06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

シネマ★コロポックル

サブカル女子÷おっさん=映画好きへっぽこ主婦

 

最新記事

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

【ハサミ男】原作がとんでもない仕打ちを受けている。 

小説や漫画を映画化するにあたって、あってはならないこと・・・
が起きてしまったこの映画。

ミステリーやサスペンスは、いくら本が面白くても、
そのまま「映像化」は難しい場合がある。

伊坂幸太郎の【アヒルと鴨のコインロッカー】もそうですが、
これには読者を騙す「叙述トリック」が使われており、
目に見えない、活字であるからこそ、人の外見や景色や色使いをトリックに使える。
そんな話を映画にしたもんだから、一歩間違えれば大惨事の映画になるところでした。
(当方、これの原作読みましたが、映画は怖くて未見です)

そしてそしてこちらは、大13回のメフィスト賞、同年「このミステリーがすごい」の9位。

読んだ人の感想はまぁまぁで、叙述トリックは嫌いじゃない。ので
いつか読んでみようと思っていたら、レンタルショップで目に入ってしまった。
DVDが。


積読は沢山あるから、映画のほうが早いし・・・なにより
主演が麻生久美子である。
kumikoasou.jpg
万が一面白くなくても、目の保養になれば・・・

ネタバレしますと、小説のほうでは、犯人が「である」ことが
隠されたまま話が進む・・・らしい。
(なんか某200歳の映画を彷彿させます)
わざと男性的な喋り方だったり、タイトルに「男」ってあるから
200歳の少女のように、先入観で入っちゃう。
(ハサミ男、という言葉もマスコミが勝手にやった、という味付けなのですが)

ところが映画は姿が見えちゃってるから、実は麻生久美子が男でしたよ!
というわけにはいかない。
さすがに美しすぎるでしょ。
んで、話をややこしくする人物がいまして、こちらが豊川氏。

小説にも映画にも、自殺願望、別人格、警察のごたごた、模倣犯といった要素が
盛り込まれているのですが、映画はそれを表現しきれていない。
そしてなんだか古臭い(わざとの演出にしてはダサい)
近年の2時間サスペンスでもやらんでしょ。これは。

見せ場は麻生嬢の嘔吐シーン?
・・・いえいえ、そんなの見たくない。

ファンタジーはアニメ化できるけど
こういった小説は触らぬ神に祟りなし。
本と映画で迷ってるアナタ、断然小説をお勧めします。


アマゾンでのDVDの評価はそんなに悪くないです。
でも、原作未読の方が多いように思われます。
DVD鑑賞は事前情報無し、原作未読で!


あなたの1ポチが
励みになります^0^

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Category: サスペンス・スリラー

Thread: 見てはいけない作品

Janre: 映画

Tag: 麻生久美子  R-15 
tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。