09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

シネマ★コロポックル

サブカル女子÷おっさん=映画好きへっぽこ主婦

 

最新記事

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

【父、帰る】 

はい、かなり衝撃をうけた作品。
2003年ヴェネツィア国際映画祭の
金獅子賞と新人監督賞を受賞したロシア映画です。

父、帰る [DVD]父、帰る [DVD]
(2005/04/08)
コンスタンチン・ラヴロネンコ、ウラジーミル・ガーリン 他

商品詳細を見る

兄弟の前に現れたのは、12年前に出て行った父。

急に現れ、強気に息子達を振り回します。

なんで出てったの?

なんだ帰ってきたの?

なんでそんな強気なの?

兄弟も、みてるこっちも疑問だらけです。

でもそんなことお構いなしにストーリーは淡々と進みます。

正直、中盤は長くて、ご飯の支度をしながら見てたので

あまり記憶になく、静か~な映画と。


でもラストで衝撃です。


兄より父に不満を持ってた弟が、

「パパー!」と叫びます。

そして成長・・・。

成長せざるを得ないまだ幼い兄弟に胸が痛みました。



後で検索してみると、様々な一見無意味そうなシーンが
聖書、キリストの隠喩だったりするようなのです。
また機会があれば、照らし合わせてじっくり見てみたいと思います。
関連記事

Category: ドラマ

Thread: 映画感想

Janre: 映画

Tag: 2003 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chochopolix.blog.fc2.com/tb.php/105-24c651a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。