07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

シネマ★コロポックル

サブカル女子÷おっさん=映画好きへっぽこ主婦

 

最新記事

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

【夜になるまえに】キューバ革命を生きたある男  ┌(┌ ^o^)┐の壮絶な人生 

今回は┌(┌ ^o^)┐ホモォ 作品です。
キワドイ画像ありますのであしからず。

ちょっと難しい時代背景なので、goo映画さんから解説を拝借。
「1943年に生まれたレイナルド・アレナス(バルデム)は、作家を目指すと同時に同性愛に目覚めていく。
 処女作は評価されるが、やがてキューバ政府は芸術家や同性愛者たちを弾圧。
 危険も顧みず作品を書き続けたアレナスは、2作目の小説で世界的に名が知れ渡るが、一方カストロ政権への反逆児として、政府や警察から容赦ない迫害を受ける日々が続いた。」

ゲイが白い目で見られ、小説家が自由に表現を許されなかった時代に
頑張って自分を貫いて生きた男を、ハビエル・バルデム氏が熱演。
【ノーカントリー】で悪魔の男を演じたバルデムさんが、ほんとのゲイに見えるから不思議。
s-yoruni2.jpg
これは「ゲイには4つの種類がある」とお喋りしているとこ 笑

彼は詩人なので、詩を交えて話が進むので、映像=現実とは限らないのです。
彼の頭の中の妄想も映像になってたりするので、海の中での
s-yoruni.jpg
こんなシーンも、2秒後にはちゃんとパンツを履いた映像に戻ります。
てかこのご時世にフルチンでつね!!

彼の人生は壮絶で、ゲイというだけで無実の罪を着せられ(泥棒に、犯されたと言われた)
刑務所に入れられるが、脱獄。
でもバレて、もっとヒドイ所へ収監!!

そこで出会うジョニデさん
s-yoruni3.jpg
お姉さん、髭はえてるよ!!

彼女(彼?)は、ケツに何でも隠して運んでくれるという秘技を持っています。
↓筒状に丸めた原稿用紙を挿入しているところ
s-yoruni4.jpg

まぁ、これもばれてしまい、バルデムは酷い仕打ちを受けるのですが
得意の妄想力でなんとか気が狂う寸前で助かります。
そのあと登場する刑務所のお偉いさん↓
s-yoruni5.jpgん?
なんか見たことあるぜ?
ここでのやりとりも妄想でぶっとんでます。

ようやく出所し、1980年にNYへ。
生涯の友ラサロと共に、自由な日々を過ごす。
ところがエイズが発症、1990年に自ら生涯を終えます・・・。

まぁ、10年間はそれまでの人生が報われたというか、少しは幸せな日々だったと思います。
(残念ながらラサロとのウホッなシーンはなく、プラトニックに描かれています)
ラサロは美しい青年で、最後は献身的に看病、身の回りのことにも尽くしてくれ、
上記には自ら生涯を終えた、と書きましたが、実際はラサロが手を加えるんですよね。
「死にたい」と願うアレナスに、最期に手を貸す様子は、見ててほんと苦しかった。
バルデム氏は減量してげっそり、すごい役者魂。

そんな男前~なラサロことオリヴィエ・マルティネス氏
olivier.jpg
髭はちょっと濃いけど正統派イケメン。
モテそう。

そんな彼の最近の画像を探してみたら、なんだかおっさんになってたwww
cinemacafe.net←見たい人は自己責任でどうぞ^0^
(何やらハル・ベリーと婚約したそうですよ~)


・・・とまぁきつい内容ではありますが、良質な映画で結構好きでした。
好き嫌いはあると思いますが・・・(うちの旦那は途中で観るのやめると思う)
そうです、私はバルデム氏が好きなのであります!!

励みになります!
気に入っていただけたらポチッ^0^

ブログパーツ
人気ブログランキングへブログパーツ

関連記事

Category: ドラマ

Thread: 心に残る映画

Janre: 映画

Tag: 2000  ♦実話が原作  LGBT 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chochopolix.blog.fc2.com/tb.php/372-30f0f755
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。