05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

シネマ★コロポックル

サブカル女子÷おっさん=映画好きへっぽこ主婦

 

最新記事

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

【エル・トポ】カウボーイ×宗教×アヴァンギャルド=伝説のカルト作品 

しばらくの間TVばかり観てたので、久しぶりにツタヤに行ったら
なんと、ずぅっと観たかった作品が置いてあった。
ほとんど触られてないのか、ケースはピッカピカ・・・


知る人ぞ知る名(迷?)作【エル・トポ】でございます。

ジャケからわかるように、カウボーイが子ども(息子)を裸で連れまわしてます。
(しかも主人公のほんとの息子。主人公は兼監督である)

もうこの設定からしてぶっとんでるんだけど、後に出会った女と旅するために、息子をポイ。

旅をしながら「最強」といわれる猛者たちに戦いを挑む・・・が、相手は一癖も二癖もある超人たち。
eltopo6.jpg
真ん中のガンマンは、極めすぎて弾丸が当たっても痛く無くなっちゃった超人。
左右の2人もなかなかのインパクトですが。

この超人を倒すために、主人公、まさかの卑怯な作戦!!
(こんな感じで数人の超人にヒキョウな戦いを挑む)


っていう、どす黒い旅を続ける中で、共に旅をしてきた女(レズ化)に撃たれ、主人公倒れる・・・

長年の眠りから醒めたらそこは洞窟の中。
eltopo3.jpg
しかもドラム缶に、人寝てるし・・・。

身も心も生まれ変わった主人公が、洞窟から1度も出たことない人達を見て
「よーし俺に任せろ~」って地上に出ての、穴掘りを決意。

洞窟から出て街に出てみると、そこは金持ちのさばる無法地帯!
s-eltopo4.jpg
画像はおっさんが美女にたかってますが、このオバハンver.はほんと怖いよ・・・
 (※街は○リーメイソンのマークだらけ!)


驚愕・・というか衝撃のラストはぜひDVDで!

スプラッタや下品な映画は初々しいカップルのデートにはオススメしないことが多いけど
これは真の「オススメできん映画」でございまして
アングラなものに理解のある人と一緒に観ないとドン引きされるかもね・・・
(動物の死体、レズ、フリークス等は当たり前にストーリーに出てきます)
あと宗教っぽさもあるので、そっちに理解もあると尚楽しめるかと。


世間はオリンピックの話題でいっぱいですね。
私も(普段は興味ないのにw)夜な夜な見てたひとりですよ~

そしてこの作品、葛西選手が頑張ってジャンプしてたのをTVで見つつ、PCで見てました。
なんか葛西選手ごめんなさい・・・


アレハンドロ・ホドロフスキー監督、23年ぶりに新作撮ったらしい!
『リアリティのダンス』
2014年7月日本公開



ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

Category: ホラー・カルト

Thread: この映画がすごい!!

Janre: 映画

Tag: ★カルト  70年代  LGBT 
tb 0 : cm 2   

【ピンクフラミンゴ】変態御下劣映画の金字塔。歌う尻の穴。 

こないだまとめました「マジキチな映画教えてくだされ」で名前があがっていた
【ピンクフラミンゴ】・・・


実は感想を書こうかと思って画像だけ貯めてあったのですが
この記事を書いたら私も終わりなんじゃないかと思って書けずにおりました。
(3回も観ちゃってる時点でアウトかな・・・)
でも需要がありそう?なので、簡単にアップしちゃう。

この先読まれる方は自己責任でお願いします!!


主人公はディヴァイン。マツコDXの化けモンみたいなの。
s-pink2.jpg
これは、お店で購入した肉を、太ももに張り付けているとこ・・・
しかも雰囲気がゲリラ撮影っぽい。
すでに意味不明。

ちなみにディヴァインのお母さんはベビーベッドみたいとこにいる巨漢。
卵くれ~ってずっと言ってる。謎。

一応敵みたいのが出てきます。
s-pink3.jpg
この変態男と
s-pink1.jpg
鬼畜オバサン(オレンジの髪)です。

このキ○ガイ夫婦は、そこらで女性をさらってきては地下に閉じ込め
手下の男(画像のピンクの服)に孕ませるよう指示、
そのベビーを、わけありセレブカップルに売り飛ばすという鬼畜商売をやってるのです。
s-pink0.jpg
もうここまでの説明で「ゥオエッ」ってなった人は観ないほうが賢明かと。

このアホ夫婦が、「私たちより変態がいるなんて許せないっムキ~っ」
とディヴァインに敵対心を燃やし、色々仕掛けてくる・・・というお話・・・

この作品が気になってたあなた、どうですか鑑賞できそうですか?

ちなみに私が一番凄まじいと思ったのはディヴァインの誕生日パーティにて
お尻の穴をパクパクして歌うパフォーマンスを友人の一人に見せられたことですね。
さすがに画像載せれない・・・

これはパーティに例の夫婦の通報できた警官がなぜかムシャムシャされてるとこ・・・
s-pink4.jpg

最後はディヴァインが犬の○食べるシーンで終わります。
ほんとどうしようもないな・・・

監督のジョン・ウォーターズは、同じく「マジキチな映画」で名前の出てた
【シリアルママ】の監督でもあります。


いや~体調の悪いときに観る映画じゃないね。
泣ける映画や感動物が好きな人は絶対観たらアカン。

ブログランキング・にほんブログ村へ

こちらはジョン・ウォーターズの作品をPOPにリメイクした作品。

原作のほうは観てないんですが、これは安心して観れますw
トラボルタがいる・・・

Category: ホラー・カルト

Thread: 映画感想

Janre: 映画

Tag: 70年代  ★カルト  R-18 
tb 0 : cm 2   

【流されて・・・】流れで鑑賞、ご冥福をお祈りします。 

深夜に、たまたま入れてた作品を結局最後まで観てしまったパターン。
1974年の作品、【流されて・・・】です。


んでなんと2002年に、ガイ・リッチー&マドンナでリメイクされちゃってます。

噂によるとヒドイ・・・とか?Gラズベリー受賞。

んでオリジナルの主演、ジャンカルロ・ジャンニーニ氏は、御年70歳、
とってもダンディで素敵なオジサマになってます。
jannnini.jpgwiki
007カジノ・ロワイヤル~慰めの報酬のルネ・マティスという役で出演しています。
(wikiでは確認できなかyったですが、スカイ・フォールには出てるのかな?)

ヒロインはマリアンジェラ・メラートという女優さんなのですが
失礼ながらこの方の出演したほか作品は知らないし・・・(【流されて・・・2】には出た模様。)
と思っていたら、イタリア国内の映画賞ではなんと5回も賞をいただいてるとか。
正直、顔がちょっと爬虫類系といいますか、眼が離れ鼻の穴ズーンな苦手顔・・・

ファンの方いましたら失礼しました。

実はこの作品を観ていた深夜(11日)、この作品の情報を調べようとググったら
どーんとニュースが見えまして、なんとこの日すい臓がんで亡くなられたとか・・・。
なんたる偶然と言いますか、虫の知らせと言いますか(こういうこと結構あります)
ご冥福をお祈りします。。。



内容は、無人島に男女2人が漂流する。
男が使用人で、金持ちセレブが女です。
んでサヴァイヴァルロミオ&ジュリエットですよ。

最初は男を蔑んだ目で見てた女が、徐々に使用人だった男に惹かれていく・・・

ネタバレしてしまうと、予想に反してハッピーエンドにはならず、すごく現実的に終わります。
他の方の感想ではエロイ!と書かれてる人もいますが、私はあまりエロさを感じられず・・・
顔・・・のせいかな・・・笑
あからさまに双方の人間が嫌な感じの奴なので、嫌悪感は抱きました!
(相手をいいように利用しようと本能がむき出しなの)

あまり普段古い作品は観ないので、いい経験になりました。
ジャンニーニおじさまラブ!!



ブログパーツ
人気ブログランキングへブログパーツ

Category: ☆ヨーロッパ

Thread: イタリア映画

Janre: 映画

Tag: 70年代   
tb 0 : cm 0   

【The Sting】え、ブラピ?詐欺で大金を手に?爽快です。 

1973年と古い作品ですが、今みても傑作!と噂を聞いて観てみました。
2005年に、「アメリカ国立フィルム登録簿」へ登録。
いわゆる「残しておきたい名作」ってことでしょうか。

主演はポール・ニューマンとロバート・レッドフォード、
ロバート・Rは若い詐欺師役ですが、このときで37歳!
衝撃の若さ、そしてブラピにそっくり!!
2011y11m09d_014237359.jpg
そりゃあ共演もしたくなるわ。

舞台は1936年。
しょーもないその日暮らしのフッカーが、(詐欺の)師匠である男を殺され、親玉への復讐を誓う。
殺された師匠の友人でまもあり、前もってそこへ行けと促されていた場所は
伝説の詐欺師、ヘンリー・ゴンドーフの所。

そこら中を取り仕切る、悪の親玉をぎゃふんと言わせてやるのだ。

タイトルの「Sting」が騙す、ぼったくるを意味するように、
序盤から観客を巧みに騙してくれて飽きさせない。
コメディといいつつ、全編詐欺の話で、死ぬ人もいるのだけれど
なんともさわやか爽快な後味である。
2011y11m09d_014333109.jpg
映画のネタが尽きてしまっている今日では、
なかなかストレートに面白い作品を作るのは難しいと思う。
人気俳優がだったり、残虐シーンだったり、
話題性を織り込まないと作品も観客も「面白い」に鈍くなっている。
この映画はスタンダードにどんでん返しが味わえる。
忘れていた「古き良きモノ」いかがですか?

ストーリーを書いてしまうとネタバレになってしまうので
ここはぜひ観て欲しい。
好きなシーンは、ポール・ニューマンが洗面台に氷を浮かべてそこに顔をつっこむ!
なにしてんの!?とびっくりしました 笑

^0^

ブログパーツ

Category: 戦争・アクション・西部劇

Thread: ★おすすめ映画★

Janre: 映画

Tag: 70年代  ♠アカデミー脚本賞 
tb 0 : cm 0   

【太陽を盗んだ男】原爆を創った教師/思うほどカルト作ではない。 

理科教師なのに、柔道着で奇声を発しながらターザンごっこしたり、フェンスよじのぼったり。
この人大丈夫かな、と思ったら原爆作っちゃった。


1979年、沢田研二氏はすごい人気だったらしいですね。
(私はまだこの世におりません)
カサブランカ・ダンディの頃だそうです。

いくらカルト作品だと言っても、人気ある彼が出演して
「キネマ旬報読者選定邦画ベストテン第1位」
(ライバルはリアルランク1位の「復習するは我にあり」?でしょうか)
に選ばれていたら、カルトな感じはしませんが。

でも今でも 好きな映画!と答える人が多い、そういった意味での
カルト作品、でしょうか。
(あるサイトでは「ショーシャンクの空に」もカルト作1位でしたし)


城戸(沢田)は、ちょっと変わった教師だが
(熱血ではなく、あまり指導に身が入っていないが、生徒には好かれている感じ
科学への愛情が抑えきれず、原発にプルトニウムを盗みに行く。
質素な設備で原爆を完成させ、陳腐な脅迫を考案する。
(最初の原爆を使っての脅迫は、ナイター中継を続けろ、というもの。)
その相手に選んだのは、バスジャック事件で男気を見せ付けられた
山下警部(菅原文太)だ。

なんとなく存在している自分と対照的に、
自分の命を犠牲にしても正義を貫き刑事人生を全うしている山下。
2人の命の価値は同じなのか?

原爆を作った自己満足が、誰かにこのことを知ってほしい欲求へ変わり、
徐々に「こんなはずでは?」と歯車が狂っていく。

まず音楽がかっこいい。
カーチェイスのシーンで予想外の雰囲気の曲が差し込まれたり
原爆を完成させたシーンでは、ボブ・マーレィの「getup,standup」が突き刺さる。


エヴァでも本作品の曲が使われている、という逸話は有名ですね。
現在第一線をゆくアニメや映画に携わる方々のファンが多い。

moblog_26714e34.jpg
原爆が完成してしまったあとの部屋は、なにもない。
最初は理科に関するものがあちこちに置いてあったのだけど
もう自分がどうなってもいいように(覚悟きめた?)きれいに片付けられてる。
雑に白のペンキで塗られた壁や家具、余計なモノのなさは、お洒落にすら見える。
(原爆以外はなくても平気、ということでもありますか)

ちなみにこれは原爆でサッカー?をしているところ。
え、大丈夫・・・?
それくらい、原爆への愛情で溢れているのだ。

それから終盤のアクションシーンはほんとすごい。
文太さん、なかなかくたばらなくてターミネーターのよう!!
近年のCGでは出せぬリアルさです。
(最近ではワイルド・スピードやトランスフォーマー等で
また本物の車を使ったアクションを試みたりしていますね^^)
2011y10m21d_185315531.jpg
これは有名な、ものすごい高さのヘリから文太さんのスタントマンが海飛び降りたシーン。
命はったのに一瞬しか映らなくてほんとかわいそう!
(無線のミスでこうなったので、一発撮り風の映像でした)

すごく素晴らしい映画と裏腹に、気になる点は助演の池上季実子・・・
わざとらしさは、わざと?
売れないDJ(ラジオのね)をああやって演じてるなら逆にすごい。

ちなみに彼女が城戸の髪の毛を誤ってつかみ、抜けてしまうのだけど
そのことを「36本もあった、あなたの髪の毛・・・」と言ってる。
36本てちょっとシャンプーして多めに抜けてもそのくらいない?
100本くらい抜けてたら焦るけど、36本って凄さが微妙・・・。

季実子たんのこの作品も衝撃だったな・・・


ちなみにこの年の洋画はロッキー2、エイリアン、マッドマックス。
アニメは銀河鉄道999、カリオストロ、ハイジ!
日本は一般向けアニメが元気な時代でしたね。

お気に召されましたら
↓ポチお願いします^0^


人気ブログランキングへ
レンタルCGI

Category: サスペンス・スリラー

Thread: ★おすすめ映画★

Janre: 映画

Tag: 70年代 
tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。