03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

シネマ★コロポックル

サブカル女子÷おっさん=映画好きへっぽこ主婦

 

最新記事

『しずく』西加奈子「私がウン○を食べるまで」? 

最近めっきり映画を観ておりません;;
夜9時就寝・朝6時起床したりして「超絶健康体」になってます。
廃人寸前だったのに、小学生って素晴らしい。(息子が1年生になったので、合わせた生活です)

息子の本ついでに、図書館で借りてきた本です。

借りる気はなかったんですが、ネコのお話があると知って借りてきました。
ハードカバーも猫。

西さん最近『きいろいゾウ』が映画化しましたね。
私が読んだことあるのはデビュー作『あおい』と『窓の魚』です。
気の抜けた文に所々エグい描写、女の子ならウンウン・・・なイメージです。

本作は短編集なので一気に読めました。では箇条書きで。

①ランドセル
偶然再会した幼馴染の女性2人。2人で旅行、さわやかなお話。

②灰皿
亡くなった旦那さんと過ごした大事な一軒家を借家に出すことにしたご婦人。
「自称作家」のちょっと変わった女性に貸すことになった。
その女性の書いた小説のタイトルが「私が○ンコを食べるまで」と聞いてびっくり。

イイハナシダナ~なはずが、「私がウ○コを食べるまで」のインパクトがあまりにも強すぎて
内容が薄れてしまったかわいそうなお話。
さほど重要じゃないキーワードなのに・・・
ウン○を食べるくらい彼を愛してたって言いたいんだけど、もうダメw

③木蓮
三十路女と恋人の娘。
恋人(×イチ)を逃したくないあまり、大好きなカップ麺も控え、彼好みの女に。
でも彼の娘(7歳)だけは好きになれない・・・

誰だって初対面で足太いオバサンって言ってくるようなガキ(まして女の子よ?)
心から可愛がれない・・・しかも別れた奥さんのDNA受け継いでんのよ。
他人ちのゴミ箱漁ったり鼻くそほじってどこかにつけようとしたり、酷いしつけですわww
7歳ってSEXっちゅー字面にそんなに敏感ですか?
我が家も気をつけなきゃ・・・

教訓:ケンタッキーくらい我慢すんな

④影
旅行者と嘘つき女
南の島に旅行に行ったら、浜辺で謎の女の子に付き纏われてウザい・・・って話。
でも、嘘じゃなくて「願い」だったり「妄想」なんだよね。
ちょっと切ないラスト。

⑤しずく
付き合ったそれぞれの飼い主のおかげで出会った2匹の雌猫
唯一の描き下ろしです。
ほんわか愛くるしい話だけど、鳴き声の描写はちと飽きが。

⑥シャワーキャップ
几帳面な娘と大雑把な母。
適当にやってるように見える母も、大変な時期にお腹に自分を抱え頑張ってくれてた
のかと思うと愛おしく思える。

女の人は特に、ある程度齢を重ねるとお母さんが可愛く見えてきませんか?
子どもの頃は嫌だなと思った母親の行動も、許せるようになるかと思います。
本作のお母さんはかわいすぎです。

はっきりいってこの本は男性向けではございません。
全く良さがわからない、理解できないかと。

「私がウン○を食べるまで」ぜひ読みたいワ~


ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

Category: *小説

Thread: 最近読んだ本

Janre: 本・雑誌

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chochopolix.blog.fc2.com/tb.php/435-5c373269
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)