こどもが寝てからシネマ

サブカル女子÷おっさん=映画好きへっぽこ主婦

【パリ20区、僕たちのクラス】ひたすら授業の長廻しがリアル

きっとはっきり好みが分かれるであろう作品。
2008年のアカデミー外国語映画賞ノミネートです。

延々と教師と生徒の授業風景が映し出され、これはドキュメンタリー?と思うほど。
この長廻しに耐えられない人は、観るのを諦めましょう。
*最後までこんな感じです

主人公は本作の原作者でもあり、教員免許も持つフランソワ・ベゴドー。
彼は実際に国語教師として従事した経験からこの物語を書いたそう。

20区というのは、あまり治安が良いほうではなく、移民などが多く住んでいるようで
このクラスも様々な環境や肌の色、言語の子供が集まっており
文字通り国語の授業は特に大変。
わからない言葉が生徒それぞれ違うのでなかなか進まない、
また、フランス語に長けている子もいたりで、それで問題が起きたりも。
(この事件は、教師の好ましくない問題発言に始まるのだが)

問題児の親を学校に呼んでも、フランス語が通じないので空回り。

フランスのお国柄なのか、ここに住む子供だからかはわからないけど
教師と生徒、尊敬する側される側のような根本的な考えがないように見える。
教師のミスを生徒全員で吊るし上げる。
国や肌の色が違えど、こういうときは一致団結なのね・・・。

この映画を観ていて素直な感想は「ドキドキした」のだ。
子供たちの演技が妙にリアルで、教師の表情がリアルで
本当の授業を覗いているようだった。

話はなんの解決もないし、まぁ面白くはないよね。
面白さを求める人は評価に値しないと思うけど
けれどこういう国、学校がある、という知識を与えてくれた
ということで観て良かったと思える映画でした。

パリ20区の治安についてはこちらを参考にしました。
パリノオト

気に入っていただけたらポチッ^0^


人気ブログランキングへ
関連記事
ジル(@chochopolix)

Just let this happen. We just let this flow right out of our minds. Just relax and let it flow. That easy. Let's put some happy little clouds in our world.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://chochopolix.blog.fc2.com/tb.php/255-e9789229
← 【妄想少女オタク系】腐女子にはお薦めしません → 【ゾンビランド】草食系男子の自宅デートにオススメ映画