07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

シネマ★コロポックル

サブカル女子÷おっさん=映画好きへっぽこ主婦

 

最新記事

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

『告白』 

かなり前に、楽天のランキングで上位にあったので
本屋で手にとる。
やはりここでも上位に。
でも映画化は知らなくて、なんか自分ミーハーだ!と思い読めずにいたけど、
どうせなら映画始まる前に読もうと。
ちなみに帯に松たかこさんがいたので、もう読みながら洗脳 笑

告白 (双葉文庫) (告白 (双葉文庫) (
(2010/04/08)
湊 かなえ

商品詳細を見る


内容は、難しい表現もなく、いたって読みやすい。
普段読書しない人でもいけると思う。

中学校で起こった事故。
それが様々な人の視点で語られ、真相が明らかに。
帯にも書いてあるけど、かなり早い段階で、事件(殺人?)ということ、その犯人が明かされる。
従って、犯人を暴く推理を楽しむのではなく、関わった人間たちの心理を紐解いていく、という感じ。

第一章は高い評価をうけただけあって、話がよくできてる。
(この人の話はここに繋がるのか!みたいのが、清々しい。)


松たか子:中学教師(4歳の娘が学校で死ぬ)

少年A:頭脳明晰、友人なし(おそらく犯人?)

少年B:小心者、人目を気にする(おそらく犯人?)


以下、それぞれのサブタイトルも調べてみました。


第1章/聖職者(松たか子目線。教え子への最後の話)

   *聖職:神聖な職業、または天職

第2章/殉教者(クラスの女の子、委員長目線。少年Bの幼馴染。先生への手紙、新任の教師のこと)

   *殉教:信仰する宗教のために自らの命を捧げること

第3章/慈愛者(少年Bの姉目線。主に母の日記)

   *慈愛:親が我が子を愛しむような深い愛

第4章/求道者(少年B。妄想?)

   *求道:真理や境地を求めて修行すること

第5章/信奉者(少年Aが自分のウェブサイトへ載せた遺書)

   *信奉:ある思想、宗教などを最上のものとして信じて従うこと


学校での教師のあり方、いじめ問題など書かれていますが

軸になっているのは家族、母親の愛なのかなぁと。


松たか子の、死んだ我が子を思う気持ちと教師としての立場の葛藤。

少年Bの母の、「息子が全て」な過剰な愛。

少年Aを捨て、自分の幸せ(仕事)を選んだ母。


母としての目線で読んで、当たり前だがどの人ともかぶらないけど

すごく辛く、苦しい気持ちになった。



少年Bの母のとこは怖かったなあ。
世の中こんな人だらけなの?
決して悪い人ではないのに、なんだかイラつく存在。

(映画では木村佳乃さん)


欲を言えば最後の少年Aのとこは、正直飽きが・・・。
もっと中盤で読めると良かったかも。
内容が内容なだけに、気持ち悪くてくどかったー。

(ものすごいマザコン。それを指摘され、殺人を犯します)

終盤になると、「あとでとってつけた感」がちらほら・・・

でも、スパンっと潔く終わっています。


映画の空回り熱血教師は岡田将生さんですか!
ちょっとイメージとは違うような・・・それがいいのかな?
okadamasaki.jpg

やんちゃ先生出てくるのかな?

配役が気になります。


6/5から映画公開だそうですが

文庫本の帯が¥300割引券でした。

行かないから意味がない・・・。

行く予定の人は、このタイプを探したほうがお得ですね~!


監督は、「下妻物語」「パコと不思議な絵本」の中島哲也氏です!

パコと魔法の絵本 通常版 [DVD]パコと魔法の絵本 通常版 [DVD]
(2009/03/06)
役所広司、アヤカ・ウィルソン 他

商品詳細を見る

映画公式サイト↓

http://kokuhaku-shimasu.jp/index.html



告白 【DVD特別価格版】告白 【DVD特別価格版】
(2011/01/28)
松たか子、岡田将生 他

商品詳細を見る
関連記事

Category: *映画化

Thread: 読んだ本。

Janre: 本・雑誌

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chochopolix.blog.fc2.com/tb.php/133-eb14f375
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。