09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

シネマ★コロポックル

サブカル女子÷おっさん=映画好きへっぽこ主婦

 

最新記事

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

【ボーイズ・オン・ザ・ラン】当時45歳のYOUがあんなことやこんなことで破廉恥やの 

モテないへなちょこ男子の代名詞といえば、最近では【モテキ】でしょうが、
ちょっと前は違いましたよ、ヘタレのカリスマといえば花沢健吾大先生!!
昔アルバイトしていた飲食店でビッグコミックスピリッツを買っていて、
休憩中に読んだ『ルサンチマン』でショックを受けたおぼえがあります。
(当時は花沢先生を知らなくて、だいぶ後で知ったのですがね)

去年新装版が出たばかり↑

そんな花沢先生の作品『ボーイズ・オン・ザ・ラン』がそのまま実写化。
主演は銀杏ボーイズの峯田和伸、正直漫画版よりモテなさにじみ出てて凄い。
(歌う彼はかっこいいのですが、ストーリーが凄すぎて・・・)

最近では関ジャニの 丸山隆平さん主演でドラマもやってました
簡単な内容はというと、好きになった女の子を、自分の大失態のせいで
ライバル会社のイケメンくんにとられてしまうというどうしようもない話です。

しょっぱなから喘ぎ声、テレクラ(って今もあるの?)でセイウチに会い、
好きな子の友人とあんな事してたのがバレ、嫌われた挙句に
大人のおおちゃ屋さんで好きな子&イケメンカップルに遭遇してしまうというね・・・
もう救いようがないとうかほんとしょうもない。

イケメン役は松田龍平氏だったので、もっとわかりやすいイケメンでもよかった気はするけど。
(彼は曲者役が多いのでね)
主人公が好きになる女の子は、黒川芽衣さんという結構な本数の映画に出てる女優さん。
今年公開の【横道世之介】にも出るようですが、名前はまだあまり売れてないのかな。
始めのほうの垢抜けない感じはすごくイメージにあってましたが、
ちょっと悪ぶって茶髪にしたり煙草吸ってみたり、というのは似合わなかったなぁ。
もっと悪そうに見えればいいのに、「あ、垢抜けた?」という風にしかww
(ドラマではアッキーナだそうで、それよりかは合ってると思う)

一番びっくりしたのが好きな子の友人役のYOUですよ。
いわゆる風俗嬢なんですが、嬢つっても当時45歳、ちょっと無理がアルかな・・・
一方同じ役をドラマ版のほうはサトエリ、こちらのほうが納得。

仕事で慣れてるとはいえ、友人とどうにかなりそうな男性とあれこれできちゃう女、
恐るべし・・・(主人公はこのあと神の裁きを受けますがw)


作品全体の感想は、忠実に実写化した、という感じですかね。
特に【モテキ】のようなアレンジ感もないし。
原作コミックを読んで満足してる人はわざわざ観なくてもよいかな。

銀杏BOYS(峯田和伸)の曲がエンディングに使われていると、
それだけで本編部分がラストへの膨大な「フリ」に感じてしまうような、
2時間弱の長いPVをみているかのような感覚になります。
それだけ曲の個性が強すぎて、映画が霞んでしまうのが難点かと。

それでもいい、YOUの太もも拝みたい、という方はぜひご覧あれ。



ブログパーツ
人気ブログランキングへブログパーツ
関連記事

Category: シニカル

Thread: 日本映画

Janre: 映画

Tag: 2009    ♦コミック原作  松田龍平 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chochopolix.blog.fc2.com/tb.php/398-31b561b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。