10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

シネマ★コロポックル

サブカル女子÷おっさん=映画好きへっぽこ主婦

 

最新記事

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

【ALLDAYS 二丁目の朝日】三浦涼介くんを晒し者にした酷作品 

たまにトンデモ映画を観ると、素晴らしい映画がより一層引立つんです・・・。
わざわざお金出してレンタルは難しいですが!
カテゴリも大変困っちゃて・・・
Gyaoにて。
【ALLDAYS 二丁目の朝日】という意味深なタイトルでございます。

おおっと間違い!


こ、こっちです・・・

村上賢司という監督さんなのですが結構自主映画で評価されてた方
「らしい」のですが、当方存じ上げておりません。
wikiを見たら、「【呪怨2】を監督・・・」え!?
共同監督?どこにも書いてないよ!?
よく見たら【呪霊2】って・・・
まぁそういう方なので、しょうがない。

これは【呪霊 THE MOVIE】
市川由衣さんって名前聞いたことアルぜ!
黒歴史だね!

「売春防止法が施行される昭和33年の少し前、公娼制度廃止運動が盛んになり、
 遊女の街からゲイやオカマの街へと変貌をとげようという時代」という
ちょっと興味のそそるテーマだったんですよ。
うまい監督が撮ったら、そこそこ面白いと思うストーリー。
けど、まぁしょうがないね。

主演は三浦涼介さんという、仮面ライダーooo(オーズ)の方みたいで
よくまぁこの仕事請けて頑張ってたと思います。
クライマックスではまさかの接吻。
男と。
しかも長い・・・・

これはライダーファンの子どもには見せれません。
ストリッパーやら遊女?やら避妊具爆弾で子どもに見せれる代物ではございませんが。
(PG12です)

映画は糞面白くないです。(汚い言葉失敬!)
ただ、彼の頑張りに拍手。
ファンの方は見ないほうが賢明。
2011y11m30d_000206500.jpg
エキゾチックな顔立ちは、女装がとってもキワダチますな。
女子より可愛いではないか・・・!

気に入っていただけたらポチッ^0^


人気ブログランキングへ
ブログパーツ

キタの将軍サマの映画もやってるよ。
スポンサーサイト

Category: ほっこり

Thread: B級映画

Janre: 映画

Tag: 2008  LGBT  ♦B級 
tb 0 : cm 0   

【Mr.バブルガム】将来有望な片岡翔監督作品 

この感じ、嫌いじゃない・・・と思ってみてたら
以前行った札幌短編映画祭の試写で、いいな~と思った作品と同一監督でした。

監督・片岡翔。
2004年に「Nekome Film」を設立。
なんだか私好みなシニカルでほっこりした作品を送り出しているようです。

今回みたのは【Mr.バブルガム】(←Gyaoにいきます)という作品。

リストラされて自殺しようと思ってる男が、遺書を書く。
そこへ不思議ちゃんがきて、遺書のダメだしをする・・・。
2011y11m29d_020307484.jpg
いわんとしてることはわかりますが
この女優さんはきっと不思議ちゃんではないのだろうな・・・と。
真面目に不思議ちゃんを演じておりました。

不思議ちゃんはきっとスタンダードなローファーを履かないだろう。
私の学生の頃いた不思議ちゃんは、制服に水色のボーリングシューズを履いていたぜ。
2011y11m29d_020331703.jpg
あ、アラレちゃん・・・?やべっ歳がバレる・・・。

恥ずかしさが捨てきれていない女優さんに、途中で暴走しだすおっさん。
でもまとまっていて、そのへんのしょうもない映画より、全然見れる。
(ラストのポエム?はちょっと長すぎでしたが)
もっといい作品があると思うので、追いかけていきたいと思う!

Category: ★ショートフィルム

Thread: ショートフィルム

Janre: 映画

tb 0 : cm 0   

【ミスター・ノーバディ】運命の選択をしないという選択 

日本なら、この中の1パターンで一本映画作りそうなものを・・・
この作品一つで、ある男の何通りもの生き方を垣間見れる凄さ。


カテゴリわけをラブストーリーと迷いましたが
人生そのものということで・・・とは言ってもほぼ女性との話ですが。
SFが主体なので、宇宙についての難しい云々が出てきたりして
ちょっと身構えてしまいますが、知識0の私でもわかるような展開と
映像の美しさで、139分があっというまでした。

舞台は、2092年、不老不死が叶った世界で、主人公のニモは
「死」が訪れる最後の人間となりました。
そんな彼が走馬灯のように思い出す、過去の出来事は
12通りもあり、どれが真実でどれが作り話か・・・

ちょっぴり【バタフライ・エフェクト】を思い出しましたが
あちらよりも重厚で、一つ一つのストーリーが美しい。

「もしあのとき出て行った母を選んでいたら」
「もしあの時父と残っていたら」
という選択に始まり、あらゆる場面で~タラ、~レバによって運命が枝分かれ。
ニモは生涯3人の女性と出会うことになるけれど、
3人とニモのそれぞれの立ち位置(想い、想われ、相思相愛か)によって
ここまでも辛い人生になるんだなぁと。

特にある女性(薬に始まり鬱?になっていて、ニモを愛していない)に
一生懸命尽くしながらも幸せになれない様子は胸が苦しくなった。
恋をするのは片思いは楽しいかもしれないが
実際に家庭を持つにはこれじゃあイカン。

アンナという女性は初恋の相手である。
母親の不倫相手の娘と知って恋に破れるものの、何度も彼の人生に登場する。
本当に好きになった相手というのは、こういうことじゃないか!?
(日本ならこれでお涙頂戴の映画1本安易に作るはず笑)

様々な経験をするが、彼の本質というか、好みなんかは変わらないわけで
泳ぎが苦手だったり、宇宙に詳しかったり、爆発に巻き込まれたり、
違う運命を辿るようで、行き着く場所は同じなのかもしれない・・・

一つ気になってるのはヘリで謎の物体を海に沈めるシーンです。
あれは未来なのか、作り話なのか、謎のまま・・・
モヤモヤ解消のためにもう一度観ることになりそう。

何よりこの映画は説明よりも観てもらったほうがわかりやすいので
気になった方はぜひ!百聞は一見に・・・。
(15歳頃のアンナとニモがかわいすぎてお薦めです!)

これ、PG12らしいんですが、どのシーンでしょう?
子どもが煙草吸ってるとこ?
お母さんの取り乱してるシーン?
後者のシーンは大人でも見てて辛かったですが・・・。

気に入っていただけたらポチッ^0^


人気ブログランキングへ
ブログパーツ

Category: SF・アメコミ・ファンタz

Thread: ★おすすめ映画★

Janre: 映画

Tag: 2009 
tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。