04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

シネマ★コロポックル

サブカル女子÷おっさん=映画好きへっぽこ主婦

 

最新記事

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

【イカとクジラ】お母さん、男連れ込むな。お父さん、息子の同級生に手を出すな。 

ブログは書いてましたが、チェックを怠っている間にたくさんコメントをいただいていたようです。
本日返信しました、お待たせした方すみません。

【ソーシャルネットワーク】でスターとなったジェシー・アイゼンバーグ。
↑公開時(2010年)で27歳。

クリステン・スチュワートとのコメディ【American Ultra】の公開も待ち遠しいジェシー、22歳のときの作品です。


【イカとクジラ】・・・まったく内容の想像がつきません。
登場する家族は、みなちょっとずつ変です。

お父さん、有名な作家さんですが、最近は言い訳ばかりで作家業をお休み中です。
お母さん、お父さんより作家として認められてしまったので、お父さんを見下しています。
長男、ジェシーです。
弟君、可愛らしい中学生です。

夫婦の間には深い深い溝が出来ていて、もう修復不可能のようでした。
お父さんはなんとかヨリを戻そうとしたようにも見えましたが、お母さんが嫌気がさしてしまっています。
お母さんは、子どもたちにも辛くあたります。
お父さんは、意地だけはいっちょまえです。

弟が変な行動をとるようになりました。

親たちの行動に子供らは振り回され、だんだんと皆不幸になっていきます・・・


離婚だったり、子どもの問題行動だったり、人生の中で大きく割合を占めているであろう出来事。
これらが、ゆるく、日常の出来事のように平然と描かれていて、こっちまでうっかり受け入れてしまいそうになる。
「大人だって子供抜きの時間必要なのよ!」「せっかく来てやったのになんなのよ」
これが母親のセリフです。せっかく~の後は息子をビンタしているし・・・。
共感はできないんだけど、同じ立場、状況になったら気持ちはわからなくはないな、という展開がたくさん。
(同じ状況・・・って自分で蒔いた種ですが)
割符回しが絶妙で、違和感なく観れてしまうのが逆に怖い。
嫌な事ばかりなんだけど、スルスルと観進められる不思議な感じ・・・。

アクションやSFが好きな人はもしかしたら飽きてしまうかもしれない。
でもヒューマンドラマ好きなら惹きこまれてしまうと思う。会話がとても面白いのです。

s-ikatokujira.jpg
「イカとクジラ」は、小さい頃連れて行ってもらったという、博物館の展示。
お互いが譲らず、絡まり合って噛み合っているのだ。
ジェシーは、幼い頃この展示が怖くて、顔を覆った手の指の隙間から観ていたのだそう。
それも、今じゃ可愛い思い出。

いやなことばかり起きる展開ですが、最後はほんの、ほんの少しだけ希望を持つことができます。
ヒューマンドラマに興味アリの方はもちろん、弟の学校での変態っぷりにもご注目。


★ジェシー・アイゼンバーグは、MARVELの宿敵DCの、【Batman v Superman: Dawn of Justice】にも出るそう。
 デアデビルのベン・アフレックがバットマン役で、2016年公開予定だそう。
ややこし・・・

スポンサーサイト

Category: ドラマ

Thread: 映画感想

Janre: 映画

Tag: 2005 
tb 0 : cm 0   

映画鑑賞のカタチ&さよならドラえもん。 

こんなものが目に入ったので。
FC2 トラックバックテーマ:「 映画は迫力のある映画館派?まったり家で見る派? 」


私は基本、家です。月に2~3回ほどレンタルショップへ行きます。
週1じゃないのは、録画したものや手元にあるもの、gyao等のサービスで済んだりするので。
スカパーに加入しているので、ご飯を食べながら、洗濯物を畳みながら観たりしてます。
1日1本はしっかりと内容を頭に入れて観るようにしていますが、家事や食事をしながらのは自分の中で数には入れてません。
旦那さんはSFやアクションものが好きなので、そういった作品は一緒にTVで観ますが、ホラーとか、じっとりした人間ドラマとかはPCの画面に貼りついてヘッドフォンして観ることが多いです。

映画館は嫌いではありませんが、黙ってられず、「フワァっ?」とか「ええぇッ」とか声に出しちゃうんです。
それは家で一人で観てるときも同じで、家で誰かと一緒だともっとベラベラ喋ったりも・・・。
これは嫌がる人多いですよね。ほんとごめんなさい。

なので、新作を映画館で楽しみたいですが、極力行ってません。頻度では2ヶ月に1度くらいです。
まぁ、子どもも小さいので、旦那さんに子供らお願いして一人で行くのが多いですから、頻繁に行くのは申し訳ないので今の現状で満足してます。
最近は長男が字幕を読めるようになってきたので、アメコミは一緒に行くようになりました。
アベンジャーズも楽しみです。


さてたまに映画とズレた話ですが。
「大山のぶ代さん:認知症、夫がラジオ番組で明かす」
↑この記事は昨日のものですが、私は今朝のワイドショーで知りました。

私と旦那さんはびっくりして話し込みましたが、子どもに「ドラえもんの人、認知症で・・・」と言えるわけもないので、TVでニュースが目に入って、このこと聞かれたらなんて答えようか、と思ってる次第です。

我が家は小3と小1とベビーがいるのですが、ドラえもんは見せていません。
ポケモンや某妖怪と違って、特に学校でドラえもんが話題になったりすることもないようなので、友達の話についていけないとか、そんなこともないので本人たちも気にしていませんでした。
見せてなかった理由は「ドラえもんの声が受け入れられない私」です・・・子ども達、ほんとごめん。
水田わさびさんになってから、もう10年だそうですね。
声優を交代したとき、私はもう大人ではありましたが、このとき私の中でドラえもんは死にました。
(ドラえもんも大山さんも死んでないので勘違いしないでね)

我が家では、子どもの為にアニメを借りると言ったら、ディズニーとかドリームワークスとかで(ジブリとピクサーは大体手元にある)日本のアニメの毎年映画にしてる様な作品は借りないことになってます。

だけどゴールデンウィークに、どうしてもドラえもんが観たくなった。
母の味が恋しくなるように、あの懐かしい声を聴きたくなった。
(少し前にアメトークでドラえもんネタをやっていたからかも)
GWなのでほとんど借りられてるかも、と思ったが、幸いにも古い作品はたくさん棚に残っていました。
【日本誕生】がいいな・・・確かギガゾンビが出てるやつ・・・子どものときに何度も観た作品。
長男と会議をしていたら、【宇宙小戦争】というものが目にとまった。

昼間やっていたアメトークの再放送、スネ夫好きの回で紹介されていたそれは、プラモデルの戦車で、スネ夫が大活躍するやつだ、と記憶力のいい長男が教えてくれた。

少々傷の多いケースからディスクを出して、子ども達と一緒に【宇宙小戦争】を観る。
序盤はスネ夫が庭にジオラマを作り、ラジコンやらを操作して火薬まで使って「特撮映画」を作っている。
なんとも羨ましい。(のび太はしずかちゃんとお人形を使って映画を撮ってるw)
そのラジコン操作の腕前が、あとで仲間を救う力となるのだ。

wikiを見てもらえばわかりますが、いろいろな映画作品のオマージュが込められていて飽きさせません。
タイトルも「リトルスターウォーズ」だしね。

ちなみに今年3月、【宇宙英雄記】が公開になりました。
これを【宇宙小戦争】のリメイクだという人、違うという人、色々いるようですね。
DVDがある限り、大山のぶ代さんのドラえもんは、私の中に生き続けております。
いつまでも意地を張らず、「宇宙英雄記」がレンタルになったら借りてあげようかな、と思ってみたり。
そして、大声で「あーでもない」「こーでもない」と子供らと思いきり話をしながら観てやろうと目論んでおります。

Category: ☆ブログ

Thread: 気になったニュース

Janre: ニュース

tb 0 : cm 0   

【龍三と七人の子分たち】ジジイを楯にジジイたちがジジイのためのジジイ銃撃戦 

もう2週間前の話ですが、【竜三と七人の子分たち】観てきました。

ワイルドスピードにするか、寄生獣(後編)にするか迷ったのですが、映画の日だったこともあり、割と遅い時間だったに関わらず寄生獣はごった返してまして。
ワイルドスピードは追悼の意もこめて、劇場でぜひ観ようと意気込んでたのですが、旦那さんがこのシリーズが好きなものでね・・・私一人で観るのはやめました。ブルーレイを予約するよ!

本題ですが、シアターは私より年上の方が多かったですね。
北野監督と同じ歳くらいの方々で、作品をずっと観てきたんだと思われます。
女独りで観に行った私の浮きっぷりったらない。(多くは夫婦か、男性1人でした)
若い女の子3人組もいたのですが・・・この話は後程。

申し訳ないのですが、私、鑑賞中にギャっとかアハハとか声に出ちゃうタイプです。
不快に思った方ごめんなさい。家で一人で観ててもそうなんです・・・うるさいですよね。
本作は笑うシーンが随所にちりばめられている(というかほぼギャグの前振り)のですが
劇場は笑いで溢れていて、安心して?笑うことが出来ました。
※カテゴリにコメディがなかったので、ほっこりでお願いします。

競馬にて、龍三の薬指と小指が無いおかげで、子分に手でしめした数字が伝わっておらず、万馬券を逃すとか
クラブのママの家に行って、刺青自慢をしてるとこに男が帰ってきて慌てて風呂へ逃げる。
ママに帰ってと頼まれ、干してあったピンクの服を着て街中を走る・・・とか。
藤竜也さんがまさかそんなことやるとは・・・。

こんな感じのギャグが延々2時間続くので、正直疲れました 笑
全編ほぼギャグの前振りですから。。。

親分役の藤竜也さんはもちろんですが、子分の7人もそれぞれ役が個性的で良かったですね。
私が60~80年代のドラマや映画にもっと詳しかったら、オマージュしてるようなあるあるネタがあったのかもしれませんが、無知な私でも楽しめたので、頭空っぽにして観れるエンターテイメント作品でした。
若頭を演じた近藤正臣氏は、かのカルト作品【江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間】にも出演されてたそうで。
(もちろん未見なのですが)
太陽にほえろ でおなじみ小野寺昭さん(神風のヤス)のwikiを拝見したら、チロリン村の人形師だったと知ってびっくり。


そんな中、我らが北海道のスタア、ナックスの安田顕さんは、詐欺集団(一応会社構えてる)のリーダーとして頑張ってました。onちゃん出世しましたなぁ。
怒ってるんだか笑ってるんだかわからない難しい表情も似合ってました。
萬田久子さんとは正直似合ってませんでしたが!!

劇場をあとにする際、私の少し前を歩いていた若い女の子(20歳くらい?)3人組は「寝ちゃった~テヘ」「私も~」と会話してましたので、高校生同士や親子で観に行くには少し難しいかな。
内容としてはラストのバスでのカーチェイスも、じじいが運転してるわけではないので正直いらないんじゃ、と思ったり。
(バスジャックだったので、何かの作品のオマージュだったら無知ですみません)
じじいたちで会社乗り込んでドンパチして警察に捕まる、の流れでも良かった気がします。
(このラスト手前のドンパチシーンは中尾彬さんがなかなかの見ものです)

劇場の大きなスクリーンで!という感じでもないので、どちらかというとDVDを購入して、家で笑いたくなったときに何度も観たくなる作品と思います。

余談ですが、私は北野作品では【ソナチネ】が大好きです。
2番目は【あの夏、いちばん静かな海。】かな。
(観てないのもたくさんあるんでね、「HANABI」とかね。金獅子賞観なきゃ~

★龍三、藤竜也さんが出演した最近の作品 →【私の男】幼女に手を出すということは殺人でさえもするということ

Category: ほっこり

Thread: 邦画

Janre: 映画

Tag: 2015 
tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。