10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

シネマ★コロポックル

サブカル女子÷おっさん=映画好きへっぽこ主婦

 

最新記事

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

『おしまいの日』 

どこかで目にして、いつかん読んでみたいと思った本が書いてあるメモ。

1つ図書館で借りたものを読み終えました。


おしまいの日 (新潮文庫)
(画像がないの、なんででしょう)

仕事に多忙の旦那を持つ主婦「みつこ」が主人公です。

旦那の帰りが遅い日でも、ご飯の支度をして待ち続ける。

もちろん自分は食べない。

出掛けていても、「夕食の準備をしなきゃ」と慌てて帰る。

来客があっても、旦那が起きたらお客はほったらかし。


読み終えたときは、「旦那に依存気味の妻が旦那に呆れられ喧嘩、家を出る」って話だと思った。
だから正直なんでアマゾンとかでそんなに評価されてんの?と思った。


でもね、時間を置いてゆっくり思い出したら怖いことがあった。


内容は、みつこの目線、心配する友人の目線、みつこの日記で主に構成されてるんだけど

だんだんと精神が崩壊していくもんだから

日記の内容が本気なのか夢(想像)の話なのか

夢 と説明されてることが、現実に起きたことなのか、ごっちゃになってくる。


例えば、可愛がってた猫がねずみをとってきて、パニックになった夢があるんだけど

現実で、猫が行方不明なる。

だからみつこは「猫自体最初から幻想だった?」って思うんだけど

本当はみつこが殺して埋めたんじゃないかっていうニュアンスがちらほら。


それと

みつこが失踪したとき、ある喫茶店に友人宛に手紙を残してて

そこには

「【おかしな】あたしは、自分が妊娠してるって思うけど

 【まともな】あたしにとってお腹にいるのは ”白い虫” です」って書いちゃってる。


ストレスを通り越して、精神が分裂してしまってるのか。

多重人格?なんて憶測もできるけど

「普段のみつこは全て演技で、疲れたから家を出た。

旦那が別れたくなるよう仕向け、きっかけ(喧嘩)にもっていった」とも考えられる・・・。


最後に。

日記に、他とちょっと違う字体で「妻が旦那を殺すのは簡単」と書いた節がある。

糖尿にするとかお腹を壊すとか様々な方法を書き連ねた後、

「かつて、愛情の深い妻であればあった程・・・合法的に夫を殺すのは楽だろう」


スポンサーサイト

Category: *小説

Thread: 読んだ本。

Janre: 本・雑誌

tb 0 : cm 0   

【ニューシネマパラダイス】 

名作。と聞いて、ずっと見ようと思っていた映画・・・

「名作」といわれると手に取りにくいのが天邪鬼な私の性でございます・・・。


ニュー・シネマ・パラダイス 完全オリジナル版 [DVD]ニュー・シネマ・パラダイス 完全オリジナル版 [DVD]
(2009/06/19)
フィリップ・ノワレ、サルヴァトーレ・カシオ 他

商品詳細を見る


ある田舎町。

みんなの娯楽は教会でみる映画。

映画館のおじさんと、映画好きの少年。

友情なのか、なんともいえない二人の関係。

母親に叱られ叩かれても、映画館「パラダイス(パラディーゾだったかな?)」にいけば平気だった。

ある日、おじさんのほんの優しさがアダとなって、映画館で火事に。

おじさんは大火傷。

新しく建った映画館で、おじさんに教わったことを生かして一生懸命働く少年。

やがて少年は青年になり、おじさんはおじいさんに。

それでも続く友情の果てに・・・。

ネタばれですが、少年は、恋に破れます。

ですが、映画監督という、夢を叶えます。

恋に破れたのはおじさんのせいだし

映画監督になれたのも、おじさんのおかげ・・・

おじさんは亡くなったので、もう何か聞くことも、話しをすることもないのですが。

立派な大人になり、「感動する心」も忘れていない大人になっていました。

素敵な映画でした。
食わず嫌いはイカン。

この映画、2通りの編集があるらしく、短くスパっと終わらせたほうの評価が良いみたい。
自分がみたのはダメな方だったのかな・・・。
今度調べなおしてもう1度見よう。

マレーナ [DVD]マレーナ [DVD]
(2009/07/10)
モニカ・ベルッチ

商品詳細を見る

Category: ☆ヨーロッパ

Thread: 心に残る映画

Janre: 映画

tb 0 : cm 0   

『僕たちは歩かない』 

私が本を選ぶときは、

・前もって情報収集、気になった本を買う(借りる)

というのと

・表紙やタイトルでピンときたものを衝動的に

というもの。

まぁ誰でも大体はどちらか(あとは人に薦められるか?)だと思いますが・・・


昔、図書館でピンときた背表紙。

本は期間で読めなくて返してしまったんだけど

その人の本を、今日も久しぶりの図書館で手にとってしまいました。
古川日出男さんです。

なんというか、若い男性が好みそうな、スタイリッシュな感じの装丁。

で、以前お王様のブランチにて紹介されてた人だったことが判明!

猫目線でビルの中から音楽が聞こえるのをどーのこーの、という内容。

MUSICMUSIC
(2010/04)
古川 日出男

商品詳細を見る

たぶんこれです。
装丁は良いけど仲はどうかな?ということで今度読みたい。

で、子供と行ってたので長居はできないと思いつつ、薄目の本を一冊。


僕たちは歩かない (角川文庫)僕たちは歩かない (角川文庫)
(2009/11/25)
古川 日出男

商品詳細を見る


えっと、なぜ歩かないかというと、足がついたらゲームオーバーなのです。

シェフの卵たち。

事故に遭う仲間。

不思議な経験。

東京を舞台に、ちょっとファンタジー要素(もう1つの世界、みたいな)満載。

う~ん、自分が思うに村上春樹氏に似たような感じでしょうか。

でもまだ村上氏の域には達していなくて、先が読めるような感じ。

気になるので何冊か読んでみたいと思います。

これも気になりましたので。

1番売れてるようです。

ベルカ、吠えないのか? (文春文庫)ベルカ、吠えないのか? (文春文庫)
(2008/05/09)
古川 日出男

商品詳細を見る

Category: *小説

Thread: 読んだ本。

Janre: 本・雑誌

tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。