03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

シネマ★コロポックル

サブカル女子÷おっさん=映画好きへっぽこ主婦

 

最新記事

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

『ヘヴン』 

2010年本屋大賞6位です。


実はずっと読みたくて結構前に買っていたのですが

モタモタしてるうちに本屋大賞&芥川賞ノミネートで話題になっていたので
なんかブームに流されたみたい・・・と思い読むのが遅くなってしまいました。



主人公は中学生の男の子。

外見にハンデがあります。

毎日ひどいいじめを受けます。

チョークを食べさせられたり、
破いたボールを頭にかぶされ思い切り蹴飛ばされたり・・・



私は田舎の学校でしたので、酷いいじめみたいのはありませんでした。
女の子同士の派閥争いとか不良グループの暴走みたいのはありましたが

誰かをいじめるといっても変なあだ名をつけられるとか・・・
(竹の子ご飯という女の子がいましたΣ(゚д゚;))


今は実際こんないじめがあるんでしょうか。
いや、あるから自殺する子がいるんですよね。

この本でも自殺について悩む主人公がいます。


途中のいじめのシーンや、いじめグループの一人と話すところは
救いようがなく、苦しい気持ちになりますが
ラストは悲しい終わり方ではありません。

それに、この主人公には1人だけ友達がいて、支えになっています。
(その友達との関わり方も考えさせられる点なのですが)


中学生目線で書かれていますので、難しい漢字や表現もなく、スラスラと(私は2日で)読みました。

何箇所か自慰行為について書かれているので
親が中学生の娘に読ませようと思うのは厳しいかもしれません。
でも中高生が、いじめについて考えるののに読む分には、読みやすいレベルです。


普段から本を沢山読まれてる方には、物足りなさや不憫を感じるかもしれません。
確かにいじめの表現はずごいのですが、周りの話の進み方というか包み方がイマイチな感じでした。
同じ内容の会話が何度も繰り返されたり(わざとでしょうが)ちょっと飽き飽きしました・・・

若い頃は全然本を読まなかった とある本でおっしゃっていました。
そういう甘さがあちこちに出てるかもしれませんね。


川上さんは、若い頃歌うたいだったそうです。
これで、芥川賞もらってます。
乳と卵 (文春文庫)乳と卵 (文春文庫)
(2010/09/03)
川上 未映子

商品詳細を見る


ポチっとしていただけたら幸いです。

スポンサーサイト

Category: *小説

Thread: 読んだ本の紹介

Janre: 本・雑誌

tb 1 : cm 1   

『Sugar and Spice 』 

友人から借りたもの。
映画「蛇とピアス」、小栗旬くんの舞台の蜷川監督の娘さんです。
詳しくないので詳細はわかりません 汗)

中学生の頃雑誌「cutie」を読んでたんですが
その頃のモデルさん、読者モデルさん、流行ってたミュージシャン満載で
さすが2000年の作品です。

写真どうこうより、ファッションと人に懐かしさを感じてしまいました。


千秋、中谷美紀、高橋マリ子、市川実日子・・・今でも活躍してますね!
今でも現役モデルさん、ママになってるモデルさん、誰これ?な人・・・(ノ゚ο゚)ノ
自分的には あんじ と 清川あさみさん が懐かしかった!

あんじは憧れて、切り抜きをスクラップしてました。

清川さんは、最近TVで2度ほど拝見!
絵に刺繍をするアーティストになっていました。
銀河鉄道の夜銀河鉄道の夜
(2009/11/26)
宮沢 賢治、清川 あさみ 他

商品詳細を見る


アートは無知ですが、TVでこの本が紹介されてて、とても素敵でした~。
でも本より、作品をまじかに見たいです。


蜷川実花さんは女の子専門なのかもしれませんが
自分的にはHPとかで見る金魚の写真がすきです。

Category: *ARTの本

Thread: 写真集

Janre: 本・雑誌

tb 0 : cm 0   

『アヒルと鴨のコインロッカー』 

eitaj.jpg

瑛太氏が出てる「アヒルと鴨のコインロッカー」
近くのTSUTAYAには2本しかおいていなく、しかもいつもレンタル中。

3週連続でため息ついたので、いいかげん原作を買いました。


アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)
(2006/12/21)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


伊坂氏作品は、「グラスホッパー」以来2冊目なのですが

1冊目の方が衝撃受けたかも。


強盗、ペット殺し、HIVなど重苦しい題材でしたが

温かさもある不思議な作品。

ちょっと変わった若者達が、精一杯命を生きてた。

普通の学生が、むしろ違和感があったり・・・。

@登場人物@

椎名-普通の大学生

河崎-男前で、椎名のアパートに住んでる。変わった人。

ドルジ-ブータン人。

琴美-ドルジの恋人で、昔河崎と付き合っていた。

麗子さん-琴美の勤め先の店長

ドルジと琴美が主の「2年前」と

椎名と河崎が主の「現在」が交互に進んでいき

「現在」の謎のような違和感が、「2年前」を読んでくことで明らかになります。

様々な方の感想で、終盤衝撃的などんでん返しだった!という方もいるのですが

私的にはそれほどの衝撃という感じではなく、
「そうだったのね^^」と温かい気持ちになりました。

むしろ、え?どうなったの?ってところが所々に。

例えばラストで語られる、河崎と仲良かった病気で死んじゃった女の子の存在。

仲が良く、影響うけたはずなのに、話には全然でてこない。とか

ペット殺しの犯人が、最後どうなったかわからない。とか

所要人物以外の詰が甘い感じがちらほら。

ペット殺しとは言っても、直接的な描写はなく、

「○○してやりたい」とか「○○したそうだ」みたいな表現なので

グロイのが苦手な人でも読めると思います。

(グラスホッパーのほうがグロかったので。)

黒柴よかったな!

ちなみにこの作品に出てくるボブ・ディラン。

音楽×本は切っても切り離せませんね。

ロックな人が読書好きなんてかっこいい。

それが若い男の子に伊坂さんが支持されてる理由でもあるのかな~。

アヒルと鴨のコインロッカー [DVD]アヒルと鴨のコインロッカー [DVD]
(2008/01/25)
濱田岳、瑛太 他

商品詳細を見る

Category: *映画化

Thread: 読んだ本。

Janre: 本・雑誌

tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。