02 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

シネマ★コロポックル

サブカル女子÷おっさん=映画好きへっぽこ主婦

 

最新記事

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

『予定日はジミー・ペイジ』めでたいですかと訊き返す私はきっとおかしな人間なんだろう 

「性交をした。」
から始まるなんとも衝撃的な作品。著書は『八日目の蝉』や『紙の月』の角田光代さん。

これを買ったのはかれこれ4年前で。

今でこそシンプルライフやら断捨離やらに勤しんで極力物を買わないようにしていますが、4年前はまだこどもが2人だったこともあり、「物が増える恐怖」がそこまでなかったのです。
次男(3番目)を妊娠していた私は、角田さんの本で妊婦の話があると知り、積読本がいっぱい本棚に陳列してあるに関わらず買ったのだなぁこの本を。

この本、うっかり(望まない)妊娠の発覚に始まり、今にももう産まれる、という妊娠中のお話になっている。
日記のように、見出しが日付になっているので、作中の主人公と自分の妊婦生活を照らし合わせて読み進めていたのです・・・。
が、「予定日はジミー・ペイジ(の誕生日)」なこともあって、主人公の出産予定日は1月9日、私の予定日は9月・・・
なので9月×日のページに栞が挟まったまま、3年以上の歳月が過ぎました。
(ちなみに次男は帝王切開の手術予定だったのが、先に破水しちゃって緊急帝王切開でした(゚д゚))

ジミー・ペイジなんて名前くらいしか知らない私ですが、主人公はロックな生活をしているわけではないので私のようなロックに無縁なおばさんでも読むことができました!

ではでは毎度おなじみ脳内妄想タイムです。
(映像化はしていません。以下私の頭の中の人物イメージです)

主人公 マキ(安藤サクラ) 冷静で男っぽいけど料理上手。
夫 さんちゃん(大泉洋) 子どもができたと知って浮足立っている。純粋。
しげぴー (オダギリジョー) マキの昔付き合っていた

※相変わらずの妄想っぷりですが、映像化しません 笑

妊娠してからしげぴーに無性に会いたくなって、数年ぶりに連絡をとって会いに行くんだけど、何もかわらないしげぴーと、母になるマキがご対面したところで、何もロマンスは生まれないし、「あ、これじゃないな。」と急にマキは現実に引き戻されて、しげぴーへの思いは「思い出」として胸の奥へ。

さんちゃんはとっても妻思いだしいい人。でもマキは、さんちゃんのことは好きだけどちょっと冷めている。
夫婦の気持ちが50/50なんてことはなかなかないんじゃなかろうか。
どちらかが相手を思っている度数が高い夫婦がほとんどじゃないか。

「試そうと思ってした結婚の、お試し期間が終わるなんてことはずっとないのかもしれない、さあ本番ですよという感覚のないまま、赤ん坊がきて歳月が経って、子どもは成長し私たちは老いていって、それでもまだ、私はこの人との生活を「試している」と感じているかもしれない。」
すごく心に突き刺さる一句。
見透かされた気がして心の中で旦那にゴメンナサイですよ。
相手がいい人であればあるほど、油断してこういう気持ちが芽生えるかもしれませんねぇ。
さんちゃんはとっても赤ちゃんを楽しみにしているので、その愛情が本作の希望じゃないでしょうかね。

マキは望んだ妊娠ではないので、他のマタニティスクールでワイワイやってる母親や、ベビーグッズを一生懸命選ぶ夫を冷めた目で見ていたりといまいち実感がない様子。
気持ちはわからなくもないけど、赤ちゃんがちょっとかわいそう・・・(´・_・`)

角田さんはこどもがいらっしゃらないようなのです。
(後書きで、私自身は出産しておりませんので云々と書かれてた)
出産を経験していない角田さんにすると、このマキの赤ちゃんへのぎこちなくどこか冷めた感じというのが、自分に近い感情だったのかも。
出産を経験した人は、少なくともお腹の赤ちゃんを気遣って、「トイレに数時間も籠って夫にストライキ」・・・なんてことはしないだろう。(まぁ小説ですがね 笑)

この本に関してはそこまでグッとこなかったのだけど、また角田さんの小説を読みたいな~。
その前に、我が家の積読本たちをどうにかしなければ・・・。

自分の積ん読は数日に1冊しか減らせないのですが、今ブクマという本のフリマアプリでで、買えば買うほどクーポンをもらえるというキャンペーン中で困ってます。
5冊買ったら千円分のポイントがもらえるのです。なんてお得なんでしょう。
読んだ本を売りたいのに、買いたい本が増えていく・・・
しかもさらに、今日(30日)の18時まで、無条件に100ポイントもらえるというので断捨離が進みません(;д;)

興味を持った方は、無料ですのでブクマを覗いてみてください(^-^)
↓私の招待コードです。↓
02FE1
コード入力で、今なら300ptプレゼントです。
「ブクマ!」

私の角田光代さんのその他の感想はこちら
『Presents』モヤモヤしてる女性にオススメ本
『エコノミカル・パレス』若い男に金を出したくなっちゃう女の心情

もっと冊数読んでたのだけど、感想を書いてなかった・・・

安藤サクラさんね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

Category: *小説

Thread: 最近読んだ本

Janre: 本・雑誌

tb 0 : cm 0   

【Lalaland】夢追う女と愛を追う男・・・オタクの男は浮気しないってホント?笑 

アカデミー賞の結果を聞いて、観にいった人も多いんじゃないでしょうか。
【La・la・land】私も滑り込みで観てきました。
 ♠アカデミー脚本賞 のタグついてますが、受賞ではなくノミネートですのでお間違いなく・・・
lalalas-.jpg
主人公のセブはジャズオタクです。その趣味のせいで結婚できない!と姉になじられるシーンがあります。
オタクは浮気しない説があるとかなんとか・・・。

感想を書いてもいいのですが、世の中に本作の感想は溢れているし、今から感想を知りたい人はいないと思いますので、「映画館で観なくていいけど、DVDが出たら観ようかな?」程度に考えている方向けに書いてみようと思います。

Q.面白いの?
万人が面白いと思う作品なんて、そう数多くないと思います。
こればっかりは、「好き(合っている)か、嫌い(合ってない)か」が問題なのでは?と思います。
私は面白かったです。ただ旦那さんには薦めません 笑

基本的に若い女の子が歌ったり踊ったりする話なので、ゴリゴリのアクションやドロドロのホラーが好きという方は観ているのが辛いかもしれません。
ラブストーリーだし、男性は面白くないかも・・・みんな大好きおっぱいも登場しません。
(キスシーンは恥ずかしくなるほどたくさん登場しますが、親子で観て気まずくなるようなシーンはありません。)

誰と観る?
監督がジャズが好きということもあり、ジャズの小ネタやレジェンドの方々のお名前が登場します。
なのでジャズに詳しい方と観ると後で話が広がりそうですね。

また、監督の映画愛が爆発しておりまして昔の映画の小ネタがちょこちょこ出てきます。
なので50~60代のパパママ世代と観るも良しかと思います。
例えば主人公であるミアの叔母が古い映画の話をよくしてくれた、という件があったり、「あの建物の窓は【カサブランカ】で使われたのよ!」というお喋りや、ミアとお相手のセブが【理由なき反抗】の映画を観にいくシーンがあったり・・・。
特に【理由なき反抗】で使われた「グリフィス天文台」は、2人がダンスを踊るのに作中で長めに登場します。
年配の方々は、端々に見られる懐かしい映画のコネタにキュンキュンするかもしれません。


王様のブランチでは「若い女性に大人気!」と紹介されていましたが、女優に憧れがあったり、ダンスをかじっている方じゃないと深く楽しめないんじゃないかなぁと思いました。
それほど、映画のネタが多いです。ミアが映画好きな役柄なので、正直私もピンとこないこと多々あり・・・。
自分の映画の経験値の浅さにガッカリしつつ、DVDが出る前にカサブランカは観ておこうと。
もし私のつたない文章を読んで、ララランドDVDの前に「理由なき反抗」を観ようと思った女子高生がいたら、映画オタクとして将来有望ですね。

Q.恋人同士で観るのはどう?

これはネタバレになってしまうので、続きを読みたい方はRead More » をポチっとどうぞ。 → → → 
-- 続きを読む --

Category: ラブストーリー

Thread: 洋画

Janre: 映画

Tag: 2017  ライアン・ゴズリング    ♠アカデミー脚本賞 
tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。