こどもが寝てからシネマ

サブカル女子÷おっさん=映画好きへっぽこ主婦

【半分の月がのぼる空】池松くんが齢をとると大泉洋になるらしい

北国が生んだ大スターが出てるので観てみました。

原作は俗に「ラノベ」と言われている作品です。
桜庭一樹・米澤穂信さんもwikiのラノベの頁に名前があります。
ラノベの定義ってなんでしょうね。
表紙がアニメっぽくて、比較的安価、現実味がないこと・・・
私が子どものときはそんなんだった気がします。
(ちなみに私は『ゴクドーくん漫遊記』の外伝が好きで、買って読んでました!歳がバレる・・)

でも知らない間にこんなラノベっぽくない作品も出るようになったんですね。
(この作品は刊行された2003年時、異色と呼ばれたようですが)
ちなみにラノベ、コミック、アニメ、ドラマ、実写映画とすごい人気です。
シンプルなハードカバー版も出てます

病気で入院してる若い男女の恋愛モノです。

裕一:池松壮亮
里香:忽那汐里

夏目医師:大泉洋

ネタバレというわけではないのですが、大泉氏は池松くんの大人になった姿です。
大人になり、若かりし頃の出来事を思い出してるわけであります。
だけど、大人になっても里香は忽那汐里ちゃんなので
なんか、全然老けないね・・病気でも私より肌ツヤツヤね・・・なんて嫉妬したり。
大泉さんと忽那汐里ちゃんはちょっと無理がないかい!?
まぁ、大人になった裕一の心の中ではあの頃のままです、とでも言いたいんでしょうが。

強気な里香にあれこれ命令され、いろんな問題を起こしたりするんですが
クラスが一緒になっただけで恋に落ちちゃう年齢ですもん、
狭い「病院」という空間で同世代というだけで、十分恋に落ちちゃう・・・
中盤はワイワイ楽しくやってますが、終盤は結構辛い(お涙チョーダイ)です。
「ワイワイやってる」というのがとても大事で、楽しむ=生きる事に一生懸命なわけです。
それゆえに変に「私病気なのっ辛いっ」って言っちゃう作品より悲しさ倍増なのです・・・

みんなでワイワイ観る作品ではないかな・・
池松くんカッコイイっしびれるぅっっていう感じでもないので(お調子者な感じ)
女の子同士で観るのも・・・やっぱ中高生のカップルさんにお勧めです。
ただ、119分とちょっと長いので、飽きちゃうかもね・・・

最後の最後はキッスシーンで終わります(ハァハァ)ので
どさくさ紛れに彼女にキスしたいダンスィくんはぜひ119分耐えてくださいw
彼女がうるうるしてたらビンタされるかもしれませんが・・・。


ちなみに監督は深川栄洋氏、【神様のカルテ】【ガール】の監督です。
【神様のカルテ】は2014年に続編やるみたいです。
(観てませんが!)


ブログパーツ
人気ブログランキングへブログパーツブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
ジル(@chochopolix)

Just let this happen. We just let this flow right out of our minds. Just relax and let it flow. That easy. Let's put some happy little clouds in our world.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://chochopolix.blog.fc2.com/tb.php/409-6e2a7b85
← 『完全なる首長竜の日』佐藤健×綾瀬はるか×黒沢清で映画化 → 【脳男】乳を揉むサイコキラー二階堂ふみちゃんに拍手。(若干ネタバレ)