07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

シネマ★コロポックル

サブカル女子÷おっさん=映画好きへっぽこ主婦

 

最新記事

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』DQNネームの13歳、親の顔が見てみたい。 

悲しい人生を歩んだ「海野藻屑」との〝道を踏み外した〟友情の物語。
嘘が悪いのではない。
そうなるようにした周りの大人が悪い。


冒頭、殺人事件の新聞記事から始まる。
けれど本書はミステリーやサスペンスといえばそうでもなく、
思春期の淡い恋や壊れそうな友情や将来への不安とか
そういったものがごっちゃになった青春小説・・・?

殺されたのは「海野藻屑 13歳」
このヘンテコな名前の彼女の死体の発見者が、本書のヒロインである。

転入してきた「海野藻屑」は初対面のヒロイン山田なぎさに「死んじゃえ」と言ったり
「ボクは人魚」と言いながら足を引きずって歩いたり
いつまでもなぎさの名前をフルネームで呼んだり、とにかく変。

この明らかにクラスで浮いてる存在の藻屑に
一番関心が無く冷静に客観視していた山田なぎさが惹かれ、巻き込まれてしまう。

藻屑はとにかく嘘をつく。
簡単に崩れ、人を殺す威力はないのに不快にさせる「砂糖菓子の弾丸」を撃ちまくるのだ。
オオカミ少年がそうだったかのように、人は常に嘘をついていると他人に信用してもらえなくなる。
けれど、それをわかった上でわざとに嘘をついているとしたら?
辛い現実から逃避するために、嘘をつくしかないとしたら?

中学生って、自分は大人だと思い込んでいる立派な子どもだと思う。
変につっぱたり反抗したり、甘えなかったり。
読んでいてそういうもやもやした感情が、どわ~っと押し寄せてきた。
大人が少年少女の目線で文を書くと、たまに大人すぎる発言や古臭い言い回しがあったりして
「今時の子供、そんなこと言うか!?」と引いてしまう小説もたまにありますが
桜庭さんの文にそういった不快感はなく、素直に他の作品も読んで見たいと思いました。
直木賞の「私の男」もぜひ読みたい。


本書に「ひきこもりの兄」もでてくるのですが、イマイチ魅力が感じられなかった。
ひきこもりを王子と見るのは難しい。
もうちょっと掘り下げてほしかったかな。

余談ですが、最近子供に変な名前(人と違うのがいいとか)つける人多いですよね。
全てがそうじゃないですが、現実に虐待されたり殺された子供の名前は変な名前多い気がします。
こんなまとめもあるし・・・
おkブログ・子供にDQNネームをつけると早死にする法則
*このサイトに挙がってる名前と同じ名前の子、親がダメなわけじゃあありません。
 あくまでも例ですのであしからず。

もちろん「海野藻屑」も酷い名前です。親の顔が見てみたい・・・


気に入っていただけたらポチッ^0^


人気ブログランキングへ
関連記事

Category: *小説

Thread: 読んだ本

Janre: 本・雑誌

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chochopolix.blog.fc2.com/tb.php/244-9e3d3894
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。