09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

シネマ★コロポックル

サブカル女子÷おっさん=映画好きへっぽこ主婦

 

最新記事

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

【ボルベール〈帰郷〉】頑張っている全ての女性に観てほしい。 

これほどまで男性には理解できないであろう作品があったか・・・
(女友だちとキャッキャするような低俗作品を除いてネ)

なんと監督は男!(まぁゲイなんですが・・)よくまぁ女心をおわかりでらっしゃる。

タイトルの「VOLVER」はタンゴの曲名で、作中にもペネロペ自身が熱唱するシーンがあります。
故郷のこと、母もしくは娘のことを思う人は胸を打たれるシーンに思う。
なので「娘が成人して家を出た母」「母親として四苦八苦している人」
「一人暮らしで頑張ってる女性」「母娘でいざこざがあった人」・・・なんかに観てほしい。
きっとそれぞれの人にグッとくるシーンがあると思います。

舞台は監督の故郷で、アルモドバル監督お得意の色彩豊かな映像と
スペインの風景やファッション、雑貨達と相まってとても綺麗です。

ペネロペは美しいながらも中学生くらいの娘を持つ肝っ玉母さんという感じ。
この「肝っ玉」=「強い女性」がとても重要。
ペネロペ以外の女性たちも皆魅力的です。

旦那は「仕事今日で首になった~」といいながらビール片手にTV鑑賞。
あ~それは怒られますよ・・・


ストーリーはサスペンス風なおったまげる出来事から始まります。
けれど、こういう時母親って妙に冷静にテキパキ行動したりするのよね・・・
(私が小6の時、祖父が脳卒中で倒れた際の祖母の対応は妙にテキパキしていたのを思い出した)
そして、普通ならその出来事で2時間ドラマが1本撮れそうな出来事のはずが
日常の出来事のように日々の浪間に埋もれて見えなくなっていく・・・

他人の日常なんて観ててもつまらなそうですが、そういうわけでもなく
映画なので多少のドラマ性はありますが、妙に納得するというか。

あれだけ大嫌いで疎遠になっていた母親とも、数年ぶりに顔を合わすと
毎日一緒にいたかのように仲良くできたり・・・
男性には理解しがたいかもしれません。

美しいペネロペですが恋愛の匂いは今回は皆無です。
ある若い男性が作中に登場するので、もしや・・・?とも思ったのですが
さすが肝っ玉母ちゃん、仕事をこなし娘を愛し、恋愛なんぞに目もくれず。

Amazonで見るとサスペンス・ミステリーに分類されていてびっくりしたのですが
ある女性の生き方のドラマとして、観てほしいと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

Category: ・スペイン

Thread: ★おすすめ映画★

Janre: 映画

Tag: 2006    (監督)ペドロ・アルモドバル 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chochopolix.blog.fc2.com/tb.php/417-d3f4532e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。