09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

シネマ★コロポックル

サブカル女子÷おっさん=映画好きへっぽこ主婦

 

最新記事

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

ザ・ウォーキング・デッド シーズン6を観て津々浦々(ネタバレ有) 

ハッピーはろうぃーん(早め)

皆さんは海外ドラマは観てますか?
私、Xファイルくらいしか観たことが無くて、24が流行った際も「映画のように2時間程度で終わらなくて続きをダラダラと観なきゃいけない」という状況に耐えきれず、数話でギブアップした者です。
もちろん日本のドラマもしばらく観てません。
深夜にやってるような、1話完結型ならまだいいのですが、「続きもの」だとね~。
(BSでやっている「植物男子ベランダ―」だけは、妙に好きでたまに観ています)

そんなドラマ離れしていた私が唯一楽しみにしていたのが【THE WALKING DEAD】でやんす。
これで目覚めて、【GOTHAM】や【CSI】も(どっちもAXNですが)観るようになりました。

んで、今回米国とほぼ同じ時期に日本でもシーズン6が見られるということで、急いで保留にしていたシーズン4から5をドバーッと鑑賞。
ここからは本編の感想ですが、観てない人にもわかるような文で書きたいと思います。
※ウォーカーのことをゾンビって書いてますが、深い意味はないです

主人公のリックが、仲間を守るためにだんだんと「生きるための獣」化していくのが怖い。
主人公だから死ぬことはないと思っていますが、シーズン5の最後の方では色々と暴走気味で、信じてくれている仲間たちも正直無理があるんじゃないかなと思うほどに。
なんというか、仲間は一生懸命「どんなことがあってもリックを信じる」みたいに言ってるけど、少し無理があるような。

とある安全そうな街に着き、なんとかゾンビと離れた生活が始まったかのように見えたのですが。
DVに遭っている女性を守ろうとするんですが、なんか厭らしい、私的感情がだいぶ入ってるんじゃないかと。
そんなリックは観たくない・・・w

そんなこんなでシーズン6は、大量のゾンビが安全(と思ってた)の街になだれ込むんじゃないかというとこから始まるのですが、まずこの数がはんぱない。
ゾンビエキストラの人達にもちゃんとメイクしてんのかな~でも映ってたのが全部CGではなく人間なら、数千人いたようにも見えたけど・・・さすがに衣装もメイクも自前だよね?

そして今までこの街にはゾンビは来なかったのに、なぜリックたちが住むようになってゾンビ大量発生なの・・・
元々街にいた人達は、ゾンビと戦ったり人を殺して身を守ったりしたことがないから、リックたちの言動が理解、信用できない感じでこの先大丈夫かな~と思っちゃいまして。
そしてこのシーズン6の1話目が、現在の出来事とちょっと前(過去)の出来事を行ったり来たりする作りなもんで、脳みそ食べられ疲れちゃったよ。
 
※放送が始まるときに、慌てて他のチャンネルからFOXにセレクト5の契約を切り替えたので、最初のほうがちょこっと見れず、ますます混乱。
ちなみに申込みから15~20分くらいで観れるようになりました。


第2話。
強い人達(リック、ダリル、グレン、ミショーンたち、街の男の人等)はゾンビを街から遠ざける作戦。
街には女性や子供、戦いがあまり得意ではない男性なんかが残ってたんだけど、突然襲ってくる奴ら!!
それは外部の人間。。。足も速いし知能もあるし、ゾンビなんかより断然怖い。(感染しないけどね)
キャロルが機転を利かせ、感情を殺し、チャッチャと外部の人間を殺していくのですが、あまりにも迷いなく行動するから観てるこっちが怖くなってきた。もちろん、キャロルがいなかったら街は乗っ取られ、皆殺しにされてたかもしれないのだけど。
なんとか街を守り切った・・・かのように見えました、この回は。

そして第3話。
「ゾンビを街から遠ざける作戦」をしてるチームへ話が戻ります。
それまで一緒に行動していた仲間が、様々なアクシデントが重なり、バラバラに行動しなきゃいけなくなる。
それは、大部分は「戦いに慣れていない、リックのことをまだ信用できずにいる街の人達」の勝手な行動によるものなのだけど。

ダリル、エイブラハム、サシャチームは問題ないのだけど、リックが独りで行動し、残りの「街の人」とそれらの面倒を看なきゃいかんミショーン&グレン。
リックはミショーンとグレンに「全員は守れない。何かあっても進み続けてくれ」と言う。
キャロルなら簡単にyesと言いそうだけど、よりによってこの2人・・・誰よりも「仲間見捨てない人」だ。

今回は衝撃の展開だった。

タイリースが死んだときは、徐々にではあったし、もしかして死んじゃうのかな、と少し覚悟をしていた。
べスは・・・不意打ちだったけど、上手い言葉が見つからないんだけど、どちらかというと「助けられてる」側だったので、そこまで落ち込まなかった。
強く、頼りがいのある、シーズン1,2から出てるような人が亡くなるというのはショックが大きすぎる。

そして今回はまさかのグレン!!
しばらく放心状態でした私。

昨日、今日と2回に分けて昼食時に旦那さんと観てたんですが、2人して、時が止まったよ。
旦那氏は私ほどTWDにのめり込んでいないけど、一応楽しみにしていたようで、相当ショックだったらしい。
仕事を終えて夜に帰ってきた際に、グッタリして、「グレンのことがショックで、おかげで仕事に集中できた」と意味不明な発言。
どうやら同僚らと笑って話をしたり動いて何かをする気になれなかったらしく、仕事が捗ったらしい。

以前、日本の漫画Nに出てくるあるキャラのファンだという海外の14歳の男の子が、そのキャラがストーリー上死んでしまったことにショックを受け、自殺したというニュースがあった。

当時そのニュースを聞いて、「考え過ぎww」くらいに思ってたんだけど、旦那がボソっと「あの男の子に気持ちが今ならわかる」と言ってた。
旦那よ、グレンのことそんなに好きだったのか・・・

まぁ、私もグレンがゾンビの中に落ちてったことがショックすぎて(だってギャーって叫びながら腸がポロリしてたよ?)その後のリックがピンチだとかもしかして手やられてない?とかゾンビ来ちゃったよとかすっぽり抜けてた。

でもね、世の中には希望を持っている人がいるらしい。
どうやら「グレンは実は死んでいない」と予想している人がいるようなのだ。

腸のポロリもニコラスのもので、グレンがポロリしたように見せた演出だ、とか、仲間が死んだときのエンディングが違うんじゃないかとか考えてる人がいるらしい。
もう、なんでもいいので「生きてる可能性」だけでも、ありがたくいただいておきたいと思います。アーメン。
とりあえずダリルが生きてるうちは私は大丈夫です、ハイ。

あーちょっと一言ずつ書くつもりが、うっかり長くなちゃって悪い癖だ。
本編後の特別映像で、ダリルがミショーンにブっチューしててワロタ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

Category: *海外ドラマ

Thread: 海外ドラマ(欧米)

Janre: テレビ・ラジオ

tb 0 : cm 2   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。