04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

シネマ★コロポックル

サブカル女子÷おっさん=映画好きへっぽこ主婦

 

最新記事

【管制塔】ピュアな青春の極み!ガリレオガリレイ。 

ベタな内容ながら、透き通るような色をしている。
青いのではない。ただただ白い―――

そういえば去年、友人の影響でアニメを少し見るようになった。
(コミックは大好きなのですが)

映画でリアルな作品に、メルヘンなことを盛り込むと
なんか無理してる感じがあって、感情移入しづらかったりするんだけど
アニメだとスタートの時点ですでに「2次元」なわけだから、
少々無茶な設定や夢のある方向に進んでも、ウンウンと見れるのです。
(コミックを読むのも、映画のチョイスと真逆な設定の作品が多いです)

さてそんな2次元の世界に片足踏込かけた私が、昨年観ていたアニメが
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」

めんまちゃんに心揺さぶられた方々も多いはず・・・・。

戦闘シーンも変身シーンも出てこない、ノスタツジックな青春アニメ。
そのOP曲を歌っていたのが《Galileo Galilei》というバンド。

今年の1/25にアルバムが出たばかりだそうで。

彼らは北海道稚内出身で、モロにこの映画がシンクロされています。
稚内の雪の中で出会った2人が、楽器と出会い、音楽に挽きこまれていく。



映像はどこまでも無垢で、中高生の自宅デートにお勧めです。
67分と短いし、キスシーンとかの気まずいシーンもない 笑
ほんのり恋がよぎるのは、自転車の2人乗りや、バスでもたれ掛って眠る女の子。
これぞ青春の極み!!
いいなぁ学生!
ノスタルジックになれます・・・・・・。
(特に私は雪の中学校に通ったのでね)

それでも男の子は、クラスメイトにからかわれるのを覚悟で
欠席した女の子にプリントを届けるのだ。
そして転校を繰り返したせいか、強がって友人を作らない彼女の机に花が・・・。
怒ってそれを投げつけるか?!と思いきやそうでもない。
そっと後ろの棚に花瓶を置く主人公。
ここは妙にリアル・・・。

監督は【ソラニン】の三木孝浩氏。
(観てないのですが)
67分と短いので無駄なくまとまっていてなかなかいいんじゃないでしょうか。
これで80分とかあったらちょっと飽きそうですが。。。

ベタながら、少年が半べそでギターで歌うシーンは良かったよ。
うますぎもなく、音痴でもなく、じんわりしました。
この主人公を演じた「山崎賢人」くん、彼がすごくいい!
最近めきめきと頭角を現してきてるようですが
この作品での素人っぽい、青臭い感じがすごく好感が持ててイイので
大人になる前にたくさんの(良い)作品に出てほしいですね。

この作品での主演2人は、またも主演で映画が。
綾辻行人原作『Another』で、今年の夏には公開されるそう。
(アニメも現在やってるらしい)
もしかしてこの2人もしかしちゃう?



励みになります!
気に入っていただけたらポチッ^0^

人気ブログランキングへブログパーツ
ブログパーツ
関連記事

Category: 青春

Thread: 2011年映画感想

Janre: 映画

Tag: 2011  ♦北海道が舞台  橋本愛 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chochopolix.blog.fc2.com/tb.php/304-5545bf40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)