07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

シネマ★コロポックル

サブカル女子÷おっさん=映画好きへっぽこ主婦

 

最新記事

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

【フローズン・リバー】 

フローズン・リバー [DVD]フローズン・リバー [DVD]
(2010/12/10)
メリッサ・レオ、ミスティ・アップハム 他

商品詳細を見る


「人に与え、与えられるのが人生」
これはモホーク族(インディアン)の格言だそう。

人に優しくすれば優しくされ、
冷たくすれば冷たくされ、
愛情を持って接すれば愛される。
まさにその微妙なバランスを表現した映画。


主役はアカデミー賞で「Fxxk」発言をしてお茶の間を騒然?とさせた
メリッサ・レオ
imagesCAM0TWLX.jpg
はい、「ザ・ファイター」の人です。
(見てなくてすみません)


こんなにお美しいのに本作ではギャンブル狂いの夫に逃げられ
トレーラーハウスで2人の息子と細々と暮らす母親レイ・・・
merissareo.jpg

そして不法移民を密入国(凍った川を車で渡す)させるという
危険な仕事をするモホーク族の女、ライラ。
彼女もまたこの仕事で夫を失い、義母に子供をとられていた。

子供を取り返して親子の生活がしたいライラと
家を買ってまともな生活を子供にさせたいレイ。
2人は捕まるかもしれないのを覚悟で闇の仕事に手を出す。

この映画は男性ならイライラして見てしまうんじゃないかと思った。
「こうなったのも自分のせいでしょ」とか
「そこでどうしてそーするの」といった行動を、ことごとく女2人がやってのける。
ライラは目が見えないやら言い訳になることを探してばかり。
レイは「こんなに頑張ってるのよ!全部旦那が悪い!」といわんばかりの態度。
(でも息子いわく、レイが旦那を銃で撃ったから出てったとか・・・。)
見てていらつかないわけがない。

ところが、悲しき女の性、わかってしまうのだ・・彼女らの辛さが。
子を持つ女性なら尚更じゃないだろうか。

少し生活の歯車が狂うと、心に余裕がなくなって
感傷的になったりヒステリックになったり。
「こんなにあなた(息子)のことを想っているのに・・・」
ハイ、重荷ですネ。

息子であるTJは学校をやめて働きたいと言い、
(15歳前後だったかな?)
歳の離れた弟の面倒を良く見てくれ、
クリスマスに遅く帰ろうが朝食がポップコーンだろうが文句ひとつ言わない。

オレオレ詐欺まがいのことをしたり
友人に盗みをお願いしたり(それも弟へのプレゼント)
思春期に父親が蒸発した家庭で、その程度の「荒れ」で済んでるのは
今まで母親がたくさん愛情を注ぎ、頑張っている後姿を見てきたからジャマイカ。
ウンウン、と自分にも言い聞かせております・・・。

ラストはちょっと出来すぎ感があるハッピーエンドでしたが。
あれで不幸オチだったら息子たちがかわいそうすぎなのでよしとしまーす。


モホークといえば、これもモホーク。
いやああああかわいいいいええうううう!


こちらも移民の話。
関連記事

Category: ドラマ

Thread: ★おすすめ映画★

Janre: 映画

Tag: 密入国  メリッサ・レオ  先住民  2008  ♠アカデミー脚本賞 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chochopolix.blog.fc2.com/tb.php/203-7522748a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。