05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

シネマ★コロポックル

サブカル女子÷おっさん=映画好きへっぽこ主婦

 

最新記事

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

試写【幸せへのキセキ】だから言ってるのに埋もれタイトルあかんて! 

気付ば前の記事から一か月・・・OH タ・イ・ダ^0^
1週間前なんですが、地元ラジオの試写プレゼントに当たりまして行ってきました
マット・デイモンの【幸せへのキセキ】です。
584226372.jpg
まず、いつものごとく邦題批判ですよ!
毎回言ってますが、奇跡・幸せ・運命・明日・希望・・・このへんの
「日本人大好きポジテブワード」をタイトルに入れちゃうと、評価ガタ落ちです。
だって、その他沢山の映画たちに埋もれちゃうのよ?
インパクトがあり、そのものを指すorちょっとひねりがあるタイトルにするべき。
【アメリ】←これはそのもの。
【闇の列車・光の旅】これは後者かな。
【猿の惑星】これはどっちも満たしてる秀逸なタイトルだわ。

もう奇跡(この作品に関しては奇跡と軌跡でひねってるだろうね、そんなのいらんわ。)
ってついた時点で、お涙ちょーだい狙いすぎ。
やっぱ重要なのは動物園だし、家族もの・・・ってことで私がつけるなら
【おいでよ動物園一家】こんなんでいいしょ・・・
よほど原題の「We Bought a Zoo」のほうが潔くていいわ。

↑あれ?息子は?

内容は皆さんご存知かと思いますが、廃れた動物園つきの中古物件に移り住んで、開業へ一念発起する話です。
まぁ、よくあるハートフル(アメリカン)ムービーなんですが何がびっくりって、これ実話なんだと。

イギリスにある「ダートムーア動物公園」(本作ではローズムーア)を買い取った
ベンジャミンさん。実在。
あちこちググってみると、なんとも潔しヘッドのおっちゃん、マットとはかけ離れた・・・


(いや、私はベンジャミンさん嫌いじゃないす!)
そして映画より小さ目のお子様2人。
(映画では13歳兄と7歳妹だったはず)

そして母親が病死し、心が病んだ(と思われる息子)をどうにかするために田舎にいく
・・・んですが、実際は、動物園買取後に母親が亡くなったようなので、ちょっと違いますね。

普通素人がオーナーになると、元々いた従業員は難色を示してなかなか打ち解けなかったり、
というのが映画のお決まりですが、本作ではそういった面倒事はスルーです。
みんな大歓迎。
お金も比較的困難ではなさそうに(ミラクルが起きたりね)表されていますが
実際はそうはいかなかっただろうな・・・

まぁ2番目にびっくりしたのはマット・デイモンがパパなんて・・・
(しばらく彼の映画観てなくて 汗)
13歳の息子がいてもおかしくない歳(なんと41歳!)になったのだな・・・時は平等。

他の出演者でいえばスカーレットヨハンソン。
彼女は私の中ではトップクラスの美人だったのですが
本作では役柄(彼なし友なし仕事は動物の糞掃除・・・言い過ぎ?)のせいか
なんだかごっつく見えちゃって。
それと引き換えに皆大好きエル・ファニングちゃん!
fanningsis.jpg
顔に似合わず不意打ちな低い声もまたかわいいんだ!(なんと身長170cm・・・)
すっかりお姉ちゃんより売れっ子じゃなす?
エルちゃんと、マット息子のほのぼのラ~ブもちらほら見えて
デストロイな首ちょんぱの絵を描いて退学になった息子も、彼女のおかげで
徐々に心を開き、温かい絵を描くようになる・・・←実はこれあんまり掘り下げてなくて
もうちょっと「こんなイイ絵を描くようになったよ」って演出があってもよかったと思うけど。
まぁ息子もかわいいから許す!!

wikiを見るとコメディと書いてましたが全然そんな感じはしないしもっとマジメ。
夜な夜な(亡くなった)奥さんの画像や動画を見ては涙を流すマットが
最後は動物園のチケット売り場にてスカージョとあんなこと!ふへっ!
あれ?奥さん忘れられないんじゃ・・・?

最近従順な犬やら喋る猿やら人間ぽい生き物の映画多いですからね、
動物が「ただの」動物として描かれているのでそういった面でもお勧め。

ただ、映画としての面白さは微妙かもしれない(王道ハートフル好きにはぴったり)・・・ので
「これ実話なんだぜ?」を前提に見る事をお勧めします。


励みになります!
気に入っていただけたらポチッ^0^

ブログパーツ
人気ブログランキングへブログパーツ
スポンサーサイト

Category: ドラマ

Thread: 試写会

Janre: 映画

Tag: 2012  ♦実話が原作 
tb 1 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。