04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

シネマ★コロポックル

サブカル女子÷おっさん=映画好きへっぽこ主婦

 

最新記事

【トゥモロー・ワールド】子作りは未来を救うか 

ご無沙汰です。
いつもは月初めは前の月に観た映画のまとめを載せているんですが、8、9月はバッタバタで全然観てないのでお休みです。
代わりに、というか個人的なメモを書きとめておきます。

アカデミー賞受賞の【バードマン あるいはry】【ワイルドスピード7】これだけは新作で観ました。
【バードマン】は好みが分かれるようで、私は結構好きです。
エマニュエル・ルベツキ氏による長回し風カットが話題になりましたよね。
記事はこちら→ 《祝・2015オスカー。イニャリトゥ&ルベツキまとめ 》

で、この【バードマン】に負けじと凄まじい長回しっぷりを鑑賞できる作品が
コレ、【トゥモローワールド】でございます。

原題は「Children of Men」=人類の子供たち。邦題は地球滅亡系感、あるいはSF感ありすぎ・・・。
これね、ルベツキ氏作品を調べた際にチェックしていて、しかも監督が【ゼロ・グラビティ】のアルフォンソ・キュアロン氏だというんで観たかった作品でして。
んで以前TVの放映をちらっと観た時、マイケル・ケインがひげ&ロン毛で山奥の小屋で楽しそうに(葉っぱ吸ったり)してるシーンに遭遇して、ohこれは最初からきちんと観なきゃ、と思い後日観直した作品。
michaelcaine.jpg

ストーリーは、2027年という近未来、こどもができない。という極限状態でテロやら暴動やらが起きてる荒んだ世の中。
「人類最後の希望」であった18歳の少年が殺される。
ということは、18年間世界ではこどもが産まれなかったという設定。
 ※以下ネタバレもありますので、嫌な方は回避してくださいませ。

んで、主人公( クライヴ・オーウェン)はどこにでもいる普通の男なんだけど、奇跡的に18年ぶりに妊娠をした女性がいて、もちろん世の誰もが(どの組織も)彼女を欲しいから取り合いになるわけだ。
で、そんな彼女を、普通の男である主人公がなんとか守り抜く話。
(ちなみにお相手の女性には恋愛感情は湧きません。)

普通の展開なら、赤ちゃんが産まれるとこで終わりそうな脚本になりがちですが、赤ちゃんは一番大変なときに産まれちゃうんでいろいろ大変。
しかもその出産シーンもホンモノじゃねぇの?!と思わすような長回し撮影で衝撃。
(実際の出産なんかよりはポローンと短時間で産まれるんですが、映画作品としてこの出産シーンは個人的に衝撃。)

もう一つ衝撃といえばクライヴ・オーウェンの元奥さんがジュリアン・ムーアなんですが、こんな主役級の女優さんがスポーンと殺されます。
ジャケットにもいるのに実にあっけない。
死ぬといえば『テラフォーマーズ』(漫画です)の主役級キャラが死ぬのも度胆抜かれましたが、これもかなりびっくり。

そしていいじじい、マイケル・ケインも死にます。
死に方はかっこいいです。でも本当に辛い。

【バードマン】も観てる間、とても体力を消耗したのですが、【トゥモローワールド】はもう辛いこと続きで明日なんて、希望なんてほんとにあるのかな、って絶望的な気持ちで胸が苦しくなるので、ブルーな気分の人にはオススメできません。
終盤にある長回しの戦闘シーンなんて気失いそうになった・・・ルベツキさんゴイス~
主人公はシュワちゃんやジャッキーではないので、ただただ逃げるだけです。
だって普通の人間なんだもの。みつお
だから妙に親近感というか、この世界がリアルに感じてしまうのです。

本当につらいことばかりなんだけど、戦闘中、赤ちゃんを観た兵士たちが手をとめるシーンにはただただ胸が熱くなった。
赤ちゃんには希望が、未来を変える力があるんじゃないかと、3児の母(私ですyo)は思うわけです。


産まれたての赤ちゃんが××に放置されてたとか、ゴミ袋に入れられ、なんてニュースを最近観たのですが、産んだ母親をこの2027年へ送り込んでやりたいね、私にスーパーパワーがあれば・・・笑

えっと作品のwikiを見ると、アクションでありスリラーでありSFでありディストピアであり、となんでもこいらしいです。
カテゴリ困っちゃったよ。

音楽もなかなかかっこ良いです。
キングクリムゾンやらリバティーンズやら。

1. Hush- Deep Purple
2. Witness (1 Hope)- Roots Manuva
3. Tomorrow Never Knows- Junior Parker
4. Sleepy Shores- Michael Price
5. The Court Of The Crimson (King Edit)- King Crimson
6. Backward- Kode9 And The Spaceape
7. Wait- The Kills
8. There Is An Ocean- Donovan
9. Ruby Tuesday- Franco Battiato
10. Money Honey- Pressure Feat. Warrior Queen
11. Arbeit Macht Frei- The Libertines
12. Indian Stomp- Cyrus (Random Trio)
13. Bring On The Lucie (Freda Peeple)- John Lennon
14. Running The World- Jarvis Cocker


 クライヴ・オーウェンといえば

2(復讐の女神)には出てないのよね。

ジュリアン・ムーアの顔って特徴的。


これと間違えないでね、10月7日発売です。


これも間違えそうだけど、ゾンビだよ。

Category: 戦争・アクション・西部劇

Thread: 映画感想

Janre: 映画

Tag: 2006 
tb 0 : cm 0   

【マッドマックス 怒りのデス・ロード】砂!血!爆薬!!劇場で観るべし。 

お久しぶりです。試写に行ってきました。
s-IMG_3980.jpg
簡潔にいいますと、凄まじい映像を体験してきました。ここ数年で1番かも・・・!
ジョージ・ミラーは天才でやんす。
アクションの連続に、息つく暇もないという言葉はこのためにあったんじゃないかと思うほど!
ほんの10分くらい夜空を見上げるシーンがある以外は、ひたすら、砂、泥、汗、血飛沫、肉片飛び散りまくってます。
maaaadmax.jpg
R15指定ですが、そこまで過剰反応するほどの残酷シーンはないです。
よっぽどウォーキングデッドのほうが酷いです。
ちなみにエロもほぼないです。
ラブシーンといえば、ホッペニチュウくらいの、小学生並の恋愛・・・(しかもマックスではない)
あとはエロではないですが、肥えた女性に搾乳機をつけて母乳を絞っているというカオス設定と、自分の乳首をいじりながら普通に喋るきもいおっさんが出てくるくらい。
これが耐えられるなら、高校生のお子さんと観に行っても大丈夫かと。

ただ、直接的なシーンこそないものの、「女性が囚われて子供を無理やり産まされる設定」なので、後で「○○ってどうして××だったの~?」と聞いてきちゃうような、知識の乏しいお子さんだったら厳しいかもしれません。

試写会ですが、私、3Dは未体験だったもので、今回【MADMAX】で3Dデビゥさせていただけて光栄です。
え、例の吹き替えですか?タダで見させてもらっているので文句なんぞ・・・
文句なんぞ・・・

今回「怒りのデスロード」公開前に、今までのMADMAX3部作を予習いたしました。
(私が観たことがあり1だと思っていた作品は、どうやら2だったようです。)
今までの傾向から言って、きっとマックスのセリフは少ないだろう、と思っていたのですが、結構喋ってました 笑
特に2のときは、マックスじゃない人物が過去を語っている設定だったのに、今作は本人が出だしで喋りまくり!
あ、でも基本寡黙でぶっきらぼうキャラです。
【欲望のバージニア】のトム・ハーディを思い出しました。

ではまず軽くキャラ紹介します。
鉄マスクフェチの憧れ、トム・ハーディ。今回とんでもないアクションを披露していただけます。
201412212048430b4.jpg
【MADMAX】では珍走団の暴挙で息子と奥さんが死んでしまうマックス。
多くは語られませんが、今回も過去に何かトラウマがあるようです。
彼はとある人物の「輸血袋」として、ある集落で囚われの身となります。
関係ない話ですが、私トム・ハーディ大好きです。私事ですみません。

その集落で水や緑を独占する悪の首領が「イモータン・ジョー」
演じる役者さんは、79年の【MADMAX】で、敵対する暴走族のリーダー、トゥーカッターを演じたヒュー・キース・バーン。
s-madmaxx.jpg
第1作目の【MADMAX】の出演後はあまりパッとしてなかったようなので、神様ジョージ・ミラー様ですね。

イモータン・ジョーを神と崇め、彼の為にせっせと身を捧ぐのが「ウォーボーイズ:と呼ばれる男たちで、そんな中の1人「ニュークス」を演じるのはあの【アバウトアボーイ】で憎らし可愛かったニコラス・ホルト!
彼はゾンビだったりビーストだったり大変な役も多いですが、今回は白塗りハゲですよ。
beast.jpg
ここぞというときに口元に銀色のスプレーをかけて気合を入れる、謎のウォーボーイズ。
機械には詳しいが、基本オツムが弱くて憎めない奴なんですよ。
ちなみに肩のデキモノとお友達らしいです。虫は食べちゃいます。(←今回唯一笑った)
大人気ジェニファー・ローレンスと付き合ってるとか別れたとか・・・。

同じくイモータン・ジョーの手下である片腕ハイブリッドの「フュリオサ」はシャーリーズ・セロン。
坊主頭でも美しすぎる女性がかつていたか・・・
mad-max-fury-road.jpg
ジョーからも信頼されており、彼女しか運転できないトレーラーを任されている。
過去に連れ去られて来た他、何かあったみたいだけど多くは語られません。(母親は死んだらしい)

その他汗臭い血生臭い画面に咲く華として、イモータンジョーの「5人の妻」がいます。
s-5wifes.jpg
・右手前:スプレンディド(ロージー・ハンティントン=ホワイトリー)
【トランスフォーマー ダークサイドムーン】のヒロインでデビューしたモデルさん。175cm!
この方あのステイサムさんと付き合ってたんですよね。歳の差20歳、身長は同じくらい?

・左前:トースト(ゾーイ・クラヴィッツ)
【X-MEN ファースト・ジェネレーション】で、昆虫の羽を持つエンジェル・サルバドールを演じた彼女、名前の通りレニー・クラヴィッツ氏の娘さんです。

・右(赤髪):ケイパブル(ライリー・キーオ)
最近では【マジック・マイク】にも出てたこの方、おじいちゃんはエルヴィス・プレスリー!
ちなみに【マッドマックス】のスタントマンと結婚したそうです。

・真ん中後ろ:フラジール(コートニー・イートン)
劇場公開作品は、これがデビュー作の彼女は、あどけない顔だけど身長178cmの19歳。
オーストラリア出身で、日本人の好きそうな顔じゃないです?今後が楽しみ。

・左後ろ:ダグ(アビー・リー・カーショウ)
この方もオーストラリア出身、身長181cmのスーパーモデルさんです。
宮崎あおいに似てて可愛い!と騒がれたこともあるらしいのですが、私、写真によってはこの方とっても怖いです。
痩せすぎ?頬がこけちゃってますね。
wenn3502421_46_2449_7.jpg

この5人の妻がマックスにどうやって関わってくるのか・・・だってラブは皆無なわけですから。
さて、内容が気になった方は、若干のネタバレをしている続きをどうぞ。↓

↓ 




-- 続きを読む --

Category: 戦争・アクション・西部劇

Thread: 映画レビュー

Janre: 映画

Tag: R-15  2015 
tb 0 : cm 0   

【5デイズ】2008年に戦争があったらしい。日本は平和です。 

またまたこんなややこしいタイトル・・・【5デイズ】と【3デイズ】です。
しかも似たような時期に日本公開もされ、デイズつながりで色々と祭りにもなったようで。
今回は先に観た「5」の方書きます!

ジャケットがダサい!

【5デイズ】は戦争もの、原題が【5Days of War】で、俗に5日間戦争と呼ばれているもの。
なので邦題は仕方ないっちゃ仕方ない・・・か?
ちなみに実際の5日間戦争は2008年にあったのです。
はっきり言って(この映画を観るまで)その存在すら知らなかったわけで
北京オリンピックのおかげでこの戦争の存在が世間からもかき消される(そういった描写も作中にある)わけだけど、
私のように誰かの脳に存在を教えたという意味では、なかなかいい働きをした作品なんじゃないかな。

んでもって作品は超アメリカ的です。
主人公は何があっても死ななく(走る車から飛び降りても無傷!銃弾にももちろん当たらない)
助ける者もかっこよく、ラストもかっこよく。

これが「真実」とは言えないですが、戦争モノの中でもスッキリ見やすいと思います。
*グルジア軍が全面協力したとか!そりゃかっこよく撮るよね。

最初のほう流し観をしていたら、POVっぽい映像(自分らが銃撃されたのを撮っている)が見えて
一瞬「ファッ!?」って・・・なんか安っぽいB級ものなの?と脳裏をよぎっちゃって。
主人公御一行がマスコミ(リポーターとカメラマン)と知ってまぁ納得。
戦争の真実を世間に伝えようと必死です。世界はオリンピックで頭いっぱいなのに・・・。

割と淡々と話は進み(爆撃はドッカンドッカン有)お決まりの仲間の裏切りで主人公ピンチ!
そこへシュワちゃん並にかっこよく登場のグルジア兵!
裏切り者のせいでその家族(悪くないのに)あぼーん
主人公最大のピンチに救世主登場、と言う流れ。
小学校の学芸会並の流れやね!

こっからはネタバレします。


救世主は、ロシア側の少年兵なんですが、ロシアのお偉いさんに主人公が殺られそうになった際彼がお偉いさんを抹殺してくれるんですが、その動機が全く謎なんです。
例えば「好きになった子を戦争で亡くした・・・」とか
「友だちがグルジアにいて・・・」とか
「お偉いさんにいつもいびられてて腹が立ってた・・・」とか
殺しの動機になるようなエピソードが何もないのです。
だから正直 え? なんで彼が?という心境。

でもそういった人間味のある理由なしに、少年を(お偉いさんも平気で殺せる)
ただの「殺人マシン」にしたのだったら、戦争とはほんと怖いもんです。

エンディングはちょっと狙いすぎ感ww
(作中の恋愛についてはあえてつっこみません)


ブログランキング・にほんブログ村へ

Category: 戦争・アクション・西部劇

Thread: 映画感想

Janre: 映画

Tag: 2011 
tb 0 : cm 0   

【88ミニッツ】67歳が走る!モテる!殺される? 

不意に9時頃寝てしまい、夜中に目を覚ますとやってたので観ちゃいました。

この作品、あちこちで酷評されてるのでどんな酷い映画かと覚悟して鑑賞してましたが、
思ったほど悪くなかったように思いました。
尺が107分と短めなおかげでもあるかと。(そのうち88分はリアル進行)

ではアルパチーノ氏の肩を持つべくフォローしてきます!

まず世間酷評の理由①美人ばかりだし誰かわからん
→映画は娯楽ですので美人ばかりでいいじゃないですか、ブスばかりより目に嬉しいです。
確かに「この人誰だっけ?」「さっきと違う人?」な箇所もありましたが、
現実生活でもそんなことばかり(人の顔と名前覚えるの苦手です)の私にしたら許容範囲です。
少なくともアジア人よりは区別つく顔してるよ。

酷評②謎解きとして微妙
→犯罪捜査モノを見慣れてる人には、展開が退屈かもしれません。
犯人がわかった際も、へぇーそうなの、程度の驚き。
何故この人が犯罪をするに至ったか、もうちょっと掘り下げてほしかった感じはします。
まぁ「周囲に横柄な態度で偉そうな態度の」パチーノ氏が、疑われながらも時間と戦いながら
右往左往する様を見せたかったんだろう、と思うと許せます…。
要は推理を楽しむ映画ではないのね、アル・パチーノを楽しむ映画です。

私が気になった点は助手の女性が室内で下着みたいな格好になってた事ですかね。
仮にパチーノさんをモノにしたくて誘ってたとしても、あと何分かで殺されるって言ってるときに何やってんだよって…

それにしてもおじいちゃん、67歳の作品です。
モテモテぶりも、アクションシーンもそろそろ潮時かな、なんて思いましたがどうでしょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ちなみに23時頃朦朧と目を覚ましたらこっち
やってて、
そのあと「88ミニッツ」観たからデニーロどこいった?って軽くパニックになった。

Category: 戦争・アクション・西部劇

Thread: 映画感想

Janre: 映画

Tag: 2007 
tb 0 : cm 0   

【HELL】期待してなかった故にイメージアップしたヴァンダム作品 

深夜にうっかり観てしまった作品。
始まったと同時に寝ようかと迷い、携帯で作品をチャチャっと調べるとかなりの酷評・・・
考えてみると、「ヴァンダム」って言葉は良く耳にするが
ちゃんと作品みたことあった?彼の代表作品ってなんぞ?(【その男ヴァンダム】以外で笑)
なんて思ってるうちに、ちゃっかり最後まで観ちゃったという作品。

ちなみに監督のリンゴ・ラム氏は香港のお方でジャッキーの【ツイン・ドラゴン】の人で
ヴァンダムとのコンビは3度に渡る。いや知らないだけでもっとかも。

ストーリーはロシアで働くヴァンダム。
ある日妻が強姦に襲われ殺される。
犯人は捕まるも、汚い力によって無罪。
怒ったヴァンダムは犯人を射殺、ロシア最強(無法地帯)の監獄へ。

そこからの流れは
ロシア囚人や看守にちょっと反抗

目をつけられてフルボッコ

独房でやさぐれる

なんとか強い男になってやると一念発起

刑務所で最強の男に

やっぱやーめた と無抵抗に

なんだかヴァンダムは神秘的(神扱い)

周りの囚人が力を合わせて突如囚人一揆

ヴァンダム看守たちの悪事メモを手に、どさくさまぎれに脱獄

なんだかこの一連の流れが、実にスカっとする。
97分しかないのも救いかもしれないけど、弱小→最強→開眼 までがスピーディ。
囚人同士でのタイマンシーン(お偉いさんが賭けてる)は、死んだら負けの殴り合い。
女の子同士でワイワイ観る作品ではないけど、男同士で熱くなれます。

登場人物設定も絶妙で、ヴァンダムは強いだけじゃない(最初は弱い)し
ナヨっとしたアメリカンボーイも、実に勇敢に立ち向かうし
危険と言われた「囚人番号451」さんも、ただの優しい人だったり。
B級作品ならではの人物設定。

最後はもちろんハッピーエンドです。いいんです、スッキリ終われば。
世間の評価は30点くらいのアカン作品とされてますが、私は60点あげますよ!
WE LOVE ヴァン・ダム!


ブログランキング・にほんブログ村へ

Category: 戦争・アクション・西部劇

Thread: 映画レビュー

Janre: 映画

Tag: ♦B級  2003 
tb 0 : cm 0