03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

シネマ★コロポックル

サブカル女子÷おっさん=映画好きへっぽこ主婦

 

最新記事

【イカとクジラ】お母さん、男連れ込むな。お父さん、息子の同級生に手を出すな。 

ブログは書いてましたが、チェックを怠っている間にたくさんコメントをいただいていたようです。
本日返信しました、お待たせした方すみません。

【ソーシャルネットワーク】でスターとなったジェシー・アイゼンバーグ。
↑公開時(2010年)で27歳。

クリステン・スチュワートとのコメディ【American Ultra】の公開も待ち遠しいジェシー、22歳のときの作品です。


【イカとクジラ】・・・まったく内容の想像がつきません。
登場する家族は、みなちょっとずつ変です。

お父さん、有名な作家さんですが、最近は言い訳ばかりで作家業をお休み中です。
お母さん、お父さんより作家として認められてしまったので、お父さんを見下しています。
長男、ジェシーです。
弟君、可愛らしい中学生です。

夫婦の間には深い深い溝が出来ていて、もう修復不可能のようでした。
お父さんはなんとかヨリを戻そうとしたようにも見えましたが、お母さんが嫌気がさしてしまっています。
お母さんは、子どもたちにも辛くあたります。
お父さんは、意地だけはいっちょまえです。

弟が変な行動をとるようになりました。

親たちの行動に子供らは振り回され、だんだんと皆不幸になっていきます・・・


離婚だったり、子どもの問題行動だったり、人生の中で大きく割合を占めているであろう出来事。
これらが、ゆるく、日常の出来事のように平然と描かれていて、こっちまでうっかり受け入れてしまいそうになる。
「大人だって子供抜きの時間必要なのよ!」「せっかく来てやったのになんなのよ」
これが母親のセリフです。せっかく~の後は息子をビンタしているし・・・。
共感はできないんだけど、同じ立場、状況になったら気持ちはわからなくはないな、という展開がたくさん。
(同じ状況・・・って自分で蒔いた種ですが)
割符回しが絶妙で、違和感なく観れてしまうのが逆に怖い。
嫌な事ばかりなんだけど、スルスルと観進められる不思議な感じ・・・。

アクションやSFが好きな人はもしかしたら飽きてしまうかもしれない。
でもヒューマンドラマ好きなら惹きこまれてしまうと思う。会話がとても面白いのです。

s-ikatokujira.jpg
「イカとクジラ」は、小さい頃連れて行ってもらったという、博物館の展示。
お互いが譲らず、絡まり合って噛み合っているのだ。
ジェシーは、幼い頃この展示が怖くて、顔を覆った手の指の隙間から観ていたのだそう。
それも、今じゃ可愛い思い出。

いやなことばかり起きる展開ですが、最後はほんの、ほんの少しだけ希望を持つことができます。
ヒューマンドラマに興味アリの方はもちろん、弟の学校での変態っぷりにもご注目。


★ジェシー・アイゼンバーグは、MARVELの宿敵DCの、【Batman v Superman: Dawn of Justice】にも出るそう。
 デアデビルのベン・アフレックがバットマン役で、2016年公開予定だそう。
ややこし・・・

Category: シニカル

Thread: 映画感想

Janre: 映画

Tag: 2005 
tb 0 : cm 0   

【龍三と七人の子分たち】ジジイを楯にジジイたちがジジイのためのジジイ銃撃戦 

もう2週間前の話ですが、【竜三と七人の子分たち】観てきました。

ワイルドスピードにするか、寄生獣(後編)にするか迷ったのですが、映画の日だったこともあり、割と遅い時間だったに関わらず寄生獣はごった返してまして。
ワイルドスピードは追悼の意もこめて、劇場でぜひ観ようと意気込んでたのですが、旦那さんがこのシリーズが好きなものでね・・・私一人で観るのはやめました。ブルーレイを予約するよ!

本題ですが、シアターは私より年上の方が多かったですね。
北野監督と同じ歳くらいの方々で、作品をずっと観てきたんだと思われます。
女独りで観に行った私の浮きっぷりったらない。(多くは夫婦か、男性1人でした)
若い女の子3人組もいたのですが・・・この話は後程。

申し訳ないのですが、私、鑑賞中にギャっとかアハハとか声に出ちゃうタイプです。
不快に思った方ごめんなさい。家で一人で観ててもそうなんです・・・うるさいですよね。
本作は笑うシーンが随所にちりばめられている(というかほぼギャグの前振り)のですが
劇場は笑いで溢れていて、安心して?笑うことが出来ました。
※カテゴリにコメディがなかったので、ほっこりでお願いします。

競馬にて、龍三の薬指と小指が無いおかげで、子分に手でしめした数字が伝わっておらず、万馬券を逃すとか
クラブのママの家に行って、刺青自慢をしてるとこに男が帰ってきて慌てて風呂へ逃げる。
ママに帰ってと頼まれ、干してあったピンクの服を着て街中を走る・・・とか。
藤竜也さんがまさかそんなことやるとは・・・。

こんな感じのギャグが延々2時間続くので、正直疲れました 笑
全編ほぼギャグの前振りですから。。。

親分役の藤竜也さんはもちろんですが、子分の7人もそれぞれ役が個性的で良かったですね。
私が60~80年代のドラマや映画にもっと詳しかったら、オマージュしてるようなあるあるネタがあったのかもしれませんが、無知な私でも楽しめたので、頭空っぽにして観れるエンターテイメント作品でした。
若頭を演じた近藤正臣氏は、かのカルト作品【江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間】にも出演されてたそうで。
(もちろん未見なのですが)
太陽にほえろ でおなじみ小野寺昭さん(神風のヤス)のwikiを拝見したら、チロリン村の人形師だったと知ってびっくり。


そんな中、我らが北海道のスタア、ナックスの安田顕さんは、詐欺集団(一応会社構えてる)のリーダーとして頑張ってました。onちゃん出世しましたなぁ。
怒ってるんだか笑ってるんだかわからない難しい表情も似合ってました。
萬田久子さんとは正直似合ってませんでしたが!!

劇場をあとにする際、私の少し前を歩いていた若い女の子(20歳くらい?)3人組は「寝ちゃった~テヘ」「私も~」と会話してましたので、高校生同士や親子で観に行くには少し難しいかな。
内容としてはラストのバスでのカーチェイスも、じじいが運転してるわけではないので正直いらないんじゃ、と思ったり。
(バスジャックだったので、何かの作品のオマージュだったら無知ですみません)
じじいたちで会社乗り込んでドンパチして警察に捕まる、の流れでも良かった気がします。
(このラスト手前のドンパチシーンは中尾彬さんがなかなかの見ものです)

劇場の大きなスクリーンで!という感じでもないので、どちらかというとDVDを購入して、家で笑いたくなったときに何度も観たくなる作品と思います。

余談ですが、私は北野作品では【ソナチネ】が大好きです。
2番目は【あの夏、いちばん静かな海。】かな。
(観てないのもたくさんあるんでね、「HANABI」とかね。金獅子賞観なきゃ~

★龍三、藤竜也さんが出演した最近の作品 →【私の男】幼女に手を出すということは殺人でさえもするということ

Category: ほっこり

Thread: 邦画

Janre: 映画

Tag: 2015 
tb 0 : cm 0   

【三月のライオン】求ム!兄・加瀬亮×妹・二階堂ふみでリメイク・・・という妄想。 

観たのは今年1月なんですが、どうしても記録しておきたかったのです。
これだけ間空いたのだし、この際どうせなら3月に記事アップしようではないかと。(ギリギリですが。)
※そして今回は私事、妄想多いです、あしからず。。

【三月のライオン】です。
コミックの名前が有名なので、ググるのが難しくてほぼ情報はありませんでした・・・
DVDを観てわかったことは、1989年クランクイン、同年11月にクランクアップ、編集などに1年かかり、公開されたのが1992年です。
3gatsu3.jpg

漫画の『3月のライオン』を読まれている方、羽海野チカ先生のファンの方なら、観たことあるかもしれません。
羽海野先生が「アイスをくわえたおかっぱ頭の女の子がなんだか可愛くて」とインタビューで答えてた、あのポスターの映画です。
てっきり私の中でカルト映画認定されていて観てみたいと思っていた作品でしたが、今wikiの「カルト映画」の項目をみてみたら本作は無かった・・・。
代わりに前よりいろいろと作品が追加されているようで、中には??と思う作品もありした。

では本題。
・記憶喪失(意識不明で入院していた)男
・彼を恋人だと言い張る女
この2人のラブストーリーなんですが、2人は兄妹なんですよね。
今でこそ「お兄たんっ」な話は多くなりましたが、公開当時(1992年)は邦画では珍しかったんじゃないですかね。

1992年の映画といえば、「ツインドラゴン」「氷の微笑」「ボディガード」「天使にラブソングを」「エイリアン3」等。
邦画では「ゴジラVSモスラ」「シコふんじゃった」「きらきらひかる」「一杯のかけそば」くらいしかわかるのなかった・・・


この作品を観てみて、最初によぎったのは漫画家の岡崎京子。
当時CUTiEというファッション雑誌(今でもあるのかな?)を読み始めて、そこで漫画を掲載していたのが岡崎京子先生だった。
ちなみに雑誌にはヒステリックグラマー、milk、スーパーラヴァーズ、エックスガールなんかがよく掲載されていて、それはもう憧れで、田舎者だったのでどうしたら買えるのかいつも悩んでいました。
まぁ、お店に行けたところで高価で手出せないですが!笑

90年代、私は主に小学生だったのですが、「りぼん」にも、「なかよし」にも飽きた小学生の私は、マーガレットをすっとばして岡崎京子や桜沢エリカ、安野モヨコに手を出したのです。
小学生にして、型にはまらず愛に生きる主人公に憧れていたのだ。
(そして今じゃこんな変態主婦に・・・)
『リバーズ・エッジ』は名作でやんす。

この作品には、お洒落に無頓着なのにお洒落に見え、明日もわからないその日暮らしだけど恋人さえいればいい。というような当時の女子憧れのヒロイン像がある。
服は最近の映画とは違い、大体いつも同じ。バックの代わりにクーラーボックスを持ち歩く。
でも、おかっぱ頭で、恋人(本当は兄)のために一生懸命口紅を塗り直す仕草は、とてもキュートだ。
3gatsu2.jpg
服を着たままシャワー中の彼におぶさる。
お腹がすいたらアイスを食べる。
交差点で下着を履きかえる。
バイクに乗る。

兄に忘れられているヒロイン。
でももし事実を思い出してしまったら・・・?

映像は、お洒落で、退廃的で、淡くて、辛い。
自分が十代のリアルタイムで観ていたら、影響を受けたかもしれない。
3gatsu.jpg
ラストは唐突すぎて(それまでのシャレオツな感じと違くて、急に現実に引き戻される)正直ちょっとどうなの、な感じではありましたが・・・。

・・・個人的に思ったこと。
どうしても兄役の俳優さんに感情移入ができなかったのだ。
ヒロインの由良宜子さんはどう見ても20代(下手すりゃ10代)なのに、お兄ちゃんが40代くらいに見える。
病的には見えるけど、妹がそこまでして愛する相手には見えなかったの、オバチャンには!
(兄役の趙方豪さんは病気で亡くなられてますので、気分を害した方いましたらごめんなさい)
なので、この作品を次観る機会があれば、二階堂ふみと加瀬亮で脳内再生したいと思います。

監督は 矢崎仁司氏。
←新作

Category: 恋愛

Thread: 邦画

Janre: 映画

Tag: インセスト  90年代 
tb 0 : cm 4   

【25】Vシネとな?高岡早紀木端微塵 

皆さんのブログが秀逸なので、自分のブログは何がいいのかな~と考えてみると、「洋ものだけじゃなくて、たまにB級邦画のチョイスがある」ことじゃないかなーって。

最近は、旧作品はスカパーでお世話になっているので、レンタルショップに行くとだいたい新作のコーナーで事足りてるんです。ジャンルごとの棚にいくこともあまりないです。観たい作品と観れた作品の比重が合わない・・・。
なので、Vシネマ なんて未知の領域です。

1989年に誕生した東映Vシネマは、レンタルビデオブームの波に乗って、劇場公開目当てではなく、レンタルのために作られた作品です。
当時のターゲットは10代~30代前半の男性だったらしいのだけど、当時のファンも、出演者も皆歳とったわけで、今の現状「おっさんたちがドンパチしてる映画」ってなっちゃうのもしょうがないっちゃしょうがない。

これじゃなくて・・・


【ニジュウゴ】という作品。
東映Vシネマ25周年の作品なので、いろんなことが25にちなんでます(25億とか)。
で、25周年記念なので、2014年11月に劇場公開もした作品。DVD化が早い!!

これはね、はっきり言って私めのような一般人には不向きとなっております。
Vシネマとともに歳を重ねられた50歳前後の男性(哀川翔さんが53歳なので)が観ると興奮するかと思います。
わたしですか?3日かかっちゃいました(途中で何度も止めた・・・)

とある男の横領した25億の金をめぐって、25人が金に目がくらみ、、撃ち合い、死ぬ話です。
アクションシーンも多いし、もっと面白くなりそうなのに、なんだろうな、この違和感は。
ピストルの音が軽いです。
セリフも、古臭い感じが・・・(そこがいいのかもしれませんが)

初めてVシネを観た私としては、「想像してたよりは面白かった」ですが、Vシネの棚に行くことにはならなそう・・・。
出演者の方が私が観る映画にはあまり出ていない人達 で、目新しかったです。。。

仮面ライダー出身の井上正大さんがチンピラ役で頑張ってましたね。
ファンが悲しむであろう・・・
252.jpg
※乳首が曝されるのを気にしてくれているのか、岩佐嬢のオパーイから手を絶対にはずさない井上氏

岩佐真悠子さんも、頑張ってました。
温水さんと絡んでました。お疲れ様でした。

「25億を横領した男」が温水さんなんだよね。
憎めないのはわかるけど、イケメンで見たかったな・・・

では、私がこの作品を若者向けにリメイク(妄想)したいと思います。
(左が本来の出演者)

哀川翔 (悪刑事)・・・小栗旬
寺島進 (相棒)・・・生田斗真
温水洋一 (ハゲ)・・・濱田岳
高岡早紀 (銭女)・・・石原さとみ
小沢仁志 (組長)・・・松田龍平
小沢和義 (弟)・・・松田翔太
波岡一喜 (なんだっけ)・・・染谷将太
井上正大 (チンピラ)・・・菅田将暉
鈴木砂羽 (スナックのママ)・・・小池栄子
笹野高史(チャイニーズマフィア)・・・浅野忠信
岩佐真悠子(メイドパブ?)・・・二階堂ふみ

ほぼ、好きな俳優で固めてみました。なかなか合ってると思います 笑
ちゃんとヤクザ兄弟も兄弟にしたしね!
あー妄想でお腹いっぱいです。おやすみなさい。

Category: アクション・特撮

Thread: 邦画

Janre: 映画

Tag: 2014  R-15 
tb 0 : cm 0   

【私の男】幼女に手を出すということは殺人でさえもするということ 

アカデミー賞でしたね。ツイッター実況を観てました。
でもってバタバタしております。
なんせ娘が今年卒園でして、役員なので会議とかプリント作りとかいろいろありまして・・・
なので書きたいことがたまっています。追い付きません!

娘、6歳なんで、幼女が絡むしんどい映画を観ると胸が痛みます。
基本「ハッピー♪」な作品は好まないのでかなりの耐性がついてると思うのですが

【私の男】モスクワ国際映画祭にて主演の浅野忠信氏が賞をいただいた作品です。
作品自体も金賞だったそうな。(金賞のすごさはイマイチわからないのだけど)
私は熊切監督の作品は合っていて好きなので面白かったのですが、友達にお薦めはしづらいな・・・
中高生の皆さん、間違ってもデートで観ないように!

これ、映画化すると聞いたときに、気になって原作も読んだんです。
最近は本なんてほぼ読まないんですが、エグイ内容なのに次男妊娠中に読んで辛かった記憶が。
 →原作感想・『私の男』「お父さんの涎飲みたいの。」STOP!近親○姦!(記事のタイトルからして酷いw)

地震(津波)で、ひとりぼっちになった女の子「花」を、養女として引き取った25歳の「淳悟」という青年。
一応「親子」の位置づけだけど、彼らの生活は人には見せられないような日々。
涎も、裸も、なんだかわからん汁も満載。
原作でも映画でも「指の匂いが取れず嗅ぐ」シーンがあり、それが臭くて嫌なんじゃなくて、相手のことを思い出して舐めちゃうというね。
理解不能な世界でーす。

原作はミステリーでもあり、結婚する「大人の花」が、どういう出来事があって、淳悟との関係を築いてきたか、それに加え、とある事件のことも、遡るにつれ解き明かされます。
こんなに素朴(に見えた)な花ちゃん・・・
mymanx.jpg
 映画は、幼女の頃から時系列は順を追って進みます。
なので割と早い段階で「事件」が起きるのだけど、そこに重きは置いてなくて、あるのは「2人の歪んだ愛」。
歪んだ、といっても理性や常識だけを考えればのことで、観る人によっては「究極の純愛」ともとれるんじゃないかと。

先に自分に6歳の娘がいる、と言いましたが、10歳の花役の女の子が、車で淳悟に「キスして」と言うんですよ。
小説でそのシーンがあったかは定かではないんですがね、すごく違和感ですよ。
津波で家族を亡くした9歳の子が、淳悟を「他人な気がしなかった」にせよ、心が壊れている状況で「キスして」というか?と。
(映画では家族が亡くなってもケロっとしてる風ではあります)
せいぜい「ずっと一緒に」とか「抱きしめてほしい」とかが限度じゃないかな、しかも子役の子が幼く見えすぎてすごく嫌悪してしまった。
自分の子は6歳だけど、この子役の女の子と同じ年くらいに見えるので、このシーンは嫌だったな・・・。
 ※作中に子役とおっさんのチューはでてきません!
高校生の花と浅野氏のセックスシーンより嫌だったわ。
myman.jpg

wikiでは「性的虐待」って書いてあり、もちろん他人から見ればそうなんだけど、本人達はそれだけじゃない。

津波の後避難所で、花はわりとケロッとした様子で周りの大人と喋るので、「冷めた子ども」とか「家族への愛情がない」感じに捉えたらいいのかな?と思ったけど、私的には
「他の大人には一切無言だけど、淳悟にだけは初めて会ったときから笑顔を見せて喋る」ほうが、2人の関係がわかりやすくていいのになーと思ったけど。

あれ?映画では「実は淳悟は花の本当の父親」っていう表現あった?
これ重要だよね。
2人を、血が、強く結んでいるのです。

二階堂ふみちゃん、まだ20歳なんだよね。いやー女優魂ですわ。

ちなみに25歳当時を演じる浅野氏も、現在の年齢相応で25歳には見えなくてちょっと残念ではありますが
(じゃあ特殊メイクでもしろというのは無理があるので、これが限界とは思うけど)
喋り方とか立ち振る舞いは若者っぽく見えたので、俳優さんってすごいのね、とは思いました。

今年の北海道は、例年よりは暖かく、雪が早く溶けそうです。
でもこの映画はほんと寒い。「痛いくらいの寒さ。」
【海炭市叙景】でもそうだったけど、熊切監督の雪のシーンは本当に美しい。
真っ赤に染まるエグいセックスに対比した真っ白な流氷をぜひ見てほしいと思います。

とんでもない話ではあるけど、花が妊娠しなかったことが救い!
カテゴリー、シリアスにするかで迷ったんですが、究極の愛ということで。

 >>二階堂ふみちゃんの他の作品レビュー色々<<

Category: 恋愛

Thread: 邦画

Janre: 映画

Tag: インセスト  2014  二階堂ふみ  浅野忠信    (監督)熊切和嘉 
tb 0 : cm 0