12 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

シネマ★コロポックル

サブカル女子÷おっさん=映画好きへっぽこ主婦

 

最新記事

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

『パレード』 

いやーバタバタしていて読書できずにいました。

さて今回は初吉田修一氏です。
imagesCABQSHEK.jpg

川上弘美さんが解説を載せていますが
彼女の作品にも「パレード」ってあるんですね。
上の画像選ぶときに知りました。

2月?に映画になるそうで、今日いいともに行定勲監督が確か出たはず。
昨日だったかな?見なかったので定かではありませんが。

実は何ヶ月か前から読みたかったんですが

映画化するからか、なかなか売ってなくて

みつけても映画バージョンの表紙・・・がなんかイヤで
この古い表紙のそずっと探してました。

パレード (幻冬舎文庫)パレード (幻冬舎文庫)
(2004/04)
吉田 修一

商品詳細を見る


読みたいと思ったのも、昔好きだった人がこれの話をしてたのを

小耳にはさんだという、不純な動機・・・(●´ω`●)ゞ笑

そして映画が世に出回る前に、読まなければ!と。

内容は、同じアパートの部屋に暮らす、5人の若者の話。

淡々と、日常の出来事が綴られていきます。

最初のほうは平坦で、特に魅力的ではないのですが

終盤惹きこまれて一気に読みきりました。


ちなみに余談ですが映画のキャスティングがわかっていたので

なんとなく顔を思い浮かべながら読んでいましたが、

私がこの人だろうと思う果里奈と、貫地谷さんの役が、全く逆でした!

貫地谷さんのほうが大酒飲み(確か沖縄でしたっけ?)で

果里奈がモテる美人、というイメージでした・・・


あ、ところどころに出てきた死んだ旧友やオカマ、先輩の話とか

どこいっちゃたんでしょうか。


女たちは二度遊ぶ (角川文庫)女たちは二度遊ぶ (角川文庫)
(2009/02/25)
吉田 修一

商品詳細を見る

ブックオフオンライン
スポンサーサイト

Category: *映画化

Thread: 読んだ本。

Janre: 本・雑誌

tb 0 : cm 0   

『限りなく透明に近いブルー』 

本日の本は、「クリ○リスにバターを」です。
「ティファニーで朝食を」とは訳が違いますよ。

衝撃的なタイトルですみません。訂正される前はそうだったようなので・・・。
改めまして「限りなく透明に近いブルー」です。


限りなく透明に近いブルー (講談社文庫限りなく透明に近いブルー (講談社文庫
(1978/12/19)
村上 龍

商品詳細を見る

高校生の頃、学校帰りに寄っていた古本屋。

別に文学少女でもなかった私ですが、有名な村上氏に興味はありました。

古本屋では、常に(アイウエオ順で)春樹さんと龍さんが横に並べられていたんですねぇ。


村上春樹氏の本は、どれもあまり本を読まない私には難しく

いつか大人になったらわかる日が来る・・・と諦めました 汗

龍氏の「限りなく~」このタイトルは知ってたものの、

裏表紙のあらすじ書きを読んで、「これを読んだら破滅しそう・・・」と

まだ感受性の高かった高校生の私は、妥当?な「ラブ&ポップ」に手を出しました。

ラブ&ポップ―トパーズ〈2〉 (幻冬舎文庫)ラブ&ポップ―トパーズ〈2〉 (幻冬舎文庫)
(1997/12)
村上 龍

商品詳細を見る


いやぁ、おかげで援助交際に手を出さずにすんだよ 笑

まず20歳で書き始め、23歳で文学賞に応募。

実体験なのかな、だったらラリった頭でこの文を書くなら天才だろ。

逆にやってないのに書けるなら、すごい想像力。

どちらにしてもすごすぎる。

あまり本を読んでる方ではありませんが、
「若くして売れた方」の話題になった作品を何点か読んでみて思った共通点。
そういった方々は確かに文才はあると思いますが、なんかわざとらしいというか
子供が無理して大人の真似して難しい言い回ししたみたいな、
読み手が素直に受け取れない表現もあったり。
何度も同じ比喩の仕方を使ったりとか(踵を返すが10回くらい出てきたり 笑)。

でも、自分が読む限りこの作品に、わざとらしさも、嫌味もない。

酒・暴力・ドラッグ・セックスの無茶苦茶な世界感に、ひきずりこまれた。

自分とはかけ離れた世界なのに、スラスラと心地よく読み進めた。

(途中、ドロドロした場面もありますが・・・ 汗)

セックスなんて甘っちょろいもんじゃない。

まさに「ヤる」。

凄まじい時代だったんだな。

主人公リュウは、暴力や、人を傷つけることはしない。

人当たり良く、優しい。

誰より冷静に、客観的に周り(現実)を見ている。

愛とか、嬉しい、悲しい、そういう表現がまったくない。

友達?の声は音と同じように耳に入るだけ。

腐ったものの臭いを嗅いでも、「気持ち悪い」という感情はなく、吐き気が表れるだけ。

その無関心さが誰より暴力的で、やさしさが冷たさでもある。

限りなく透明に近いブルー」は、腕に刺したガラスの破片の色。

薬に溺れてしまった彼は、血を流すことでしか、生きてる証拠を見出せなかったのかも。


***余談***

関係ない話ですが、なんか、高校のときに好きだった人を思い出してしまいました。

いや、別に彼がヤク中だったわけじゃありませんよ~

優しくて、皆に好かれていて、でも孤独で、どこか醒めてました。

彼がこの時代に生きてたら・・・こんなんだったんでしょうか。

今、元気にしてるでしょうか。

また、村上氏の作品読みたくなりました~

私には、合ってると思います
・・・虫を口に入れる描写はナシでお願いします!

Category: *映画化

Thread: 読んだ本。

Janre: 本・雑誌

tb 0 : cm 0   

『捨て犬たちの小さなおはなし』 

私は動物が大好きです。

でも今はペットが飼える環境ではありません。

飼ってたこともあります。

でも、ペットがいると泊まりの旅行にいけなかったり、お金もかかるし

何より別れが寂しい。


なので、いつかは飼いたいですが、まだ先になりそうです。


現在は犬猫の里親探しや、去勢手術等をボランティアでしてる方々の

資金を寄付したりしています。

まぁ、普通の子供のいる家庭ですから、大した足しにもならないでしょうが・・・。


金額で協力があまりできないので、

ならば、少しでも周りに思っていることを伝えなければ。

そこで、息子に本を

ワンワンワン―捨て犬たちの小さなおはなしワンワンワン―捨て犬たちの小さなおはなし
(2002/01/01)
さかざき ちはる

商品詳細を見る

簡単な絵と文で、子供に読んであげやすい。

理解できるのはまだ先とは思いますが・・・

ただし犬が殺傷処分される場面はありません。

どの犬も、アタタカイ飼い主さんにもらわれます。

息子には、それでいいかもしれませんが、

犬猫を捨てる、、無神経な人たちには

本当のこと(苦しんで殺されていくこと)をどうにか知ってもらわないと。

あなたが振った恋人が

狭い部屋に閉じ込められ

毒ガスで苦しみながら死んでいく・・・

1匹でも多く犬猫が助かりますように。

これを読んだ通りすがりの人、お願いします。

ペットはペットショップではなく

保健所(センター)でもらってきてください。

仔犬ではありませんが、しつけのちゃんとされた

血統書付の子がたくさん待っています。

確かに、仔犬はかわいい。

でもそれは一瞬だけ。

かわいいから、という理由で犬猫を飼う・・・成長したらかわいくないから捨てる。

当たり前ですが、そんな人にペットを飼う資格はありません、です。

仔犬は性格形成がされていません。

元気な子!と思って飼っても、成長して大人しくなったり

大人しいと思ってた子が吠えるようになったりします。

少し成長した子のほうが、性格が変わらず飼いやすいですよ!

もらわれなかった子が迎えるのは、苦しみの末の死です。

Category: *その他の本

Thread: 考えさせられる本

Janre: 本・雑誌

tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。