09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

シネマ★コロポックル

サブカル女子÷おっさん=映画好きへっぽこ主婦

 

最新記事

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

『無趣味のすすめ』若輩者の私にも読めた「噛み砕きビジネス書」 

現在の日本は、数%の経済的勝者と、約2~3割を占める生活困窮者、
そしてゆっくりと衰退する膨大なグレーゾーンで構成・・・

ええっ!

「趣味などなくても良い云々・・・」というような内容の本かしら、
と勝手な思い込みで、目次を開いた私は焦った。
社会貢献、支持政党、顧客満足、金融不安・・・
私の対極にあるような四字熟語がこれでもかとひしめき合っていた。

以後、経済や社会情勢などとは無縁の庶民の目線で感想を書きます。

腹をくくって読み進めると、これ案外、なんだかスラスラいくな。
とっつきにくそうなサブタイトルたちとは裏腹に、とても読み易い。

村上氏は、自身の本の書き方についてこう書いています。

できるだけ正確に書く、という面白くもなんともない作業の繰り返しに過ぎない。
 中略
 何度も何度も読み返し、まるで偏執狂のように、余分な文章や言葉をそぎ落とし、
 足りないシーンや文や言葉を書き足していくという、地味といえばこれほど地味なものはない・・・
「ビジネスにおける文章」

そして文の正確さが最高峰に達すると、読み手を惹きつけられるとのことだ。

そうか、まんまと私は惹きつけられたのか・・・。

テーマは堅い感じがするのだけれど、必ずといって良いほど
中学生でもわかるようなレベルの話に置き換えて(例えて)説明を挿んでくれている。

>わたしたちは決断を迫られるとき、「何を犠牲にするのか」「何を捨てるのか」と問われている。
 今日の昼食をカレーライスにするかカツ丼にするか決めるときでさえ、
 経済力のある大食漢でない限り、カレーライスを選ぶ場合には、カツ丼は捨てなければならない。
「決断する力」


これがどう転がるのかというと、「決断には法則がある」のだそうだ。
日本の政治家や官僚たちが選ばれた際にふりまく喜色満面の表情、あれが理解できない。
優秀で、現状の困難さをわかってる人ほど、責任と決定権を与えられたら憂鬱になる・・・。
確かにそう思う。
言葉を鵜呑みにする私は、つっこみどころがなくまさにその通り、と思ってしまった。

このような経営や社会のことが書かれてる中で、
「好き」について書かれてる箇所が印象に残ったので紹介します。

>他人にわかりやすく説明できるような「好き」は案外どうでもいい場合が多い。

○○くんのどこが好きなの? 顔かな・・・
あのバンド、どこがいいの?・・・皆聞いてるから。

なんだかわからんけどたまらなく好きだ。
そういう気持ちってホンモノっぽい。


個人的には村上氏の「半島を出よ」が何度も例で登場したので
読んでみたいのですが、確か長いんだよな・・・


関連記事

Category: *その他の本

Thread: 読んだ本

Janre: 本・雑誌

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chochopolix.blog.fc2.com/tb.php/247-590fe0e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。