04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

シネマ★コロポックル

サブカル女子÷おっさん=映画好きへっぽこ主婦

 

最新記事

『あおい』この名前流行みたいですね 

これは2004年。
西加奈子さんの、27歳のときのデビュー作です。


「あおい」は主人公の名前ではない。
森の中で目に付いた、「タチアオイ」という名札にある。
主人公のさっちゃんは、生まれて来る我が子を「あおい」と名づけることにするのだ。

主人公のさっちゃんは、自己中で計画性がなく、友人の恋した相手も獲っちゃう
しょうもない女の子。
私は結構自分に似ている気がして笑 目を覆いたくなったけど
同年代の女性以外は、読んでて不快に思うかもしれない。

しょうもない女子が赤ちゃんができた瞬間、急に強くなるのだ。
(とってつけたような「お腹を庇った」の描写はいらんけど)

お相手の男の子がとってもキュートで好感が持てる。
バターをたっぷりぬったトーストを食べるとか
放した亀を池に連れ戻しにいくとか
少年の心のまま大人になって、でも芯がある感じ。

他に出てきた女性群は印象薄いかな・・・。


本作を読んでいて目についたのが
(カッコ)の説明が多すぎること。
例えば、「ミスタービーンに似てる男」の後に
(目鼻が寄ってて、動きがせわしない・・・)みたいな説明が長々と書かれている。
それがどうしても今後に必要な文ならば、カッコじゃなく文章として綴ればいいと思う。

けれど、本を読んでいて、「ミスタービーンに似てるってことは顔が濃いのかな?」
と思うのも
「動きが騒がしいのかな」
「笑い方が特徴的なのかな」
そうやって妄想できるのが小説であり、それでいいんだと私は思うんですが。
ストーリーが変わるわけじゃなければ、読者の想像でいいと思われる文に
(カッコ)での説明がうるさいな~と思いました。

それと引き換えに、マニキュアを爪でガリガリとしちゃうとか
食べたくもないホットケーキを注文するとか
恋人のメールを見てやりとりを想像するとか
そういう「女の子の感情描写」はうまいな~と思いました。
でもこれも若い女性以外は受け付けないのかな・・・。

散々書いといてナンですが、同時収録されていた「サムのこと」
こちらのほうが好きでした。
死んでしまった友人の「サム」のことを
皆で思い出し、語り合う話です。
短いですが、こちらの方がお薦めです。
関連記事

Category: *小説

Thread: 最近読んだ本

Janre: 本・雑誌

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chochopolix.blog.fc2.com/tb.php/283-9836d04b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)