04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

シネマ★コロポックル

サブカル女子÷おっさん=映画好きへっぽこ主婦

 

最新記事

【三月のライオン】求ム!兄・加瀬亮×妹・二階堂ふみでリメイク・・・という妄想。 

観たのは今年1月なんですが、どうしても記録しておきたかったのです。
これだけ間空いたのだし、この際どうせなら3月に記事アップしようではないかと。(ギリギリですが。)
※そして今回は私事、妄想多いです、あしからず。。

【三月のライオン】です。
コミックの名前が有名なので、ググるのが難しくてほぼ情報はありませんでした・・・
DVDを観てわかったことは、1989年クランクイン、同年11月にクランクアップ、編集などに1年かかり、公開されたのが1992年です。
3gatsu3.jpg

漫画の『3月のライオン』を読まれている方、羽海野チカ先生のファンの方なら、観たことあるかもしれません。
羽海野先生が「アイスをくわえたおかっぱ頭の女の子がなんだか可愛くて」とインタビューで答えてた、あのポスターの映画です。
てっきり私の中でカルト映画認定されていて観てみたいと思っていた作品でしたが、今wikiの「カルト映画」の項目をみてみたら本作は無かった・・・。
代わりに前よりいろいろと作品が追加されているようで、中には??と思う作品もありした。

では本題。
・記憶喪失(意識不明で入院していた)男
・彼を恋人だと言い張る女
この2人のラブストーリーなんですが、2人は兄妹なんですよね。
今でこそ「お兄たんっ」な話は多くなりましたが、公開当時(1992年)は邦画では珍しかったんじゃないですかね。

1992年の映画といえば、「ツインドラゴン」「氷の微笑」「ボディガード」「天使にラブソングを」「エイリアン3」等。
邦画では「ゴジラVSモスラ」「シコふんじゃった」「きらきらひかる」「一杯のかけそば」くらいしかわかるのなかった・・・


この作品を観てみて、最初によぎったのは漫画家の岡崎京子。
当時CUTiEというファッション雑誌(今でもあるのかな?)を読み始めて、そこで漫画を掲載していたのが岡崎京子先生だった。
ちなみに雑誌にはヒステリックグラマー、milk、スーパーラヴァーズ、エックスガールなんかがよく掲載されていて、それはもう憧れで、田舎者だったのでどうしたら買えるのかいつも悩んでいました。
まぁ、お店に行けたところで高価で手出せないですが!笑

90年代、私は主に小学生だったのですが、「りぼん」にも、「なかよし」にも飽きた小学生の私は、マーガレットをすっとばして岡崎京子や桜沢エリカ、安野モヨコに手を出したのです。
小学生にして、型にはまらず愛に生きる主人公に憧れていたのだ。
(そして今じゃこんな変態主婦に・・・)
『リバーズ・エッジ』は名作でやんす。

この作品には、お洒落に無頓着なのにお洒落に見え、明日もわからないその日暮らしだけど恋人さえいればいい。というような当時の女子憧れのヒロイン像がある。
服は最近の映画とは違い、大体いつも同じ。バックの代わりにクーラーボックスを持ち歩く。
でも、おかっぱ頭で、恋人(本当は兄)のために一生懸命口紅を塗り直す仕草は、とてもキュートだ。
3gatsu2.jpg
服を着たままシャワー中の彼におぶさる。
お腹がすいたらアイスを食べる。
交差点で下着を履きかえる。
バイクに乗る。

兄に忘れられているヒロイン。
でももし事実を思い出してしまったら・・・?

映像は、お洒落で、退廃的で、淡くて、辛い。
自分が十代のリアルタイムで観ていたら、影響を受けたかもしれない。
3gatsu.jpg
ラストは唐突すぎて(それまでのシャレオツな感じと違くて、急に現実に引き戻される)正直ちょっとどうなの、な感じではありましたが・・・。

・・・個人的に思ったこと。
どうしても兄役の俳優さんに感情移入ができなかったのだ。
ヒロインの由良宜子さんはどう見ても20代(下手すりゃ10代)なのに、お兄ちゃんが40代くらいに見える。
病的には見えるけど、妹がそこまでして愛する相手には見えなかったの、オバチャンには!
(兄役の趙方豪さんは病気で亡くなられてますので、気分を害した方いましたらごめんなさい)
なので、この作品を次観る機会があれば、二階堂ふみと加瀬亮で脳内再生したいと思います。

監督は 矢崎仁司氏。
←新作


ブログランキング・にほんブログ村へ
いつもありがとうございます、ポチしてもらえると励みになります!

Category: 恋愛

Thread: 邦画

Janre: 映画

Tag: インセスト  90年代 
tb 0 : cm 4   

【レ・ミゼラブル】1997年の作品の方なのであしからず。 

明けましておめでとうございます。
12月は忙しく、全然映画を観れずブログ更新もできませんでしたが
2013年もksブログをよろしくお願いします。

1月30日ですが、【レ・ミゼラブル】を観ました・・・
と言っても現在劇場公開中作品ではなく、1997年のリーアム氏の方でして。
感想に期待した方すみません。

ジャン・バルジャン:リーアム・ニーソン
ジャベール警部:ジェフリー・ラッシュ
ファンティーヌ:ユマ・サーマン(当時27歳)
コゼット:クレア・デインズ(当時18歳)

ユマ・サーマンの瀕死の演技というか表情は凄かった。
ほんとに死にそうだった。
コゼットは、アマンダ・セイフライドの話を耳にしてからみたので、
どうもアマンダちゃんのイメージが強く、クレアさんじゃちょっと違うような・・・

作品自体は、良い出来だとは思うのですが
なんせ134分の中に詰め込みすぎというか、もうちょっと尺が長くてもいい気がしました。

お暇な方は最新作とキャスティングを比べてみてください^0^
↓  ↓
バルジャン:ヒュー・ジャックマンジャン
ジャベール:ラッセル・クロウ
ファンティーヌ:アン・ハサウェイ(現在30歳)
コゼット:アマンダ・セイフライド(現在27歳←もっと若いと思ってた!)

ちなみに撮影開始前にプロデューサーのキャメロン・マッキントッシュが、
自身の理想のキャスティングとして語ったのは

ジャン・バルジャン:アルフィー・ボー(オペラ歌手)
ジャベール警部:コリン・ファース
ファンテーヌ:マリオン・コティヤール
テナルディエ夫妻:ティモシー・スポールとヘレナ・ボナム・カーター、
テナルディエの長女エポニーヌ:アン・ハサウェイ だそうでした。
コリン・ファースは何処へ?


私事ですが、この映画を観た後、4歳の娘がテーブルに突っ込み
おでこがパックリ、血がどばー(テーブルの角は丸かったのに!)
日曜だし年末だし夜だしで、子どもを初めて救急病院へ連れてきましたよ。
4針も縫わなきゃいけなくて、映画のごとく「悲惨」そのものでしたが、
なんとかことなきを得て無事新年を迎えられましたよ・・・

本人が元気すぎて走り回るので、こっちは冷や汗ものです。




ブログパーツ
人気ブログランキングへブログパーツ

Category: ドラマ

Thread: 映画感想

Janre: 映画

Tag: 90年代 
tb 0 : cm 0   

【恐怖!寄生虫館の三姉妹】北村一輝初期作・三池監督怪演作 笑 

どっかで見た顔だけど思い出せない・・・
と思いながらGyaoにて(他の作業をしながら流し観で)見ていたB級ホラー。
そしたら突如現れる北村一輝!!
s-kitamura.jpg
チンピラ・・・いや、借金の取り立て屋さんなはずなんだけど
この女性が好きすぎてセックスを強要する・・・・わけでもなく、
寄生虫の話をしてくれ、と迫る変態野郎の役です。
(ちなみに多包条虫とは、キツネさんのエキノコックスの話です。)
しかも、本名で活動されいた頃の「北村康」名義でエンドロールに載っています。

ちょっと前にSPECで見た、ヘンテコ関西弁刑事に近い感じ・・・
(と言っても大阪出身なんですね、すごい演技^0^)

んでもって最初に書いた誰だっけ~な方。
この作品の感想を探しググったら、すぐに謎が解けました。
なんとこのシダレアフロ
s-miike.jpg
三池監督ではありませんか。
何やってるんスか 笑

ちなみに寄生虫の研究をする変態親父の役で
最初から最後まで準主役級で出ております。
エンドロールでの名義は「三池ドコモ」・・・もうこの方のセンスにはついていけない 笑

【恐怖! 寄生虫館の三姉妹】

さんざん作品紹介引っ張りましたが、内容自体はあまり記憶にない。


秋には【悪の教典】(染谷くんが出ますね~)の公開も控えているMR.MIIKEですが
なんとなんとその次は2013年公開で【藁の楯】!
大沢たかお&松嶋菜々子、三池監督との初タッグ作「藁の楯」(映画.com)
藤原竜也さんは、何気に犯罪者役が多いような・・・。



励みになります!
気に入っていただけたらポチッ^0^

ブログパーツ
人気ブログランキングへブログパーツ

Category: ホラー

Thread: B級映画

Janre: 映画

Tag: ♦B級  90年代 
tb 0 : cm 0   

【評決のとき】良質裁判映画。黒人差別惨い。 

録画していた1996年の作品を鑑賞。
黒人差別に関する裁判ものです。


アマゾンでは中古でしか出回ってないみたい!


黒人の女の子が、極悪白人2人組に縛り上げられ、犯され、瀕死の怪我させられた挙句に川へポイ
怒り狂った父親(Lジャクソン)が男2人を打ち殺すわけです。

これは最近裁判があった「光市母子惨殺事件」を思い出してしまった。

子を持つ親の気持ちとしては、Lジャクソンの気持ちはよくわかる。
けれど撃たれて死んだ息子の母親の気持ちもわかる。
黒人を弁護したことによって家が燃やされたり辛い目に合う妻の気持ちもわかる。
とても気持ちが忙しい作品だった。

ヒヤヒヤさせられる割に、死んだと思った飼い犬がちゃんと生きてるとか、爆弾から逃れられるとか
そんなに思った以上の不幸は起きなかったのでなんとか観れたかな。
(なんせ最初の字事件が悲惨なもんで)

負け試合と思われた裁判の最後の弁論で主人公の弁護士(マシュー・マコノヒー)が
「目を閉じて想像してください」と言いながら、少女の事件を説明する(最初の緑字部分)。
そこで最後に彼は「え?」と聞き返したくなるような意外なことを言うのだ・・・。
これは私たち日本人にはピンとこない話かもしれないけれど
人種差別はたくさんの人を傷つけてきたことは確かだ。

お父さんと娘が抱きしめあうシーンはグっときて涙も出たくらい。
主人公はほんとまっすぐな正義の人で、世の中こんな人ばかりではないと思うけどね。
(敵であるケビンスペイシーの悪徳弁護士のほうがリアルですな)
サンドラさんは必要だったのかな~正直疑問。

励みになります!
気に入っていただけたらポチッ^0^

ブログパーツ
人気ブログランキングへブログパーツ

Category: ドラマ

Thread: 映画感想

Janre: 映画

Tag: 90年代 
tb 0 : cm 0   

【CURE】色褪せない、上質な邦画サスペンス 

黒沢清監督作品といえばかなり昔に【アカルイミライ】、
ブログを始めてから【トウキョウソナタ】とみてます。

前にホラー祭り云々と言っていたので、Gyaoで見つけてわぁーいと思って見始めましたが
見てみると、ホラーじゃなくてサスペンス、さらに人間の心理が描かれたドラマでした。

最初のほう、事件が起こってるっていうのにPOPな音楽で、怖い。
役所広司の深々と狂気に染まっていく演技。怖かった。
精神を病んだ奥さんを愛してはいるけど、疲れもする、という状況は
この作品が作られた当時より、今のほうが強いメッセージとなっているのでは?

誰もが全否定できるわけではなく、少なからず持っている狂気。
引き金になるのが萩原聖人である。

ようするに事件の犯人である。
犯人が彼であることは早い段階でわかるのだけれど、そのあとの周りに起こることがまさに恐怖。
こればっかりはみてもらうしか説明できないのだけれど
私なりの解釈を箇条書きしましたのでネタバレしてOKな方どうぞ!!




調べてみると、「CURE」には、癒し、治療という意味はもちろんですが
「魂の救済」という意味もあるよう。
魂の救済=ストレスからの解放=ストレスの根源を断ち切ること=イラつく奴を殺す

催眠をかけても、心の潜在意識に人殺しは悪、という理念があれば殺人はできない。
という豆知識を教えてもらいますが、それなら催眠で操れないよね。

そこで、あの×印の登場です。
「きっと殺すことはできないと思うけど、、、とりあえずここに×描いとくね~
 ×印のことは全然気にしなくていいからね!」といいつつ
×印の存在だけを相手の心に植え付ける。

最初の人は鉄パイプで女性を殴ってましたね。
もしかしたらその時点では息はあったかもしれないし、理念も残ってたかもしれません。
けれどあの×を思い出しちゃったら、自分のストレス解消したくてウズウズ。
スパスパっと切ってやって ハイ、すっきり。

そしてそれは猿のミイラ?にはっきりと×印が窺えます。
そうやって長い年月埃をかぶっていたお猿さんは
萩原の手で意味あるものへと変わっていったんですね。

女医さんはほんとうは外科医になりたかったようでしたね。
女のくせに、と言われていたことも心のモヤモヤでした。
そんな彼女の心の解放は、男性の外科手術をすること(男子トイレで顔ひっぱがし)でした。


佐久間氏の部屋にも×がありました。
でも彼は手錠で動けなくして自ら死を選んでいます。
これは「催眠による殺人を犯す前に、自分で予防策をとった」ともとれますが
彼のイライラの根源は自分にあった(役所に気をつけろ、と言いつつ自分が催眠にかかったとか)
(自分の研究する分野なのにあっさり催眠にかかった自分に幻滅、とか)故に
自分で自分のを癒してあげた、ともとれます。
(この自殺現場に呼ばれる電話のとき、役所の表情はケロっとしています。友人が死んだのに)

役所さん、猿を見て病んでいる奥さんを思い出して急いで家に帰りました。
自殺は妄想でしたが、かなり意識が混沌としています。
さいぶお疲れで食事も進みません。

「ただいま~あれ返事ないな。今日のごはんは何かな、え、生肉?
 えっなんで今洗濯機まわし始めたの?うるさいけど・・・てかこんなん食えるかよ!」

ああ、そういえば一緒に旅行に行くって約束してたな、今日だっけ?
もうそんなに時間がすぎた?なんかもうどうでもいいや。

ここで一瞬包丁がちらっと映りますので、、、、、、、

そしてあの妄想バス。
もやもや、時間とかごっちゃになってクリーニング屋でも大失態。

萩原を撃ったあと、「思い出したか」としきりに聞きます。
もしかすると萩原のストレスの理由は「過去が思い出せないこと」であり
死の直前に自らかけた催眠がとける=記憶が蘇る(走馬灯もあるしね)と言いたいのかな。
奥さんを殺した時点では、自分の自我を解放しただけでしたが、
ここで萩原の魂も救済することで、役所は癒しの伝道師となるわけです。


最後に萩原の手が少し動きますね~これは何を意味してたかな~
さらに催眠をかけようと思ったのか、催眠をとこうと思ったか。

~~~~~

↑ここまで書いて、寝落ちしてしまいました。
中途半端ですみません。もう気力がありません。

でんでん、諏訪太朗、冨樫真さんら子温軍の姿もちらほらでしたね。
(富樫さんはエンドロールでわかったのですが)

すっとぼけ男の演技が光った萩原さんですが最近姿みませんね。
この役はちょっと前なら窪塚氏、今なら松ケンといったところかな?

うじきさん、何処へ・・・・・・



励みになります!
気に入っていただけたらポチッ^0^

ブログパーツ
人気ブログランキングへブログパーツ

Category: サスペンス・スリラー

Thread: 日本映画

Janre: 映画

Tag: 90年代  (監督)黒沢清 
tb 0 : cm 0