01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

シネマ★コロポックル

サブカル女子÷おっさん=映画好きへっぽこ主婦

 

最新記事

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

【エッセンシャル・キリング】宗教と執念 

ギャロさんの作品で見たのは以下の3つ。

その中でも【ガーゴイル】はほんと凄まじかったんだけど
ギャロさんが演じてるってだけで鳥肌倍増、でもなんか納得、という。
愛するが故に相手を殺してしまう男女(別のカップルの2人)の話で恐ろしかった。
ブログに感想はないので、気になった人はググってね。

この人ってちょっと特殊な人格を演じてるのが多いと思うんだけど
(普通の人役ってやってるのかな?未見なんだけども)
今回は結構ふつうの人でした。

普通。といっても、すでに国・文化・宗教の違いがあるところがスタートです。

例えば私たちは通常肉をモグモグたべて犬にモフモフしてるわけだけど
イスラム教ではどちらもとりあえずご法度なわけで
(これは前にみた【ペルシャ猫を誰も知らない】でも衝撃を受けました。

なので例えば主役のギャロさんは、逃げて腹減って死にそうになりながらも
森にいる鹿を殺して食べたりはしないんですよ。
朦朧としながら蟻さん食べたり木の皮食べたり
挙句の果てに赤ちゃん連れのお母さんのアレをアレするんですよ・・・・
(これはギャグなのかなんなのか・・・)

でも彼にとってプライド(宗教)を捨ててまで食べる「肉」は
生きるための食べ物じゃないってことでしょうか。

「エッセンシャル・キリング」とは、必要不可欠な殺しという意味だそうで
(http://sorette.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-c085.html)
生きる(逃亡)のための殺人はするけど、鹿さんは殺しません。

出だしの戦争もそうだし、自分は宗教のことなんて考えもしない別世界のような感じ。
けれど実際にこういう世界に生きてる人がいるんだと思わせる。

ひたすら真っ白な山を逃げ続けるギャロさんは、一言も言葉を発しません。
耳は元気有り余ってますが、眼はとても疲れました。
(しかもジャンルがアクション?なんか微妙だな・・・)


終盤で、匿って助けてくれる女性が登場します。
普通ならこんな素敵なことは起こらなさそうな気がするので
ちょっとファンタジーっぽいというか、男の妄想爆発という感じにとれますが
え?あっけない!なラストは嫌いじゃないです。

励みになります!
気に入っていただけたらポチッ^0^

ブログパーツ
人気ブログランキングへブログパーツ
スポンサーサイト

Category: 戦争・アクション・西部劇

Thread: 映画感想

Janre: 映画

Tag: 2010 
tb 0 : cm 0   

スカパーで24時間無料で見れる洋画まとめ 

スカパー無料期間の映画まとめ第2弾。
こちらは24時間みれるチャンネルです。

《IMAGICA BS》BS252
3/1 (木)
04:00~【アニー・ホール】
05:45~【アメリカン・グラフティ】
07:45~【サボテンの花】
10:00~【アルカトラズからの脱出】
12:00~【リオ・ブラボー】
14:30~【エレジー】
16:30~【セブン・イヤーズ・イン・チベット】
19:00~【12人の怒れる男】
21:00~【レオン】
23:30~【ハンニバル】



3/2 (金)
02:00~【ポリスストーリー】
04:00~【サブウェイ】
06:00~【フレンチ・カンカン】
08:00~【あぁ、結婚生活】
10:00~【ワーキングガール】
12:00~【クラッシュ】
14:00~【アメリカン・プレジデント】
16:00~【ミザリー】
18:00~【ザ・ハリケーン】
21:00~【L.A.コンフィデンシャル】
23:30~【ザ・ウォーカー】



3/3 (土)
01:45~【ワン・モア・タイム】
03:45~【ポーラーエクスプレス】
05:30~【続・荒野の用心棒】
07:15~【コーラス】
09:00~【セブンイヤーズ・イン・チベット】
11:30~【ワンス・アンド・フォーエバー】
14:00~【ジョー・ブラックをよろしく】
17:15~【幸せの1ページ】
19:00~【マイブラザー】
00:45~【きみに読む物語】



3/4(日)
03:00~【マイライフ・アズ・ア・ドッグ】
05:00~【名もなきアフリカの地で】
07:30~【バファロー大隊】
10:00~【翼よ!あれが巴里の灯だ】
12:30~【ゆりかごを揺らす手】
14:30~【レオン】
17:00~【タイムライン】
19:00~【ニューヨーク東8番街の奇跡】
21:00~【earth】
22:45~【アメリ】



3/5(月)
01:00~【奇跡】
03:15~【キリングミー・ソフトリー】
05:00~【善き人のためのソナタ】
07:30~【コレクター('65)】
10:00~【トゥルーマン・ショー】
12:00~【ランダム・ハーツ】
18:30~【アイリスへの手紙】
20:30~【祖父の記憶(ショートフィルム)】
21:00~【ペネロピ】
23:00~【忘れられない人】




火曜以降の無料番組は後程。   


励みになります!
気に入っていただけたらポチッ^0^

ブログパーツ
人気ブログランキングへブログパーツ

Category: ★その他

Thread: 無料映画

Janre: 映画

Tag: ♦まとめ 
tb 0 : cm 0   

【ラビット・ホラー】うさちゃんがかわいくて怖くなかったYO^0^ 

そんなにホラーをみてるわけじゃないんですが
日本のホラーって、視覚的にびっくりさせるのが主流なのかなと。
窓の向こうからじっとみつめる霊とか、井戸やらTVからなんちゃらとか。
海外のホラーは「見えない何か」に殺されそうになる恐怖というか
心理的に追い込むのが多いかなと思うんですよ。
だから日本の最高峰のホラーっつったらとんでもない「怖いヤツ」に登場してほしい。

このホラーかわいすぎる。
もふもふしたい。

もしかしたらこれは、3Dで見るべき作品なのかも・・・。
螺旋階段や映画館での出来事は、普通の画面では恐怖が味わえないのかな。
きっとそういうつもりで作ったんだろうな、とは思った。
最先端の3D機器を使い、指揮をとったのはクリストファー・ドイル氏。
ドイルさんといえば、【恋する惑星】や【パラノイドパーク】なんかの
「湿った感じのぼってりとした質感の、どこかノスタルジックな映像」がイメージだったんですが
思いっきり最先端だし、ドイルさんじゃなきゃだめな理由が謎なんです・・・。

満島ひかりちゃんも、彼女のおかげで鑑賞者3割増しとは思いますが(香川氏もね)
忙しいだろうし、なぜこの仕事を受けたか・・・。
なんか無駄遣いというか、もったいないというか・・・。
usa2.jpg
このうさちゃんのファスナーから首がポロリしてるシーンを
やりたかったとしか思えない・・・(言い過ぎ)

そして弟役の少年。
なんかホラーとかに出る子って、神秘的な、ちょっと病弱な感じの美少年が
イメージ(全盛期の神木くんとかね)なんだけど
ちょっとフツーの健康的な少年すぎて、拍子抜け。
あえてフツーの子を使ったっていうならちょっと伝わりにくい。

清水崇監督ぇ・・・

*以下、ネタバレあり
-- 続きを読む --

Category: ホラー

Thread: 日本映画

Janre: 映画

Tag: 2011  満島ひかり  (監督)清水崇  (特殊メイク)西村喜廣 
tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。