04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

シネマ★コロポックル

サブカル女子÷おっさん=映画好きへっぽこ主婦

 

最新記事

『ヘヴン』 

2010年本屋大賞6位です。


実はずっと読みたくて結構前に買っていたのですが

モタモタしてるうちに本屋大賞&芥川賞ノミネートで話題になっていたので
なんかブームに流されたみたい・・・と思い読むのが遅くなってしまいました。



主人公は中学生の男の子。

外見にハンデがあります。

毎日ひどいいじめを受けます。

チョークを食べさせられたり、
破いたボールを頭にかぶされ思い切り蹴飛ばされたり・・・



私は田舎の学校でしたので、酷いいじめみたいのはありませんでした。
女の子同士の派閥争いとか不良グループの暴走みたいのはありましたが

誰かをいじめるといっても変なあだ名をつけられるとか・・・
(竹の子ご飯という女の子がいましたΣ(゚д゚;))


今は実際こんないじめがあるんでしょうか。
いや、あるから自殺する子がいるんですよね。

この本でも自殺について悩む主人公がいます。


途中のいじめのシーンや、いじめグループの一人と話すところは
救いようがなく、苦しい気持ちになりますが
ラストは悲しい終わり方ではありません。

それに、この主人公には1人だけ友達がいて、支えになっています。
(その友達との関わり方も考えさせられる点なのですが)


中学生目線で書かれていますので、難しい漢字や表現もなく、スラスラと(私は2日で)読みました。

何箇所か自慰行為について書かれているので
親が中学生の娘に読ませようと思うのは厳しいかもしれません。
でも中高生が、いじめについて考えるののに読む分には、読みやすいレベルです。


普段から本を沢山読まれてる方には、物足りなさや不憫を感じるかもしれません。
確かにいじめの表現はずごいのですが、周りの話の進み方というか包み方がイマイチな感じでした。
同じ内容の会話が何度も繰り返されたり(わざとでしょうが)ちょっと飽き飽きしました・・・

若い頃は全然本を読まなかった とある本でおっしゃっていました。
そういう甘さがあちこちに出てるかもしれませんね。


川上さんは、若い頃歌うたいだったそうです。
これで、芥川賞もらってます。
乳と卵 (文春文庫)乳と卵 (文春文庫)
(2010/09/03)
川上 未映子

商品詳細を見る


ポチっとしていただけたら幸いです。

関連記事

Category: *小説

Thread: 読んだ本の紹介

Janre: 本・雑誌

tb 1 : cm 1   

コメント

トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

藍色 #- | URL | 2013/02/08 17:40 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chochopolix.blog.fc2.com/tb.php/198-5c5b4656
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ヘヴン」川上未映子

衝撃的感動!芥川賞受賞後初の傑作長篇。 「苛められ暴力を受け、なぜ僕はそれに従うことしかできないのか」頬を濡らすあてのない涙。14歳の苛めを正面から描き、生の意味を問う

粋な提案 | 2013/02/08 17:07