07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

シネマ★コロポックル

サブカル女子÷おっさん=映画好きへっぽこ主婦

 

最新記事

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

【渇き。】中高生にはオススメ不可なエググロポップなスラッシャー 

やっとこ観ました、まぁ私のブログにお立ち寄りくださる方は観てると思いますが、【渇き。】です。


主演の小松菜奈さんは頑張っていましたね。
おっさんとの接吻・・・ (゚ロ゚;)オエー 等々、ぶっとんだお話ですので色々と。
周りが大ベテランの方ばかりで比べてしまうのは可愛そうではありますが、それでも惹きこまれる演技でしたね、可愛いし。
s-kawaki5.jpg
それと役所広司氏。「クソ」「ぶっ殺す」の連呼に顔は脂ぎってボサボサ頭で熱演でしたね~
蹴飛ばされた男性のヅラが飛んでハゲでびっくりしましたよ 笑
ちなみに他の方のレビューを観たら「藤島が加奈子を犯した」みたいに書いてあったんですが
私的には「父を誘ってきた娘にビビッて、殴って首は絞めたけど犯してはいない」と思ったんです。
それなら娘想いの父親じゃーん(やりすぎだけどネ)と思ったんですが。
私が見過ごしただけなんでしょうか・・・
s-kawaki7.jpg

藤島(役所)氏、序盤で、病院でお薬をもらって「統合失調症?」と疑いの診診断されてました。
だからてっきり「実は加奈子はとっくに死んでいて、生きてると思いこんだ藤島が勝手に探してるだけ」っていう話かと思って観てたんですよ、勝手な想像ですが。
そしたら時系列が過去行ったり戻ったりで内容も濃いし、私的には結局真相は闇の中です。
観るだけで体力消耗する作品でした・・・。

細かいところに触れてみると、【不思議の国のアリス】の文庫本がちらほらでてきて、加奈子が朗読するんです。
この作者である「ルイス・キャロル」は、写真が趣味で、よく幼い女の子の写真を撮ってたとか・・・。
ついでに劇中でちらっとだけ映る本棚を覗いてみると
kawaki8.jpg
【ずっとお城で暮らしてる】なんて本が。
ググってみると、毒殺事件のあった家でひっそり暮らす姉妹のお話だそうで。
調べてるうちに読んでみたくなりましたよ
(こちらを参考にしました→ とっても幸せ  シャーリイ・ジャクスン『ずっとお城で暮らしてる』
【ドリアン・グレイの肖像】は童話の「幸福の王子」も書いているオスカー・ワイルドの作品。
内容は「美青年のドリアンが、快楽主義者のヘンリー卿との出会いで、いつしか殺人をするまでに堕ちていく話」だそう。
うわーこれも加奈子が喜んで読みそうですね。
【ほんものの魔法使】マジシャン(魔術師)がマジック(魔術)で生計を立てている「閉ざされた街」へ「本物の魔法使い」がやってきててんやわんやするお話だそう。
売春組織やクラブ仲間たちを加奈子が引っ掻き回す感じと似てるっちゃ似てる?
日本の「クラフト・エヴィング商會」の本もありますね。


十代の女の子の心なんて、本や雑誌一つに流されてしまうくらい脆い物なんじゃないかと思う。
危険ドラッグのような、「藤島加奈子」の存在は、周りの子たちの心を酔わせ、渇かせたのだろうな。

余談になりますが、私の家は両親が映画好きで、【トレインスポッティング】も、親が内容を知ってた上で一緒に観たんです。
今思うと「中学生に○ァックしたり○ク漬けになったあげく赤ちゃんが天井歩く」映画をよく子供に見せたなぁと。

でもそんな映画を観たところで、私は「クスリやべーな!」程度の意見で、遠い国の作り話やーん としか考えなかったわけです。
この度【渇き。】を親子で観ようと思ってる人がいたらちょろっと思い出してほしい。
この映画は、クラブのオクスリホイホイシーンがなんだかポップでお洒落にかっこよく描かれてる・・・気がします。
まぁ「ポップ」が中島監督の持ち味なので、ポップがなかったらパク・チャヌクや園子温氏らのエグイ作品と同じになっちゃうのでしゃーないと思いますが。
s-kawaki.jpg
この作品を「映画」として観れる子ならいい。
もしあなたのお子さんがお洒落なもの大好きで、なおかつ流されやすい性格だったら・・・かっこいい!やってみたい!と思っちゃうような子だったら、見せないほうが良いかもしれません。R-15だしね。
お子さんの喉が渇いてしまうかもしれません。

そして長くなりましたが二階堂ふみちゃん!
最初、気づかなかったんですよ。
で、観終わって作品のことググったら、彼女の名前が出てきたんでびっくりして見直しましたよ・・・。
今回ふみちゃんは、加奈子とのヤク仲間で糞○ッチ役です。
言動もヘアメイクも凄まじくてホンモノかと思った・・・(女優への褒め言葉です!)
s-kawaki1.jpg
画像は可愛いですけどね。動いたら凄いんで必見です。

ラストは賛否あるようですが、私ははっきりいって雪山のシーンは蛇足に思いました!
車の中で終わっていいよなぁと。
原作はどうなってるんでしょうね、気になります。
関連記事

Category: サスペンス・スリラー

Thread: 邦画

Janre: 映画

Tag: 黒沢あすか  2014  二階堂ふみ  オダギリジョー  妻夫木聡    R-15  橋本愛 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chochopolix.blog.fc2.com/tb.php/451-1eb7baf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。