05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

シネマ★コロポックル

サブカル女子÷おっさん=映画好きへっぽこ主婦

 

最新記事

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

【アフター・ウェディング】娘の結婚式に嫁の元彼を呼んでみるよ。 

先日に引き続き、外国語映画賞ノミネートが続きます。

まずは俳優さんのお話。
海外ドラマ好きな方ならご存知でしょうか、マッツ・ミケルセン氏。
現在進行中の「ハンニバル」のレクター博士を演じられている方です。

この人、ほんとに驚くほど化けるんですよ!!
私、この方の作品何か観てたかな~とググったら、【タイタンの戦い】のドラコさん!!
あの漢気溢れるドラコさんだったとは・・・
私的には、髭面ワイルドなこっちのほうが好きです。
draco.jpg

今回観たのは、ちょっとお金に余裕のないやさぐれオジサンの役でしたので、ワイルドさはありません・・・。
マッツ・ミケルセン氏はデンマークの方なので、デンマーク映画には多く出演されています。
【アフターウエディング】2006年のデンマーク映画です。

2006年度(第79回)のアカデミー外国語映画賞ノミネートで、この年の受賞は【善き人のためのソナタ】でした。

まずダメ出しから!
タイトルと、ジャケットで、安っぽいラブストーリーを彷彿とさせる。
これ、私内容知らなかったら手に取らないな。もったいない。

そして、前半はものすごくグイグイ惹きこまれて目が離せないんだけど、後半ちょっと失速するのだな。
とある「謎」というかわだかまりが解けてからが、しょうがないんだけど面白みに欠けるのだ。
それが「受賞」までにはいたらなかった理由じゃないですかね・・・(←エラそう)

インドで恵まれない子ども達の支援活動をしているヤコブ(マッツ・ミケルセン)
とある男から子ども達への寄付金の話を持ちかけられるんだけど、その相手は・・・というのが最初の謎ね。
まぁこれはかなり早い段階でスッキリするんですが、すごく優待されるんです。
いいホテルに連れてかれ、昨日今日会った相手に「娘の結婚式に来てくれ」なんて言われるんで何事かと。

途中までとんとん拍子だったのに、突如襲うビッグな不幸の2連発がきつい。
(ヤコブではなく、関わっていた周りに人物に不幸が起きる)
でも、主人公にしてみたらシメシメ、な話でもあるので、素直にかわいそうだな~とも観れず、複雑な気持ちでした。
そして、主人公の流されがちで優柔不断で、人任せな感じもなんだか地に足つかずモヤモヤ。

親にしてみたら、お腹は痛めなくとも、育てたら我が子、と思うんじゃないかと。
でも娘(息子)にしたら、「本当の親に会いたい」という気持ちは、どんなに良い暮らしをしても消えないものなのかな。
【プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命】を観てもそう思いました。
【私の男】でもそうだったように、何年も会っていない時間があっても、親子の絆は感じ取れるものなのかな・・・
私は超普通の家庭で育ってますので、ちょっとわからない気持ちではあります。

作品の良い点は、ジャケットにもなっている、結婚式をあげた娘さん役の女優さんが可愛くて、それだけで良い!
アップで観ると顔に産毛とか生えててナチュラルなんだけど、それもまたいい。
そしてそのお母さんも若くきれいで、最初どういう目線で見たらいいのかわからなかった 笑
まだ小学生くらいの息子もいるので、若くして娘さんを産んだのですね、わかります。

監督は、スザンネ・ビアという女性!
【未来を生きる君たちへ】という作品で、2010年のアカデミー外国語賞受賞されてます。
わたしはこっちのほうが好きだったかな。
  感想→【未来を生きる君たちへ】我が子はこうなりませんように・・・


今回調べてみて私が学んだことはですね、マッツ・ミケルセンが、衝撃映画の【フレッシュ・デリ】に出ていたことですね。

2003年の、同じくデンマーク映画です。
前に観たんですがね、これ、腹立って人肉をこっそりマリネにして出しちゃうお店の話。
ブラックコメディだけど大真面目な話なのね。
で、このジャケがマッツ・ミケルセンだよなぁ。化けるなぁ・・・。
スポンサーサイト

Category: ☆ヨーロッパ

Thread: 洋画

Janre: 映画

Tag: 2010    ♠アカデミー外国語賞  デンマーク 
tb 0 : cm 0   

【アデル、ブルーは熱い色】レズビアンの青春はR-18 

私、R-15作品は結構観てるんですが、R-18となると断然観た数少ないんですよね。
今回のは性描写が凄かろうと絶対観てやろうと思っていた作品です。

【アデル、ブルーは熱い色】です。

変わったタイトルですよね。

フランスのコミック『ブルーは熱い色』が原作です。
そして、コミック原作作品がカンヌのパルムドールをいただいちゃったという。
日本でコミック作品がアカデミー賞をとる・・・のは想像がつかないですよね。

原作者のジュリー・マロは1985年生まれなので、25歳のときにこの作品を書いたのか。
原作未読なのでエラそうな事は書けませんが、映画が原作に忠実だとしたら、若さがなければ書けないよなぁという印象。
もうね、誰もが通ったであろう「若い頃アルアル」が満載なんですよ。
ただ、あれこれ問題が起きるのが女と女なわけです。

高校でイケメンと付き合うも、あ、なんか違うかも。と気づいたアデル。
(女優さんの名前アデル・エグザルホプロスから取ったのかな?偶然?)
あんたゲイでしょ!ゲイじゃないし!ゲイバー行ってないし!というイザコザありつつ、アデルはエマという人物に惹かれていく。。。女性に。
adel1.jpg
左がアデル、右がエマ(レア・セドゥ)
学校行って、恋をして、付き合って、就職して、喧嘩して、別れてというアデルの青春を3時間見続けるわけです。
正直、長いです。
そしてレズビアンで性描写もすごいです。
まして、アメコミやアクションやSFが好きな男子は全く受け付けない作品なんじゃ・・・。
s-bell6.jpg
これをスピルバーグがパルムドールに?
大人の考えてることは私にはわかりません(私もオバサンですが 笑)

パルムドールといえば、見た数こそ少ないですが、【麦の穂を揺らす風】は好きな作品です。
でも、他のは・・・「いやー面白かった!」というのはあまりないんだよな・・・【パリ20区、僕たちのクラス】くらいかなぁ・・・

アカデミー賞と違って、カンヌのほうは全国区で上映されてなかったり、華やかではない、有名ではない作品が多い気がします。
この作品も万人にはオススメできないなぁ・・・・・・・・・

作中でBGMは少ないんだけど、ダンスのシーンは効果的に何度も登場するんだよね。
日本てクラブと習い事と盆踊りくらいじゃないですか、踊るという文化は。
飲み屋さんで本気で踊ったり、家のパーティで皆で踊ったりという描写も面白かったです。
レインボーパレードもね。

adel.jpg
それと、気になったのが「食べる」描写。
まず、アデルの食べ方がくちゃくちゃ汚い・・・。
エマの家に行くと、特別に仕入れたという牡蠣料理。
娘がレズビアンといいうことも認知している様子。

アデルの家は、いつも夕食に出てくるボロネーゼ。
相変わらず食べ方汚いアデル。
そしてエマ家と対照的な、腫物に触れるかのような両親の対応。
ちょっと観てて胸が苦しかった・・・。

性欲を満たして食欲を抑えるダイエットが噂になるくらいですから、「食欲」と「性欲」は結びつきがある・・・んですよね?

アデルは食べ方汚いし、アホ面で寝るし、髪はいつもボサボサなんですよ。
でも男性にはナチュラルに見えるのか、なぜかモテるんです。

いましたよ、私の同級生でも。授業中早弁して、イビキかいて寝てるのになぜかモテる女子が!
(顔は美人でしたが!羨ましい限り!)

アデルも可愛いです。口が半開きで。
レア・セドゥはモデルさんなので女性に人気ありそうですが、アデルは男性受けがよさそう。
 →レア・セドゥ【美女と野獣】の感想もどうぞ。それにしても役でコロコロ表情の変わる女優さんだな。

最後にネタバレみたいになっちゃいますが、結局2人は別れちゃうのですが、エマが
「あなたをずっと思い続ける」みたいなことをアデルに言うわけですよ。
でも付き合えないよ~って。ず、ずるい!
それって「あんたのこと嫌いになった」って言われるよりもずっと苦しいよね。
想われてるのに一緒にはいられない・・こんな辛いことがありますか!

2人が女同士ということを忘れたら、3時間の青春恋愛映画だ。

ここまで読んでくれた人で、私のこの駄文で果たして観たい!と思った人いるんだろうか・・・
否定的な記事になってしまったけども、面白くないわけじゃない。
ただ、こういうところが面白いという具体的なアレコレは私の脳みそからは出てきません。
でも強く感情移入して、想い出して、どっぷり疲れたのだ。
私にも青春があったのだなぁと。

Category: ・フランス

Thread: 映画感想

Janre: 映画

Tag: 2013    R-18  LGBT  ♠パルムドール  ♦コミック原作 
tb 0 : cm 0   

【美女と野獣】いいおっぱいとアラフィフ王子を楽しむ特撮ムービー(若干ネタバレ) 

ちょいと用事まで時間があったので観てきました
【美女と野獣】(仏:La Belle et la Bête)実にいいおっぱいでした。
(あのコルセット式ドレスの胸元がすごいのなんの。)
bell4.jpg

ヒロインのベルは仏女優のレア・セドゥ(28)、野獣にヴァンサン・カッセル(47)。
ヴァンサン・カッセルは2001年のとクリフトフ・ガンズ監督作品【ジェヴォーダンの獣】にも出演してます。

恥ずかしながら私、ジャン・コクトー版もディズニー版も、「美女と野獣」という作品を観たことがなかったのです。
なんとなくこんな感じ、というほぼ想像のみで挑みました。

★あらすじ(これは公式HPにもあります)
破産して田舎に引っ越すことになった商人とその子ども達。
兄3人(うちクズが2人にイケメン1人)アホ姉2人、そして美しい末娘ベル。
ある日猛吹雪の日に迷い込んだ屋敷で、商人は御馳走を振る舞われる。
命拾いした商人は、帰り際にベルが欲しいと言っていたバラを一輪持って帰ろうとするのだが、そのバラは、野獣が何よりも大切にしているもので、彼の怒りをかってしまった。
s-bell2.jpg
(↑野獣はなんか着ぐるみみたい。CGなのかな・・・)

そして一度家に帰り、家族に事情を話す商人。
明日には野獣の屋敷に戻らなければ・・・その話を聞いた優しいベルは、自分が身代わりとなって野獣の屋敷へ・・・

***

本題です。
まず非常にCGがきれいでした。それに加え、いらなくね?と思うような取って付けたようなしょぼいCGもチラホラ。
中高生向けに作ってるのか、大人向けにしてるのかで評価が違うように思います。
若い子向けにしてるなら、ヴァンサンカッセルじゃあおっさんすぎて、感情移入できないんじゃないか。
父親くらいの歳の、大人の男性の魅力がわからんのじゃないか。

大人向けに作ってるならちょっと物足りないですね。
ラブシーンらしきものは中盤で1回とラストでキッスしてるだけですからね。
キラキラ光るようなCGもいらん気がします。

個人的にはレア・セドゥがすごく可愛らしかった。
整った、誰が見ても美女!という感じじゃなくて、お花が似合うナチュラル素朴美人という感じ。
日本の方だと、吉高さんとかそんな感じかな。
世間でのベルのイメージは十代と思いますが、この方28歳、とても若く見えます。
s-bell3.jpg
↑この人形、野獣さんからのプレゼント。も~野獣さんったらロマンチックなんだから♡
そしてベルさん実にいいおっぱいです。

レア・セドゥは、2013年のカンヌにてパルムドールを受賞した
【アデル、ブルーは熱い色】にて、ヒロインの1人を演じています。

青く髪を染めて挑んだこの役、なんとレズビアンの芸術家という役どころ。
s-bell6.jpg
oh・・・なんだか絡まり合って大変なことになっていますね。
(私はこの作品は未見です、観たいです)
アデル~では中性的でボーイッシュな魅力ですが、本作では野獣を翻弄する妖艶さ・・・
いや、妖艶とまではいかないんだけども、大人と子供の狭間、「大人の階段のーぼる」感が野獣心をくすぐった模様。
野獣に向かって「あんたなんか何さ フンッ」という強気な態度もまたメロメロメローウ。

※余談ですが、ヴァンサンカッセルは最近セクシークイーンのモニカ・ベルッチと離婚したそうで。
もしかして、もしかしてないよね?父娘ほどの歳の差よ・・・?
s-bellz.jpg


お話は途中まではのめり込んだんですが、だんだん白けてしまって・・・
続きはネタバレ有りです。
-- 続きを読む --

Category: ・フランス

Thread: 洋画

Janre: 映画

Tag: 2014 
tb 0 : cm 0   

【命の相続人】命を削って命を与える(ただし他人に限る) 

Gyao!でちょいとレビューが良かったので(息子が学校で使う雑巾縫いながら笑)観てみました。
【命の相続人】(原題:EL MAL AJENO)

主演はスペインの濃い顔イケメン「エドゥアルド・ノリエガ」氏、お医者さん。
(シュワちゃんの新作【ラスト・スタンド】にも出演する模様)

「患者に最善は尽くしても、深入りしない」がモットーの医者ディエゴ。
ある日、重病患者の恋人と揉め、撃たれる・・・が、生きていた。
その日を境に不思議なことが。

「不思議なこと」というのは怪我や病気を治す力なので、一見ファンタジーっぽいですが
その他の要素は辛いこと悲しいこと満載で、正直ファンタジーっキャハハ☆どころじゃないです。

うまい具合に伏線がひかれ、107分と短い中にホロホロと謎が解けていくので
静かで淡々とではありますが飽きずに観れました。
まぁ、わかりやすいストーリーです。
ヘンテコなカテゴリ分けされてる事もあるみたいですが、サスペンスという感じではないな。
(amazonのスーパーナチュラルスリラーってなんだ?)


ネタバレしてしまうと、治癒能力は「自分の愛する者の命」と引き換えなんですよ。
んで自分の力は愛する者には使えない。
その意地悪ルールのせいで、誰を犠牲にするか苦悩したり心揺さぶられるわけです。
日本人が好みそうな、よくありそうなストーリーですがね。
(中身からっぽwの)邦画にはない、スペイン映画のじっとりとした良さがあります。

個人的な意見では、娘があまりにも我儘・奔放すぎてどうにかならんかと。
(ちなみに顔は道重さゆみさんにパエリア食べさせ続けた感じ)
17歳でヘソより下にピアスですよ。化膿した~って病院来たら「性病」と判明。
ポカーンとしてたらディエゴの後輩医師と付き合ってた!
(ちなみに後輩医師がうつされた方というので怒るに怒れず・・・)
後輩医師は「彼女ももう大人だし」・・・おーい17歳ですよ!?
「彼と結婚するんだからっ」とお花畑の娘・・・お父さんカワイソス。

そんな娘が瀕死に。
ディエゴが誰かを治療するたび、娘の命は擦り減っていく。
お父さんの出した結論は・・・


関係ないけど、ノリエガって、スペイン系の名前なんだね!
ガンダムに出てて気になってた。
*ちなみに「スメラギ・李・ノリエガ」で画像ググると魔改造されたフィギュアが大漁。



ブログランキング・にほんブログ村へ

Category: ・スペイン

Thread: ★おすすめ映画★

Janre: 映画

Tag: 2008 
tb 1 : cm 0   

【ボルベール〈帰郷〉】頑張っている全ての女性に観てほしい。 

これほどまで男性には理解できないであろう作品があったか・・・
(女友だちとキャッキャするような低俗作品を除いてネ)

なんと監督は男!(まぁゲイなんですが・・)よくまぁ女心をおわかりでらっしゃる。

タイトルの「VOLVER」はタンゴの曲名で、作中にもペネロペ自身が熱唱するシーンがあります。
故郷のこと、母もしくは娘のことを思う人は胸を打たれるシーンに思う。
なので「娘が成人して家を出た母」「母親として四苦八苦している人」
「一人暮らしで頑張ってる女性」「母娘でいざこざがあった人」・・・なんかに観てほしい。
きっとそれぞれの人にグッとくるシーンがあると思います。

舞台は監督の故郷で、アルモドバル監督お得意の色彩豊かな映像と
スペインの風景やファッション、雑貨達と相まってとても綺麗です。

ペネロペは美しいながらも中学生くらいの娘を持つ肝っ玉母さんという感じ。
この「肝っ玉」=「強い女性」がとても重要。
ペネロペ以外の女性たちも皆魅力的です。

旦那は「仕事今日で首になった~」といいながらビール片手にTV鑑賞。
あ~それは怒られますよ・・・


ストーリーはサスペンス風なおったまげる出来事から始まります。
けれど、こういう時母親って妙に冷静にテキパキ行動したりするのよね・・・
(私が小6の時、祖父が脳卒中で倒れた際の祖母の対応は妙にテキパキしていたのを思い出した)
そして、普通ならその出来事で2時間ドラマが1本撮れそうな出来事のはずが
日常の出来事のように日々の浪間に埋もれて見えなくなっていく・・・

他人の日常なんて観ててもつまらなそうですが、そういうわけでもなく
映画なので多少のドラマ性はありますが、妙に納得するというか。

あれだけ大嫌いで疎遠になっていた母親とも、数年ぶりに顔を合わすと
毎日一緒にいたかのように仲良くできたり・・・
男性には理解しがたいかもしれません。

美しいペネロペですが恋愛の匂いは今回は皆無です。
ある若い男性が作中に登場するので、もしや・・・?とも思ったのですが
さすが肝っ玉母ちゃん、仕事をこなし娘を愛し、恋愛なんぞに目もくれず。

Amazonで見るとサスペンス・ミステリーに分類されていてびっくりしたのですが
ある女性の生き方のドラマとして、観てほしいと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ

Category: ・スペイン

Thread: ★おすすめ映画★

Janre: 映画

Tag: 2006    (監督)ペドロ・アルモドバル 
tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。