04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

シネマ★コロポックル

サブカル女子÷おっさん=映画好きへっぽこ主婦

 

最新記事

【命の相続人】命を削って命を与える(ただし他人に限る) 

Gyao!でちょいとレビューが良かったので(息子が学校で使う雑巾縫いながら笑)観てみました。
【命の相続人】(原題:EL MAL AJENO)

主演はスペインの濃い顔イケメン「エドゥアルド・ノリエガ」氏、お医者さん。
(シュワちゃんの新作【ラスト・スタンド】にも出演する模様)

「患者に最善は尽くしても、深入りしない」がモットーの医者ディエゴ。
ある日、重病患者の恋人と揉め、撃たれる・・・が、生きていた。
その日を境に不思議なことが。

「不思議なこと」というのは怪我や病気を治す力なので、一見ファンタジーっぽいですが
その他の要素は辛いこと悲しいこと満載で、正直ファンタジーっキャハハ☆どころじゃないです。

うまい具合に伏線がひかれ、107分と短い中にホロホロと謎が解けていくので
静かで淡々とではありますが飽きずに観れました。
まぁ、わかりやすいストーリーです。
ヘンテコなカテゴリ分けされてる事もあるみたいですが、サスペンスという感じではないな。
(amazonのスーパーナチュラルスリラーってなんだ?)


ネタバレしてしまうと、治癒能力は「自分の愛する者の命」と引き換えなんですよ。
んで自分の力は愛する者には使えない。
その意地悪ルールのせいで、誰を犠牲にするか苦悩したり心揺さぶられるわけです。
日本人が好みそうな、よくありそうなストーリーですがね。
(中身からっぽwの)邦画にはない、スペイン映画のじっとりとした良さがあります。

個人的な意見では、娘があまりにも我儘・奔放すぎてどうにかならんかと。
(ちなみに顔は道重さゆみさんにパエリア食べさせ続けた感じ)
17歳でヘソより下にピアスですよ。化膿した~って病院来たら「性病」と判明。
ポカーンとしてたらディエゴの後輩医師と付き合ってた!
(ちなみに後輩医師がうつされた方というので怒るに怒れず・・・)
後輩医師は「彼女ももう大人だし」・・・おーい17歳ですよ!?
「彼と結婚するんだからっ」とお花畑の娘・・・お父さんカワイソス。

そんな娘が瀕死に。
ディエゴが誰かを治療するたび、娘の命は擦り減っていく。
お父さんの出した結論は・・・


関係ないけど、ノリエガって、スペイン系の名前なんだね!
ガンダムに出てて気になってた。
*ちなみに「スメラギ・李・ノリエガ」で画像ググると魔改造されたフィギュアが大漁。



ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

Category: ・スペイン

Thread: ★おすすめ映画★

Janre: 映画

Tag: 2008 
tb 1 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chochopolix.blog.fc2.com/tb.php/428-9c86c0a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

命の相続人

エドゥアルド・ノリエガさん主演。渋かっこよい…! これサスペンス映画のくくりになってましたけど、ヒューマンドラマでしょ。 主人公ディエゴは、医師だが患者の苦痛に対する感

いやいやえん | 2013/04/15 17:10