09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

シネマ★コロポックル

サブカル女子÷おっさん=映画好きへっぽこ主婦

 

最新記事

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

【ペルシャ猫を誰も知らない】 

ものすごく衝撃を受けた。
車に愛犬を乗せているだけで警察に停車を促され、
「(犬を)見せろ」と言われ、そのまま連れて行かれてしまうのだ。
犬を我が子のように可愛がっている人だったら・・・

ところがこれはイランの法律である。
この国は犬を外へ連れ出すことが社会のルールとして成り立っている。
その国で暮らすには、その国のルールに従わなければならない・・・
知らなかったから、では済まされない。


イランのことなんて、ニュースで紛争が起きていることくらいしか知らなくて
この国のエンタメ界がどう、なんて考えもしなかったのだけれど
もちろんお察しのように外国かぶれの音楽は基本的に禁止されて。
音楽、映画、他の国のお酒などの娯楽は国の検閲が必要である。
もちろんそんなこと初耳。

ところが音楽をやりたい若者はどの国にもいるわけで、
この映画は実際のミュージシャンが亡命する際に
ドキュメントタッチ(しかもゲリラ撮影)で行われたものである。
*例えば日本でいえば、「万引きの達人のドキュメント」を映画化するようなもの?

このバフマン・ゴバディ監督、以前にも【亀も空を飛ぶ】という
戦争孤児の作品を撮っており、イランサマサマから目をつけられていたらしく
ゲリラ撮影はもちろん、このあとどこかへ・・・


この映画は音楽が大きなテーマになっているけど
音楽に精通していない自分が聞いて、かっこいいな、漲ってるな、と感じた。
牛舎?でメタルな曲を演奏したり、ボランティアで子供たちにギターを弾く。
それが、日本でのナマルルイ演奏とは温度が違って、
なんだろうな~自由への憧れ感がみなぎっている、と思った。

音楽が気に入ってサントラを購入した、という人も少なくない。
何しろ自分が迷い中。


クラブのシーンでは、ストロボピカピカっていう表現をよくみるけど
この映画ではなんちゃってパーティでの効果が瞬き風?でびっくり。
皆が踊るフロアは、ものすごく明るい 笑

映画の完成度を評価するには、やっぱハリウッド大作には敵わないと思うけど
ここにはリアルがあり、見て損はない。
最後に。主役の女の子がとてもかわいかった。

ペルシャポチ

ブログパーツ
関連記事

Category: ☆中東

Thread: ★おすすめ映画★

Janre: 映画

Tag: 2009  ♦実話が原作  イスラム教 
tb 0 : cm 2   

コメント

はじめまして^0^

はじめまして、コメントありがとうございます。
劇場での鑑賞うらやましいです!

現代の日本は、商業的なぬるい音楽がはびこってますので
TVの宣伝や売れるための曲作りより、悩み、苦しむ(いわゆる逆境デスネ)中での
音楽はガツンと、ドキドキしてしまいました。
近い将来、ぜひライブなんか見たいですね!

チョチョポリ子 #- | URL | 2011/10/19 16:54 [edit]

はじめまして

こんにちは!
この映画は劇場で観たのですが、
音楽ってこういう逆境の中から生まれたんだろうなぁと思わせてくれました。
いつか、彼らが自由に活動できる日が来てほしいですね

ぷっつん #- | URL | 2011/10/19 12:09 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chochopolix.blog.fc2.com/tb.php/230-3a6c0215
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。