&勝手な自分的解釈で書きます。

妻と息子を放火による火事で亡くした主人公。
彼の口癖は「神なんていない」←もうこの時点で伏線はりまくりでした

徐々に11という数字によってオカルトなことを信じだす主人公。
神父(牧師?)である弟にあまり深く考えるなと言われても「11月11日に何か起きる!」と大騒ぎ。

主人公は11月11日11時11分、悪魔に殺されるだろう弟をどうにか守ろうと奮闘・・・


もうここから先ははっきり言っちゃいますが、弟は悪魔の子。
兄は「弟は神の子」だと思って守ろうとするのですが、最初っから騙されてて
彼は邪教を広めるべく、(本人の知らぬ間に)兄を使って信者を増やしてたわけです。
(主人公はベストセラー作家なので、彼にはファンがいるわけで、書いたもの皆影響されちゃう)
主人公の手によって書かれていた日記は、セイディの書という教典として活用するようです。
11112.jpg
「セイディ」は劇中ヒロイン(ラストに大裏切り^0^)の名で、実在した宣教師の名前からとってる様。


11時11分に、扉が開かれて悪魔が来る、と思っていた主人公。
弟によると、窓が閉まる時刻だそうで、その時間に俺が刺されて殺されちゃうから助けて兄ちゃん。
弟の代わりに刺されて瀕死の主人公。

そこから、答え合わせの怒涛の回想シーン&弟の本音トーク。

弟の説明で「彼らは天使、あるいは中間者と呼ばれている」って言うんだけど
それが、主人公の周りにいた人間を指しているのか、悪魔だと思って観てた奴らの事を指してるのか
オツムの弱い自分には理解できなくて困っちゃった・・・。

だって、悪魔に弟刺されそうになるのよ?
それが「人間の姿の弟を殺して、新たに悪魔大王を誕生させようとしている悪魔」なのか
「悪魔みたいに見えるけど、悪の大王の誕生を阻止しようとした天使」なのかわかんない・・・
英語わからないし、字幕じゃニュアンスが微妙で 汗
1112.jpg
悪魔だと思ってたあいつら、結局悪魔でいいの?も~気になるわぁ~
(誰か理解できた方教えてください・・・)


このジャケットデザインの呪いどうにかして。

Category: ホラー・カルト

Thread: B級映画

Janre: 映画

Tag: 2011  ♦B級 
tb 0 : cm 0   

【吸血怪獣 チュパカブラ】スプラッタ×怪物×クズ男=サンバ? 

気づけば年が明けていました、おめでとうございます。
例によって鑑賞数激減、洞察力も文章力もガタ落ちですが、今後とも細く長くよろしくお願いします。
(ついでに改名もしたい・・・)

今回はこちら
【吸血怪獣 チュパカブラ】

2011年のブラジル作品で、2013年に(奇跡の)DVD化してます。

Amazonで「チュパカブラ」検索したら、こんなファンシィなの

出てきちゃって、何事かと思ってたら、
「チュパカブラ」という飛行機が登場するらしい。なんたるネーミングセンス・・・

ちなみにチュパカブラは海外では有名なUMAで、「ヤギの血を吸うヤツ」という意味らしいんだが
そんな名前つけられたディズニーキャラ(飛行機)かわいそす。

以下、Amazonの説明文より抜粋
「狂気に満ちた人間同士の残虐非道な殺し合い、狂気乱舞のカニバリズム、人血を用いた怪しい儀式に非人道な堕胎シーン。そして、襲い掛かかってくる不気味な吸血UMA…」
chupa.jpg

一つずつ説明しますと、まずA家とB家で土地の争いが続いてる状態。
なのでUMAの仕業のヤギ殺しも、相手の家の奴が殺ったと思い込んでいる次第。
内容の半分以上は、このA家vsB家の鬼ごっこを傍観。

主人公の父親が死に、それを相手の家のせいにして争いが勃発、いなくなる人物が出てくるのですが
そこには謎の変態おっさんと黒魔術が絡んでるという・・・
chupa2.jpg
人の内臓食べたら、若返って脱皮しちゃう!
話に全然関係ないので意表を突かれすぎてびっくり!
(しかも父親が死んだのも銃の暴発じゃないかという噂まで・・・)
この変態おっさんが「狂喜乱舞のカニバリズム」で佐川一政もびっくりよ。


人血の怪しい儀式は、たぶん父親が死んだ後、それを桶に溜めるんですが
もしかしたら儀式用だったかもしれないけど、つまずいてこぼしちゃってアララ・・・
夫の血何こぼしとんねん!と狂気の沙汰の奥さん怖い。

堕胎シーン、これ観た覚えないんです・・・
主人公の恋人(妻?)はお決まりで妊婦さんなんですが
UMAに追われる中、あらやだこんな時に産まれそう、どうしましょ、な展開にはなるのですが
出てきたベビーはチュパカブってる・・・で、夢落ち。なような。

なぜ夢落ちの「ような」かというと、この女性のガタイが良すぎて
お腹が妊婦仕様なのか脂肪仕様なのかわかりにくくて、もしかしたらホントに産まれてた?かもしれなくて・・・
(お腹がひっこんだように見えなくもない)
そもそも薬物患者という設定なのに、体豊満すぎ 笑
そしてご飯中に(だまってりゃいいのに)お義母さんに楯突いておきながら「私はお義母さんに嫌われてるの・・・」ってイラっとくる 笑

夢落ちではありますが、やっぱお股から怪物がコンチワするのは気持ち悪いので妊婦さんは見ないように。

そもそもこのお話の主人公(A家)、医者になるといって、恋人であるB家の娘を捨てたのです。
それをB家から告げられると「俺は薬物患者に手出して孕ませて放校になったんだ!」って
何自慢げに喋っとんじゃい、クズじゃないの!

途中からB家の男らを応援している私がいる。

そして絶妙なラスト。UMAの正体わかりにくぅ・・・

血みどろ、目ん玉、吐瀉物、内臓、首ちょんぱ、えげつないです。
私はGyaoで観たので、きもいーとか時間返してーとか心無いレビューたくさんありましたが
私的には、思ったよりまとまった話だったし、チープではあるが見れなくもない、
B級映画ファンは割と楽しめるんじゃないかな、とオススメです。
chupa3.jpg
ゲロ吐くからって、マキシマムザホルモンの亮くんじゃないよ!
ryoukun.jpg

エンディングにまさかのサンバで意表付かれまくり。

ロドリゴ・アラガオ監督の他の作品


↓うちの息子(7歳)の愛読書 笑(カエルの子はかえる・・・)

Category: ホラー・カルト

Thread: B級映画

Janre: 映画

Tag: 2011  ♦B級 
tb 0 : cm 0   

【先生を流産させる会】先生セックスしたんだよ、気持ち悪くない?[ネタバレ有] 

私事ですが、現在第3子を妊娠中(5か月)であります。
4月は正直子ども2人の入学・入園でバタバタして、映画どころではなく・・・
夜の9時には爆睡してることも多々あり、体力のなさを痛感。
やっと少し落ち着いてきたので、胎教にいい作品を・・・

とは絶対ならんアカンタイトルですやん!

この作品、2012年のゆうばり映画祭にタイトルがあり、すごく気になってました。
思い起こせば、2011年10月にこんな記事書いてた私。
みたい映画:【先生を流産させる会】発起人は中学1年生

ホラー映画にありがちな、「学校のうさぎの赤ちゃん」を高所から落とすシーンから始まる。
アハハ・・・と言葉少なに笑う女子生徒たち、やった本人(ミズキ)は「何が面白いの?」と。
でもうさぎが殺されたよ~殺人事件が起こるよ~な作品じゃないのです。
このうさぎの赤ちゃんを殺す行為=妊娠・性行為・母の愛情への憎悪につながるとです。

思春期にありがちな「妊娠=セックスした」なんか厭らしい、汚らしいことしてる~という発想、
私も親の行為を見てしまうことこそなかったけど、コンドームをタンスでみつけた時はアウ~ってなったわ。
その発想がとんでもなく膨れ上がりおかしくなってしまった子がミズキである。

2009年に実際にあった事件にインスパイアされて作った作品だそうですが、
30手前の男性が、この女ならではのドロドロした世界の脚本を書いたっつーのがすごい。
たぶん、男の人は観てもポカーンてなると思う。
子どものいない若い人なら尚更かと。
男性マイナスポイント、生徒に可愛い子がでてこない・・・皆リアルな田舎の中学生。
エロも何もないので、そういうのを期待して観ないように。


既出のミズキ、妊娠した先生、子を溺愛してモンペ化した母親がでてくるんだけど
女の人なら、どの人に対しても「エェッ」てなるし、「なんかわかる・・・」てなると思う。
(ちなみにモンペ母の溺愛する娘はまるで山田花子)


先生に対する嫌がらせが続く中、強気な先生は犯人の女生徒5人にビンタですよ。
まー今のご時世なかなかできない荒業ですよね。
もちろん怒って学校に来襲する母親達、でもそこにミズキの母はおらず・・・。

ミズキの母、最後まで全く登場しません。
家の電話にもつながらない。
父子家庭かもしれないし、男を作ってるのかもしれないし、ただ子どもに興味がないのかもしれない。

プール学習の描写があって、体育の若い先生の前でみんなダラダラ体操するのね。
ワキも、乳も見られたくないし、先生の股間の形もくっきりですから。
そんな中ひょうひょうと体操するミズキ、そのうち彼女の内腿を経血が流れます。

流れる程の経血があっても、プールの授業受ける気だったの?
生理用品はどした?母親に教わらなかったのか・・・ここでもよぎる母の存在。
そしてミズキは「妊娠できる体、先生と同じ大人の女になること」への矛盾感に嫌悪。


モンペ化した母親の娘(フミホ)は、例の体罰?事件以来子どもを不登校に。
家に訪ねてきたミズキに「あなたのお母さん来なかったわね」と追い返す。
ところがミズキは見てしまった。
フミホの足にモンペ母が優しくクリームを塗ってあげるのを・・・。

まぁ、子を持つ母親なら子どもにクリームや薬を塗ってあげることくらい
大したことではないと思うけど、彼女にとっては違った。
ある時、憎悪の矛先がフミホに変わったわけですなぁ。

ミズキ、フミホに殺人まがいのことをするわけです。
そこに2人を探しに来た先生とモンペ母。
先生はミズキにお腹を殴られ、大出血・・・・・・・・

そこに気がふれたモンペ母、ミズキを殺す勢いで襲う。

でも先生はミズキを庇うわけです。
コイツのせいでお腹の子はもうダメかもしれないのに。

ここは賛否両論あるかと思う。
私は「教師」という仕事はわからない。
なのでどちらかというとモンペ母の気持ちがわかってしまうな。

ミズキを庇って辛い思いをするのは私(先生)だけ。
モンペ母がミズキを殴ったら、ミズキ、フミホ、母、先生の立場、学校の立場、
助けなかったことを我が子はどう思うかな・・・なんて考えたのかな。


真っ赤な血を流して倒れた先生。さすがに見てて辛かった。
流産経験のある人はとても辛いシーンかと思う。

妊娠経験がある人なら、ちょっと躓いたり、段差でヒヤっとした経験があるはず。
あなた、又はあなたのパートナーが、何者かに「流産させる」と言われたら。
実際流産させられたら。
私だったらミズキを許せるだろうか・・・と考えてしまいます。


62分と短く、余計な描写なくガンガン話が進んでいくので見やすいです。
これだけ惹きこめるんだから、もうちょっとミズキのことを掘り下げても良かったかなぁと。
10分くらいは長くても全然平気ですよ。

妊婦の細かい指摘といえば、4か月で赤さんがお腹蹴る云々は早いよね・・・
人それぞれとは思いますが、そもそも妊娠してるっていう設定なんだからそのシーンいらんわ。


ラスト、ネタバレになりますが
最後、赤ちゃんの供養に先生がミズキを連れてきます。
なにやら一見ハッピーエンドっぽい感じですが。

もしミズキが大人になり子を身籠った時、「先生を流産させた」事を思い出さないわけはないでしょう。
人を殺めた人が一生罪悪感に苛まれるのと同じように・・・。

ちなみに私の個人的な意見としては、供養の箱に「命名・ミズキ」とでも書いてほしかったかな。
先生のささやかな復讐な感じで。
そうでもしないと凄まじい後味の悪さ・・・に今現在襲われております 汗


yahoo映画ではなんだか評価低いんですが、私は嫌いじゃないです。
OPの音楽もかっこいい。
内藤瑛亮監督、これからも頑張ってくだしあ^0^


ブログランキング・にほんブログ村へ

Category: シリアス

Thread: 日本映画

Janre: 映画

Tag: 2011    ♦実話が原作  (監督)内藤瑛亮 
tb 0 : cm 0   

【5デイズ】2008年に戦争があったらしい。日本は平和です。 

またまたこんなややこしいタイトル・・・【5デイズ】と【3デイズ】です。
しかも似たような時期に日本公開もされ、デイズつながりで色々と祭りにもなったようで。
今回は先に観た「5」の方書きます!

ジャケットがダサい!

【5デイズ】は戦争もの、原題が【5Days of War】で、俗に5日間戦争と呼ばれているもの。
なので邦題は仕方ないっちゃ仕方ない・・・か?
ちなみに実際の5日間戦争は2008年にあったのです。
はっきり言って(この映画を観るまで)その存在すら知らなかったわけで
北京オリンピックのおかげでこの戦争の存在が世間からもかき消される(そういった描写も作中にある)わけだけど、
私のように誰かの脳に存在を教えたという意味では、なかなかいい働きをした作品なんじゃないかな。

んでもって作品は超アメリカ的です。
主人公は何があっても死ななく(走る車から飛び降りても無傷!銃弾にももちろん当たらない)
助ける者もかっこよく、ラストもかっこよく。

これが「真実」とは言えないですが、戦争モノの中でもスッキリ見やすいと思います。
*グルジア軍が全面協力したとか!そりゃかっこよく撮るよね。

最初のほう流し観をしていたら、POVっぽい映像(自分らが銃撃されたのを撮っている)が見えて
一瞬「ファッ!?」って・・・なんか安っぽいB級ものなの?と脳裏をよぎっちゃって。
主人公御一行がマスコミ(リポーターとカメラマン)と知ってまぁ納得。
戦争の真実を世間に伝えようと必死です。世界はオリンピックで頭いっぱいなのに・・・。

割と淡々と話は進み(爆撃はドッカンドッカン有)お決まりの仲間の裏切りで主人公ピンチ!
そこへシュワちゃん並にかっこよく登場のグルジア兵!
裏切り者のせいでその家族(悪くないのに)あぼーん
主人公最大のピンチに救世主登場、と言う流れ。
小学校の学芸会並の流れやね!

こっからはネタバレします。


救世主は、ロシア側の少年兵なんですが、ロシアのお偉いさんに主人公が殺られそうになった際彼がお偉いさんを抹殺してくれるんですが、その動機が全く謎なんです。
例えば「好きになった子を戦争で亡くした・・・」とか
「友だちがグルジアにいて・・・」とか
「お偉いさんにいつもいびられてて腹が立ってた・・・」とか
殺しの動機になるようなエピソードが何もないのです。
だから正直 え? なんで彼が?という心境。

でもそういった人間味のある理由なしに、少年を(お偉いさんも平気で殺せる)
ただの「殺人マシン」にしたのだったら、戦争とはほんと怖いもんです。

エンディングはちょっと狙いすぎ感ww
(作中の恋愛についてはあえてつっこみません)


ブログランキング・にほんブログ村へ

Category: 戦争・アクション・西部劇

Thread: 映画感想

Janre: 映画

Tag: 2011 
tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。