01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

シネマ★コロポックル

サブカル女子÷おっさん=映画好きへっぽこ主婦

 

最新記事

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

【アフター・ウェディング】娘の結婚式に嫁の元彼を呼んでみるよ。 

先日に引き続き、外国語映画賞ノミネートが続きます。

まずは俳優さんのお話。
海外ドラマ好きな方ならご存知でしょうか、マッツ・ミケルセン氏。
現在進行中の「ハンニバル」のレクター博士を演じられている方です。

この人、ほんとに驚くほど化けるんですよ!!
私、この方の作品何か観てたかな~とググったら、【タイタンの戦い】のドラコさん!!
あの漢気溢れるドラコさんだったとは・・・
私的には、髭面ワイルドなこっちのほうが好きです。
draco.jpg

今回観たのは、ちょっとお金に余裕のないやさぐれオジサンの役でしたので、ワイルドさはありません・・・。
マッツ・ミケルセン氏はデンマークの方なので、デンマーク映画には多く出演されています。
【アフターウエディング】2006年のデンマーク映画です。

2006年度(第79回)のアカデミー外国語映画賞ノミネートで、この年の受賞は【善き人のためのソナタ】でした。

まずダメ出しから!
タイトルと、ジャケットで、安っぽいラブストーリーを彷彿とさせる。
これ、私内容知らなかったら手に取らないな。もったいない。

そして、前半はものすごくグイグイ惹きこまれて目が離せないんだけど、後半ちょっと失速するのだな。
とある「謎」というかわだかまりが解けてからが、しょうがないんだけど面白みに欠けるのだ。
それが「受賞」までにはいたらなかった理由じゃないですかね・・・(←エラそう)

インドで恵まれない子ども達の支援活動をしているヤコブ(マッツ・ミケルセン)
とある男から子ども達への寄付金の話を持ちかけられるんだけど、その相手は・・・というのが最初の謎ね。
まぁこれはかなり早い段階でスッキリするんですが、すごく優待されるんです。
いいホテルに連れてかれ、昨日今日会った相手に「娘の結婚式に来てくれ」なんて言われるんで何事かと。

途中までとんとん拍子だったのに、突如襲うビッグな不幸の2連発がきつい。
(ヤコブではなく、関わっていた周りに人物に不幸が起きる)
でも、主人公にしてみたらシメシメ、な話でもあるので、素直にかわいそうだな~とも観れず、複雑な気持ちでした。
そして、主人公の流されがちで優柔不断で、人任せな感じもなんだか地に足つかずモヤモヤ。

親にしてみたら、お腹は痛めなくとも、育てたら我が子、と思うんじゃないかと。
でも娘(息子)にしたら、「本当の親に会いたい」という気持ちは、どんなに良い暮らしをしても消えないものなのかな。
【プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命】を観てもそう思いました。
【私の男】でもそうだったように、何年も会っていない時間があっても、親子の絆は感じ取れるものなのかな・・・
私は超普通の家庭で育ってますので、ちょっとわからない気持ちではあります。

作品の良い点は、ジャケットにもなっている、結婚式をあげた娘さん役の女優さんが可愛くて、それだけで良い!
アップで観ると顔に産毛とか生えててナチュラルなんだけど、それもまたいい。
そしてそのお母さんも若くきれいで、最初どういう目線で見たらいいのかわからなかった 笑
まだ小学生くらいの息子もいるので、若くして娘さんを産んだのですね、わかります。

監督は、スザンネ・ビアという女性!
【未来を生きる君たちへ】という作品で、2010年のアカデミー外国語賞受賞されてます。
わたしはこっちのほうが好きだったかな。
  感想→【未来を生きる君たちへ】我が子はこうなりませんように・・・


今回調べてみて私が学んだことはですね、マッツ・ミケルセンが、衝撃映画の【フレッシュ・デリ】に出ていたことですね。

2003年の、同じくデンマーク映画です。
前に観たんですがね、これ、腹立って人肉をこっそりマリネにして出しちゃうお店の話。
ブラックコメディだけど大真面目な話なのね。
で、このジャケがマッツ・ミケルセンだよなぁ。化けるなぁ・・・。
スポンサーサイト

Category: ☆ヨーロッパ

Thread: 洋画

Janre: 映画

Tag: 2010    ♠アカデミー外国語賞  デンマーク 
tb 0 : cm 0   

【別離】不幸の連鎖。ちょっとずつ皆悪い。イスラムは厳しい。 

アカデミー賞前後に、スカパーで色々特集していたので色々と観ていました。
ノミネートされたものを全部観る、というのはなかなか難しい(好きじゃないようなのもある)のですが
その中でも外国語映画賞は、色々な国の優れた作品が肩を並べるので面白いです。

こないだの2014年度(第87回)は、ポーランドの【イーダ】という作品が受賞していました。
今回はイラン映画の【別離】です。
2011年度の外国語映画賞受賞しています。

ベルリン映画祭では金熊賞、84回のアカデミー賞では外国語の他に【アーティスト】や【ミッドナイト・イン・パリ】と肩を並べて「♠アカデミー脚本賞」にも選ばれた素晴らしい作品です・・・が、思ってた(想像してた)のと全然違った!!
てっきり「母と子が戦争で離れ離れに・・・」とかそんなん想像してたら、もっとリアルな話だった。

イラン映画といえば【ペルシャ猫を誰も知らない】くらいしか観たことがないのですが、とても心に残っている映画です。
感想書いていたと思って探しても、記事見つけられない・・・と思ったら検索窓が機能してないの。なんで?
3年前の感想はこちら→【ペルシャ猫を誰も知らない】

この映画を観て、私たちに普通であることがイランでは「罪になる」ということを知った。
車に犬を乗せていたら、もう罪なのです・・・。
とても良い映画なのでオススメです。
この作品はゲリラ撮影を決行してるので、ドタバタと勢いで展開していきますが、【別離】はじっとりゆっくりと、そのイランの特殊な(私たちとは違う)生活や宗教観をみることができます。

映画でよくあるのが、ヨーロッパにおけるヴァンパイヤだったり、アメリカの悪魔の存在だったり、日本人になじみがない話を盛り上がってされると、ちょっと置いてけぼり・・・を感じたりします。
本作では日本になじみの薄いイラン文化で置いてけぼりか?!と思いきや、実に興味深く観させてもらいました。

今でも日々色々な報道で耳にする「イスラム」と言う言葉ですが
未だに女性差別は根強く残っているそうで、本作でも垣間見ることができます。

主人公家族(A)は妻がわりと新しい考えの持ち主で、娘の将来のために海外移住を考えています。
そんな中、夫の父親が倒れてしまい、離婚危機に。

この夫婦が別居となり、父親の介護にきたのがもう一つの家族(B)の妻。
イスラム教では家族以外の異性の体に触れたり、裸を見たりというのは禁止行為なのだそうですが
「介護の現場」は触れ合いと裸の連続じゃないですか。
じゃあ困るならなんで来たの・・・と。

ある日徘徊するおじいちゃんを縛り、出かけたB妻。
そこへA夫が帰ってきまして、おじいちゃんがベッドから落ち、気絶している現場へ遭遇するわけです。

もちろんA夫は怒るじゃないですか。
でも、それぞれの人間に言い分があって、皆一概に悪いとは言えないし、皆ちょっとずつ悪い。
ラストの4歳の女の子の目つきと言ったら・・・。

実を言いますとこの「おじいちゃんベッドから落下事件」が起きるまで、わりと流し観をしていたんです。
その後の展開は怒涛のように惹きこまれ、前半にもかなりの伏線があったのかと思うとなんとなく観てたことに後悔しましたよ。
観ようと思ってるかたは、作業の手は休めてじっくり気を据えて観ることを推奨します。

今日の一言:4歳の子どもがいて、何か月も無職はいただけない。


こちらはカナダ&フランスの作品ですが、同じくイスラム教、レバノンのお話
【灼熱の魂】2012上半期・衝撃度no.1/究極の母の愛

Category: ☆中東

Thread: ★おすすめ映画★

Janre: 映画

Tag: ♠アカデミー脚本賞  2011    ♠アカデミー外国語賞  イスラム教 
tb 0 : cm 0   

【私の男】幼女に手を出すということは殺人でさえもするということ 

アカデミー賞でしたね。ツイッター実況を観てました。
でもってバタバタしております。
なんせ娘が今年卒園でして、役員なので会議とかプリント作りとかいろいろありまして・・・
なので書きたいことがたまっています。追い付きません!

娘、6歳なんで、幼女が絡むしんどい映画を観ると胸が痛みます。
基本「ハッピー♪」な作品は好まないのでかなりの耐性がついてると思うのですが

【私の男】モスクワ国際映画祭にて主演の浅野忠信氏が賞をいただいた作品です。
作品自体も金賞だったそうな。(金賞のすごさはイマイチわからないのだけど)
私は熊切監督の作品は合っていて好きなので面白かったのですが、友達にお薦めはしづらいな・・・
中高生の皆さん、間違ってもデートで観ないように!

これ、映画化すると聞いたときに、気になって原作も読んだんです。
最近は本なんてほぼ読まないんですが、エグイ内容なのに次男妊娠中に読んで辛かった記憶が。
 →原作感想・『私の男』「お父さんの涎飲みたいの。」STOP!近親○姦!(記事のタイトルからして酷いw)

地震(津波)で、ひとりぼっちになった女の子「花」を、養女として引き取った25歳の「淳悟」という青年。
一応「親子」の位置づけだけど、彼らの生活は人には見せられないような日々。
涎も、裸も、なんだかわからん汁も満載。
原作でも映画でも「指の匂いが取れず嗅ぐ」シーンがあり、それが臭くて嫌なんじゃなくて、相手のことを思い出して舐めちゃうというね。
理解不能な世界でーす。

原作はミステリーでもあり、結婚する「大人の花」が、どういう出来事があって、淳悟との関係を築いてきたか、それに加え、とある事件のことも、遡るにつれ解き明かされます。
こんなに素朴(に見えた)な花ちゃん・・・
mymanx.jpg
 映画は、幼女の頃から時系列は順を追って進みます。
なので割と早い段階で「事件」が起きるのだけど、そこに重きは置いてなくて、あるのは「2人の歪んだ愛」。
歪んだ、といっても理性や常識だけを考えればのことで、観る人によっては「究極の純愛」ともとれるんじゃないかと。

先に自分に6歳の娘がいる、と言いましたが、10歳の花役の女の子が、車で淳悟に「キスして」と言うんですよ。
小説でそのシーンがあったかは定かではないんですがね、すごく違和感ですよ。
津波で家族を亡くした9歳の子が、淳悟を「他人な気がしなかった」にせよ、心が壊れている状況で「キスして」というか?と。
(映画では家族が亡くなってもケロっとしてる風ではあります)
せいぜい「ずっと一緒に」とか「抱きしめてほしい」とかが限度じゃないかな、しかも子役の子が幼く見えすぎてすごく嫌悪してしまった。
自分の子は6歳だけど、この子役の女の子と同じ年くらいに見えるので、このシーンは嫌だったな・・・。
 ※作中に子役とおっさんのチューはでてきません!
高校生の花と浅野氏のセックスシーンより嫌だったわ。
myman.jpg

wikiでは「性的虐待」って書いてあり、もちろん他人から見ればそうなんだけど、本人達はそれだけじゃない。

津波の後避難所で、花はわりとケロッとした様子で周りの大人と喋るので、「冷めた子ども」とか「家族への愛情がない」感じに捉えたらいいのかな?と思ったけど、私的には
「他の大人には一切無言だけど、淳悟にだけは初めて会ったときから笑顔を見せて喋る」ほうが、2人の関係がわかりやすくていいのになーと思ったけど。

あれ?映画では「実は淳悟は花の本当の父親」っていう表現あった?
これ重要だよね。
2人を、血が、強く結んでいるのです。

二階堂ふみちゃん、まだ20歳なんだよね。いやー女優魂ですわ。

ちなみに25歳当時を演じる浅野氏も、現在の年齢相応で25歳には見えなくてちょっと残念ではありますが
(じゃあ特殊メイクでもしろというのは無理があるので、これが限界とは思うけど)
喋り方とか立ち振る舞いは若者っぽく見えたので、俳優さんってすごいのね、とは思いました。

今年の北海道は、例年よりは暖かく、雪が早く溶けそうです。
でもこの映画はほんと寒い。「痛いくらいの寒さ。」
【海炭市叙景】でもそうだったけど、熊切監督の雪のシーンは本当に美しい。
真っ赤に染まるエグいセックスに対比した真っ白な流氷をぜひ見てほしいと思います。

とんでもない話ではあるけど、花が妊娠しなかったことが救い!
カテゴリー、シリアスにするかで迷ったんですが、究極の愛ということで。

 >>二階堂ふみちゃんの他の作品レビュー色々<<

Category: 恋愛

Thread: 邦画

Janre: 映画

Tag: インセスト  2014  二階堂ふみ  浅野忠信    (監督)熊切和嘉 
tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。