06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

シネマ★コロポックル

サブカル女子÷おっさん=映画好きへっぽこ主婦

 

最新記事

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

【T2:trainspotting】あゝサブカル女の青春 

自分が映画を観るときは、旦那さんに子どもらの面倒をお願いしなきゃいけないので、なかなか独身時代のように自由に動くことはできないのですが、この作品はどうしても観たいと思っていたので、なんとか行ってきました。
【T2 Trainspotting】です。
t2.jpg
以前【ヒミズ】の記事でも少し書いたのですが、高校生の頃、クラスの友人たちを家に呼んだ際にVHSで【Trainspotting】を流して皆にドン引きされた事があります。
まぁちょっと変わった女子高生だった私は皆が〇ァニーズ!と騒いでる時もレンタル屋さんでイギーポップを借りてきたり〇シル〇クビーが流行った時も古着のジャージを羽織ったりしてましたよ。
それくらい作品を崇拝してました。※お薬はやってません 笑
  にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へにほんブログ村 
私は、20年前の前作を好きで観ているし、絶対面白いだろ、と期待して行ってるので感想を書いたら過大評価になっちゃうなぁ。
fanにとってニヤリとするシーンの数々。
例えば主人公レントンが盗みをして警備員に追いかけられた際に車と接触するのだ
rentonxx.jpg
けど、その後不気味にニヤリと笑う↓んだよね。
renton2.jpg
それを髣髴とさせる似たようなシーンがT2にもあったり、
歳とっても相変わらずサッカーが大好きだったり
trainspotting2f.jpg
若い頃って、自分がオバサンになるなんて。と、歳をとるのが怖かったんだけど、実際歳とってみると、案外心の中は子供のままじゃないかって。
経験値や知識は増えたけど、好きなものや元々の性質は変わらないな、と思うわけです。

だから本作で20年前のあの頃と同じ彼らを観て、ウンウン、ニヤニヤ、と観てた誰もが思ってたんじゃないかな。
監督の「こうしたらお前ら喜ぶんだろ」っていう罠に喜んでかかってます。

ちなみに皆大好き〇ンチをお漏らししたスパッドは、本作の序盤で顔面ゲロまみれで登場。
いやー期待を裏切りません。
でも彼、本当はダンディでとってもかっこいいんだよね・・・
t22xx.jpg
左からスパッド、レントン・・・ん?田中要次さん?
いやいや、20年前はイケメンモテボーイだったあんなにかっこよかったシックボーイ。
頭大変なことになってるじゃないですか。
(あ、一番右はベグビーです。ただのおっさん笑)

前作ではそこまで目立たなかったシックボーイは、T2ではレントン並みに登場します。
まぁ基本嫌な奴なんだけど、やっぱり心の奥底では友情は死んでなくて。
男の友情っていいなぁ。。。

すっかりおっさんになってしまったベグビーも、期待を裏切らない登場の仕方、そしてレントンに大金を持ち逃げされた恨みを20年間ずっと心の奥・・・じゃない、丸出しだよ。
その憎しみを生きる糧にして今日まで過ごしてきたといっても過言ではないくらいキレキレのキャラでした。
ちょっと、下半身の調子が思わしくなくて、バイアグラさんに助けを求めたりして以前より憎めないです。
息子が立派に育っててびっくりしますよ。てか息子いたっけ?

そして嬉しいことに本作では誰も死なない。
20年前は生きるか死ぬかで毎日ギリギリを生きてきたレントンたちも大人になり、少し心に余裕ができたからか、身内のゴタゴタはあるものの、ストーリーは穏やかで、でも観客もそんな未来を望んでいた気がするのです。
20年前のあの頃、薬も盗みもやってない私を含む、「青春」を過ごしたことのある誰もが、その歳の頃は感受性が豊で、少しの言葉に傷ついたり、影響されたり、人と同じが良いとか、違うのが良いとか、毎日を色々考え一生懸命生きてた気がする。
私なんかは子どもの世話をする毎日で慌ただしさに追われて「死にたい」なんて思うことは皆無で、けれどスパッドは遺書を書くところから物語が始まるのだ。
彼は20年前のまま時が止まっていたのかもしれない。
けど、順調に20年を過ごしてきたレントンと再会して、生き生きとした日常が始まる。
生き生きとした日常って、映画の題材としては面白くないかもしれない。
だって20年前は薬に、犯罪に、死と隣り合わせの日々だもの。

けれど20年経って歳をとった私たちは、同じく歳をとった彼らのちょっと落ち着いて、穏やかに、時にヤンチャに過ごしている彼らを観られて本望なんじゃないか。
シックボーイはヤク漬けだったけど細々と仕事はしていたし、スパッドは新しい才能を発揮して生き生きとしていた。
あ、ダイアンもちょろっと出てきます。弁護士になっていて、しっかりやってんだな~って。

・・・今まで私の駄文を読んでくださったあなた、1996年のトレインスポッティングは観てます?
え、観てないけど、T2だけ見ようと思ってた?
いや~それはおススメできません。
だって、どう考えても前作を観てないと楽しめないように作ってるよ。
最近は「前作観てなくても、これ1本いきなり観ても大丈夫!」な作品増えてますが、これはダメ。
renton4.jpg
レントンのこのシーンも出てくるよ。
20年前観たけど忘れちゃった、な人もオサライしてからぜひ見てほしいです。

あ、前作よりは過激なベッドシーンなんかはないですが、それでもちょっと困っちゃうシーン(おっさんがきれいなお姉さんに後ろから、とか)ありますので中学生以下のお子様にはおススメできません。
親子で観ようと思ってた親御さんは、一人で一度ご確認してね。

では、私はこのMVを観て余韻に浸るとしますか・・・

※先に書いたレントンが車と接触するシーンもチラッと写ります。
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村
知らなかったんだけど、『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』ってシックボーイ役のジョニー・リー・ミラーだったんだね。
CMで良く観てたけど気にして見たことなかった!
今度ちょっと観てみよう。でもあんなにハゲてたっけか・・・



音楽も相変わらずカッコいい。
原作。

ブログランキング・にほんブログ村へ
いつもありがとうございます、ポチしてもらえると励みになります!
ブログサークル ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!



スポンサーサイト

Category: ドラマ

Thread: 洋画

Janre: 映画

Tag: 2017 
tb 0 : cm 0   

【イカとクジラ】お母さん、男連れ込むな。お父さん、息子の同級生に手を出すな。 

ブログは書いてましたが、チェックを怠っている間にたくさんコメントをいただいていたようです。
本日返信しました、お待たせした方すみません。

【ソーシャルネットワーク】でスターとなったジェシー・アイゼンバーグ。
↑公開時(2010年)で27歳。

クリステン・スチュワートとのコメディ【American Ultra】の公開も待ち遠しいジェシー、22歳のときの作品です。


【イカとクジラ】・・・まったく内容の想像がつきません。
登場する家族は、みなちょっとずつ変です。

お父さん、有名な作家さんですが、最近は言い訳ばかりで作家業をお休み中です。
お母さん、お父さんより作家として認められてしまったので、お父さんを見下しています。
長男、ジェシーです。
弟君、可愛らしい中学生です。

夫婦の間には深い深い溝が出来ていて、もう修復不可能のようでした。
お父さんはなんとかヨリを戻そうとしたようにも見えましたが、お母さんが嫌気がさしてしまっています。
お母さんは、子どもたちにも辛くあたります。
お父さんは、意地だけはいっちょまえです。

弟が変な行動をとるようになりました。

親たちの行動に子供らは振り回され、だんだんと皆不幸になっていきます・・・


離婚だったり、子どもの問題行動だったり、人生の中で大きく割合を占めているであろう出来事。
これらが、ゆるく、日常の出来事のように平然と描かれていて、こっちまでうっかり受け入れてしまいそうになる。
「大人だって子供抜きの時間必要なのよ!」「せっかく来てやったのになんなのよ」
これが母親のセリフです。せっかく~の後は息子をビンタしているし・・・。
共感はできないんだけど、同じ立場、状況になったら気持ちはわからなくはないな、という展開がたくさん。
(同じ状況・・・って自分で蒔いた種ですが)
割符回しが絶妙で、違和感なく観れてしまうのが逆に怖い。
嫌な事ばかりなんだけど、スルスルと観進められる不思議な感じ・・・。

アクションやSFが好きな人はもしかしたら飽きてしまうかもしれない。
でもヒューマンドラマ好きなら惹きこまれてしまうと思う。会話がとても面白いのです。

s-ikatokujira.jpg
「イカとクジラ」は、小さい頃連れて行ってもらったという、博物館の展示。
お互いが譲らず、絡まり合って噛み合っているのだ。
ジェシーは、幼い頃この展示が怖くて、顔を覆った手の指の隙間から観ていたのだそう。
それも、今じゃ可愛い思い出。

いやなことばかり起きる展開ですが、最後はほんの、ほんの少しだけ希望を持つことができます。
ヒューマンドラマに興味アリの方はもちろん、弟の学校での変態っぷりにもご注目。


★ジェシー・アイゼンバーグは、MARVELの宿敵DCの、【Batman v Superman: Dawn of Justice】にも出るそう。
 デアデビルのベン・アフレックがバットマン役で、2016年公開予定だそう。
ややこし・・・

Category: ドラマ

Thread: 映画感想

Janre: 映画

Tag: 2005 
tb 0 : cm 0   

【I'm Not There】ヒース・レジャーを愛でる。 

1月中にこの記事がかけて良かった!
1/22は、故ヒース・レジャーの命日でした。もう7年も経つのか・・・。
21日に新作目当てでツタヤに行ったのですが、どうしても22日にヒースレジャーの作品を観ようと思って、旧作も借りてきたのです。
当方御用達のツタ屋さんは、品ぞろえが悪くて借りたかった作品が置いてなかった・・・ので
【I'm Not There】という、2007年の作品を。

これ、6人の俳優さんが、いろんなボブ・ディランを演じてるのだけれど、役名はボブではないし、言ってしまえば別人。
そして話が繋がっているわけでもなく、かといって他人でもないし、不思議な作品。

ボブ・ディランが映画で演じた「ビリーザキッド」のその後を、リチャードギアが演じていたり。
ビリーのストーリーの中で「アカプルコへ行こう」という曲をMMJのジムジェームスが歌うシーンはとても幻想的。
→ Bob Dylan I'm Not There Goin To Acapulco Jim James & Calexico
作中で流れる曲はもちろんボブ・ディランなんだけど、私は音楽にあまり詳しくないので、ファンやもっと知識のある人、音楽好きなひとが観たら心に残るものが違うんじゃないかと。
まぁ、私はヒースさん目当てというスケベ心で観てますのでお腹いっぱいです。

ヒースさんは、映画俳優としてのディランを演じています。
そして、恋愛、結婚、離婚・・・そして。
ここからはただひたすらヒースさん画像で萌えるだけなので、お好きな方だけお進みください。


heath.jpg
恋人(シャルロット・ゲンズブール)と出会った頃。ヒゲない。

imnot.jpg
接吻シーン。一瞬です。

imnot1.jpg
恋人のケツを必死に目で追っています。
映画やドラマでよく見る五重塔プリントの紙パックや。

imnot2.jpg
半裸でリラックスタイム。
1960年代(最初の奥さんの結婚が1965年なので、そう仮定。)インテリアもお洒落。

imnot4.jpg
よくわかんないけど楽しそう。また半裸。

imnot3.jpg
バイクを買いに行ったシーン。あわや大惨事・・・!?
ちなみにバイクは恋人が乗って帰っちゃう 笑

imnot5.jpg
時が過ぎ、子どもも2人も大きくなった頃。
ヒゲも生え、顔つきが違いますね・・・

ヒースさんの画像ばかり紹介していますが、作品には他に5人のディランさんが出てきますから。

以上、ヒース・レジャーを愛でる会会員による惚気記事でした。
ちなみに今も生きているとしたら、脂のりまくりの35歳・・・もう新しい作品が観れないのがただただ悲しい。


最後に・・・この作品で、ケイト・ブランシェットがディラン役で出てるのです。が、
声も低く、知らないで見てたら「女性っぽい俳優さんだな・・・」としか思わなかったかも。
imnotx.jpg
本作でアカデミー助演女優賞ノミネートもされましたし。必見です。
(↑2013年度にもっといいのもらっちゃいましたがね!)

こちらはご近所になかったヒース・レジャーのほか作品。
ちょっと遠出して借りてこよ。



Heath Ledger R.I.P。。。

Category: ドラマ

Thread: 洋画

Janre: 映画

Tag: 2007 
tb 0 : cm 0   

【欲望のバージニア】流行りの姉妹の愛もいいけど、男臭い兄弟の愛もいとおかし 

【欲望のバージニア】を観ました。
なんと、久しぶりの「お母ちゃんの映画泣き」を記録。
(私、あまりTVや映画で泣かないのです)
3000円はちょっと高いな~もうちょい安かったら買うんだけどな・・・
2012年の映画なので(日本公開は2013年)観た人も多いかと思うんでちゃちゃーっと書きますね。

アメリカ禁酒法時代に、お酒を作っていた3兄弟のお話です。
特に末っ子のラブーフくんの成長がメインとなってます。
s-yokubouno3.jpg
左から、長男、三男、次男。

禁酒法とは1920~1933年にアメリカで定められた法律だそうで。
その起源を遡ると、国や、宗教が絡んでいて相変わらずしんどいです。
お酒飲んじゃダメ、売っちゃダメ、造っちゃダメのご時世なので、密造してる彼らが政府の標的となるのです。

お酒大好き兄弟の宿敵が、ぴっちりセンターもみあげパッツンの
yokubouno.jpg
ガイ・ピアース取締官(レイクス)

香水の匂いをプンプンさせて几帳面な動きをして、兄弟たちにカマ野郎と呼ばれています。
もうね、この人の悪人キャラが強烈すぎて、尚兄弟を応援したくなるんす。

そして我らがゲイリー親分!
yokubouno2.jpg
兄弟たちと酒の取引をするギャングの親玉で、しびれるかっこよさです。

この作品の何がいいって、まず寡黙なトム・ハーディがかっこよすぎ。
恋愛に奥手で不器用なとこも萌える^0^
末っ子ラブーフのガキ臭さに輪をかけてます。
長男のジェイソン・クラークは、2人に比べるとちょっと印象薄いですが、好きです。

トム・ハーディのお相手は、一見派手ですが陰のある女性で、【ゼロ・ダーク・サーティ】のジェシカ・チャステイン。

私この人の顔がちょっと苦手なんです(目が埋もれてて眉毛無くて顎がごつい。好きな方ごめんなさい)が、この役は素敵でしたね~
男臭さプンプンの3兄弟を母なる愛で包み込んでました。

トムとジェシカが、自身の店で別れた(帰った)後、残っていたトムが敵にやられ、瀕死の状態になるのですが
その後ジェシカは胸騒ぎがして店に戻ってくるのです。
もちろん残っていた敵にジェシカはあれやこれややられてしまうわけですが、彼女はそれをトムには頑なに言わないんですね。
言ったらトムがブチ切れて復讐の道突っ走ってしまうと思い。

トムは「首切られても自力で歩いて病院まで行った」という伝説(笑)を本気で信じてるお茶目野郎なんです。

結局後になり、ジェシカは「あんな伝説ほんとなわけないでしょう!私が車であなたを病院まで運んだのよ!」と言ってしまうのですがね、それでも、敵には何もされてないって意地張って言うんですよ。

もうね、私なら「私があんたを病院まで運んだしアイツらに××なことまでされたのよぉぉ仕返ししてよぉ!!」って次の日に言っちゃってると思う。
母性のカケラも素敵な女性像もクソもないです。ジェシカ素晴らしいわ。
恋に不器用な男と、男慣れしてる(であろう)女の対照的な2人のやりとりに、モヤモヤさせられながらもワクワクしてるおばはん私。
※ジェシカとトムで話進めてますが、役名はマギーとフォレストです

末っ子がさ、お兄ちゃんに憧れ、背中観て育って、一生懸命兄を越えようとして。お兄ちゃん達は弟思いで。
なんとゆーか男×女の兄妹とも、姉妹のドライかつ仲良スィな関係とも違う、羨ましい絆が見れました。
私的に好きな作品が増えました。オススメです。

トム・ハーディってもう37歳なのか!若く見える・・・
そして若い頃はあまり作品に恵まれてなかった感じがしてならない。

Category: ドラマ

Thread: ★おすすめ映画★

Janre: 映画

Tag: 2012  ♦実話が原作 
tb 0 : cm 0   

【レ・ミゼラブル】1997年の作品の方なのであしからず。 

明けましておめでとうございます。
12月は忙しく、全然映画を観れずブログ更新もできませんでしたが
2013年もksブログをよろしくお願いします。

1月30日ですが、【レ・ミゼラブル】を観ました・・・
と言っても現在劇場公開中作品ではなく、1997年のリーアム氏の方でして。
感想に期待した方すみません。

ジャン・バルジャン:リーアム・ニーソン
ジャベール警部:ジェフリー・ラッシュ
ファンティーヌ:ユマ・サーマン(当時27歳)
コゼット:クレア・デインズ(当時18歳)

ユマ・サーマンの瀕死の演技というか表情は凄かった。
ほんとに死にそうだった。
コゼットは、アマンダ・セイフライドの話を耳にしてからみたので、
どうもアマンダちゃんのイメージが強く、クレアさんじゃちょっと違うような・・・

作品自体は、良い出来だとは思うのですが
なんせ134分の中に詰め込みすぎというか、もうちょっと尺が長くてもいい気がしました。

お暇な方は最新作とキャスティングを比べてみてください^0^
↓  ↓
バルジャン:ヒュー・ジャックマンジャン
ジャベール:ラッセル・クロウ
ファンティーヌ:アン・ハサウェイ(現在30歳)
コゼット:アマンダ・セイフライド(現在27歳←もっと若いと思ってた!)

ちなみに撮影開始前にプロデューサーのキャメロン・マッキントッシュが、
自身の理想のキャスティングとして語ったのは

ジャン・バルジャン:アルフィー・ボー(オペラ歌手)
ジャベール警部:コリン・ファース
ファンテーヌ:マリオン・コティヤール
テナルディエ夫妻:ティモシー・スポールとヘレナ・ボナム・カーター、
テナルディエの長女エポニーヌ:アン・ハサウェイ だそうでした。
コリン・ファースは何処へ?


私事ですが、この映画を観た後、4歳の娘がテーブルに突っ込み
おでこがパックリ、血がどばー(テーブルの角は丸かったのに!)
日曜だし年末だし夜だしで、子どもを初めて救急病院へ連れてきましたよ。
4針も縫わなきゃいけなくて、映画のごとく「悲惨」そのものでしたが、
なんとかことなきを得て無事新年を迎えられましたよ・・・

本人が元気すぎて走り回るので、こっちは冷や汗ものです。




ブログパーツ
人気ブログランキングへブログパーツ

Category: ドラマ

Thread: 映画感想

Janre: 映画

Tag: 90年代 
tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。