こどもが寝てからシネマ

サブカル女子÷おっさん=映画好きへっぽこ主婦

【脳男】乳を揉むサイコキラー二階堂ふみちゃんに拍手。(若干ネタバレ)

【脳男】の試写に行ってきました。
s-nouotoko.jpg
原作は江戸川乱歩賞を獲ったサスペンスというので期待大で。
(私は原作は未読なので、原作との比較ではなくあくまでも映画の感想です)
辛口気味なのでファンの人はごめんなさい。
コミックは1月30日発売

まず率直な感想。
・長い(125分はあり得ない。もっとスピード感出して110分くらいにしてほしい。)
・松雪姐さんの喋り(説明)が多すぎ
・あんちゃぁん(江口)がコ汚い。声でかい。浮いてる。

長いと感じた1番の理由は、ストーリーの1から10までを全て描いてるんです。
映画なんだから、7割見せて観客をハラハラさせたり、3と5はとばして・・・な
引き算も必要だと思うんですが、10までみせて、さらに付けたしまでしちゃってる。
しかもいちいちマリコ(松雪)の解説付き。
まるで主役は脳男ではなくマリコ先生になってしまっている・・・

江口さんはもうこういった役は見飽きたというか、「感情のない男」との対比で
あえて感情むき出しの熱血刑事を演じてるんだろうけど、ちょっと違う感がふつふつ・・・


登場人物
鈴木(脳男):生田斗真(殺人ターミネーター)
マリコ先生:松雪康子(精神医)
茶屋:江口洋介(熱血オラオラ刑事)
緑川:二階堂ふみ(サイコパス・無差別ダイナマイトキラー)

無差別爆破事件が起き、犯人と思われる緑川のアジトにいたのが鈴木。
んで容疑者として捕らえられ、あーでもないこーでもない検査(精神鑑定)の毎日。
で、進めていくうちに彼が犯人ではなく、「犯罪者に制裁を下す殺人マシン」であると気づく。

って、ここまで公式HPにもあらすじ書いちゃってるんですよ。
サスペンスって、あらすじバラすものだっけ?
じゃあ登場人物の心理を細かく描いてるかと言えば、鈴木は「感情がない」のが特徴なので
そういったシーンもないわけです。
ただ、生い立ちと、昔のトレーニングをみせられるという・・・。

生田くんはジークンドーや修斗で鍛えたそうなので、相当凄いアクションが!?
と思いきや、比較的開始すぐの懲らしめシーンの後、飯食ったり歩いたり・・・
たまに腕立てして、山登って・・・終盤の見せ場が江口おじさんとの小競り合い・・・
せっかくあんな俊敏な動きができるんだから、過去に制裁した方々の諸々もちゃんと見せてほしかったなぁ。
あんなオバハンの舌切るシーンはいらんので。
(隣の女子高生は開始すぐのこのシーンでゲッソリしてた)

s-nouotokofumi.jpg
精神異常者?の緑川は、映画では女性ということで二階堂ふみちゃんが頑張ってました。
ただ、なんというか頭おかしい感じはあまりしなくて、後半は特に普通の元気な犯罪者な感じ。
よっぽど最初の方の淡々と、じめじめっとした雰囲気で最後までやりきったほうが良かったような。
でも相方(太田莉菜・松田龍平の嫁)との接吻やら乳揉み、頑張ってました。拍手。
(服は着てますが、このシーン気まずかったら親子で観れないね)

*****
以下、ネタバレ書きますので、辛口悪口読むぞ~という方は下の「腑に落ちないシリーズ」をどうぞ。


ブログパーツ
人気ブログランキングへブログパーツブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
まず腑に落ちない①
最初のほうで、「息子を殺された母親と、その犯人を会わせて云々」という実験の話が出てきます。
映画には、身内を殺された者、身内を殺した者、身内を殺した者を殺した者、身内に目の前で死なれた者、
いろんな人が登場しますが、「息子を殺された母親」はマリコ先生の母親です。
その母親が、息子を殺された心を病んで、100kg越えの巨体になってます・・・
(心を病んで躁鬱になったり、激やせ、ならわかりますが、お菓子ムシャムシャって・・・)
 ※この↑心を病んでお菓子ムシャムシャについて、後に「心の病気で過食になることがある」と知りました。
 このことについて「精神のことを理解していない」と以前コメントされたのであれば、ごめんなさい。


そもそもマリコの歳の離れた弟、という設定に無理がある。
(殺された事件がいつだったかは失念してしまいましたが、当時10歳くらい)
設定ではマリコ先生は32歳、松雪さん40歳、どうみても息子・・・

さらにその弟を殺した犯人の心のケアをマリコがする、という話までねじ込んでる。
(原作にあったら申し訳ないですが、ウィキでは見当たらなかったので、映画のみかと)
その青年役は染谷将太くんで、ちょっとした展開もあるのですが・・・

マリコの母親いらなくね?マリコの息子、でよくね?

腑に落ちない②
爆弾魔2人の心理状況がほぼない。
緑川に相方(松田嫁)が依存ししてるのはよくわかるけど、2人がどうやって出会ったか謎、
緑川が犯罪者になるまでの工程も、台詞でちょろっと告げられるだけ。

腑に落ちず③
緑川が鈴木とマリコの会話をずっと盗聴しているけど、なんの為にやってるか謎。
鈴木の生い立ちを聞いて、共感して仲間になりたいならわかるけど、結局対決してるし。

腑に④
緑川にとどめを刺すのがアイツである。
感情むき出し!!

腑に⑤
鈴木が最後に殺した相手へのとっかかりがチンケである。凡人すぎる。
天才なんだからもっと気づくきっかけはあると思うのだが・・・

腑に落ちないラスト!!

メールが来るんです、マリコのとこに・・・
正直、そんなのいらんです。
直接会ったら○○が死んでた、でいいし、
実はこいつも犯罪者だった、ってわかるのも、後の報道とかでいいと思うんす。
全部マリコにやらせすぎ。
最後の電話もいらん。殺人マシンなのに人間味ありすぎて変。
(ふと街で見かけた、程度でいいと思う)

バレバレもあれなんで、わかりにくくしました↑
気になる人は劇場へ。

キング・クリムゾンのエンドロールはすごくかっこよかった!
なんで劇中で使わないのかな・・・
関連記事
ジル(@chochopolix)

Just let this happen. We just let this flow right out of our minds. Just relax and let it flow. That easy. Let's put some happy little clouds in our world.

10 Comments

汁”(@chochopolix) says..."コメントありがとうございます。"
理性をコントロールできない者は一生そのままですね、志村恐ろしいです。
この作品で、人気のあるタレントさんの邦画は、気を付けて感想を書かないと叩かれる事もあると学びました。
私の一つの意見(感想)に否定的なコメントが多い中、賛同してくれる方がいてくださって嬉しいです。
(否定したい場合は怒りをぶつけたいので手間暇惜しまず書き込みすると思いますが、わざわざ肯定意見で書き込むのは面倒だと思うのでとてもありがたいです)
今後とも細く長くよろしくお願いします。
2015.06.25 15:28 | URL | #- [edit]
says...""
おいらは精神科医ですが、
ここの映画はたしかに残念!な出来でした
唯一良かったのは志村が全然更生できてなかった点だけリアリティあったということです
それ以外は素材のよさを考えると残念なったなー
ブログぬ主さまに本当同意します
2015.06.15 00:49 | URL | #CjlWd7YA [edit]
汁”(@chochopolix) says..."Re: ぽんぴんさま"
温かいお言葉ありがとうございます。
返信が遅くなり申し訳ございません。
今過去記事を読み返すと、悪い面ばかりほじくって器のちっさい人間でした、私。
自分自身、好きな作品を悪く書かれてるとイラっとします。

今後、邦画は特に気をつけて感想を書いていきたいと思います。
2014.09.25 17:43 | URL | #- [edit]
ぽんぴん says...""
批評するのって楽しいですよね
その気持ちはすごくわかります
でも、それが的外れだと周りは
「何?批評家気取り?恥ずかしっ」
ってなると思うのです。

悪い所ばかり探すのではなく、素直な気持ちで鑑賞する態度も大事かと

2014.03.18 22:56 | URL | #- [edit]
チョチョ says..."Re: のぶ。さま"
私めのようなレベルの低いブログに、ご意見わざわざありがとうございます。
返信が遅くなってすみません。
今後の参考にいたします。
2014.01.30 15:03 | URL | #- [edit]
のぶ。 says...""
いろいろ言いたいことあるけど
精神の事理解しなさすぎの自己満足な文章ありがとうございます

人間の心理描写が一秒一秒にこもっててとてもいい映画でしたよ

あなたは精神病患者を一秒たりとも見たことも理解しよーともしたことがない人だとゆーことが文章でわかりました。

以後、そゆー偏った意見感想をひけらかさないように願います。
2013.10.30 01:50 | URL | #- [edit]
映画天国 says..."いじめ"
園子温監督、二階堂ふみ主演で、

社会問題である「いじめ」をテーマにした映画を撮ってほしいです。
2013.05.29 21:10 | URL | #EQxHYSTw [edit]
チョチョポレフ says..."おふみさま"
コメントありがとうございます。

> 二階堂ふみちゃんに演じてほしい役
>
> ①発達障害の弟を持つ姉
弟役が演技下手くそだとゲンナリしちゃいそうですね。
ふみちゃん本人にも挑戦してみてほしいです。
>
> ②日本版「スタン・ザ・フラッシャー」のヒロイン
>  (セルジュ・ゲンズブール監督の遺作の設定を、現代日本に置きかえてリメイク)
 題名・監督名共に無知でした。面白そうな作品ですね!日本だと、監督は誰がいいでしょうか・・・
 
彼女は割と「元気な女の子」役が多い気がしますので
個人的には鬱々とした役、大人しい役も観てみたいと思っています。
2013.04.17 10:55 | URL | #- [edit]
おふみ says..."ナターシャ"
二階堂ふみちゃんに演じてほしい役

①発達障害の弟を持つ姉

②日本版「スタン・ザ・フラッシャー」のヒロイン
 (セルジュ・ゲンズブール監督の遺作の設定を、現代日本に置きかえてリメイク)
  
2013.04.08 21:08 | URL | #C.Do8VSg [edit]
隣人13号 says..."心の平和"
世界中の「頭がおかしくなっている人たち」を救いたいと思いました。

すべての人の心に、平和が訪れますように。
2013.04.03 21:28 | URL | #C.Do8VSg [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://chochopolix.blog.fc2.com/tb.php/408-cff6e184
← 【半分の月がのぼる空】池松くんが齢をとると大泉洋になるらしい → 【青空ポンチ】遅れてきた青春は、恥かしがらずに受け入れましょう